ブログ“ローゼンホーマ”

最強アラブの1頭に挙げられるローゼンホーマと福山けいば、あとは戯れ言。


テーマ:

(前記事:『珍名さん⑦ 』)

 

 

さっそくですが、続きです。


次はスポーツ系珍名さんを。


【セカンドオカヤマ・牡5・千同武治厩舎】

2番ばんばん... セカンドんどんど... 岡山やまやま重男げおげおげお... 。

読んでいるあなたも脳内ウグイス嬢!

なお、岡山重男騎手は当年度デビューで、引退直前は千同武治厩舎に所属していました。

この馬の元ネタは「競馬場の草野球チームで二塁手(セカンド)を務めていた岡山騎手」だった…と想像してみましたが、意外に当たってたりして!?



【オウエンオー・牡5・千同武治厩舎】

「レギュラーになるよりも、スタンドの応援王におれはなる!」

某海賊系人気漫画の主人公に比べると、ちょっと志が低いような…。


【ハッピーヒロー・牡4・末廣八十夫厩舎】

ランナーズハイ的な、「疲れている、だがそれがいい」という命名だったのでしょうか?

ちなみに、当年度10戦中6戦がシンガリかブービーでした。

どう考えてもただの疲労残りです。


【ニユーマツハ・牡4・末廣八十夫厩舎】

棒を1本足せば、F1の皇帝シューマッハです。

まさかあのミハエル・シューマッハが、レースじゃなく余暇のスキーで生死の境をさまようことになるなんて。

可能な限りに回復できますように。


【カイザー・牡5・那俄性裕厩舎】

皇帝つながりで。

ちなみに、ソゼはいませんでした。



スポーツと対極にあるのは、やっぱりタバコですかね?


【ミスラーク・牝6・寺田孝厩舎】
【ハイライトニセイ・牝6・東森實厩舎】

“SPEAK LARK”のCM、懐かしいですね~。

私自身はタバコを全く吸わないですが(笑



名前を自由に区切れる系。


【マルササヤマ・牝6・桧山辰夫厩舎】
【ノボルピロ・牡5・千同武治厩舎】

「マルサの女」もノボの冠名も懐かしいですね。



牝馬にそれはかわいそうだろ系。


【フジゴンゴ・牝6・高畦治夫厩舎】
【マヤアスカ・牝4・東森實厩舎】

前者は何でしょうね…まんが日本昔話に出てくる「やまんば」みたいなイメージです。

後者は普通に見えて、実は当初の登録名がキングトラでした。

デビュー前に改名になって良かったネ…(*^o^*)ホッ



健康系。


【ヨーグルオー・牡5・楠見政徳厩舎】

お腹に優しいです。


【ドンドン・牝6・上原齊厩舎】

お母さんの名前がミスヤクルト。

どんどん飲んで、腸内環境を整えよう!


【ホーラツク・牝5・寺田寛厩舎】

それでもお通じが良くないときは、ピンクの小粒のこれを…って、それは「ホ」じゃなくて「コ」。



歴史の教科書系。


【フエートン・牡5・寺田孝厩舎】

私の場合、脳内ではどうしても“増えー豚”に変換されてしまうんですが、どうやら歴史の授業にも出てきた「フェートン号事件」から採った説が有力みたい。

なお、これに反して、フォルクスワーゲンの高級セダン「フェートン」の元ネタはこの馬であるという説を、私は唱えます!( ・`д・´)キリッ



メディア系。


【イツチ・牝5・部谷久司厩舎】

Eテレの「ピタゴラスイッチ」という番組に出てくる百科おじさんというキャラの本名が“百科一之進”で、おいっ子に“イッチ”と呼ばれていたんだそうです。

って、何のこっちゃ。

 

