ゴルフメモ帳

本物のゴルフスイングを追い求めて、
体と頭を使っています・・78歳
Route463


テーマ:
이보미イ・ボミさんのスイングを見て
学ぶことがいっぱいある。 



今回注目したのが「スイング中お尻が
壁から全く離れない」ということで、
方向性のよい安定したボールを打つた
めの条件だと思ったからである。

私の場合、離れてしまうことが多い。

トップからダウンにおいて、骨盤の
前傾が起き上がってしまうのが原因。

そうなると上体が伸び上がり、右肩、
右膝が前に出て、左脇が開き、とくに
フェアウエイウッドでボールがつかま
らず、大きく右に出る。

お尻を壁につける練習をやりたい。

次は、韓国若手女子プロの一人、
김효주キム・ヒョジュさんのスイング
を見て勉強してみたい。

画像が小さくて見にくいが、注目は
〇骨盤を前傾し股関節を切り上げる
〇ブランコの振りを強くするために
 行う動きを応用したダウンでの
 沈み込み、左肩を下げる動き
この二つである。

トップまで、骨盤の前傾を保持して、
正拳突きの要領で、右肩を後方に
引いていって、右股関節をグイーっ
と切り上げていく。

切り返しでのコツは、トップのその
位置で体重移動せず、胸を右に
向けたまま前傾をキープして骨盤を
くるりと回してやることである。


骨盤を回してから腰をスライドさせる
くらいで丁度よい。

左へスライドしてから骨盤を回す
のは順序が逆であると分かった。


左膝を緩めず、右膝を送り込むこと
で、左股関節の切り上げが始まる。

ここからインパクトに向けて、ブラ
ンコで振りの勢いを強める要領で、
上体を沈み込ませていく。

左肩を意識して下げてやるとよい。

左股関節を切り上げインパクト。

こうすることで、とくに体重移動を
意識せずとも自然に体重移動が行わ
れる。

あとは八時半の方向に振り切る。

来週からの練習が楽しみである。

ブログランキングに参加しています。
ここをクリックしていただけると、ありがたいです。

↓ ↓ ↓
にほんブログ村ゴルフ上達法
AD
いいね!(16)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「骨盤の前傾と骨盤の回旋」・・・

骨盤に関するこの二つの関係を知り得
たことは、ボールを正確に遠くへ飛ば
したいと願っているゴルフ愛好者であ
る私にとっての福音であった。


「前傾」とは、身体全体が前方に傾く
ことではなく、骨盤を斜め前下方向に
傾けることをいう。

なぜ骨盤を前傾するのか?

体の前下の離れたところにあるボール
を遠くへ正確に飛ばすためには、骨盤
を前傾した状態で、骨盤を回旋してス
イングするのが一番理に適っていると
言われているからである。

なぜならば、骨盤が前傾していれば、
あえてフェースターンをしなくても、
自然にフェースが返ってくれて、つか
まりの良いボールを打つことができる

からである。

反対に前傾がないと、上体が起き上が
って、インパクトでフェースが抜けた
状態になるので、つかまりの良いボー
ルを打つことは難しくなる。

二つ目の理由は、骨盤を前傾させない
と、骨盤を回旋させることができない

からである。

なぜ骨盤を回旋する必要があるのか?

ゴルフについていえば、高齢者や女性
にとっては、不器用といわれる骨盤を
回旋させたほうが、器用な手や腕を使
って振っていくより、多量のパワーと
安定性を得られるからである。

ミッシェル・ウイのアドレス、骨盤が
きれいに前傾されているね。

骨盤を前傾させて、骨盤を回旋させる
スイングを行うためには、何が一番大
切か?

私が思うのは、両膝が緩まないこと、
極端なことをいえば、両膝が動かずに
止まって見えるくらいでいいのでは。

膝が左右に動きすぎるときは、骨盤は
全く回旋できていないと思っていい。

ミッシェル・ウイの左脚(赤い色・・
股関節、太もも、膝、ふくらはぎ、足
首)に注目してほしい。

さて、ミッシェル・ウイのテークバッ
クからトップまでであるが、両膝をほ
とんど動かしていない。

改めてこれが大切なポイントである。

正拳突きの要領で、右腰を後方へ動か
しているだけみたいだけど、実はこの
動きによって、骨盤は前傾しているの
で、骨盤は自動的に回旋される。

骨盤を前傾していなければ、骨盤は回
旋させられないとは、これで証明され
たことになる。

骨盤が回旋すると、右股関節がグイッ
と引き上げられて股関節が締まる。

その結果、腰が45度、肩が90度回
り、右肩は後方に引かれて、捻転差が
45度のトップができあがる。

これ以降フィニッシュまでのスイング
において、必要とされる動力は、前傾
した骨盤の回旋力により生み出される
パワーであって、手や腕の力ではない
ことを肝に銘じなければならない。

次に、切り返しにおける、骨盤の前傾
と骨盤の回旋について、ミッシェル・
ウイの画像で見てみよう。

まずは、左膝である。

伸び上がったり、左へ流れたりせず、
アドレスの形を100%保持しており、
膝の緩みは全く感じられない。

この左膝の動きと形が必要なのである。

左腰を後方に少し動かすことによって、
骨盤が前傾しているので、骨盤は半自
動的に左回旋し、その結果、左股関節
がグイッと締め上がっている。

ここで大切なのは、自分の意思で骨盤
を回そうとするのでなく、腰を少し後
方に動かすことによって、自動的に骨
盤が回旋を行なっている点である。

さて、骨盤の回旋力に誘発され、引力
が働いて腕とクラブ(ヘッド)が画像
のこの位置までにスッと落ちてきてい
るが、決して手で下ろしてはいない。

切り返しの時、骨盤の回旋ではなく、
腕力でクラブを引き下ろしたらどうな
るか?

