ゴルフメモ帳

本物のゴルフスイングを追い求めて、
体と頭を使っています・・78歳
Route463


テーマ:
テコを使うと、重いものや大きいもの
を、少ない力で動かすことができる、
この原理は昔、物理の時間で学んだ。
 
ゴルフにこの原理を応用すると、重い
クラブを、高齢者や女性の少ない力で
も動かすことができる、となる。
 
腰痛に悩む私にはありがたいこと。
 
このことを教えておられるのが、
Goldonegolf主宰の板橋コーチです。
 
以前から板橋コーチの動画レッスンは
よく観ていて、それを練習に取り入れ
るようにしている。
 
その中で強く影響を受けた動画がある
ので、そこで教えておられることに
ついて以下にまとめてみた。
----------
ゴルフスイングで一番テコの原理が
使えて、クラブが円~るく回る角度と
いうのがあります。
 
その角度が4時半です。
 
ドリルで説明しましょう。
左膝を上げて、そこにクラブのグリッ
プを当て(ここが支点)、ヘッド側を
4時半の角度まで、右手で引き寄せて
ください。4時半ですよ。
 
その状態で、クラブを握っている右手
をパッと離してみてください。
 
「パッチン!」という感じで、テコの
原理が働いて、瞬間的にはねかえす
バネの力によって、腕力を全く使って
いないのに、クラブヘッドがサッと
強く動いたことを体感できます。
 
3時でやってみると、ヘッドの動きは
弱くて、テコの効果は出てきません。
次に、円軌道についてです。
 
ダウンスイングの時に、4時半の方向
から手が出てくると、クラブを円く回
すことができます。
 
よって、クラブがお尻の方(4時半)
から出てきて、目標の左(8時半)の
方向に振り抜くことができます。
3時から出てくるというのは、俗に
いう打ちに行ったということ、これ
だと上半身の動きが止まって、手首を
返すという、やってはいけない動きを
してしまいます。
 
胸の面を閉じた状態から、左背中を
後方に回すだけで、クラブはメリー
ゴーランドのように回ります。
 
インパクトまで、左脇と左股関節とを
結ぶ線を保持するとよい。
 
続いて、手の形についてです。
トップのシャフトの角度を変えずに
フリードロップさせると、右掌に玉子
を乗せる感じで、右肘が脇腹に絞られ
てきます。
 
と、シャフトが4時半の位置から出て
きて円軌道ができる体勢に入ります。
 
このとき、胸はまだ右を向いていて、
右掌は右斜め上を向いているので、
フェースの向きも右斜め上を向いて
います。
 
右肘はほぼ直角に曲げられ、ここから
前腕を内旋させていきます。
 
右肘を曲げたまま回転すれば、体を
水平回転できます。
 
右肘が曲がったまま、肘の内側が真上
を向き、徐々に前腕が内旋して、右手
のひらが目標に向いていきます。
 
そのまま左向け左をすれば、グリップ
エンドがへその正面を向きます。
 
クラブを円~るく振るというのは、
ヘッドで地面に円を描くぐらい、低い
ところでヘッドが動いています。
 
前腕の内旋(フォアームローテーショ
ン)を活かすには、クラブの手許側に
テコの原理を感じられればいいです。
 
この動作が一番体軸の近くを振れて、
早く回転できます。
ゴルフスイングとは、円軌道中にある
ボールを捉えて、目標に運ぶゲームと
認識しています。
----------
以上が板橋コーチのレッスンである。
最後に、レッスン動画を紹介する。
 
 
ブログランキングに参加しています。
ここをクリックしていただけると、ありがたいです。
      ↓ ↓ ↓
にほんブログ村ゴルフ上達法
http://golf.blogmura.com/golfprogress/
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
練習場でシャフト試打会があった。
 
ドライバーと9アイアンを打たせて
もらった。
 
シャフトメーカーの社員(インスト
ラクタ?と思われる)が、私のスイ
ングを見て、直ぐに欠点を指摘して
くれて、試打会というよりレッスン
となった。
----------
お客様は、ダウンスイングからイン
パクトにかけて、上体が左に動いて
(突っ込んで)います。
 
これではボールの捕まりが良くなく
て飛距離が一定しません。
 
なので、右足のすぐ前に何かあると
思ってそこをずっと見て、フォロー
まで振っちゃってください。

----------
ここでイ・ボミのスイング画像を
見てみよう。
社員の言っていることが納得できる。
----------
上体が左に動いたり、起き上がった
らダメですよ。
 
ボールは見なくたっていいですよ。
これには絶対にやらなければならな
いことがあります。
 
切り返しで「右ひじを右脇腹に付け
ること」です。
 
そうすることで、スイング軌道が安
定し、インパクトでヘッドを強く押
し込むことができます。
 
グリップが右膝の前に来た時、右手
のひらは、正面を向いています。
 
このスイングでは、腰は開きません。
 
右ひじが身体に付いた時にできた腰
の開きで十分です。
 
それ以上腰を回そうとすると、腰を
痛めやすくなります。
 
インパクト以降、左手の甲を左後方
に行かせてください。
 
そうすれば、フェースターンをしな
くても、フェース面はインパクトで
ちゃんとスクエアに戻ります。
 
左手の甲が飛球線のほうへ出ると、
フェースが開いたままになり、ボー
ルは右に出ます。
 
手を返すのは最悪です。
ボールが左に行きます。
 
お客様のトップの位置は高いです。

手でクラブをひょいと上げているか
らです。
 
右肩をもつと後方に回してください。
 
そうすれば、手の位置は今より低く
フラット、そのくらいでいいですよ。
 
その位置なら、ダウンで左股関節に
体重を乗せると、自然に右ひじが体
にすっとくっ付いてきます。
 
意識してくっ付けようとする必要は
ありません。
 
フォローで左ひじは伸びていた方が
いいです。
----------
以上がメーカー社員のレッスン。
これだけのことをタダで教えてもら
った。ラッキー!
今回の記事参考画像
 