そんなどうでもいい話よりも、冒頭に登場した岡山重男騎手のデビュー戦(8頭立て5着)の相棒を務めたということの方が、まだマシな情報という…。



よく分からない系。


【ケニーヤツタヒカリ・牡5・高本修一厩舎】
【ミスビーアールエス・牝3・高畦治夫厩舎】

キクマサ産駒の前者、血統表には名前の由来のヒントがありません。

後者は「ブラック★ロックシューター 」の元ネタ…なわけない。



誉められて伸びる系。


【ベリグー・牡6・鋤田久厩舎】

個人的にはこの名前、けっこう好きです。



いかにも「昭和の地方競馬」系。


【マダムシヨウリ・牝5・上原俊夫厩舎】

何と『草競馬流浪記 』にも登場しています。

その記述によると、追い込み馬だったようです。


【ゼロセン・牡5・鋤田久厩舎】

ホーカーハリケーンとかスピットファイヤとかの戦闘機からの名付けと変わりはないはずなんですが、零戦になるとなぜか昭和チックなイメージが強調されます。


【スーパーホース・牡4・上原齊厩舎】

ちょっと名前負けな感じはありますが、カトレアオー×センマンキという、オールドファン感涙の血統の持ち主でした。


【チヨウトツキユウ・牡4・鋤田久厩舎】

生涯で当年度に挙げた1勝のみでしたので、こちらも名前負けだったかな?

それでも馬券絡みはときどきあったようですし、急行ぐらいの実力はあったということで。



史上初?系。


【ヤマトオシボリ・牝6・東森實厩舎】

オシボリ馬名はちょっと聞いたことがないというか、もしかして史上初どころか空前絶後?^^

そんな彼女は、当年度14開催を皆勤賞で走り切ったエラい子なのでした。



このほかには、これまでの珍名さんで登場した下記の馬も当年度の出走馬でした。


フーユンノー・牡3・寺田忠厩舎】

イガイガ・牝4・部谷久司厩舎】

テツハルオー・牡7・安部岩市厩舎】





とまあ、こんなところで。

長々と書き連ねた、くだらないネタへのお付き合いをありがとうございました。

珍名馬も当たり前になった昨今ですが、こうして調べてみると昔から珍名さんは大勢いたんだと分かり、ちょっと感動しました…というのは大げさかな(笑



それでは、昭和51年度のメインレース成績の続きに戻りたいと思います♪

 

 

 

…が、ちょっと更新滞りそうな最近の雰囲気であります^^;

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

さてさて、昭和51年度の福山けいばは、金杯シリーズを終えて恒例の長~い夏休みに入りました。

この一区切りを利用して、当年度全体で目を引いた珍名さんを一挙大公開で取り上げてみたいと思います。

調べていくと面白馬名がワサワサと出てきたのですが、ダサユルい感じが何とも“昭和”でした^^


ということで、さっそくスタートします!





※ 年齢については1976(昭和51)年における年齢(旧年齢)です。

ただし、「昭和51年度=1976年4月~1977年3月」ですので、1977年に入ってから福山に転入してきた馬も一部います。

また、所属については当年度初出走時のものですので、前後に転厩している場合もあります。




では、まずはご当地系珍名さんから。


【ミスターフクヤマ・牡3・上原俊夫厩舎】
【フクヤマスター・牡3・寺田孝厩舎】
【ニユーフクヤマ・牝3・上原俊夫厩舎】
【ニユーヒロシマ・牡4・寺田孝厩舎】
【オーヒロシマ・牡3・寺田孝厩舎】
【ヒロシマカチドキ・牡3・寺田孝厩舎】

競馬場所在地の名前をいただくほどの期待がプレッシャーになったのか、どの馬も実力を発揮しきれず最下級かそれに近いクラスに属していました。

目についた記録では、ニユーヒロシマが条件級の特別戦で3着したのがあるぐらいかな。

逆の意味で目立ってしまったのがヒロシマカチドキで、当年度の800m戦の最遅タイム(1分00秒5)をマークしてしまいました。

しかも1分を超えてしまったのは、この馬だけだったという…。

ちなみに最速タイムはマスピツトが記録した50秒0でしたが、馬場状態の違いやアクシデントの有無等を考慮せず2つの記録を単純比較したら、約140mもの差が付いたことになります。


