☆きれいな空気が吸いたいね☆

家でも、外でも、外食でも、旅先でも・・・



                                          

                                                ブログ開設日:2005-05-10


テーマ:

健康レガシーつくろう スモークフリーを東京五輪で実現
(東京新聞 2016年11月6日朝刊<談論誘発>)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/metropolitan/list/201611/CK2016110602000153.html
 
◆参院議員・松沢成文(まつざわ・しげふみ)氏
日本人選手らの活躍で盛り上がったリオ五輪、次は東京五輪だ。五輪行動で日本人の知られざるレガシー(遺産)が「スモークフリー・オリンピック」である。
健康的な都市環境の下で開催すべきだと国際オリンピック委員会(IOC)は、世界保健機関(WHO)と協定を結び、会場だけでなく、街全体、あるいは国を挙げて、たばこの煙のない都市空間をつくり上げてきた。
近年の開催都市は、すべて受動喫煙を防止する条例や法律を制定している。法制化の条件は二つで、まず公共的屋内空間では分煙を認めず、禁煙にする。次に法令を順守してもらうため、罰則規定を設ける。しかし日本は政府も東京都も、この社会改革から逃げ続けているようにみえてならない。
なぜ日本で受動喫煙防止法令が制定できないのか。世論調査で、国民の七割以上が支持する法制化をどうして実現できないのか。最大の原因は財務省を筆頭に、たばこ農家、日本たばこ産業(JT)、たばこ小売商、たばこ族議員が結託。たばこ事業法の下にたばこ産業を守るための強固な日本特有の利権が出来上がっているからだ。
これに加え、受動喫煙防止法の場合は、喫煙客が減るという危機感から、飲食業、宿泊業、風俗営業の関係者も反対運動を展開する。こうした利権構造がはびこり、改革が進まないのである。
このままでは、東京五輪を迎えることはできない。今こそ政治のリーダーシップが求められている。これまでこの問題を私は再三、国会質問で取り上げてきた。十月六日の参院予算委員会で、私の質問に対し、安倍晋三総理は政府として初めて受動喫煙による肺がんのリスクを認めた上で、四年後の東京五輪や三年後のラグビーワールドカップ(W杯)を視野に、立法措置も含めて検討を進めていくことを明らかにした。
東京都は抵抗勢力に譲歩して条例制定を逃げた舛添要一前知事に代わり、条例制定を公約に入れた小池百合子知事が誕生した。先日は法制化に向けた罰則付きの検討案を厚生労働省が初めて公表したが、法律の周知期間を含め、W杯に間に合わせるには、来年の通常国会で法案を成立させなければならない。
私は七年前、神奈川県知事として全国初の受動喫煙防止条例を制定したが、抵抗勢力の妨害はすさまじく、制定までに三年かかった。東京五輪に世界から来場する選手や観光客のためにも、世界基準の対策を確立することが急務。これからが正念場である。
 
1958年生まれ。松下政経塾、神奈川県議、同県知事を経て現職。著書に「JT、財務省、たばこ利権」など。
 
<神奈川県受動喫煙防止条例> 不特定多数の人が出入りする公共的室内空間を原則的に禁煙するか完全分煙にする。役所、学校、病院などの公共的施設だけでなく、飲食店、宿泊施設、娯楽施設などの民間施設も対象とした包括的な条例で、多くの支持を得ている。こうした条例は他の自治体にも広がりをみせている。先駆的な条例が効果を上げている理由の一つは罰則(行政罰)付きの規制であるという点。人々の善意のマナーに任せていたのでは効果が上がらない。取り締まりが目的ではないが、罰則の抑止力によってルールが守られているとみている。

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・

 

「健康レガシー」って良い言葉ですね流れ星

どうかスモークフリー五輪が実現しますように!!

 

スワンゾウコメントは承認後の公開となります。 

スワンゾウ記事の内容にふさわしくないコメントは公開しません。ご了承ください。
スワンゾウテーマ:飲食店紹介 の記事が 2,600を越えました。


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

ラグビーの五郎丸歩選手の写真を使ったポスター↑

実はコレ、今年(2016年)の世界禁煙デーのポスターなんです。

・・・駅の掲示板とかでは全然見なかったので・・・

もしかするとあまり枚数が作られなかったのかもしれません。

私は6月に禁煙デー関連のイベントに参加したとき、

会場に貼ってあったのを見て、

「あら! 今年もポスターあったのね!?」

と、ビックリ! この写真を撮ってきました。

(ブログに載せるのが今頃になってしまいましたが)

 

スワンゾウコメントは承認後の公開となります。 

スワンゾウ記事の内容にふさわしくないコメントは公開しません。ご了承ください。
スワンゾウテーマ:飲食店紹介 の記事が 2,600を越えました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

公共施設を全面禁煙、ホテル分煙…罰則科す新法
(読売新聞 2016年01月05日 14時30分)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160105-OYT1T50066.html
 
