今日も、昨日に引き続き、
GEOC国連大学にて開催の
英語de絵本ワークショップから。

本日のエピソードは
小学5年生の女の子の、お花の発表シーンです。

「じっとみて。」絵本制作ワークショップでは、
5シーン全ての制作が終わると
一番好きなページを選んで
みんなの前で発表しています。
show and tell
ですね。

アメリカでは小さい時から学校で行われている
定番のプレゼンテーションですが、
発表の日だけは、大好きなものをおうちから持ってこれるんですね。
一番好きなものは何?と考えた結果、
愛犬と一緒に登校した子もいるそうです。w

学校に自分のワンちゃんを連れてこれるなんて
なんとも嬉しいですよね。
大好きなものだから
その日1日は有頂天
発表も苦痛になりません。

こんな工夫がみんなの前に立つ勇気を
培っていくんでしょうか。


ということで、みらい育でも
出来立てホカホカの
大好きなページをみんなの前で披露します。

さて、小学5年生の彼女ですが
お花のページを選びました。

国際交流 みらい育

こんなページです。
みらい育 英語 de 絵本 国連大学
クリックで拡大!


国際交流

3種類のお花があります。
彼女の人生で最高の幸せを象徴するお花です。

でも、ちょっと待って。
チクチクして暗い色だけどやさしい。
というコメント。
ん?これが幸せ?

5年生の彼女はこう言いました。
外見で判断しないでね。
チクチクしているように見えるけど
中にはハートがあって、本当はとても優しい。


つい外見で判断してしまいがちですが
ちゃんと本質を見てね!という深い言葉に
大人たち、オーーーーーーー!声を出して感動。

本当にその通りだなあと感心してしまったのでした。

さて、やっとレポートができました。
見てやってくださいませ!
こちらからどうぞ!(☆)

AD