【トムテツ・牡4・高畦治夫厩舎】

福山近辺にお住まいでしたらご存じのバス会社・鞆鉄道、略してトモテツに激似です。

高畦厩舎ゆかりの冠名トムの馬ですから、狙ったわけではないんでしょうが、なぜか似てしまいました。

何でだろ~何でだろ~。



次は人名系。


【オオタジユン・牝4・鋤田久厩舎】
【クワダヒカリ・牝6・上原齊厩舎】

「太田ジュン」と「桑田ひかり」という70年代女性アイドルの設定を想像しました。

暑苦しい男子高校生が「おれはジュン派!」「いやいや、ひかりちゃんっしょ!L・O・V・E・ひかりィ~!!」とかやってそうなイメージです。


【フジタケシ・牝4・高畦治夫厩舎】
【ガーツクギタ・牡5・末廣八十夫厩舎】

格闘技っぽい珍名さんです。

前者は昭和40年代前半のボクシング世界チャンピオンの藤猛からいただいたのかもしれませんが、性別が違う…。

後者もボクシングのリングネームっぽいですね。ガーツ釘田。

ガーツって何なのか、分かりませんけど…。


【ミスヒラリー・牝5・末廣八十夫厩舎】

米国大統領選挙の結果によっては、この馬が今ごろ脚光を浴びていた可能性…皆無!


【マルヤマ・牝3・末廣八十夫厩舎】

名古屋の丸山真一騎手から、時空を超えて名前をちょうだいしたとの噂。


【モトイサミ・牡5・東森實厩舎】

今は宇佐美です(ウソ)。


【ジヨナサン・牡4・高本修一厩舎】

カモメでしょうか?「ジョジョの奇妙な冒険」第一部の主人公でしょうか?


【メアリスチユアート・牝3・吉井藤蔵厩舎】

「ジョジョの奇妙な冒険」第一部というと英国が舞台ですが、吸血鬼として登場するタルカスとブラフォードが人間だったころに仕えたのが、スコットランド女王のメアリー・スチュアート。


【レスター・牝3・寺田孝厩舎】

英国つながり。

プレミアリーグサッカーのチームまたはその本拠地からという可能性はありますが、競馬ですからたぶん英国の伝説的名騎手レスター・ピゴットにちなんだのでしょう。

性別は違いますけどね。




そのピゴット氏の最良の相棒も、福山競馬場にいました。

すでに何度も拙ブログに登場していますね。


【ニジンスキー・牡9・上原齊厩舎】

さすがに寄る年波には勝てなくなっており、A級まで出世した同馬も当年度はC級までドンドン落ちていきましたが、後継者が現れました。


【ニジンスター・牡6・上原齊厩舎】

デビュー年である1973(昭和48)年には同厩の先輩ニジンスキーが表彰台をゲットするなど活躍し、当初のフタコトブキからデビュー直前で改名されて後継指名という、なかなか衝撃の過去を持っていました。

5月から7月にかけて最終レースばかりで4連勝を記録するなど、「最終の鬼」としてならしました。



まあこの2頭はパチもん系珍名さんとも言えるわけですが、他にもいました。


【テングタカラ・牡4・鋤田久厩舎】

福山で一時代を築いたキングタカラと絶妙な被り具合です。

「テ」と「キ」が字面的に似ているところもそうだし、テングもキングも単語として成立していますから、これは一本取られた!って感じでしょうか。


【ワジマ・牡4・寺田寛厩舎】

あの吉田善哉氏の成功・飛躍の礎ともいえるエクリプス賞馬と同名ですが、1歳下なだけなので、まるパクリの可能性もあります。

馬名的背景で意気投合したのか、テングタカラ→ワジマのワンツーフィニッシュを二度も記録するなど、この2頭はとっても仲良しなのでした。


【カツラギテスター・牡3・那俄性一人厩舎】

こちらは、1975(昭和50)年の第2回福山ダービー馬カツラテスターに1文字足しただけです。

カツラギも冠名として立派に成立していますから、却下のしようがなかったのかな?


