• 20 Jul
    • 三連休。

      梅雨も空けましたね。しかし、すでに暑さにやられグタグタです。放射線の影響で汗をかかないから?なのか、いつもに増して、左のおっぱいは違和感満載な感じだし、寝ている間も汗がとにかくすごいので枕元にはタオルを置き、2,3回はパジャマを替える毎日です。3連休は遠出はせず、地元LOVEな休みを満喫した3日間でした。初日は地元の花火大会。毎年この時期に行われるので、花火大会=本格的に夏がやってきたよー!と、感じます。花火の競技会でもあるので、花火師さんたちが競い合うだけに、中には少し変わった形の花火も打ち上げられます。しかし、普通の花火の方がキレイかもと、思うのもあります(笑)撮ってみたけど、花火って難しい。そして2日目は、同じ日に手術した乳がんのがん友さんとのランチ会。前回は無事に1年を迎えられたお祝い。今回は無事に1年目の検診を終えたお祝い。名目は何でもいいのです。会って話して、いっぱい笑えれば。同病なだけで、年齢も環境も違うのに、たくさん話して、こんなに笑い合える関係って考えたら凄いなーって思う。そして3日目の最終日は、甥っ子と姪っ子たちを連れて、市内で一番高い山へドライブ。子供の頃は家族で何回も行ったけど、存在を忘れてるくらい行ってなかった。ざっくり言えば25年振りくらいかも?自分たちの住んでる街が模型のように見えて、家の近くにある学校や病院が見えて、あの辺りが家かな?って言いながら、楽しそうな子供たちを見ることが出来て、連れて行ったかいがありました。何十年か前には無かったハンモックや、足湯なんかもあって、こんなんだっけ?って浦島状態。でも山頂を散策してると、こんなんだったなぁと懐かしく思ったりもしました。しかし、山の上なのに暑い。涼しさを求めたことには期待外れでした。夏本番はこれから!いろいろ予定もあるので楽しみな反面、この暑さに不安もあり。ホルモン療法1年目の去年は、胃痛も酷かったので吐き気なんかもあったし、とにかく眠れなかった。 今年はそういう面はマシだけど、去年よりもホトフラが酷いし、関節痛も気になり出した。この先もいろいろと副作用も変化していくんだろうけど、まずは今年の夏を乗り切るぞ!

      17
      2
      テーマ:
  • 11 Jul
    • 婦人科の検査の結果。

      子宮体がんの検査の結果。悪い物はありませんでしたでも、子宮内膜ポリープらしき物からの出血かと思ったけど、結局はそんな物も無く、原因はわからずじまい。一応、掻爬による出血も止まったっぽいです。でも、前回の体がんの検査の時は、1ヶ月くらいは出血したり、止まったりを繰り返してた。だから、今回もそうかもなぁって思ってるので、まだまだ油断は出来ずにいます。でも、とりあえず今は悪い物が無かったということに安心したい!!上司に出来物を取って細胞を調べるという報告だけはしていました。治療のために休む都合もあって、乳がんであることは隠さずに言っているし、私が休むことは、私よりも私の周りの人の方が困る訳で。出来る限り、残された人への配慮もと願うと、耳に入れる程度のことは伝えることにしています。伝えようと思うことは、私が上司を信頼していることも大きいとは思う。検査結果で悪い物は無かったと報告したら、ものすごーく喜んでくれて。赤の他人なのに、こんなにも無事を願ってくれる人がいるなんて、すごく嬉しいこと。私は幸せ者だなと思うのです。しかし、腰が痛い。ぎっくり腰レベル。腰ならマッサージとか受けてもいいんかな?肩はちょっと怖いんだよね。マッサージ受けるのも乳がんですって言わなきゃいかんのか...なんとも憂鬱。

