聴き比べ

テーマ:
本日はエプタザール主催の

「モーツァルト時代のピアノは・・・」
というフォルテピアノ、クラヴィコード、モダンピアノの聴き比べコンサートを行ってまいりました。

{632D220A-22F3-41BF-B5EA-48DBE4DB9A6C:01}

平井先生は、フォルテピアノを大学院時代教えていただいた故小島芳子先生の先輩弟子さんで、
ご縁があって、今フォルテピアノの指導をいただいています。

いつもレッスンしていただいている楽器が、先生の魔法の手にかかると、素晴らしくいろいろな表情の音を奏でられていきます。

{C565AB06-F798-48DF-B6ED-07BD0416749D:01}

今回はたくさんのお友達の先生をお誘いしましたが、
皆さんはじめて聴かれるフォルテピアノやクラヴィコードの音の魅力を感じ取られたようで、
とても嬉しかったです!

{AA65D470-AED6-4566-8801-4A26E4C2B73D:01}

みなさん、特にクラヴィコードに興味があったようで、これおいくらかしら~~ほしいわ!と盛り上がっておられました(^^;;

{C58BCB8F-6C17-4810-BE71-F457D24892C2:01}

本当に小さな音なのに表現力ばっちり!の素晴らしい楽器です。

中学生のHちゃんも一緒に行ったのですが、とても興味深そうに熱心に見入っていました。

彼女は小学生のときの自由研究で、鍵盤楽器の歴史を調べたので、実際の音を聴いて自分の調べた内容が繋がったのではないでしょうか。そんなふうに勉強するのはとても良いことだと思います。

お話しもわかりやすく、とても楽しいコンサートでした。大きなホールでのコンサートも良いですが、やはりこのくらい近くてわかりやすいコンサートは良いですね!


AD