2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、政府が受動喫煙規制のための新法の整備に乗り出すことが分かった。
スポーツ施設や学校、病院などの公共施設を全面禁煙に、レストランやホテルなど不特定多数の人が利用する施設は喫煙スペースを設置するなどして分煙とするよう、施設管理者らに義務づける。違反者への罰則も盛り込む方針だ。
国際オリンピック委員会(IOC)は「たばこのない五輪」を掲げており、04年のアテネ大会以降の開催国・開催都市は、法律や条例で禁煙や分煙を義務化。ほとんどが違反者や施設管理者に罰則を科している。
日本では、03年施行の健康増進法が「多数の者が利用する施設」での受動喫煙の防止を明記、同年に銀行、郵便局、関東の私鉄が禁煙化された。その後、タクシーやJRの禁煙化へと拡大したものの、事業者に対しては適切な措置を講じるよう求める努力規定にとどまっている。

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・

 
2016年最初の、“スモークフリー五輪”に向けての新聞記事です。

読売新聞の夕刊1面に載ったそうです。

 

東京都だけの「条例」ではなく、「法律」・・・要するに国全体で受動喫煙規制をしよう、という動きのようです。

「分煙」だとかいう、弱腰の表記も見られますが、神奈川県の条例でもそうだったように、ここがせめぎあいのポイントになってきます。しっかりと、IOCが認めるレベルの法律にしなくてはいけません。

 

スワンゾウコメントは承認後の公開となります。 

スワンゾウ記事の内容にふさわしくないコメントは公開しません。ご了承ください。
スワンゾウテーマ:飲食店紹介 の記事が 2,600を越えました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

「禁煙五輪」へ法制定を 大学生ら罰金、増税など提言
(東京新聞 2015年11月27日 朝刊)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201511/CK2015112702000138.html
 
2020年東京五輪・パラリンピックを「禁煙五輪」にするため、東京都内の大学生らが26日、国会内で集会を開き、罰則付き受動喫煙防止法の制定などを柱とした提言をまとめた。同じ趣旨で活動する超党派の議員連盟会長を務める自民党の尾辻秀久元厚生労働相が出席し「(業界の)抵抗は非常に強いが、国会議員間で法案を一本化して提出し、成立させたい」と述べた。
「オリンピック・パラリンピックで『タバコフリー』実現を目指す大学生の会」(堅次(かたつぐ)亮平代表)の主催。学生ら約70人と尾辻氏ら与野党国会議員ら計13人が意見交換した。
提言は、(1)公共施設の屋内を全面禁煙にし、違反者に罰金を科すことを盛り込んだ受動喫煙防止法の制定(2)たばこ税を段階的に引き上げ、増収分は喫煙者の肺がん検診の助成やタバコ農家の転作への補助金などに充てる-などが柱。
国会議員からは「罰則付きは難しいのでは」「東京など五輪開催自治体に限定してはどうか」などの意見も出たが、学生らは「他の五輪開催地では罰則規定がある。実現するのは政治家のみなさんだ」と切り返した。
堅次代表は法改正で、選挙に参加できる年齢が18歳以上に引き下げられたことを踏まえ「来年から僕ら大学生は投票という武器を持つ。どの候補者が私たちの健康、命のために頑張ってくれるのか、今後の流れで判断したい」と述べた。
 
「禁煙五輪」は、国際オリンピック委員会(IOC)が推進しており、04年のアテネ五輪以降、開催都市では禁煙や分煙のための罰則付きの法律・条例が制定されている。東京都の舛添要一知事も一時前向きだったが、今年5月に「国全体で検討するべきだ」と指摘。国会では自民党と超党派の議連がそれぞれ法案の詳細を詰めている。

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・

 
2020年東京五輪に向けて、大学生たちもがんばっています!!

来年2016年には国政選挙があり、現大学生たちは、さっそく投票権があります!

2020年の五輪と、そして将来の日本のために、タバコフリーにググッと舵を切りましょう。

 

スワンゾウコメントは承認後の公開となります。 

スワンゾウ記事の内容にふさわしくないコメントは公開しません。ご了承ください。
スワンゾウテーマ:飲食店紹介 の記事が 2,600を越えました。

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

東京五輪に向け、厚労省が原則「屋内禁煙」を提案へ
(FNNニュース 11/30 12:44)
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00309836.html
 
屋内禁煙ニュース

 

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、厚生労働省は、「受動喫煙」の新たな対策として、原則「屋内禁煙」を提案するとみられている。
2008年以降、全てのオリンピック開催国で、罰則つきの「受動喫煙」対策が定められているが、日本は、一部の地域の条例を除き、罰則つきの法律がない。
厚生労働省は、30日に立ち上げた有識者会議で、喫煙の健康への影響についての報告書の中で、東京オリンピック・パラリンピックに向けた「受動喫煙」対策について、提案するとしている。
報告書は、2016年6月までに取りまとめられ、原則「屋内禁煙」が提案されるとみられている。

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・

 
2020年東京オリンピック&パラリンピックに向けては、“スモークフリー五輪”を実現させるためのさまざまな動きが、これから出てくると思います。

ブログではこれまで、「見つけたニュース」というテーマ(分類)でニュース記事を紹介してきましたが、新しく、「東京五輪2020に向けて」というテーマを作ってみました。

良いニュースをたくさん見つけられるといいな、と思います合格

 

スワンゾウコメントは承認後の公開となります。 

スワンゾウ記事の内容にふさわしくないコメントは公開しません。ご了承ください。
スワンゾウテーマ:飲食店紹介 の記事が 2,600を越えました。

いいね!した人  |  コメント(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。