      14
      4
      テーマ:
  • 09 Jul
    • モヤモヤの講演会

      今日は乳がんの講演会へ行って来ました。内容的には患者向けではなく、検診推進目的の内容。新たに得るような知識は無く、お話の内容もちょっと残念な感じ。I期なら温存ですとか、I期なら治療は手術だけで終わるから金銭的にも楽とか言いきっちゃうし、経験者としては声を大にして言いたかった。違います!と。温存はあくまでも可能性であって、腫瘍の場所によっては難しい場合もあるから言い切っちゃいかんだろ。それにI期の人でもホルモン療法はもちろん、抗がん剤やハーセプチン、放射線治療と、手術以外の治療もある。手術だけで終わるなんて0期くらいじゃないの?講演の先生も現役で患者さんと向き合ってるというより、現役から退いたような先生であったこともあるのかな。いくら初心者向けの講演と言えども、なんとなくモヤモヤの残る講演でした。そして、講演後にはヴィーガンカフェのお店でランチをして来ました。オーガニックな食材を使ったお料理なので、添加物なんかを気にせず安心して食べれます。これ、動物性のものは一切無しです。ハンバーグも大豆だし、カツは車麩。クリームも豆乳です。お肉がなくても、物足りなさもないし美味しく頂けます。美味しい物を食べてモヤモヤも解消。帰りには、以前から気になっていた物を買いにドラッグストアへ。少し治まったと思っていたホトフラの汗が、再び気になるようになってきたの。画像はお借りしました。さらさらデオドラントパウダーだと?!どれだけ、さらさらなのか期待です。

      12
      2
      テーマ:
  • 02 Jul
    • 子宮内膜ポリープのはずが・・・

      子宮内膜ポリープの手術をしました。     ・・・のはずでしたが、終わってみるとポリープは無く、結局は子宮体がんの検査で終わったそうです。 掻爬するにも内膜が薄く、掻き出せないくらいだったそうで。       事の始まりは6月の始めに不正出血がありました。 リュープリンしてるのに生理とか有り得ない。間違いなく不正出血。でも、少し様子を見よう。 ほんの、少しの赤い出血。おりものシートで十分間に合うくらい。 ずっと出血してる訳でもなく、たまにちょっと出るって感じで3日くらいすると出血も無くなりました。 7月には市の子宮頸がんの検診も始まるし、その時に相談すればいいかな。 もしくは、6月の最終週にある乳腺の診察の時に、主治医に相談し、婦人科へ回してもらえるかお願いしてみようと思っていました。   そしたら、また出ては止まりの繰り返しで。 どうやら、ちょっと運動したよって時に出血があることに気付きました。 出血は多くはなく、おりものシートで間に合うくらいなのは変わらず。 1週間、ウォーキングも止めて、ヨガも休んで、静かにしてたら出血することもなくて。 もういいだろ、と思って再開したらまた出たの。 コレやっぱり心配。と思い、翌日に婦人科へ。 出血もこの時は1日で止まってしまったので、受診の時は出血は無かった。 婦人科ね、本当に嫌なの。マンモの痛みの方が数百倍マシなくらい嫌なの。   そして、診てもらったら、内膜の一部だけ厚くなってる部分があるから、ポリープかな??って診断でした。 本当にポリープかどうかはMRIでも撮らないとわからないし、場所的に良性のものじゃない可能性もあるからって。 個人病院なのでMRIなんて無く、総合病院でMRIを撮ってからポリープかどうか判断して取るかどうか決めるか(ポリープなら取らない選択もあり)、MRI撮らないでポリープらしきものを取って生検するか、どっちにする?って聞かれました。 私は、例え良性でもポリープからの出血の可能性があるなら、どっちみちポリープは取るんだし、MRIしようがしまいが、結局はポリープらしきものは取ることに変わりない訳で。 まず取ります!ということにして、手術に挑んだ訳です。 ポリープらしきものが悪い物ではありませんようにと願いながら。   全身麻酔から目覚め、先生からの説明は、子宮鏡でポリープを切除予定だったけど、ポリープが無かったこと、エコーでは内膜に厚みがあるように見えたけど、掻爬したら実際は内膜が薄くて掻き出せないくらいだったこと、この内膜の薄さで悪い物が見付かる可能性はほぼ無いだろうとのことでした。 まだ結果は出ていないものの、悪い物の可能性が低いということに一安心。 しかし結局、不正出血の原因はわからずじまいだし、ポリープらしきものもどうしてなくなったのかが謎。 生理の時に一緒に取れたりする場合もあるみたいなんだけど、私はリュープリンで生理を止めてるので、それは有り得ないんだよな。 先生も不正出血については  わからん ってことだし、強いて言えばタモキシフェンの副作用にでもしとこうかって雰囲気でした。   本当の結果は1週間後だし、不正出血が繰り返しあったことは変わりがないし、これでこの不正出血も治まるのかどうかわかんないし、もう暫くモヤモヤは続くのかな。 掻爬したから、暫く出血はあるしさ。これがまず治まらないとね。   ナプキンも使うことないと思って妹にあげちゃったので、久しぶりにナプキン買いました。 今は香り付きとかあって、知らない間に進化してるんだなぁって思いました。   しかし、良いやら、悪いやら、なんともスッキリしない。

