ゴルフメモ帳

本物のゴルフスイングを追い求めて、
体と頭を使っています・・78歳
Route463


テーマ:
お年玉は、イ・ボミのアイアンショッ
ト画像だったが、今回は全盛期のタイ
ガーウッズのアイアンショット画像
です。
 
複数枚の画像を重ねて作画するレイヤ
ー機能を使っているので、まだ未熟も
あり、一枚を仕上げるのに、何時間も
かかる始末である。
 
今回取り上げるテーマは前回に引続き
「本当のダウンブローとは」である。
 
まずは次の画像を見てみよう。
トップ切り返しからハーフウエイダウ
ンまでのクラブの動きを描いた。
 
グリップ(赤)を本物より長く描いて
いるので、クラブ(ヘッドとグリップ)
がどのように動いているかがよく分か
ると思う。
 
〇切り返しではクラブと腕の重さを軽
 くして右肩の負担を減らすため、
 グリップエンドを真下に向け、クラ
 ブを立てて下ろしてきている。
 
〇クラブが地面に対して水平になるま
 では胸を右に向けたまま、クラブを
 手で引き下ろすことなく、体重移動
 の際、クラブを自然落下させている。
 
そのへんのところを、今度は5枚を重
ねてみた。それが次の画像である。
〇いち早く右肘が右脇に付けられてい
 る。
 
〇手首(グリップ)の角度はトップで
 できたものを崩さず保持している。
 
さて次はハーフウエイダウン直後から
インパクト直後まで。
5枚の画像、「本当のダウンブロー」
の隠された真の姿がここにある。
 
長く書き足されたグリップエンド(赤)
の移り行きに注目。
 
グリップエンドが赤い矢印の方向に
動くと、そのわずかな運動量に伴い、
テコの原理が働いて、ヘッドが青い矢
印の方向に大きく動いていく。
 
しかも、ここが大切だけど、タイガー
が意識して、ヘッドを下(ボール)に
向かって動かそうとして、上体を左下
に押し付けようとしていない。
 
これが「本当のダウンブロー」である。
 
ここで、再度gonzoさんの解説を・・・
----------
ダウンブローっていうと、多くの方が
グリップ側を上から下降させる動きを
させます。
 
何故なら、ヘッドをそう動かしたい
ためです。
 
実はその動きこそが間違いで、グリッ
プ側を真逆に動かしているのです。
 
真逆に動かそうとしている訳ですから
ヘッドは走りませんし、反力をまとも
に受け関節をなどを痛めます。
 
正しくは、ヘッドが上から下に動くと
いうことは、グリップ側は下から上に
動いていきます。
 
つまり、ヘッド側とグリップ側の動き
は真逆なのです。
 
ハーフウエイダウン付近で、既に落と
しきったグリップ側を、インパクトま
での間に下から上昇させると、ヘッド
側が上から下降していくのです。
 
このグリップ側を下から上昇させる動
きが、本当のダウンブローを打つ上で
最も重要なことです。
 
グリップをハーフウエイダウン時の高
さより少し上昇させるイメージでスイ
ングします。
 
(アプローチも)私の場合、上昇させ
る量のイメージは感覚として5㎝くら
いでしょうか?
 
両腕や上体は特に脱力し、コックはで
きるだけ保つことを心がけてください。
グリップが上昇して遠心力が掛ってい
けばコックは勝手に解けていきます。
 
補足として、下半身リードで、上半身
と下半身の捻転差とコックを保ち、腕
が振り遅れてしまうくらいの感じでス
イングしてください。
 
捻転差を自ら解いていくような、上体
や腕では絶対に打ちに(ボールをつか
まえに)いかないでください。
 
ハンドファースト位置(グリップを上
昇させきった位置)でのインパクトを
意識し、「打ち」にいったらダメです。
(絶対に)
 
