ローズ堀口のGⅠ裏馬券~んなアホな~

JRAの発表する素材からそのレースの1着馬を妄想する、とても常識人には理解できない、夢見る妄想日記。 笑って読んでいただける方専用でございます。真面目に予想される方は決してご覧にならないようお願いします。


テーマ:
お店の外からのぞくと、店内は結構にぎわってる。
カウンターが空いているのを見つけてすかざず入店。
「はい、いらっしゃいませー!」
元気の良い若いスタッフが迎えてくれた。
すぐあとにカップルが入ってくると、スタッフが大声で叫ぶ。
「これで満席でーす!」
ふぅ、あぶなかった。
 
まずは生ビールからいただきましょう。
お通しをつまみながらメニューを見ると、もつ焼きは、塩のほかに4種類のタレから選べるようだ。
・黒タレ・・・醤油、砂糖
・赤タレ・・・味噌、韓国風辛味
・白タレ・・・梅干し、柑橘
・紫タレ・・・醤油、昆布
そうだなぁ、ではいろいろ試してみよう。。
シロを黒で、チレを赤で、タンは塩でお願いします。
 
焼き物を待つ間に何か。。。
ふと見ると、お店の一押しメニューに煮込みがある。
プレミアムポークアボトン(アボカドを食べて飼育された豚)のもつを使用して6時間以上煮込んだ一品。
う~む、頼むしかないだろう。
おお、やわらかい。
飼育のことまではよくわからないけど、素直にうまい。
 
生ビールのあとは、バイスをいただきます。
「はい、お待たせしました」
うん、間違いない。。
タンはしっかり旨い、シロはやわらかくてふわふわ、チレはその個性あふれる食感、どれも旨い。
そうだ、レバーの若焼き(軽く焼く)を黒でもらおう。
おお、中がしっとりと旨いなぁ。
こりゃぁ、早い時間から人気なのもわかるね。
よお~し、この調子でフェブラリーステークスもいただきましょう。
 
 
第34回フェブラリーステークス(東京・ダート1600m)
■時事ネタ
・金正男 暗殺された?
③ゴールドドリーム(金の夢)
①サウンドトゥルー(本当らしい、本物らしい)

■TVCM
------------------------------------------------------
「大人4枚で」
「800円になります」
「やす!」
「桃李さん、競馬詳しいんですか?」
「ぜんぜん、初めて」
「え~、優弥くんは」
「みんな初めてでしょ?お互い様でしょ!」
「右も左もわかんないですよ」
「しかし、右さえわかれば...」
「おのずと、左もわかる」
「まず、出会わないとさぁ、好きになることも、できないだろう?」
「それ、お酒入ってます?」
「ぜんぜん、ジュース」
「あっ、帰ってきた!」(違うの?違うの?違うの?)
「フェブラリーってなんだっけ?」
「図書館!」
「ウソじゃん」
------------------------------------------------------
・「やす!」
⑫ニシケンモノノフ(調教師:庄野ヤス志)
⑬エイシンバッケン(騎手:岩田ヤス誠)
 
今年のGⅠ第一弾は、こんな感じです!
さあ、今年も張り切ってまいりましょう!
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

競馬の予想を通して交流を深めているダメダメおっさん3人組。
時事ネタを中心に安易な予想の、馬友のテツ。
過去データを基に真面目な正統派予想は、おいちゃん。
そしてJRAの情報にサインが隠されていると信じている、オレ。
今年もあっという間に有馬記念まで来てしまいました。

 

「魚の美味しいお店が希望ッス」
馬友のテツのリクエストにお応えして、西日暮里にやってきました。

 

お店に入ると、テツ、おいちゃん、オレの3人は、ならんでカウンター席に腰を下ろした。
それぞれの飲み物を注文し、さあ、今年最後の乾杯だ。
「最後ぐらいあたりますよ~に!乾杯!」

 

まずはお刺身の盛り合わせと、天ぷらの盛り合わせをもらいましょうか。
「大将、カワハギありますか?」
「はい、ありますよ。盛りあわせに入れておきますね」
なんて優しいんだ。

 

「今日入ったの。飲んでみる?」

おかみさんに一升瓶を見せられて、断れるわけがない。

もちろん、いただきます。

はい、おいしゅうございます!

 

「おまちそうさま~」
で、出てきたのがこれ!