      14
      2
      テーマ:
  • 30 Jun
    • 病院week前の休日

      今週は乳腺、婦人科と病院week。1年検診とポリープ切除の手術と、不安なことが続く週でした。1つ1つクリアしていくしかないとわかっていても、ブルーなことはやっぱりブルー。病院weekの前に、女性の願いを叶えてくれると言われる神社へ行ってきました。タイムリーに無病息災を願う茅の輪もあって、もちろんくぐってきましたよ。どっちも無事に。どっちも悪い物が出ませんように!!!このタイミングにこの行事、良い予感しかしない。願い事は一つだけ。だけど、心配事は2つの箇所。考えに考えぬいて、両方関係するようにお願い事を書きました。乳がんになってからこちらには何度かお参りしてますが、いつもそのとき時の最良の結果を頂いているような気がするんですよね。帰りにナンで食べるカレーが食べたい!と思い、カレーのお店へ。何回も行ってるこのお店。ナンがデカイです。なので、食べきれなかったナンはお持ち帰りが出来ます。私は完食することが多いので、持ち帰りはしませんが。ランチにはプレーンを始め、ハニーやガーリックなどなどいろんなナンを選べるんだけど、プレーンを選択。やっぱりデカイ。カレーも日替わりで2種類がついてきます。でもね、何回も来てるけど、チキンと野菜以外のカレーを食べたことがありません。メニューには日替わりってなってるけど、チキンと野菜以外の日があるのかいつも疑問に思ってます。前日はランチブッフェで、翌日はコレ。完食しちゃったし、連日食べ過ぎですね。でも、パワーつけなきゃね!!

      13
      テーマ:
  • 29 Jun
    • 1年検診・最後の検査

      週の初めは3ヶ月振りの診察日でした。今回は術後初めてのマンモ。そして術後2回目のエコー。無事に1年を過ごせたかどうかは、この結果次第。マンモは痛いだろうと覚悟していたけど、想像していた程ではなく、これなら来年も痛みへの恐怖はないくらい。ただ、ホルモン療法でおっぱいが小さくなったこともあるので、挟めてるんかな??って思うくらい先っちょの方しか挟めてない気がする。ホルモン療法する直前はDカップだったんですけどね、びっくりするくらい萎んで今はその面影はありません。そして、マンモの次はエコー。術後、健側のおっぱいに痛みと腫れがあったことがあって、去年の9月にエコーをしているので、術後2回目。経過観察中の嚢胞ありです。健側のエコーは念入り過ぎて、カチカチ鳴る回数が半端ない。もうドキドキし過ぎて、心臓に悪い。永遠に終わらないんじゃないかって思うくらい長かったです。その点、術側はすんなりと終わりました。術側なんだからもっと診た方が良くない?って思うくらいあっさり終わった。 検査終了後、主治医の診察。今日も大繁盛で、診察までに時間がかかります的な張り紙がされてます。それでも1時間程待ったところで診察室に呼ばれました。混雑してるけど、今日も遠慮なくいろいろ聞いちゃうから!自分から話さないと何にもなく終わっちゃうし。まず、週末に控えてる婦人科の手術のこと。内膜にポリープらしきものが出来ていて切除することを伝えました。タモキシフェンの副作用で一番気になる子宮体がん。今度切除する部分については悪性も否定出来ない部分があります。先生の患者さんで体がんになった人はいますか?って聞いたら、いるよ って。ただごく僅かだけどね。ってことでした。よくよく考えたら、先生の患者さん。タモより閉経後の薬の人の方が多いんじゃ...診察待ちの人って、いつもオバサンよりお婆さんばかりなんだもん。私より若い人って見たことないくらいだよ。そして、あとは前回のCTでボソッと言った一言がずっと気になっていて。肝臓に腫瘍って言葉。それ以上は何も言わなかったけど、この3ヶ月ずっと気になっていてた。腫瘍は血管腫というもので、今後は年に1度の乳腺のCTを撮るときに一緒に経過観察で診ればいいとのことでした。悪さをするものでもないらしく、一安心。自分で調べてみたら、これも女性ホルモンが関係しているみたいです。どんだけ悪さするんだ!ワタシの女性ホルモン。他にも気になってることをもろもろ聞いて。でもよく考えたら、ここ最近出てきた関節痛のことは言い忘れたし、ホトフラが酷かったことも言い忘れた。リュープリン注射をする時のケモ室の問診表には、ホルモン療法で出てくるいくつかの副作用が項目になってて、強度を書くようになってるから忘れないんだけど。あの問診表、主治医が見てるとは思えないんだよね、正直な話。あとは、体重を聞かれるのも恒例行事みたいになってて、「今回も◯キロから変わりない?」「変わりないけど、やっぱりこれから太りやすくなりますか?」「食べたら太る」って当たり前の回答を頂きました。「全然太ってないから、気にすることない」って言われたけど、気にするのが女心です!!そして、この日の検査の結果。無事にクリアでも健側の嚢胞については引き続き経過観察で、半年後にまたエコーの予定です。とりあえずは、ヨシ!!

