一昨日は、大東文化大にて

絵本制作のワークショップ授業でした。

 

4時限目の方だけですが、

そのレポートを公開しました。
(5時限目は明日にでも!)

 

こちらから!(☆)

 



授業風景などの画像12枚と

事例を一つ載せてみました。

 

今回の事例は、最近嫌なことがあって

落ち込んでいる男子学生の作品から。

 

絵本のタイトルは「じっとみて。」
白紙の絵本ですが、

すでに物語は決まっていて

タネから始まり、新しい種を作るまでの

植物の成長をたどります。

 

  • こんなタネから始まりました。

落ち込んでいて、鬱になりそう。。。と。

 

ハートの約80%が闇で塗られています。

それでも残りの20%は白い光です。

 

そして感想のコーナーには

まだ全部黒いわけじゃないから大丈夫!

とエールが書き込まれました。

 

 

  • このタネから出てくる芽は?


2つの感情が勝手に出てきてしまった。

と説明が書き込まれています。

光と闇のペアな気持ちが

しっかりとした大地から出てきました。

ここでも仲間からエールが届いています。

真っ黒の自分と明るい自分との対立。

負けるな!



こうして栄養をもらいいよいよ花のシーンです。
 

  • 気持ちが上を向いてきた!

見事にネガティブからポジティブに切り替わった証。

と豪語しています。

 

虹まで出て最高だね!と感想も。

 

  • 未来のタネは他者への愛

そして最後のシーン、未来のタネです!

 

自分だけがポジティブになるのではなく

世界中の人たちにメッセージを伝えたいという思いが描かれました。

 

他にも紹介したい事例がいっぱいなのですが

今回はまずこの作品を!
是非是非ポチッと来てみてください!


こちらからどうぞ!

(☆)

AD