【ハナノペカスス・牡4・楠見政徳厩舎】

こちらのパチもん臭は半端ないですね。

いや、もしかして何らかの意図があったのかも…。




長くなったので、とりあえず今日はこのへんで。

 

次回に続きます。

 

 

 




 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

ここしばらくずっと、ゆっくり本を読む時間が取れないんです。

社会というのはそんなに優しいものでもないですからね、私に読書の時間など、そう簡単には与えてくれません。

それでも脳が活字を欲しているので、星新一さんの作品であったり漫画であったり、サクッと読めるものでその欲求を埋めているのであります。


で、今日は漫画の方で。


IMG_20170211_233753847.jpg


麻雀漫画の「哲也-雀聖と呼ばれた男」を書いた星野泰視(やすし)さんの作品。

私は「哲也」が好きで全巻持っているんですが、少し前にブロ友さんがこの「江川と西本」を記事にされていたので、「よぉ~し、ローゼンこっちも買っちゃうぞォ~(はぁと)」とネットでポチポチしちゃいました。


タイトルの江川と西本とは、ともにプロ野球の巨人で2枚看板として活躍した江川卓さんと西本聖(たかし)さんのこと。

私がプロ野球を見始めたのは、彼らの全盛期からは微妙に後です。

しかし、テレビで見ていたことのある懐かしい選手が登場する(どころかタイトルになっている)ということで、思わず食い付いてしまったのです(笑


ちなみに今の応援球団は日本ハムか広島ですが、福山在住のころは大洋やロッテに浮気しまくってましたw

 

いや、2球団を応援している今も十分に浮気してるかww


と、そんなことはさておき、実は私がいちばん食い付いたのは、漫画内での初出時は巨人のエースだった小林繁さん。

もうね、見てくださいよ~。


IMG_20170211_233754368.jpg
photo_2.jpg
 

 

この表紙の絵、雰囲気がヒシヒシプンプンめっちゃ伝わってきます!

と言っても、知らない人は「んなこと言われたって…」となりますよね^^;




私がこれほど食い付いたのは、すごく雰囲気を伝わらせてくるこの描き方のゆえ。


IMG_20170211_233754118.jpg
(左:西本、右:江川)

でも、タイトルの2人は漫画的な「押し」のためなんでしょう、ややデフォルメして描かれています(笑




この漫画が描いているのは、メインレース年代記でちょうど進めている昭和51年度の前後あたり。

漫画を読んでから拙ブログに移っていただくと、時代の雰囲気を少し感じ取りながら読み進められるかもしれません(ホントかよ?)。

あの「江川騒動」のころ、私はまだ「バブー」とか言ってましたから実体験は何もないのですが、この騒動あたりはとても面白く読めました。



70年代から80年代にかけてのプロ野球に熱くなれた方、あるいは拙ブログが面白いという奇特な方、もちろん「このブログ何言ってるのかワカンネー」という大多数の方も、ぜひどうぞ!





ところで、主役を食っちゃう脇役、私は大好きです(小林さんは漫画でも現実でも、脇役ではありませんでしたが)。

私がアラブの競馬を好きだったのは、主役であるサラブレッドに負けず劣らずの存在感を彼らに見ていたのかもしれませんね。

しかしそうでありながら、私にとって人生そのものにもなったローゼンホーマは決して脇役ではなく、福山競馬場を堂々背負った主役の中の主役でした。


つまり…主役も脇役もみんな好きなんですよ!

節操がないと言われようともね♪

 

 

 



 

AD
いいね!した人  |  コメント(18)

テーマ:

① S51/6/26(土) 天候:晴 馬場:良 日刊スポーツ賞 [5・6歳] 1600m
1着 アポール [牡6・55] 1.50.8 / 2着 フジゴンゴ [牝6・54] (0.2) / 3着 カツミエイコウ [牡5・55] (0.0)

② S51/6/27(日) 天候:晴 馬場:良 A2 1800m
1着 オンワードアサフジ [牡5・54] 2.02.6 / 2着 ダイサクオー [牡7・55] (0.7) / 3着 フクアサヒ [牡9・55] (0.3)

③ S51/6/28(月) 天候:晴 馬場:良 B3 1600m
1着 ラインベルガー [牡6・55] 1.49.7 / 2着 ヒデホース [牡5・55] (0.0) / 3着 エドタカシ [牡5・55] (0.3)