最後まで使わないし、使われてしまう
ような腕の動きなのです。
 
初めは右にすっぽ抜けるような弾道が
多く出るかもしれません。
 
でも、その感覚でボールを捕まえれる
ようになるまで辛抱強く練習してくだ
さい。
----------
gonzoさんの言われていることは、
次の5枚重ねの画像の中で見ることが
できる。
新発見でした。
 
グリップのあたりに「白い点」が見え
るが、これはタイガーの右親指の爪。
 
ハーフウエイダウン直後から、インパ
クトに向かって、白い点が右上がりに
なっている。
 
これはgonzoさんの言われるグリップ
側を下から上昇させる動きのことだ。
 
その時、ヘッドの動き(青い線)は、
下降している。
 
これがダウンブローである。
 
最後に、ハーフウエイダウン直後を後
方から見た画像。
ここで大切なチェックポイントは
「シャフトとヘッドがグリップよりも
前にある」ということ。
 
来週からの練習が楽しみである。
ブログランキングに参加しています。

ここをクリックしていただけると、ありがたいです。
      ↓ ↓ ↓
にほんブログ村ゴルフ上達法
 
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
あけましておめでとうございます。
 
私からのお年玉は、2年連続賞金女王
イ・ボミのアイアンショットです。
それにしても女子プロって、一般的に
成人男子に比べて体力的に劣るのに、
どうしてあんなに飛ばせるのか?
 
真中幾造さんは、彼のゴルフ理論の中
で、彼女たちは重いクラブを、重力0
に近くなるように工夫してスイングし
て、腕にかかる重さの負担を極力軽減
することによって、ヘッドスピードを
上げていると解説していた。
 
上のイ・ボミのスイングでそれを確認
してみたい。
 
トップ(左から2つ目)では、右肩の
関節の上には腕全体とクラブの重さ、
肘関節の上には前腕とクラブの重さ、
手首の関節にはクラブの重さがかかっ
ている。
 
これらの重さを0にするには、できる
だけ肘が体に付くようようにクラブを
真下に下ろすこと、クラブシャフトが
垂直に落ちる(クラブが立つともいう)
ことだそうである。
 
トップから左に体重移動すると同時に、
右肩関節が緩んで、右上腕と右肘が真
下に下がりる、それに伴って手首とク
ラブがスーッと真下に落下し始める、
それを一番示しているのが左から4つ
目の画像である。
 
クラブをバーベルなんかに持ち替えて
やってみると、バーベルの重さを感じ
なくなるのが分かる。
 
次に取り上げたいのが
ダウンブロー
これを教えてくれたのが師匠のgonzo
さんです。
 
以下は3年半前にこのブログに寄せら
れたコメントを要約したものである。
---------
ダウンブローという言葉は知っていて
も、本当の打ち方を知っている人は少
ないと思います。
 
まず、ハーフウェイダウンでクラブの
グリップ側は最も低い位置にきます。
 
そこからインパクトまでのクラブの両
端(グリップ側とヘッド側)の動きを
知ることによって、どうやって腕や体
を動かして良いかが分かります。
 
最も遠心力が掛かる部分で、クラブが
動きたい方向とは逆方向に力ずくで動
かそうとしては最悪です。
 
クラブの動きを妨げてはいけません。
かなりの人がその動きを誤解していて、
間逆に動かそうとしています。
 
また、その反動がきて関節などを痛め
ます。
  
この動きは、本当のダウンブローを打
つ上で最も重要な事だと思っています。
 
本当のダウンブロー(レベルブローに
近い)の打ち方ですが、その前に…。
 
ダウンブローっていうと、多くの方が
グリップ側を上から下降させる動きを
させます。(正面から見たスイングで)
 