わーっ!
カワハギのお頭付き!?
あとは、メダイ、ノドグロ、子持ち昆布、鰤、サバ。
すんごいラインナップだ。

 

「先にカワハギもらうよ~ん」
オレはもう我慢できずに一切れつまんで、ほらこれ。

くーっ!!
キモがでっかいよ!でっかいよキモ!
お醤油をちょんとつけて、身と一緒に一口で、こう、、はむっと、、、もぐもぐ。。。くん。
キターー!超絶旨い!!(*゚∀゚)=3

続いてテツも一切れ口に放り込んだ。
「ギャーーー!なんスかこれ?旨すぎるッス!」

二人で旨い旨いと騒いでいると、
「あの、さつま揚げ頼んでもいいですかね?」
天ぷらを食べていたおいちゃんがクールでニヒルな笑顔をこちらに向けた。
しまった。おいちゃんは生のお魚は苦手だったんだよね。
どうぞどうぞ、頼んでくださいませよ。
おいちゃんが続ける。
「今年も中央競馬の総決算「有馬記念」がやってきましたね。決して良い成績ではない1年だったので、何とか大きく当てて、いい年末年始を過ごしたいと思っています」
ですよね?、激しく同意でございます。
「はい、おまちどうさま~」

目の前にやって来たのはさつま揚げ?
おや?片面に付いているのはタタミイワシではありませんか。
「タタミイワシに味がついているのでそのままそうぞ」
「うわっ!ふわふわでしっとりで、最高に旨いじゃないですか」
おいちゃんが美味しそうに食べている。
こりゃ、お酒も進むわなぁ。


何杯目かのお酒をいただきながら、テツとオレはおいちゃんの話に耳を傾ける。
「このレースのデータはあまりにも有名です。まず内枠、先行が圧倒的な連対率を誇ります。馬齢は4歳以下、人気は1番人気が圧倒しています。さらに、前走1番人気で1着だった馬は勝率100%です。こうなってくると、◎はキタサンブラックで不動ではないでしょうか。前走のジャパンカップは展開に恵まれたところはありましたが、小回りの中山に替わるところは陣営も大歓迎でしょうし、マルターズアポジーが逃げを打つようですが、番手に控えても問題のない自在性も好印象です。2番手には1枠2番のゴールドアクターを推したいです。昨年の勝馬がいい枠を引きました。前走の惨敗は太め残りが敗因だとはっきりしているので、絞ってこられれば勝ち負け必至と言う所です。3番手以降は混戦ですが、▲にはサウンズオブアースを。重賞2着7回で、昨年の有馬記念も2着と言うシルバーコレクターですがデムーロが出遅れなければ、上位に食い込むと思います。」
「あの、サトノダイヤモンドはこないんスか?」
「えぇ、菊花賞で念願のG1を勝ったとは言え、例年以上の高速馬場かつドスローの瞬発力

勝負という展開に恵まれたこと、タイムが平凡だったこともあり初めての古馬対決を考えると、今年は△1番手としました」
う~む。2番人気馬に厳しい現実が。。。
「5番手にはシュヴァルグランを。基本的にはこの5頭で勝負したいですが、穴馬候補としてはミッキークイーンとヤマカツエースの2頭が面白いと思います」

「ダメっす!」
テツが刺身をくわえながら言った。
「サトノダイヤモンドを軽く扱ってはダメっす!」
なんで?
「「いつも有馬記念は時事ネタが来るッス。今年は何と言ってもトランプ大統領ネタっすよ」
ん?
「つまり、トランプに関係のある馬ッス。まずブラックジャックから、キタサン[ブラック]、ヤマカツ[エース]、ミッキー[クイーン]、そして、サトノ[ダイヤ]モンド!」
どうだ!と言わんばかりのドヤ顔のテツ。

 

さっ、最後の〆はへぎ蕎麦だよ。

海藻を使った新潟発祥のお蕎麦。
つるつるシコシコ、旨いなぁ。

 

「それじゃ、ローズさんの妄想を聞かせてくださいよ」
おいちゃんに促されたローズは持っていたお猪口を置くと、おしぼりで口元を拭き、軽く咳払いをして言った。
「12/26、つまり有馬記念の翌日のスポーツ新聞の見出しが見えちゃったんだよ」
こいつ何言ってんだ?と言う顔をしている二人を無視して続ける。
「クリスマス決戦はマリア様が聖した!」


    _, ._
( ゜Д゜) ガシャ
( つ O.   __
と_)  _) (__()、;.o:。
゜*.:.。


   ∧∧
ヽ(・ω・)/ ズコー
\( \ノ

 


何も聞かなかったと言う顔をして二人は蕎麦をすすりだした。
ええ~い、当たったもん勝ちだ!
最後に笑うのはオレなんだからなー!