      10
      10
      テーマ:
  • 25 Jun
    • ももいち東海☆ランチ会

      ももいち東海のオフ会に参加して来ました。 私にとっては初めてのももいちのオフ会。 ドキドキ4割、ワクワク6割。 不安1割、楽しみ9割。 不安の1割は、無事に場所まで辿り着けるかってくらいだったけど、オフ会に参加する方と事前にメッセージでやり取りさせてもらってたこともあり、会場近くの駅で無事に合流させてもらい、不安の1割はそこで無事に無くなりました。   向かった先は、ホテルのランチビュッフェ。 初めての参加だったけど、快く自然な雰囲気で迎えてもらって、私も気負うことなく溶け込むことが出来ました。       私にとっては初対面の方ばかりということや、この繋がりが乳がんだなんて忘れるくらい、たくさん食べて、たくさん笑って、たくさん話して、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。 とにかくみなさん元気!この集まりは乳がんだよね?がんだよね?って思うくらいに。 同じ時間を過ごして下さったみなさん、ありがとうございます。     6月最終週は病院WEEK 心配なことも待ち構えているけれど、その前にたくさんの元気をもらったから、きっと大丈夫!    

      13
      12
      テーマ:
  • 13 Jun
    • 25年

      Mr.Childrenの25周年ライブに行って来ました。前回からのライブから約1ヶ月。気持ちが覚めないうちにです。今回は25周年ということもあり、ちょっとお祭り的な感じ。感謝祭と銘打ってるだけあります。オープニングから25年を振り返る映像が流れていきました。25年だよ、25年。ミスチルの25年は私の25年でもあって、あの時もあの頃もずっとずっと、いつの日もこの胸に流れてるメロディーなのです。映し出される映像。死ぬ間際に見ると言われている走馬灯のようです。死を意識する病気だけど、まだ死なないから!!そんなことも思ったり。でも、この1年はいろんなことがあったので、過去を振り返ることは感慨深かったです。ホロホロしちゃった。懐かしい歌、大好きな歌、大切な歌。25年前の歌だって、20年前の歌だって、全然色褪せてない。本当に夢のような時間でした。キラキラしたこの場所にまた来れたことが、何より嬉しい。そして、リハビリも出来たりね。術側の左手も挙げ放題(笑)次は真夏!こうやってライブが行けるんだもん。元気になった証拠だよ!

      14
      2
      テーマ:
  • 04 Jun
    • 2年目の新たな出会い

      初めて乳がんの方のオフ会に参加してきました。告知や、手術を受けたばかりの方というより、数年経っている方が多く、私よりも乳がんサバイバーとしても人生としても先輩の方々ばかりでした。抗がん剤がーとか、ウィッグがーとか、ホルモン療法がーとか、普通に会話の中に飛び交って、決して楽しい思い出ではないけれど、不思議と笑いが絶えなくて、本当に楽しく過ごすことが出来ました。それに、いろいろ勉強になった!トリネガの人、トリポジの人、部分切除の人、全摘の人、人工再建の人、自家再建の人、両側の人、ホルモン療法中の人、無治療の人などなど、同じ乳がんでも人それぞれ。でもね、みんな共通してるのは、初めてでも違和感なく、すんなりと迎えてくれた温かい人ばかりだったということ。乳がんという病と闘って、何年経っても不安は消えない。でも、みんなとっても明るくて。おっぱいに傷があったり、作り物だったり、1つしかなかったり、でもそこらの健康なおっぱいの女性より、ずっとずっとかわいらしい素敵な女性ばかりでした。手術から1年経った今、次の診察が怖いなって思うようになってきてて、そんな時、同じように乳がんを患う方の明るくて元気な姿は、私の「希望」の姿です。まだエコーとマンモの検査が残ってるので、無事に2年生へ進級出来るかどうかは保留中って身だけど、私も5年後、10年後、新たに罹患する乳がん患者さんの希望になれるような素敵な女性になりたいなって思いました。1年目は日々過ごすことに精一杯だった。だから、2年目はちょっと余裕を持って、乳がんを患ったからこそ出来ることをしたいなって思ったの。乳がんでも出来ることじゃなく、乳がんだから出来ることをしてみたい。乳がんだから世界を狭くしてしまうのではなく、乳がんだからこそ広がる世界もあるはず。オフ会だってその一つ。乳がんだからこその、素敵な仲間との出会い。