また練習の課題ができた。
 
ニャンガーさんが教えてくれた参考動画
ブログランキングに参加しています。
ここをクリックしていただけると、ありがたいです。
      ↓ ↓ ↓
にほんブログ村ゴルフ上達法
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(1)

テーマ:
お年玉は、イ・ボミのアイアンショッ
ト画像だったが、今回は全盛期のタイ
ガーウッズのアイアンショット画像
です。
 
複数枚の画像を重ねて作画するレイヤ
ー機能を使っているので、まだ未熟も
あり、一枚を仕上げるのに、何時間も
かかる始末である。
 
今回取り上げるテーマは前回に引続き
「本当のダウンブローとは」である。
 
まずは次の画像を見てみよう。
トップ切り返しからハーフウエイダウ
ンまでのクラブの動きを描いた。
 
グリップ(赤)を本物より長く描いて
いるので、クラブ(ヘッドとグリップ)
がどのように動いているかがよく分か
ると思う。
 
〇切り返しではクラブと腕の重さを軽
 くして右肩の負担を減らすため、
 グリップエンドを真下に向け、クラ
 ブを立てて下ろしてきている。
 
〇クラブが地面に対して水平になるま
 では胸を右に向けたまま、クラブを
 手で引き下ろすことなく、体重移動
 の際、クラブを自然落下させている。
 
そのへんのところを、今度は5枚を重
ねてみた。それが次の画像である。
〇いち早く右肘が右脇に付けられてい
 る。
 
〇手首(グリップ)の角度はトップで
 できたものを崩さず保持している。
 
さて次はハーフウエイダウン直後から
インパクト直後まで。
5枚の画像、「本当のダウンブロー」
の隠された真の姿がここにある。
 
長く書き足されたグリップエンド(赤)
の移り行きに注目。
 
グリップエンドが赤い矢印の方向に
動くと、そのわずかな運動量に伴い、
テコの原理が働いて、ヘッドが青い矢
印の方向に大きく動いていく。
 
しかも、ここが大切だけど、タイガー
が意識して、ヘッドを下(ボール)に
向かって動かそうとして、上体を左下
に押し付けようとしていない。
 
これが「本当のダウンブロー」である。
 
ここで、再度gonzoさんの解説を・・・
----------
ダウンブローっていうと、多くの方が
グリップ側を上から下降させる動きを
させます。
 
何故なら、ヘッドをそう動かしたい
ためです。
 
実はその動きこそが間違いで、グリッ
プ側を真逆に動かしているのです。
 
真逆に動かそうとしている訳ですから
ヘッドは走りませんし、反力をまとも
に受け関節をなどを痛めます。
 
正しくは、ヘッドが上から下に動くと
いうことは、グリップ側は下から上に
動いていきます。
 
つまり、ヘッド側とグリップ側の動き
は真逆なのです。
 
ハーフウエイダウン付近で、既に落と
しきったグリップ側を、インパクトま
での間に下から上昇させると、ヘッド
側が上から下降していくのです。
 
このグリップ側を下から上昇させる動
きが、本当のダウンブローを打つ上で
最も重要なことです。
 
グリップをハーフウエイダウン時の高
さより少し上昇させるイメージでスイ
ングします。
 
(アプローチも)私の場合、上昇させ
る量のイメージは感覚として5㎝くら
いでしょうか?
 
両腕や上体は特に脱力し、コックはで
きるだけ保つことを心がけてください。
グリップが上昇して遠心力が掛ってい
けばコックは勝手に解けていきます。
 
補足として、下半身リードで、上半身
と下半身の捻転差とコックを保ち、腕
が振り遅れてしまうくらいの感じでス
イングしてください。
 
捻転差を自ら解いていくような、上体
や腕では絶対に打ちに(ボールをつか
まえに)いかないでください。
 
ハンドファースト位置(グリップを上
昇させきった位置)でのインパクトを
意識し、「打ち」にいったらダメです。
(絶対に)
 
最後まで使わないし、使われてしまう
ような腕の動きなのです。
 
初めは右にすっぽ抜けるような弾道が
多く出るかもしれません。
 
でも、その感覚でボールを捕まえれる
ようになるまで辛抱強く練習してくだ
さい。
----------
gonzoさんの言われていることは、
次の5枚重ねの画像の中で見ることが
できる。
新発見でした。
 
グリップのあたりに「白い点」が見え
るが、これはタイガーの右親指の爪。
 
ハーフウエイダウン直後から、インパ
クトに向かって、白い点が右上がりに
なっている。
 
これはgonzoさんの言われるグリップ
側を下から上昇させる動きのことだ。
 
その時、ヘッドの動き(青い線)は、
下降している。
 
これがダウンブローである。
 
最後に、ハーフウエイダウン直後を後
方から見た画像。
ここで大切なチェックポイントは
「シャフトとヘッドがグリップよりも
前にある」ということ。
 
来週からの練習が楽しみである。
ブログランキングに参加しています。

ここをクリックしていただけると、ありがたいです。
      ↓ ↓ ↓
にほんブログ村ゴルフ上達法
 
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。