北方領土の国後島沖でロシア国境警備隊の銃撃を受けた北海道・羅臼漁協所属の漁船2隻が船の位置を知らせるシステムを作動させていなかったとされる事件で、羅臼海上保安署は1日、区域外で操業したとして、2隻の船長と、漁船を所有する2社を道海面漁業調整規則違反容疑で追送検した。
 追送検されたのは、漁船「第63清美丸」の船長小島清美(50)、「第58孝丸」の船長平藤孝幸(49)の両容疑者。同署によると、ともに容疑を認めているという。
 追送検容疑では、2人は1月29日、道知事から許可を受けている操業区域外の海域でスケトウダラなどの漁をした疑い。
 2隻には、日ロ間で定めた安全操業区域で常時作動を義務付けられた漁船位置管理システム(VMS)の記録に空白があり、同署はVMSを故意に作動させなかったとして、既に2人を同規則違反容疑で逮捕している。 

【関連ニュース】
14隻にも長時間の空白=羅臼漁協、違法操業を隠ぺいか
漁船銃撃、ロシアへの抗議取り下げず=平野官房長官
漁船船長2人を逮捕=操業位置隠した疑い
漁船の船長2人逮捕へ=位置情報切った疑い
銃撃漁船を規則違反で調査=情報空白、区域外操業の疑い

国民への周知、検証必要=津波で官房長官-首相は「迅速対応できた」(時事通信)
<大津波警報>青森~宮城に発令 午後到達、最大3メートル(毎日新聞)
<津波警報>レベルダウン迅速化に言及 中井担当相(毎日新聞)
<普天間問題>暫定移設先に無人島 社民党案全容(毎日新聞)
水没状態の漁船発見 福島・新地(河北新報)
AD