ゴルフメモ帳

本物のゴルフスイングを追い求めて、
体と頭を使っています・・78歳
Route463


テーマ:
「ゴムチューブ」を買いたくて、
ネットチェックしていたら、偶然に
プロのパッティング軌道が身に付く、
「入るストローク」矯正器のページに
入り込んでしまった。
 
ヒントをいただいた。
 
やってみると具合が良かった。
 
次の実戦で3パットがクリアできる
かもしれないと思った。
 
プロゴルファー金谷多一郎さんの
推薦文を紹介してみたい。
----------
「正しいパッティングとは、首の
付け根を基点とした振り子運動です」
   プロゴルファー 金谷多一郎
 
アマチュアゴルファーの多くは
「パターヘッドをできるだけ低くし、
真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す」こと
が正しいと誤解しているようです。
 
ヘッドが地を這うようなストローク
では、フェイス面をスクエアに保つ
ことに意識が集中し、バックスイング
の上げ方に気を取られてしまいます
 
その結果、インパクトで正しくヒット
できず、ボールはヘッドに押される
ことで転がりが悪くなってしまいます。
 
一方、ほとんどのプロゴルファーは、
首の付け根とヘッドを結ぶ円弧上で
「振り子ストローク」をしています。
 
スクエアに保たれたフェイス面は、
フォローで自然に上を向くため、
正回転で転がりの良いボールが生まれ
るのです。
 
パッティングで重要なことは、ター
ゲットに対して真っ直ぐ、転がりの
良いボールを自分の強さで打てるか
どうかです。
 
Hairuストロークは、正しいフォロー
と的確なタッチを身に付け、プロ
レベルの転がりの良いボールが打てる
ようになる練習器です。
 
スコアの40%を占めるパット数を
減らし、皆様のスコアアップにつな
がることをお約束いたします。
----------
以下は、Hairuストロークの広告
 
○真っ直ぐスクエアな軌道になる
○真芯でボールが打てるようになる
○正回転で転がりの良いボールが
 生まれる
 
正しいストローク
多くのプロが実践する打ち方
 
 
首の付け根を基点とした平均半径
1300Rの「円弧軌道」
 
○自然にフェイス面はスクエアに
 保たれる
○ヘッドとボール間に生じるギア
 効果によって、ボールに強い
 正回転が与えられる
 
間違ったストローク
多くのアマチュアが誤解している
打ち方
 
地面と水平に「真っ直ぐ引いて、
真っ直ぐ出す打ち方
 
 
○フェイス面は左右に向き、スク
 エアに保つことは困難
○ヘッドがボールを押し込むことで、
 芝生の抵抗によって、ボールに
 ブレーキがかかり、正回転が
 得られない。
 
 
 
ブログランキングに参加しています。
ここをクリックしていただけると、ありがたいです。
      ↓ ↓ ↓
にほんブログ村ゴルフ上達法
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
前回の記事で、切り返しの時、右足は
「蹴る」のではなく、「踏む」ことが
より効果的であると紹介した。
 
しかし、右足に60%以上体重が乗って
いる状態のトップにおいて、そこから
どのように右足を踏み込むのか、よく
分からなかった。
 
切り返しにおいて、どうすれば自然に
右足を「踏む」ことができるのか?
 
これに対して、前にも紹介したことの
ある「Youtube(Goldonegolf)」の板橋
さんレッスン「切り返し時の右サイド
のフットワーク」で答えを見つけた。
 
以下に紹介してみたい。
-----
それではまずトップについて・・・
 
 
トップでは脇腹を右斜めに切り上げて
(赤い線)、右股関節の上にしっかり
体重を乗せる。
 
そして、トップにおける円で囲んだ
手首と肘の形は、インパクトまで保持
して変えてはならない。
 
 
続いて「踏む」の画像について・・・
 
これは、トップから切り返した直後の
姿を描いたものである。
 
すでにこの段階で、右足の踏み込みは
完成していなければならない。
 
ではどのようにして右足の踏み込みを
行なったのか?
 