      19
      テーマ:
  • 01 Jun
    • 早く起きた朝は

      この1年、ほぼ毎日続けているウォーキング。 週末はビュッフェに行って、驚かれるくらいたくさん食べたのに、その日はウォーキングに行けなかった。こりゃいかんと思って、翌日はお休みだし、早起きしてウォーキングへ。朝のウォーキングなんて久しぶり。空気がやはり清々しい。最近、ホルモン療法の副作用に悩まさせる日々を過ごしてて、気分転換したい!って思ってたから、いいタイミングでした。週末は新月だったこともあるので、それにちなんで月にまつわるお名前の神社へ向かいました。朝早いこともあったので、この参道の風景を独り占めです。パワースポットと言われることもあって、なんとなくパワーを感じる、そんな気がしてきます。気は持ちようでね。ここの参道を通るのが好きです。木々に囲まれて、秘密の場所に行くみたいな。進むにつれて、空気がどんどん変わっていくの。霊感とかないけど、そんな気がする。そしてここも独り占め。4つ(2つしか写ってないけど)の社殿をお詣りする間、誰にも会いませんでした。誰にも邪魔されることなく、清らかな気持ちでお詣りが出来た分、御願いも叶いそうな気がします。早起きは三文の徳だね。あれから数日。気分転換は出来たけど、副作用に悩まされるのは変わらず。ホルモン療法・・・やっぱり悩ましい日々です。

      14
      4
      テーマ:
  • 27 May
    • ヒヤヒヤの美容院

      ここ数年ボブだったけど、ホルモン療法を始めて、髪の毛もどんどん衰えていくのを感じるし、伸ばすなら今が最後かも?と思い、ボブから少し伸びてミディアムくらいの長さになりました。前回から2ヶ月過ぎる頃には毛先がモワモワってなって、もう限界だ!と思い、美容院へ予約はしたものの、やはり気になる。あの暑いヤツ。最近、1日の回数も増えたし、何より汗の量も増えた。施術中になったらどうしようとか、もちろん思う。美容室へ向かう前に、まず朝の一発目のホトフラ。ますます憂鬱。体は火照ってるけど、心はヒヤヒヤ。次は終わるまで起こりませんように。かぁぁぁーーってきたら、「更年期です」って言う?「治療中の薬の副作用なんです」って言う?いろいろ頭の中をめぐります。他人様が見たら、やはり不自然だもんな。あの汗のかきかた。いつもお願いしてる美容師さんは同年代くらいの女性。それなら、早く更年期がやってきたんだなぁ程度に思われるくらいなのかな?やってもらってる間も頭の片隅にはホトフラ。会話しながらも、頭の片隅にはホトフラ。心配をよそに、いろいろ楽しく話は弾みながら、無事に終了。助かったーー!!って思った。本当は、ホルモン療法で衰える地肌のためにヘッドスパもお願いしたかったけど、長居は禁物。次は真夏だし、もっとホトフラ?それとも少しは落ち着いてきてるかな?次こそはヘッドスパも出来るくらきに落ち着きたい。

      10
      2
      テーマ:
  • 23 May
    • 蒸し生姜

      蒸し生姜を作りました。生姜を薄くスライスして、オーブンでからからに乾燥するまで火をいれます。100℃のオーブンで50分くらいすると  これが  こんなになっちゃいます。それからミルにかけて  完成です。時間はかかるけど、手間はそんなにかかりません。 食べるものに気を付けるようになってから、これは常に食卓にはあります。生姜は火を通すことで体温を上げる効果があるそうです。体温を上げると免疫力も上がる! おかずにちょっとふりかけたり、スパイスのつもりで使ったりすると、薄味でいいので塩分も糖分も控えられるし、紅茶や甘酒に入れたりしてもいいので、毎日必ず取っています。  体温を上げて、免疫力を高める目的で始めたけど、実は体温が上がったかどうかは微妙なところ。でも、代謝は上がったような気がします。ホトフラで汗が出るからだけじゃないよ。 

