ゴルフメモ帳

本物のゴルフスイングを追い求めて、
体と頭を使っています・・78歳
Route463


テーマ:
最近、100ヤード以内のショットが
ショートして、それがスコアを崩す
原因となっている。
 
犯人は、捉まりの悪い抜けたボール、
ロフト通りの距離が出ないのだ。
 
それが私の悩みである。
 
そんな折、ネットで吉田一尊(かず
たか)プロコーチのことを知った。
 
彼の教えの一つに、
「地面からの反発力を利用して足を
蹴り上げ、ヘッドを加速させる打法」
がある。
 
左足拇指丘を踏み込んで切り返した
後、インパクト前に、目安としては
グリップが右脚の前に来たタイミン
グで、左足かかとで強く地面を蹴り
上げるというものだった。
 
蹴り方には3つタイプがある。
1.左足を蹴り上げる
  (松山英樹、石川遼)
2.右足を蹴り上げる(マキュロイ)
3.両足を蹴り上げる(タイガー)
 
私は「1」のタイプが合っていた。
 
これならストレスのかかる場面でも
きちんと飛距離を出せる気がする
ので、使えると思った。
 
以下に、松山英樹のスイング画像を
使って私なりに理解した内容をメモ
しておきたい。
 
まず最初に、トップで下の画像の
ように右膝が地面に対して垂直に
なってしまうと、右膝を左に送り
込めなくなり、右に体重が残り、
体重移動ができなくなるので、
注意しなければならない。
トップでは上の画像のように右膝が
斜めになっていることが大事である。
 
なぜなら、この状態でしゃがめば、
即ち左足を踏み込めば、左膝は左に
スッと落ち、体重移動が自然にでき
るからである。
 
スイングにおいて、ヘッドを直接
動かしても遠心力は生まれない。
 
ヘッドの対極にあるグリップエンド
をダウンで引き下ろし、フォローで
引き上げることによって、ヘッドが
動いて、遠心力は生まれる。
 
ダウンではどうやってグリップを
引き下ろすのがよいか?
 
ヘッドの力量は、重さと速さが掛け
合わさって生まれるので、重いもの
を速く動かしたほうがよい。
 
腕は軽く、力はしれているので、
グリップを引き下ろすのに腕を使う
のはよくない。
 
重いものといえば自分の全体重、
もうこれを使うしかない。
 
身体には重力が働いていて、常に
地面から引っ張られているので、
この引力を利用して自分の体重を
下に落としてやればいい。
 
体の重さ×身体の引き下ろされる
速度=ヘッドに醸成される力量。
 
上の画像ではヘッドをピンクの
丸で囲んでいるが、これは私が
大切にしている「ヘッドを感じて
スイングする」を言いたかった
からである。
上の画像はトップからの切り返し
インパクト、フォローである。
 
まず切り返しでは、左足の母指丘
を踏み込んで、左膝が曲がって、
身体が沈み込んでいるのが分かる。
 
軽くて器用に動く手や腕を使わず、
左足を踏み込んで、身体が約5㎝程
沈み込んだ後、グリップが右太もも
の前に来たタイミングで、左足の
可かかとを蹴り上げている。
 
その結果、左脚(赤色)は画像の
ように伸び上がっている。
 
左脚の沈み込みと、伸び上がりに
よって、丁度ブランコに乗っている
子供の背中を押してやったことで
ブランコが加速するように、ヘッド
が加速するのと同時に、ミート率が
著しく向上するわけである。
 
飛距離が出るのはその結果である。
これがこの打法の特徴であるが、
次のことをやり通すことが成功の
ための絶対条件である。
 
〇トップでできた左手首の角度を
 できるだけ長く保持することで、
 インサイドアタックする。
〇スイング中、左手首を甲側に折ら
 ない。
〇アドレスで手のひらを上に向け、
 両脇を締め、上腕を内旋して
 グリップ、これを保持する。
〇アドレスでは左足から入る。
 右足から入ると、股関節が右に
 傾き正しいスイングができない。
〇アドレスで背中をそらせない。
 肩は丸くてよい。
〇フォローで右手が左手を追い
 越し、ヘッドがグリップより
 先に行く。
ブログランキングに参加しています。
ここをクリックしていただけると、ありがたいです。
      ↓ ↓ ↓
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
前回勉強したキム・ヒョージュさんの
スイングに見られる左手首角度の保持
とリリース(解放)、それによって
プレーン上をなぞるように走っていく
ヘッドの正確な質量の増量化、これは
明らかにボールの強さを生み出し、
飛距離の適正化につながっている。
トップでできた左手首の角度をできる
だけ長く保持するよう、練習した。
とくに有効だったのは、上から俯瞰の
左手首の角度のイメージあった。
左膝を右に寄せる動きを加えると
プロみたいないい感じが出せる。
 
角度が崩れた時は、ダフリ、引っ掛け、
プッシュ、だからその保持にこだわる
ようにしているのである。
 
ブログランキングに参加しています。
ここをクリックしていただけると、ありがたいです。
      ↓ ↓ ↓
にほんブログ村ゴルフ上達法
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016年ピュアシルクバハマLPGA

クラシックで優勝した韓国女子プロ

ゴルファー、キム・ヒョージュさんの

スイングを勉強したい。

 

常々こうなりたいと憧れているのが

ハーフウエイダウンで、ヘッドがスイ

ングプレーンの線上かやや下にある

キム・ヒュージュさんのこの形。

 

 

 

ヘッドがプレーン(赤線)より上の領域に

来ると、シャフトが前に倒れて、アウト

サイドインとなる。

そうなる主な原因は3つ。

〇トップからいきなり手で打ちにいく。

〇ダウンで上体が左に突っ込む。

〇ダウンで左手首が甲側に折れる。

 

次に、彼女のテイクバックからフィニッ

シュまでの流れを見て勉強です。

この形ができあがるには、切り返しで

右肘がすっと引き付けられる、これは

大切な条件である。

左手首の角度を変えず(左手甲側に

折らない)、左腕をローテーションし、

手首のコックをリリース(解放)する。

インパクト後、頭を残し、腰を回転して

いく。

インパクトでは、まだ右肘は折れて

いて右脇に付いている、左手は甲側に

折れていない、コックはリリースされて

いる、アームローテーションと腰の

回転によって左手の甲が飛球線を

指している。

 

この後、右腕は伸びる。

上の一連のヘッドの動きを可能に

してくれるのが、上の画像に見られる

右手のひらの使い方である。

 
金・ヒョージュのアイアン10回スロー
ブログランキングに参加しています。
ここをクリックしていただけると、ありがたいです。

      ↓ ↓ ↓
にほんブログ村ゴルフ上達法

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。