野田佳彦財務副大臣は5日の記者会見で、夏の参院選の政権公約について「『あれもこれもできる』と言うのは政府として、政党としての信頼を損なうのではないか」と述べ、昨年の衆院選で掲げた公約の修正は避けられないとの考えを示唆した。

 野田氏は「財政事情の変化もある」と指摘した。その上で、「きちんと本当のことを申し上げた中で『何ができるか』『何に取り組むか』を明らかにするという責任ある態度を国民は望んでいると思う」と述べ、政策の優先順位を決めて対応することが重要だと強調した。

 民主党は5月末をめどに参院選の公約をまとめる方針だ。税収の大幅減などで財政事情は厳しく、主要政策を衆院選の公約通りに実現するのは難しいとみられている。

首相「私という政治家がいなければ勝場君も…」(産経新聞)
小泉被告、あす判決 元次官ら連続殺傷(産経新聞)
首相動静(3月30日)(時事通信)
送迎バス事故で子供ら7人けが=乗客避難、直後に炎上-大阪(時事通信)
<人事>農林水産省(毎日新聞)
AD