      10
      テーマ:
  • 21 May
    • 日常に彩り

      ばら園に行ってきました。  元々、あんまり薔薇に興味のないワタシ。そりゃ、キレイだとかは思うよ。でもどっちかっていうと、花に囲まれるより木々の緑に囲まれる方が好きかな。桜だけは別格だけど。  でも、そんな私でも今日は良いもの見せて貰ったと思いました。 園内はさほど大きくは無いけれど、いろんなバラの種類があって、それを見るだけでも興味深かったです。プリンセスローズとか、著名人の名前とか。その方のイメージ通りの名前だなってバラもあれば、もっと華やかな感じのがイメージだよって思うのもありました。私が抱いているバラのイメージとは違う形のバラがあったり、色も色とりどりで。こんな風に日常に彩りをもたらせたらなって、そんな風に思いました。  片隅の影になってるベンチに座り、バラが咲く園内を見まわしていると、なんだか時間ってゆっくりと流れるものです。乳がんを患ってから、あれもこれもと思うことが増えて、1日24時間じゃ足りないなって思う日もあれば、1日が50時間くらいに感じちゃうくらい副作用でしんどい日もある。時間の流れは平等なはずなのに、不思議なもの。        

      10
      テーマ:
  • 16 May
    • ぐったり。

      ホルモン療法を始めてから、11ヶ月が経ちました。来月で1年を迎えます。最近は季節的なこともあるか、毎日ホトフラにぐったりです 始めたばかりの頃はもっとギラギラして眠れなかったし、胃痛や腹痛ももっと酷かった。ホトフラが酷い時は襲われるって表現がピッタリなくらい気持ちも悪くなってきたし、仕事中でも席を立たずにはいられなかった。それを思い出すと、徐々に副作用にも慣れてきたし、軽くなってきたのかと思う部分はあるものの、そうばかりとは言えず。いつになったら楽になるのかという気持ちもあります。 当初予定の5年間は、年齢的にも卵巣を取ることがない限り、タモキシフェンからは逃れられないけれど、閉経後の薬ならもう少しホトフラは楽なのか?とか。10年へ延長になっても、途中閉経後の薬に変更になるかは微妙なところ。タモキシフェン服用中にリアル更年期がやってきたら、もっと酷くなるのか?とか。なんちゃって更年期のつもりだったのに、知らぬ間にリアル更年期も終わったら楽になるのか?とか。リアル更年期が治療終了後にやってきたら、どんだけ更年期の状態が続くことになるの?とか、もういろいろ考えちゃうワケです。 そもそもホルモン療法って、いつかは気にならないくらいまで副作用は治まったりするのもなの?それとも服用中はずっと不調が続くものなの?ねぇ、誰か教えて もちろん、タモキシフェンの副作用の中には子宮体がんとか子宮に対しても悪影響があるからそういうのに対しては、服用期間が長くなればなるほど危険なワケで。リュープリンをしている間はめったにないこととは言われたものの、何れはタモキシフェンのみになっちゃうし・・・それからが怖いなーって思う。 おっぱいの方も放射線治療終了から11カ月が経ったけど、まだ当てた部分がわかる程度に薄らと色が違うし、感覚もまだ痺れたままです。ただ痛みはかなり気にならない日が増えてはきたけど、思わず触ってしまうくらい痛い日もあります。ビーソフテンを処方されて毎日朝晩塗り塗りしているけれど、これもいつまで塗るのかな?一生??そしたら一生を汗をかかないってこと? んー、なんかいろいろ先が見えなくなってきたここ最近、日々ほったり感があるので、なんかいろいろ考えちゃう日々です 

