Sun, November 29, 2009

* おやつ新報へ、ようこそ。 *

テーマ:miko * food & drink
 

お菓子は「食べること」はもちろん、「作ること」も好きです星

お菓子のレシピ本を見るのも好きです。

でも、最近は忙しくて、レシピ本を眺めるだけで作ることまではできずにいました・・・

 

そんな中、眺めていた【ある本】に載っていた、【あるお菓子】に目が釘付け目

「これ、おいしそうドキドキ よし、作ろうビックリマーク

--- と、ひさしぶりにはかりや泡立て器をごそごそと出して来て作ったのがこちら。
 
 la roseraie
 

おやつ新報へ、ようこそ。 (著者:多田 千香子、発行:エンターブレイン) から、

<レシピ65>  新聞箱カステーラ ですケーキ

 

この本、「おやつ新報へ、ようこそ。」 に載っているお菓子の写真がとっても素敵恋の矢

お菓子の焼きたての温かさや、素朴だけど深みのある甘さまでじんわりと伝わってきて、

「あ、これ作ってみたい」とふと思えるような写真です。

そしてレシピも、決して難解だったり奇をてらったようなものではなく、材料や器具も一般的なもので

「あ、これなら作れそう」と思えるようなレシピです。

よりシンプルによりおいしく作るためのワンポイント・アドバイスや工夫なども随所に盛り込まれています。

素敵な写真とシンプルなレシピなので、「お菓子作りは好きだけど、忙しくてなかなか・・・」という方や

「お菓子作り初心者だけど大丈夫かな??」という方に特におすすめですビックリマーク

 

 
 la roseraie
さて【新聞箱カステーラ】、こちらが焼きたての写真ですケーキ ふっくらおいしそうでしょ!?

  1枚目の写真は、焼いた後、逆さまにしておかなかったため表面がしわくちゃになっています・・・

 

写真からも分かるように、このカステラ、その名の通り箱状に折った新聞紙を「型」に使います。

レシピ本を見て、「これ作ってみたいけれど、本に載っているのと同じ大きさの型がないから作れない・・・」

と思ったことありませんかはてなマーク

【新聞箱カステーラ】は製菓用の型がなくても、新聞紙さえあれば作れます!!

 
 la roseraie
表面は芳ばしい焼き色・中はしっとり卵色で、蜂蜜がたっぷり入った優しい味わいですコスモス

食べると思わずにっこり微笑んでしまう --- そんな【新聞箱カステーラ】ですニコニコ

 

 

このレシピ本の良いところのひとつは、ベーシックでシンプルな作り方が載っているので、

この基本さえ押さえれば、後は自分で自由に応用することが可能だということです。

「レシピ通りに作っておしまい」ではなく、「次はこんな味はどうかな?」などと自分好みにいろいろと

楽しめるゆとりがあるので、何度でも作りたいと思うし、何度でも新鮮に作ることができます。

【新聞箱カステーラ】も、「次は抹茶や黒糖を入れてみよう」、「甘さ控えめのゆるい生クリームを

添えたら洋風、餡を添えたら和風っぽくなるかな~」と思ったので、次回ぜひチャレンジしたいですグッド!

 

  宝石赤 「おやつ新報へ、ようこそ。」 詳細ページはこちら

 

miko & pikoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。