左膝が伸び上がって後ろに引け、それ
に引きずられて、上体が左に突っ込ん
で、アウトサイドインの軌道になるの
は必定である。

画面をもう一度見てみよう。

腰が正面を向き、肩が45度回わって
胸が右45度を向いている。

切り返しのこの段階で、ミッシェル・
ウイは、右45度の方向へ頭を下げる
動作を行っている。
(トップの画像と
比較すればよく分かる)

これは、インパクトで上体が起き上が
らないように、即ち骨盤の前傾が緩ま
ないように、念を押して更に前傾を強
化している
ようにも受け止められる。

しかし、トップでできた手首の角度が
保たれていないと、くら前傾をプラス
したとしても、ボールに当たる前に、
ダフってしまうので要注意。

インパクトではどうなっているか?

まず目につくのは、左脚(赤色)の形
である。

切り返しで、左腰を後方に少し動かす
ことによって、前傾している骨盤が回
旋し、その結果、左股関節がグイッと
締め上がっているのがよく分かる。

更に、アドレスで作られた緩みのない
左脚全体が全く崩されることなく保持
されているが、骨盤の回旋ハワーを受
け止められている証である。

左脚(赤色)が崩れたらどうなるか?

ゴルフにならないのは明白である。

右膝は左膝に寄ってきて、右のかかと
が少し浮きあがているが、地面につけ
たベタ足でもかまわない。

顔の向きについて見てみよう。

ひとつ前の切り返しの画像と比べてみ
ると、約30度近く顔面の角度が深く
なっている。

これが切り返しで行った前傾のプラス
アルファ(+1)の結果だと思う。

前傾を+1するだけで、ご覧のように
フェースは開いておらず、ボールをし
っかり捕まえられるのである。

左腕の時計を見ると、エースターンし
たようにも見えるが、私の体験からい
えば、それはやっぱり骨盤の前傾を
+1した結果じゃないかと思う。

次に、切り返しからインパクトまでの
間に何が行われていたのだろうか?

まずは骨盤が回旋し、その動きに同期
するように肩が動いたのだろう

言えることは、骨盤より肩が先に回っ
たということは絶対にない。

骨盤の回旋に同期し肩が回り、その肩
の動きに引っ張られた形で、肩にくっ
ついている腕とグリップ、クラブとヘ
ッドが動いてきたのだろう。

ここでも言えることは、グリップはク
ラブを握っているだけで、何もしてい
なかったということである。

つまりやったことと言えば、膝を止め
て、骨盤を回旋させただけ、肩、腕、
手、グリップ、クラブ、ヘッドは骨盤
の回旋に後から付いてきた、オーバー
に言ったらそういうことじゃないか。


次にヘッドとグリップがそれぞれどの
ように移動したかを見てみよう。

切り返し時、ヘッドは左肩の上(白丸)
にあり、グリップは右腰横(赤丸)の
ところにあった。

それがインパクトではどうなったか?

ヘッドがグリップを追い越している。

グリップが約60㎝動く間に、ヘッド
は恐らく約200㎝は動いたと思う。

この移動距離差差(タメ)がヘッドス
ピードを生み出している。

フォローの画像を見てみよう。

ここでも注目したいのが、インパクト
と変わらない左脚(左膝)の柔軟さと
頭の位置(目線)である。

これによって、骨盤の前傾と、骨盤の
回旋が維持できている。

これを見ても、スイング中動かないと
ころ、スイングの支点となる部位がな
ければならないことがよく分かる。

このようなフォローは、高齢者の私に
はなかなか難しいが、それでもなんと
か少しでも近づきたいものである。

フィニッシュはどうだろうか。

やはり左脚(赤色)に注目している。

後方から見た時、両膝がぴったりくっ
ついていれば、正しくスイングできた
と確認できる。

以上が、最近の練習から気づいたこと
のメモ書きである。

この歳になっても、こういうことに情
熱をもってチャレンジさせてもらえる
のは本当にうれしい限りである。

ゴルフ、万歳!!