      11
      テーマ:
  • 13 May
    • ヒカリノアトリエ

      昨日は乳がんになってから、初めて「通院」や「体調不良」が理由以外の有給休暇でした。冬季休暇としてのお休みは頂いたけど、普通の有給休暇としては初めて。こうやって考えると、頑張った1年だったなって思います。 私は職場の人には全く隠していないので、休暇を申請する時は普通に「病院?」って聞かれます。今回も同様に「病院?」って聞かれたけど、なんとなく「病院」以外の理由を言えることが嬉しかった。遊びが理由だから本来は言いにくいかもしれないけれど、「病院」以外のことを言えるのって、自分が少しでも病気から離れることが出来てるみたいな気がして。 お昼にはフレンチのお店でランチして。この1年、フレンチの外食なんてしてなかったけど、特に感動することもなく普通に頂きました。普段はなるべく乳製品も控えているので、こういうスープなんてかなり久しぶりです。美味しくなかった訳ではないですよ。とっても美味しかったです。でも、久しぶりでも案外普通なんだなって、自分で思いました。 そして向かった先はミスチルのライブです。何十年ぶり?のホールツアーでした。去年の夏に行ったライブにミスチルもゲストとして出演はしていたものの、単独のツアーとしては、乳がんなってから初めてでした。もう何十回も行っているミスチルのライブ。病気になったことで、何となく気持ちも離れてしまったような気もしていましたが、始まるとそんなことは気のせいだったと思わせてくれるライブでした。あぁ、このキラキラな場所に戻ってこれたんだ!そんな嬉しさがありました。乳がんになってから、き っと一番楽しい時間だった。悪いも物を全部蹴散らしたんじゃないか?!って思うくらい。ナチュラルキラー細胞も超活発になったよ、きっと。ここ数日、あまり体調も良くなくて。体温調節が出来ないことにほったりし、普段の何倍もの疲れを感じ、疲れていても眠れない日々が続き、昼間眠くなるけど仕事で寝れないという悪循環。ライブ中にもホトフラには襲われ・・・なので、汗をかかないようなバラードでも周りから見れば、謎の汗が吹き出してきました。でも、やっぱりまたこの場所に来たいな。6月と8月のチケットは取れているけど、もっともっと行きたいくらい。 6月のライブはいいけれど、8月のライブはマンモとエコーをクリアしないとな。  

      9
      テーマ:
  • 09 May
    • 御朱印めぐり

      乳がんになってから、御朱印めぐりを始めました。集めることが目的になってはいけないけれど、集めることで少しでも気持ちが他へと向かえばという気持ちでした。乳がん以外のことも考えられるキッカケみたいなものが欲しかった。実際、集め出すと当たり前だけど、出掛ける目的も出来るし、そして場所が場所なだけに心も安らぐ。元々、節目には必ず神社へお詣りに行っていたし、お詣りすることはとても身近なことだった。私は決して必死で集めているワケではないけれど、1つ御朱印が増える度にやはり嬉しい気持ちになるもの。1冊目も終わり、2冊目に突入。私は神社限定でお寺は集めていない。それでも去年の9月17日から始めて、21のお宮さんで御朱印を授けて頂きました。御朱印もそれぞれ違いがあって、伊勢神宮はとてもシンプル。今宮神社は御朱印帳の初穂料も納めると、和歌ももれなくついてきて、5頁にわたる超大作でした。コッソリ言うと、もちろん下手クソな字だなってとこもあります(笑)でもまぁ、それも思いでの一つでいいもんです。

      7
      2
      テーマ:
  • 06 May
    • そうだ 京都へ行こう

      久しぶりに京都へ行って来ました。 何度も訪れてはいるものの、一人で京都って意外にも初めてです。 今回は一人でってこともあるので気ままに、目的の2つの神社を参拝出来たらいいかなぁ程度に、地図と路線図を片手に向かいました。     ずっと訪れてみたいと思っていた今宮神社。 玉の輿神社とも言われていますが、元々は病気平癒の神社でもあります。 そして阿呆賢さんと呼ばれる石を撫で、その手で体の悪いところをさすれば病気が平癒するとの言い伝えがあります。 もちろんおっぱいは必須。これが一番の目的。   今宮神社を後にし、参道にあるお店であぶり餅をいただきました。 食べると病気・厄除けの御利益があるとされています。     食べたことがあるような、ないような。 香ばしさと甘さが口の中に広がり、少し懐かしいような味で、とても美味しかったです。   次は、すぐ側にある大徳寺を拝観し、 その後、バスで移動し下鴨神社へ向かいました。   まずは河合神社へお参り。 美人になれる神様ですよ! ホルモン療法を始めてからというもの、肌の衰えが顕著だし、髪の毛だってコシが無くなった。 唯一の取り得だった色白な肌も、白からは程遠いくすんだ色になってしまった。 なので若い子に交じって鏡絵馬も書いてきました。 顔が書かれた絵馬に自分でお化粧をして奉納します。       木目の加減で1つ1つ顔の感じも違うように見えました。 その中でピンときた絵馬を頂戴しました。 元はみんな同じ顔なのに、お化粧で全然違います。 化粧ってすごいな。   そして新緑がきれいな糺の森を抜けて下鴨神社へ参拝しました。   その後、帰りの時間までまだ少しあることもあって、当初の予定より少し変更。 少し遠いけど、地下鉄の駅まで歩くことにしました。 その方が京都駅まで乗り換えなしで行けるし。   途中、広い公園だなと思って入った場所が京都御所でした。 歩いている途中、御所の隙間からたまたま目に入って訪れた神社が、癌封じの神社だったり、足腰の神社だったり(今、母の腰の具合が良くないのです)と何か呼ばれてるような気持ちになりました。   久しぶりの京都。一人でも十分満喫! また近いうちに来れたらいいなと思える、そんな一人旅でした。     GWもあとわずか。 楽しいGWをお過ごし下さい    