④ S51/7/3(土) 天候:晴 馬場:良 A3 1800m
1着 アツテルトキ [牡6・54] 2.02.4 / 2着 ホマレセイユウ [牡7・54] (0.5) / 3着 ホマレジユニア [牡8・54.5] (0.8)

⑤ S51/7/4(日) 天候:晴 馬場:良 第2回金杯 [A] 1600m
1着 グレイトランサー [牡5・57] 1.48.5 / 2着 ゴールドパーク [牡7・57] (0.2) / 3着 ミヤトモア [牡5・57] (0.2) /
4着 ギヤラントキリー [牡7・57] (0.6) / 5着 カンプワーゲン [牡5・57] (0.7) / 6着 ボールトハヤト [牡6・57] (0.7) /
7着 ミストシハヤ [牝8・55] (0.1) / 8着 アオイタイガー [牡5・57] (0.2) / 9着 グリンハーバ [牡6・57] (0.4) /
10着 ハクバホーシユー [牡6・57] (6.4)

⑥ S51/7/5(月) 天候:曇 馬場:重 スポーツニッポン賞 [4歳] 1600m
1着 キクハヤブサ [牡4・54] 1.50.1 / 2着 スイートマハール [牝4・54] (0.4) / 3着 ダイイチカツクモ [牡4・54] (0.4)

 

 

灼熱の高速決戦、金杯。

中央でも地方でも「長距離で勝つのが強者の証」と考えられていた時代ということもあり、当時の福山のA級馬がマイル戦を走るのはこれが唯一の機会でした。

そのため予想ファクターが少なく、馬券的には難解な一戦だったのではないかと思われます。


あとから戦績を振り返れば、ミヤトモアは中長距離が得意だったといえるのでしょうが、B級時代のマイル戦は3戦3勝だっただけに、多くの人にとって予想外の3着敗退となりました。

その一方で長距離砲ゴールドパークが2着に踏ん張っており、この当時の競走体系、あるいは情報量などからは、ファンも関係者も各馬の適性をつかみにくかったという側面はあったのかもしれません。


勝ったグレイトランサーは、鞍上の山部昭二騎手とともに重賞初制覇。

B2格付での転入から順調に勝ち上がり、前開催のA2は3着だったものの、ちょうどよい調整レースとなったのでしょう。

格上の馬たちを相手に上り馬の勢いを見せつけました。


そしてギヤラントキリー。

もはや予定調和ともいえる4着で、当時行われていたA1級古馬重賞の4つ全てで4着ゲットという、大して嬉しくはないであろう記録の達成となりました。

今開催をもって厩舎を解散した千同猛師の最後の重賞挑戦でもありましたが、有終の美とはなりませんでした。


最終日の4歳特別を勝ったキクハヤブサは、南関東から福山へと渡って巧成り名遂げたキクマサの産駒。

産駒のうち、福山で活躍したのは本馬と前年のアラブ王冠2着のシユガーエース、南関東でも大井・ワード賞勝ちのタネフジあたりに留まり、競走実績からすればちょっと物足りない種牡馬成績でした。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨年はとてもツキのある1年でした。

その最たるものが韓国競馬ツアー当選だったわけですが、韓国から帰ってきて、ふと考えたのです。


「次は何に挑戦しようかな?」


で、思い付いたのがコレ。




IMG_20170204_225730074.jpg




超ロングセラー商品の森永チョコボール、私は大好きなんですが最近買っていなかったので、運試しのチャレンジも併せてちょうどいいじゃん!となりまして。

小さいころ、おもちゃのカンヅメを夢見た、あるいはゲットされた皆さんも多いことでしょう。

私は小学3年生だったかな、金のエンゼルの一撃でおもちゃのカンヅメを手にしましたので、うぁんじゅううぇん年ぶりの挑戦です!




