ゴルフメモ帳

本物のゴルフスイングを追い求めて、
体と頭を使っています・・78歳
Route463

NEW !
テーマ:
人間、思い込みというものがあって
回転とか回すというと、つい丸く回す
円運動をイメージしてしまう。

そのイメージでトップから腰を円運動
すると、右肩が前に出て、上体が左に
突っ込み、頭が動き、その結果として
アウトサイドインのスイング軌道にな
りやすいようである。


特にゴルフスイングにおける「右腰の
回転」は円運動ではなく、ピッチャー
がシュートボールを投げるイメージで
腰を動かしていけばいいらしい。


テイクバックし、トップで後方に動い
た右腰は、フィニッシュにおける右腰
の位置目がけて、ほぼ直線的に切り込
んでいくっていう感じである。


右腰の動きを中心に、昨日の練習で試
してみると、インサイドインのスイン
グ軌道になっていて、ミート率もかな
り良く、従って打感も打音も申し分な
しという結果が得られた。

しかもなによりよかったのは、腰痛に
悩む私の腰に優しかったことだ。

ちょっとした気づきが大きな前進につ
ながるのは、得した気がしてうれしい
ものである。

これからの練習が楽しみである。

韓国女子プロゴルファー


ブログランキングに参加しています。
ここをクリックしていただけると、ありがたいです。

↓ ↓ ↓
にほんブログ村ゴルフ上達法
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今回は、韓国語を勉強しながら
ゴルフのお勉強・・・

김효주 슬로모션 스윙 교과서
キムヒョジュさんの
スローモーションスイング 教科書から
 (画像クリック、拡大して見てください)

基本に戻って確認したいとき、とても
参考になる資料である。



어깨를 감싼 견고한 스탠스와
균형 잡힌 어도레스
肩を包んだ堅牢なスタンスと
バランスのとれたアドレス


지면에 붙어 가는 낮은 테이크 어웨이
地面についていく低いテイクアウエイ


겨드랑이에 붙여 쪽 뻗은 양 팔
脇に貼り付け、伸びた両腕


샤프트가 지면과 수평을 이루면서도
가슴 앞에 위치한 클럽
シャフトが地面と水平をなして、
胸の前にあるクラブ


백스윙이 진행되는 동안 어드레스 자세를
유지하는 오른쪽 하체
バックスイング中アドレス姿勢を
維持する右下半身


왼팔이 지면과 수평이
될 때 샤프트와의 직각
左腕が地面と水平にされたとき
シャフトとの直角


백스윙 톱까지 어드레스
각을 유지한 하체
バックスイングトップまで
アドレス角度を維持した下半身


스웨이 되지 않고 오른발
쪽까지 회전된 어깨
スウェイされず、
右足一方まで回転された肩


왼발을 디디면서
스라이드 되는 골반
左足を踏み入れるながら
スライドされる骨盤


코킹을 풀지 않고 클럽을
끌고 내려오는 힘
コ​ッキングを解かずにクラブを
集め降りてくる力


임팩트까지 굽어진 오른팔
インパクトまで曲がっている右腕


쭉 뻗은 릴리스에서도
클럽이 몸 안에 있다
まっすぐリリースでも
クラブが体の中にある





ブログランキングに参加しています。
ここをクリックしていただけると、ありがたいです。

↓ ↓ ↓
にほんブログ村ゴルフ上達法
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
キム・ハヌルさんのベタ足打法には、
学べるものがありそうな気がする。

ハヌルとは韓国語で하늘「空」という
意味、彼女には空の青がとてもよく似
合うと思いませんか。

キム・ハヌルさんの後方画像をもとに
目に止まったところを、あくまでも私
なりの目線で書き出してみた。

トップから切返しに移る瞬間。

トップまでに何が行われたか? そこ
からまずは見てみよう。

テイクバックでは、下半身(腰、骨盤)
の動力を使って上体を回していて、ク
ラブを手で上げたりはしていない。


なので右股関節をここまでグイッと入
れることができるし、上体と肩をこの
ように深く入れられる。

切り返しのきっかけは、もうこれ以上
テイクバックできないことを感じて、
トップの位置で骨盤を回し始めるのだ
ろうと思う。

まずは下半身がどうなっているか?
そこから見てみよう。

切り返し時と比べれば一目瞭然、腰
(骨盤)と膝がゆっくり回って体重移
動が行なわれようとしていることがよ
く分かる。

これは明らかに下半身に溜められたパ
ワーを使い、スイングしようとしてい
ることの証に他ならない。

このとき、右足はベタ足、右足親指で
地面を支えている、両膝の先端が揃い、
左膝が止まり、そこへ右膝が寄り添っ
て行っている。

他方、腰より上(胸、おへそ)はどう
なっているか?