何故なら、ヘッドをそう動かしたい為
です。
 
実はその動きこそが間違いで、グリッ
プ側を真逆に動かしているのです。
 
真逆に動かそうとしている訳ですから、
ヘッドは走りませんし、反力をまとも
に受け関節などを痛めます。
 
正しくは、ヘッドが上から下に動くと
いうことは、グリップ側は下から上に
動いて行きます。
 
つまり、ヘッド側とグリップ側の動き
は真逆なのです。
 
ハーフウェイダウン付近で、既に落と
しきったグリップ側を、インパクトま
での間に下から上昇させると、ヘッド
側が上から下降して行くのです。
 
このグリップ側を下から上昇させる動
きが、本当のダウンブローを打つ上で
最も重要な事です。
 
グリップをハーフウェイダウン時の高
さより少し上昇させるイメージでスイ
ングします。 
 
(アプローチも)私の場合、上昇させる
量のイメージは感覚として5cmくらい
でしょうか。
 
両腕や上体は特に脱力し、コックはで
きるだけ保つことを心掛けてください。
 
グリップが上昇して遠心力が掛かって
いけばコックは勝手に解けていきます。
 
補足として、下半身リードで、上半身
と下半身の捻転差とコックを保ち、腕
が振り遅れてしまうくらいの感じでス
イングしてください。
 
捻転差を自ら解いて行くような、上体
や腕では絶対に打ちに(ボールをつか
まえに)いかないでください。
 
ハンドファースト位置(=グリップを
上昇させきった位置)でのインパクト
を意識し、「打ち」にいったらダメで
す。(絶対に)
 
最後まで使わないし、使われてしまう
ような腕の動きなのです。
 
初めは右にすっぽ抜けるような弾道が
多く出るかもしれません。
 
ても、その感覚でボールを捕まえれる
ようになるまで辛抱強く練習してくだ
さい。
 
言葉では上手く説明ができませんが、
こんな感じでスイングします。
 
何かが変わると思います。
がんばって下さい。
2013/03/01 17:13:57
----------
ちょっと長くなったが、これは絶対に
ためになるから、紹介した。
 
イ・ボミのダウンブローを見てみよう。
左から2つ目から3つ目い変わる時、
すなわち、グリップが右太ももの上に
(黄色の円)来た時、グリップ側(赤
色)は、明らかに下から上昇させる動
きをしている。
 
グリップエンドが上昇すると、ヘッド
側(青色)はが上から下降していく。
 
このヘッドの下降は、イ・ボミが腕や
手首を使ってやろうとしたものでは
ないと思う。
 
グリップ側を上昇させることで生み出
されたものである。
 
この際、私がやっているのはヘッドを
感じているということだけである。
 
 
ブログランキングに参加しています。
ここをクリックしていただけると、ありがたいです。
      ↓ ↓ ↓
にほんブログ村ゴルフ上達法
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
この画像はイ・ボミのドライバー、
切返しから今まさに体重移動が完了
したところ。
 
ゴルフスイングには、このような
「体重移動」が必要である。
 
とくにアイアンは、ダウンブロー
で打っていくので、「体重移動」
が絶対に必要である。
 
イ・ボミの体重移動には、腰と膝
が太もも1本分左へスライドして
いる。
 
私には想像以上にしっかり体重が
移動しているように映るが、凄い
のは胸がまだ右を向いていること
であり、その結果頭がボールの後
ろに残っている。
 
ヘッドがこの位置(ハーフウエイ
ダウン)に来るまでは、トップで
できたグリップと腕の3角形と
左手首の角度がそのままキープ
されていなければならない。
 
それを可能にしてくれるのが体重
移動であり、手でクラブを下ろす
ことはしていない。
 
体重移動の際、次の画像の黄色の
線(スイングプレーン)の上に
ヘッドが来るように強くイメージ
する。
ドライバーの場合、想像以上フラ
ット(寝かせている)であるよう
に感じた。
 
これでインサイドからアタックでき、
カット打ちをしなくなる。
 
私が思う切返し時(タイミング)
とは、トップではなく、このハー
フウエイダウンである。
 
ヘッドがここにきたタイミングで、
フィニッシュまでヘッドを感じて
振っていく、ただそれだけである。
 
ブログランキングに参加しています。
ここをクリックしていただけると、ありがたいです。
      ↓ ↓ ↓
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。