 

 

12/25(日)第61回グランプリ 有馬記念(GI)中山競馬場・芝2500m
■GⅠヘッドライン
『時代を映す夢の祭典、超越した才能が永遠の感動を生む。』

 

時代を映すの「映す」は、映画のこと。
今年大ヒットの映画と言えば「君の名は。」
隠していたってムダなのだ。ちゃ~んと見えているのだ。
その名は、、、

 

⑧ミッキークーン

 

右から左へひらがなを読んでみよう。
馬主:野田みずき(のダみズき)
騎手:浜中 俊(はマなカスグル)

もう、これが大本命!!

 


■新聞広告

12.25も、あと3日、も算用数字なのに、
なぜか第六十一回だけ漢字。

なるほど、六、十、一、ね。
⑥-⑩-①


さらに組み合わせることのできる数字がこれ。
十と一で⑪
十と六で⑯

 

これで決まり!

 

さあ、読んでくれたあなただけに贈る、
ドドーンとクリスマスプレゼントだー!

 

 

今年も一年間ありがとうございました。
来年も宜しくお願い致します。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

駅からすぐなんだけど、入口が薄暗く、やってるのかどうかわかりにくい、もつ焼き屋さん。
引き戸を開けると、ぐるっとカウンターがあるだけで、その中にはとても愛想の良い男性が二人。


「はいっ、いらっしゃいませー!」

カウンターの席に着くと、
「えぇ、ビール、日本酒、焼酎、ウイスキー、どれにしましょう?」
「じゃぁ、ビールで」
こういう店ですから、もちろん瓶ビール。
そして基本のキリン。

グラスは、やや小ぶりでゴールドでロゴが入っている。
まずは1杯、くい~っと飲み干して、喉を潤す。

 

もつ焼きは何にしようかなぁ?
焼き台は小さめで、目の前で焼いている姿が見える。

まずは、しろ、レバーをタレでいただきましょう。

おお、しろはやわらかく、レバーは焼きすぎず絶妙な食感だ。

 

続いて、なんこつ、タンを塩でいただきましょう。

お店オリジナルの特製辛味噌をちょいとつけて、、、

もぐもぐもぐ、、、あぁ、旨い。
噛めば噛むほどにじんわりと旨みが沸いてくる感じ。

 

もうずいぶん前だけど、あの頃は年配のご夫婦でやっていて、8時になるとおとうさんは帰ってしまって、そのあと8時からはお母さんと若い男性スタッフが担当していたっけなぁ。
忙しそうにもつを焼いているお兄さんに聞いてみた。
「もう、おとうさん、おかあさんはお店に出ないの?」
「えぇ、今年の2月で引退されまして、いまは私がやっています」
そっかぁ。
寂しいような気もするけど、そういうことなんだよなぁ。
なんとなく過ぎていくから気が付かないでいるけど、歳は重ねていってるわけで、こんな時にあらためて自分の年齢とか考えちゃうよね。

 

ビールが少し残っているのでニラのお浸しをいただきます。

うわぁ、たっぷりな量があるなぁw
どれどれ、、もぐもぐもぐ、、、うん、シャキシャキで旨い。
うん、うん、満足、満足。

 

さあ、朝日杯も大満足で終わるのだ。

 

 

12/18(日)第68回朝日杯フューチュリティステークス(阪神競馬場・芝1600m)
■GⅠヘッドライン
『輝く無限の可能性、やがて伝説を創る世代が躍りだす。』

 

・躍りだす
いま、躍りだすと言えば、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で人気の「恋ダンス」だろう。
ん?逃げるは恥?逃げる、と言えば逃げ馬だよ。
今回の中で逃げ馬タイプは、、、
③リンクスゼロ
⑤タガノアシュラ


ほら、もうこの2頭でお決まりさっ!

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。