ノンフィクション『あわら市議会議員になるまで』

あわらを夢と笑顔でいっぱいにする。子育て現役35才。
高齢化していく議会を若さと行動力で世代交代させる。
夢が叶うまでのストーリー。

(マニフェスト2017)
かどや光昭後援会活動の目的

「あわらを夢と笑顔でいっぱいにする」

住民の皆様から頂いた意見を第一に「市民ファースト」で活動します。

さぁ、今が世代交代の時だ!

市議会を若返らせる
  (高齢化し停滞する議会を若く)


議員定数削減
  (定数18→16→14)


若者、子育て世代の声を議会へ
  (18歳以下の医療費無料化、給食無料化)


市内イベントの企画運営
  (ダンボートレース復活)


ご連絡はこちらまで
  routemitsuaki@gmail.com
(改正公職選挙法第142条の3第3項、第142条の5第1項による表示)

テーマ:

二ヶ月前、仕事を辞めて挑んだ今回の「あわら市議会議員選挙」。

 

259票という大変厳しい結果だった。

 

ここまで毎日USJのドリームザ・ライドの様な日々の中で、連続した選択をしてきた。

 

すべてに悔いはない。

 

4年前、2年前の落選から今まで、本気であわらの政治について考えてきたし、争点のない選挙で争点を作ることが出来たと思っている。

 

前回も議員定数削減を訴え、今回も報道に出るくらいまでの話題になった。

 

議会の若返りについても、最高齢の議員が落選した。(私の連呼が投票を控えさせたとの見方も)

 

自分の当選はならなかったが、争点のない争点には勝った。

 

強い新人と4名オーバーという選挙で現職の票が食われる事は予想できた。

 

しかし、自分の票まで食われてしまうとは。

 

結局、村型選挙だったし、後援組織の弱さ順に落選するという結果だった。

 

村型の選挙には本当にう~んと思うが、結果的には地元古町の2議席は守っているし、私の3議席目を民意で否定されているという見方も出来る。

 

しかし、現職も票を大幅に減らす中、前回より積み増し出来たことは純粋に嬉しい。

 

他陣営の票読みも結構当てれたのに自分の得票を取れないという弱さを情けないと思う。

 

大勢の方に今回はいけそうだと言われたが、その手応えとは別に冷静に、手を抜くこと無く自分らしい選挙をした。

 

これが間違っていたと反省して、再度戦略を立て、強い組織づくりをしなければいけない。最年長候補の後援会のような。

 

私の支援者からは嬉しくも、4年後絶対にまた立候補して欲しいという声が多数。悔しいと。

 

うちの後援会は高齢者だらけだから、実務的な事もこなせないし、そして、何よりもみんな、残りの命があるうちに当選を見たいと言う。

 

今は、燃え尽きというか、ショックというか、かなりの人に言われるように、もうちょっとは良い戦いが出来ると思っていたので、次を考えることは出来ない。

 

が、私という人間は、諦めが悪いので次のチャンスには立候補をするんだろうと思う。

 

今は家族全員燃え尽きて、小3の子供までショックで学校を休んでしまった。

 

自分の夢にこんなにも多くの人を巻き込んで、結果を出せていない状況に、自分の詰めの甘さを恥じるばかりだ。

 

それに今回は地元の要望もあって、前回協力を頂いた社民党や緑の党といった団体の支援は受けなかった。

 

政策だとか国を憂うとかの話よりも地元への貢献という一番肝心な部分を大事にして欲しいという区長や住民の思い、そして友人との疎遠という私のわがままや怠慢さもある。

 

また、どちらの団体も私自身の成長に期待していると思うし、後援会も合わせて、調和の取れる問題ではなくなってしまったという、本当に候補者の弱さが露呈してしまうことだったかもしれない。

 

その他、多くの団体がとにかく当選に対して期待してくれていたのは事実だし、応えられなかった私は本当にバカモンだと思います。

 

今回、落選をしてしまって、関係各者のみなさま、本当に申し訳ありません。

 

党も所属も経歴も関係なく檄文を下さった地元国会議員の皆様や、訪問くださった先生方の期待にも応える事が出来ず、申し訳ありませんでした。

 

何よりも、心配して連絡をくれた友達、後援会、そして後援会長、家族、地元、恩返しできないこの歯がゆさ、みなさま、本当にすみませんでした。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。