政府は28日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関する対処方針の同日中の決定に向け、県内移設に反対する社民党の同意取り付けへ大詰めの調整を続けた。鳩山由紀夫首相は、同党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)が閣議での署名拒否を貫く場合は、罷免も辞さない構え。社民党内では、福島氏罷免となれば連立政権から離脱せざるを得ないとの声が広がっており、鳩山政権は発足以来の正念場を迎えた。
 首相は28日夜に臨時閣議を開いて対処方針を決めた後、首相官邸で記者会見して国民向けに説明する。これに先立ち、首相と福島氏、国民新党の亀井静香代表(金融・郵政改革担当相)による基本政策閣僚委員会が官邸で開かれる。社民党の開催要請を首相側が受け入れた。政府は首相会見を午後9時をめどに行うと発表した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~鳩山首相、「県外」守れず陳謝~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ~

医療費確保の道筋は「デフレ脱却」―民主・梅村議員(医療介護CBニュース)
龍馬のユニークキャラクターなど登場=長崎県〔地域〕(時事通信)
鳩山首相、23日沖縄再訪=普天間移設方針説明へ(時事通信)
<雑記帳>トキのひなに“子ども手当” いしかわ動物園(毎日新聞)
<口蹄疫>種牛の精液はストロー1本5000円も(毎日新聞)
AD