鳩山首相が辞意表明に当たって、普天間移設で沖縄とともに「迷惑をかけた」と述べた鹿児島県・徳之島でも冷めた反応が目立った。

 高岡秀規・徳之島町長は、首相の進退判断に発言する立場にないとした上で「普天間移設問題はそれほど解決が難しい問題だったということ」と淡々と語り「次に誰が首相になろうと民意は反対であり、それを伝えるだけだ」と話した。伊仙町の大久保明町長は「首相は吹っ切れた様子だった。今後は日米安保そのものの見直しの中で軍縮を追求してほしい」と話した。

 鹿児島県の伊藤祐一郎知事は記者団に「急な展開で驚いている」。辞任の理由に普天間問題を挙げたことについては「地元でのあれほどの反対運動は予想していなかったと思う。それが『迷惑をかけた』との表現になったのだろう」と話した。

 徳之島の移設反対派団体の椛山幸栄会長は「日米共同声明に勝手に徳之島を盛り込んでおいて、数日でサヨナラでは無責任極まりない」と憤った。【村尾哲、福岡静哉】

【関連ニュース】
口蹄疫:鳩山首相が宮崎入り…農家らと懇談
口蹄疫:鳩山首相 6月1日に宮崎訪問 東国原知事と会談
口蹄疫:鳩山首相、近く宮崎訪問
偽装献金事件:政治資金報告書、鳩山首相が訂正
普天間問題:鳩山首相、福島消費者相を罷免

宙に浮く郵政法案 廃案か それとも強行突破か(産経新聞)
<鳩山首相退陣>表明から一夜、気分は「今日の天気のよう」(毎日新聞)
野口さん、地球に帰還へ=5カ月半滞在、ソユーズで―カザフスタン中央部(時事通信)
民主代表選 樽床氏と菅氏が立候補届け出(毎日新聞)
<巨勢山古墳群>ゴルフ場工事で4基壊す 無許可で拡張(毎日新聞)
AD