金のエンゼルなら1枚、銀のエンゼルなら5枚でおもちゃのカンヅメが当たるというシステムは、皆さんご存じと思います。

しかし、当選確率がメーカーから公表されているわけではありません。

そのため諸説あるようですが、ネット等を見回してその諸説検証結果を拾い出してみると、だいたい平均して金のエンゼルが0.7~1%、銀のエンゼルが4~5%程度というところになりました。


てなわけで、“銀のエンゼル5%”をベンチマークに、購入ルールは①ピーナッツ限定 ②1回の購入は2個、の2点のみ。

5%クリアを目指し、いざ参らんッ!!




【11月第4週】

[1] 静内のイ○ンで購入。

IMG_20170204_225750825.jpg

2個目でいきなり銀のエンゼル♪

ゲット率50.0%。


【11月第5週-12月第1週】

[2] 静内のツル○ドラッ○で購入。
[3] 静内のツ○ハド○ッグで購入。

連続ハズレ。

まだまだいける、ゲット率16.7%。


【12月第2週】

[4] 静内の○オンで購入。

7個目、銀のエンゼル来ましたよ~♪

ゲット率25.0%。


[5] 三石のセ○ンイレブ○で購入。

ハズレ。

ゲット率20.0%。


【12月第3週】

[6] 静内のツ○ハド○ッグで購入。

11個目、また銀のエンゼル~。好調、好調♪

ゲット率25.0%。


[7] 札幌の○ーソンで購入。

ハズレ。

ゲット率21.4%。


[8] 静内の○ルハ○ラッグで購入。

16個目、銀のエンゼル!もうリーチとは…(驚

ゲット率25.0%。


【12月第4週】

[9] 苫小牧のイオ○で購入。
[10] 静内のセ○コー○ートで購入。
[11] 新冠のセイコ○マ○トで購入。

ハズレのオンパレード。

ゲット率18.2%。


【12月第5週】

[12] 新冠の○イコーマー○で購入。

これが生みの苦しみというやつでしょうか、苦戦は続く…。

ゲット率16.7%で無念の年内ギブアップ。


【1月第1週】

[13] 静内のセイ○ー○ートで購入。

新春一発目からハズレ。そして熱が出た。

ゲット率15.4%。


【1月第2週】

購入なし。


【1月第3週】

[14] 静内のツル○ドラッ○で購入。
[15] 静内の○オンで購入。

IMG_20170204_225750357.jpg

食べるのがちょっと辛くなってきた(苦笑

ゲット率13.3%。


[16] 静内のイオ○で購入。

32個目、銀のエンゼル出た!ゴールイン!

ゲット率15.6%。




IMG_20170204_225749907.jpg

購入16回32個、総額で2000円ほど。

当初想定の5%、つまり銀のエンゼル5枚ゲットのための購入量100個に対し、はるかに好成績でフィニッシュできました。

森永製菓さんも儲けにならなかったんじゃないですかね、これじゃ(笑

しかしまあ、馬券の方も同じぐらいサクサク当たってほしいものですな。





それからそ~れから。




じゃじゃ~ん。

約3週間経過後、おもちゃのカンヅメが届きました~♪


IMG_20170204_225749255.jpg
IMG_20170204_225748959.jpg
 

 


昔はもっとカンヅメ感があったというか、缶そのまんまだったような記憶があるのですが…。

って、昭和風味のカンヅメじゃあ、今の子どもたちも嬉しくないか。


中身のアップはもしかすると問題あるかもしれないし、これで遊ぶオッサンというちょっとホラーな画を想像させても何なので、割愛します(笑


で、当初の目的を果たし、ひとつ言えることは


「大人はチョコボールを食べるだけにしときなさい」


ワクワクしながらちょっと苦労しながら、ふたを開けたわけですが、やっぱり小学生のころの感動はないんですよね。

中身がどうのこうのというんじゃなく。

これで中から福山けいばの写真とか、FCKグッズとかが出てきたら、チョコとは関係なく興奮で鼻血ブーだったんでしょうけどネ!(*≧▽≦*)ムハー

大人になることの、ある意味でのつまらなさを、自らの身をもって垣間見た瞬間でしたw





さて、次は何に挑もう…おれより強い奴に会いに行くか。

 

 


 

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。