      8
      2
      テーマ:
  • 30 Apr
    • 願い事、1つだけ。

      今日は女性の願いを必ず1つは叶えてくれると言われる神社へ、御礼参りへ行って来ました。1年を迎えられた御礼です。GWということもあり混んでると思いきや、意外や意外。そんなにも混んでませんでした。道も空いてたしねー。みなさん、混んでると思って避けたのでしょうね。ラッキーでした。御礼と、そしてまた新たな願いを。元気になったよ!と言えるけど、でもまだ、私の中では乳がんのことを占める割合が大きくて。1つだけの願い事が、乳がんのこと以外を願うことがいつか来るのかな?そんなことを思いました。6月にはエコーとマンモ。これが無事に終われば、本当の意味で2年生へ進級です。それまでには、次の検査への不安を吹き飛ばしてしまうような楽しみな行事も盛りだくさん!きっと、次も大丈夫!

      13
      テーマ:
  • 26 Apr
    • 新しい家族

      妹の家に新しい家族がやってきました。かわいいよ生まれて3ヶ月らしいのですが、結構大きいです。ぶちゃいくだから、この大きさになるまで貰い手がなかったんだよと、父も母も言うけれど、ワタシも貰い手がないのは一緒だから私も妹家族もこの子がかわいくってかわいくって仕方ないよ乳がんになって、犬でも飼ったらって勧められたこともあったけど、10年後に自分自身が世話を出来る状態であるかどうかということに自信がなかった。最期までちゃんとお世話する覚悟がないのに、ペットは飼っちゃいけない。その考えは今も変わらないし、これからも変わらない。でもね。この子がやってきて、この子の最期を看れる気がする。もちろん何の根拠もないけれど。その逆に最期を看れない根拠もないのさ。10年後も、元気でこの子をかわいがれてる気がするんだ。・・・うちのわんこじゃないけれど(笑)って、生まれたばかりなのに、最期とか縁起でもないね乳がんになって、「今」が精一杯で、先のことは考えられなかった。でも、ちょっとだけ「未来」を考えられるようになってきたのかなぁ。少しずつ時間が解決してくれているのかもね。

      11
      2
      テーマ:
  • 22 Apr
    • 乳がんからの贈り物

      今日は同じ日に同じ主治医で同じ病気で手術したお友達とランチとお茶をしてきました。1年を無事に迎えたお祝いです。彼女は全摘、私は温存と違えはあるけれど、同じステージで治療の進み具合も同じくらい。病気のことだけでなく、いろんな相談に乗ってくれる心強いお姉さま。出会ってまだ1年だけど、とてもそうは思えません。この1年、彼女は本当に有難い存在だった。もし、キャンサーギフトがあるとすれば、彼女との出会いは間違いなくその1つです。今日もたくさん話をして。ウォーキングを兼ねてお詣りもして。そして、またいっぱい話してね。いくら話しても物足りないくらい。副作用の出方や病気のことはもちろんだけど、違う話も盛りだくさん。周りから見れば、誰も私たちを乳がんだと思う人はいないくらい、たくさん笑ってたくさん話した。隣に座っていた人はもしかしたら聞こえていて、びっくりしていたかもね。笑いながら癌の話をしてるんだもん。手術した日は2つ目の誕生日。私たちは2つ目の誕生日が一緒。来年も明るくこんな風に迎えられたらいいな。

      9
      テーマ:

プロフィール

RiCo

自己紹介:
2016年3月 乳がんと告知 2016年4月 左乳房部分切除術 2016年5月 放射線治療 2...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

旧ランキング

ひとりごと
3170 位
入院・闘病生活
3046 位

ランキングトップへ

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。