「右股関節が入ったまま(③)、
 左サイドを踏み込んで(⑤)、
 右膝が入ってくる(④)。
 その結果、
 右足の踏み込み(⑦)が完成する」
 
これが答えである。
 
もう少し詳しく説明すると、右のお尻
の上に腰かけるようなタイミングで、
一旦右臀部と右足踵にグッと荷重しな
がら、右膝を左に押し込むのである。
 
この時、左膝はできるだけ動かないで
右からのパワーを受け止める(⑤)。
そこが緩むとアウトインの軌道になり
引っ掛けが出る。
 
ここで大切なことは、この時点で左腰
は回転する(⑥)が、右腰を回しては
ならないということである。
 
右腰を回してしまうと、右足踵が前に
直線的に上がり、前傾が起き、クラブ
が早く落っこちて、キャスティングし
てしまうからである。
 
「右股関節が入ったまま(③)、
 左サイドを踏み込んで(⑤)、
 右膝が入ってくる(④)」
 
③~⑤~④の結果、右股関節は腰かけ
る感じで、胸は右を向いたまま(②)、
手首と肘の形はトップのまま変わらず
に(①)右肘が右脇に付く。
 
そうすると、右足の土踏まずが地面を
しっかり掴んで、右足を踏むことがで
きるのである。
 
右足を踏むとは「べた足」のことだ。
 
ここで注意、トップからいきなり左足
に荷重させると、軸が左に動く。
 
右脇腹のリードと左足への踏み込んで
も、この時点での荷重は五分五分か
6:4で右足にある。
----------
以上が板橋さんの解説である。
 
「右股関節を入れたまま、右膝を押し
込むことで前傾がキープできる」この
動きは、切り返しでボール一個分右肩
を下げる動作に通ずるところがあるよ
うな気がする。
 
これができれば、クラブは背中から下
りてくる感じがする。
 
板橋さんは、これを四時半から下りて
くると言っている。
 
インパクトでは下の2つの画像のように
手首の角度を保ったまま、二の腕の
アームターンを行って、ハンドファースト
でボールを捉まえ、フィニッシュまでしっ
かり振っていくことに集中する。
 
このやり方をマスターできれば、憧れ
の女子プロのスイングに半歩近づずけ
るように気がする。
 
但し、腰を痛めないように注意して、
練習を続けたい。
 
ブログランキングに参加しています。
ここをクリックしていただけると、ありがたいです
      ↓ ↓ ↓
にほんブログ村ゴルフ上達法
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:
前回紹介したイ・ソンウォン(韓国
女子プロ)のアイアンショット分解
写真を何度も見ては練習している。
 
そのせいか、安定したショットの数
が増えてきた気がする。
 
ここに着目してやってきてよかった
と本当に思っている。
 
尊敬する森守洋プロの「ゴルフ理論」
Youtubeを見ていて、一つ付け加えた
いことがあった。
 
それは、切り返しの時の重心移動に
関してである。
切り返しは下半身始動といっても、
右足を蹴って左足(赤色)に体重を
移すのではなく、右足を踏み(青色)
ながら重心移動することのほうが
理に適っていると教えていた。
 
足を地面につけてスイングしている
以上、エネルギーを地面からもらって、
床反力を積極的に活用したほうが
よくて、それには「蹴り」より「踏む」の
ほうが適しているということだった。
それを右足を蹴ると、足がぐらつい
て、地面からの力をもらえず、エネ
ルギーをロスしてしまう。
この「踏む」という動きは、森守洋
プロの「クッション投げ」の中にも
含まれている。
 
このブログの投稿手順が全く新しく
なっていた。画像が大きくなった。
 
ブログランキングに参加しています。
ここをクリックしていただけると、ありがたいです。</font></font>
      ↓ ↓ ↓
にほんブログ村ゴルフ上達法
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。