トップと同じくまだ右を向いている、
左肩は開いていない、トップのときの
上体の形をそのままを保持した状態で
スイングしていて、なんだか体重移動
していない感じがする、頭は動かずに
残っている。

以上の結果、グリップが右肩のところ
まで自然に下りてきているが、これは
クラブを手で振り下ろしたものではな
く、腰の回転に同期したにすぎない。

このとき、右肩や右膝が前に出る、右
かかとが起き上がる、といったことが
あると、左肩が開いてしまう。

そうなれば上体は左へ突っ込み、スイ
ングは外回り(アウトイン)軌道とな
り、ヘッドはテークバックでたどった
道を戻ってこれない。

これではボールに当てられないので、
手でボールに当てようとするしかなく
なり、世にいう手打ちとなる。

これがミスの最大の原因と言われる。

腰(骨盤)はゆっくり回っている。

右足はベタ足のまま、胸とおへそはま
だ右を向いていて、左肩は開いていな
い、トップ時の上体の形をそのままを
保持し、頭は残っている。

その結果、腰の回転に同期して、グリ
ップは腰の高さまで自然に下りてきて
いる。

ここで注目すべきは、トップでのコッ
クの角度がキープされていて、タメが
作られている点である。

画像で見られる通り、ヘッドはテイク
バックで辿った軌道を再び辿って下り
ようとしている。

3と比べて、左脚がよく見えてきてい
るので、腰(骨盤)をゆっくり回し続
けていることがよく分かる。

胸とおへそは、依然としてボールより
やや右を向いていて、左肩は開いてい
ない。

トップ時の上体の形をそのままを保持
しており、頭は動かずに残っている。

骨盤を回し続けた結果、腕、グリップ、
クラブ、ヘッドがここまで下りてくる
が、意識して下ろしていない。

腰を回転させながら、ここからはアー
ムローテーションを加えて、腕を振っ
ていく。

インパクトで、ヘッドがグリップを追
い越していくが、そのためにこのあた
りからおへそを飛球方向に向けていく。

でも、気持ちはまだ右をむいている、
そんな気分がいいのじゃないか。

インパクトで注目すべきは、4で曲が
っていた右膝がピーンと伸びているこ
と(赤色)である。


実際には棒のようになっているわけで
なく、膝にはゆとりがあると思う。

彼女の右足がベタ足になっていること
が、自然に右脚を伸ばす行為につなが
っているのではないか?

右脚を伸ばすことで、左肩が開かず、
頭が残り、トップのその位置でのスイ
ングすることを可能にしている。

私のように右膝が前に出ると、左肩が
開き、頭が左へ動いてしまうので、キ
ム・ハヌルさんの「ベタ足」打法は、
参考になると思う。

インパクトと比べて、肩は回っている
が、下半身(脚と腰)及び全角度は、
この段階までンパクトのイメージが保
持されている。

保持されていると言ってもそれは何も
していないわけでなく、むしろ下半身
はスイングが緩まないよう、しっかり
力を入れている。

下半身の筋力はできれば日ごろから鍛
えておくことが必要だが、加齢の私に
はちときついね。

おへそが飛球線方向を向いている、そ
れにつれて上体が回っている。

右足のかかとが立って、両膝がきれい
にくっついている。

この状態でボールの着地を見届けられ
たら、スイングは成功したと言える。

~~とても参考になる動画~~


ブログランキングに参加しています。
ここをクリックしていただけると、ありがたいです。

↓ ↓ ↓
にほんブログ村ゴルフ上達法
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。