建設現場にする!


8歳の男子は質問が終わるや否や

大きな声でこう叫びました。

そして、彼は夢中になって

まだ何も描かれていない白紙のページに

全力で描き始めました。

 

こちらがその作品です。
それにしても、建設現場とは度肝を抜かれました。

 

 

「じっとみて。」絵本制作ワークショップ

 

昨日は鎌倉にて

「じっとみて。」絵本制作ワークショップでした。

湘南ブランチのティーチャーが結集しての開催で

とてもとても濃厚な時間になりました。

 

さて、絵本「じっとみて。」とは、

自分を描く自分の絵本。

それぞれ自分の内面をじっとみて、

その時に気持ちや思いを1冊の絵本に託します。

 

じっとみて。未来のタネ

 

こちらがその絵本の表紙です!

ムッシュミエールカルダモン公式バージョンが

hello!!!と手を広げています。

 

全人類が対象で、

年齢、性別、国籍、障がいの有無等、一切関係なし。

ここでは、誰もがかけがえのない人間として

実感できる場となります。

 

 

詳しくはオフィシャルサイトへ!

 

 

建設現場に込められた意味

 

タネからはじまるお花の成長物語絵本「じっとみて。」

全5シーン構成。

まず、タネに自分自身を投影し、自由に描いていきます。

 

建設現場が描かれたシーンは第3番目のシーンで

自分にとっての栄養とは何だろう?

をイメージする場面でした。

 

そして、8歳男子のイメージは

建設現場となったわけです。

 

実は彼、ムッシュミエールカルダモンを

かなり気に入ってしまったようで。

まず自分をキャラクターに投影して描いています。

で、ノコギリを持っています。

このノコギリで右に伸びた黄緑の草を切るんだそうです。

すると甘い蜜が出てきて

この蜜をみんなに

あげたいんだって。

誰かからもらうのが自分の栄養ではなく、

自分が収穫し、与える立場になる。

 

 

また、ユンボで材料を削り出したり

穴を掘ってそこからの材料を掘り出したり

やさしさ製造現場

それが彼の考えた栄養のシーンでした。

 

なんと、右下に電話番号も!
1012に電話してくれたら
栄養工場(ぼく)が栄養をつくりに行くそうです!


TakeではなくGiveの人。

マズローはなんというのだろう?w

 

あと500回参加する!

 

そんな彼が帰り際に言った言葉がこれです。

 

よーし、来てもらいましょう!!!

でも、自分、果たして500回このあとできるのか?

ティーチャーにも寿命というものが。。。。www

AD