ブログランキングに参加しています。
ここをクリックしていただけると、ありがたいです。

↓ ↓ ↓
にほんブログ村ゴルフ上達法
AD
いいね!(28)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
前傾姿勢を保ったまま体と骨盤を回転
させる方法がとても有効だと知って、
それを私なりに解釈して、自分流でや
り始めている。

非常に理に適っている気がして、納得
できるところも多く、これからも引き
続きやっていくに値する打法と思って
いる。

しかし、悲しいかな年齢的なハンディ
(78歳)もある上に自分流でや
っているため、消化不良状態にある気
がしている。

未だ体とボールとの距離が定まらず、
ボールの捕まり(ミート率)がよくな
いことが多いからである。

そこで、左目でボールを見ることで頭
を残すとか、骨盤と肩を前傾角度に対
して水平に回すなどして、ボールの捕
まりが少しでもよくなるよう工夫し修
正していたが、今ひとつどうしていい
かが分からなかった。

そんな時、いつも参考にさせてもらっ
ているhiroさんのブログ(真実のゴル
フ)で、私の疑問に対する回答ともい
える記事が投稿されていることを知っ
た。

早速、それを練習場で試みてみたとこ
ろ、初めは今まで経験したことのない
アドレスのセッティングであり、テー
クバック、切り返しだったので、違和
感を覚えた。

しかし、打数を重ねていくうちに、股
関節が折れ曲がった状態になって、と
くに左股関節に緩みが感じられず、上
体が左に流れることもなく、体とボー
ルの距離が保たれていて、ボールの捕
まりが格段によくなり、抜ける球が減
っていく自分がいる事実に驚いた。

ただ練習後、腰に若干の痛みが出たの
で、その点は十分注意すべきと認識し
た。

「どのように体を動かせば、前傾姿勢
を保ったまま体と骨盤を回転させるこ
とができるか?」、その部分を以下に
抜粋しせていただきました。

なお、詳しくはhiroさんのブログ(真
実のゴルフ)
をご覧ください。
-ー-ー
まずは直立した状態でテークバックの
位置まで体と骨盤を右にひねる。

胸は90度右に回転し、骨盤は45度
回転した状態となり、捻転差が生まれ
た状態だ。

次に、胸と骨盤の捻転差を保ったまま、
左に45度回転させる。

胸が右45度、骨盤がちょうど正面を
向いた状態だ。

そして、その状態で股関節から前傾姿
勢を取る。


これは実際のスイングでは、インパク
トの少し前の状態にあたるのだ

が、これが前傾を取って骨盤を回転さ
せた正しい状態だ。


どうだろう。

普段行っている体の形と比べると、か
なり違うのではないだろうか?

ポイントは、股関節が折れ曲がった状
態になっている点だ。

多くのアマチュアは、ダウンスイング
を開始するときに骨盤の右側を
正面方向に突き出すようにしながら回
転させるような動きを取ってしまう。

この動きを取ってしまうと、股関節の
折れ曲がりがなくなって伸びあがって
しまい、前傾姿勢が崩れてしまう。

前傾が崩れると体が開き、フェースも
開き、ボールとの距離は崩れ、トップ、
スライス、プッシュアウトなど、いろ
いろな問題が発生してしまう。

正しい動きが取れているかは、飛球線
後方や前方から、体の形を鏡に映して
確認してみるとよくわかる。

普段の動かし方だと体が浮き上がって
いるが、先ほど試したやり方だと前傾
を保った状態になっているのがわかる
と思う。

テークバックをとったら、この形にな
るように体を動かしていくことが大事
なのだ。

コツとして、切り返しからダウンスイ
ングにおいて、股関節を曲げたまま右
ひざを左ひざに近づけるような動きを
取ると、右の骨盤が正面方向につきだ
すことなく先ほどの形がとれるはずだ。

過去に行ってきた切り返しやダウンス
イングの時の骨盤の動かし方と、今回
述べた動かし方を交互に行って違いを
確かめながら試行錯誤することで、き
っと正しい動きがわかるはずだ。

なおひとつだけ注意点。

股関節が硬くなっていると、おそらく
この動きを行うことは難しい。

練習前はもちろん、普段からも股関節
を柔らかくするようなストレッチや柔
軟体操を欠かさないことも重要だ。
ーー-ーー
以上が、hiroさんの記事抜粋でした。

下の画像は、ミッシェルウイさんのも
のであるが、アドレスのセットアップ
で、インパクト直前の前傾を意識して
作っているように感じる。



私は、アドレスの段階で、骨盤を正面
に向け、胸を右に向け、前傾を取るよ
うにしているので、そう感じただけか
もしれない。

これは、hiroさんのいうインパクトの
少し前のタイミングで前傾するのがま
だ難しいので、あえてアドレスの段階
で、早めに骨盤を正面に向け、胸を右
に向けて、前傾を取るようにしいるか
らである。

なので、ちょっと変な格好のアドレス
になっているいて、これでいいのかと、
戸惑いもあり、完全に理解できていな
いところでもある。

インパクトの少し前で「前傾」とは、
森守洋プロの「クッション投げ」と
同じではないかと思うので、最終的に
はできるような気がする。

もう少し練習を重ね、自分のものにし
ていきたい。



ブログランキングに参加しています。
ここをクリックしていただけると、ありがたいです。

↓ ↓ ↓
にほんブログ村ゴルフ上達法
AD
いいね!(17)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。