ただいまー!
ほんと、なんですか、この寒さは。
月まで凍るようです。

出不精なんだけど、今日も行ってよかった。

仲間とも会えたし、少しだけだけど飲めたし、ライブねー。

怒髪天の兄ィは、ずっと目の病気だって言って泣いてましたよ。

3時間に渡るライブ。
武道館中、まるごとハッピーでね。

今回は、何回も武道館行った中で一番遠い二階席だったけど、距離が全く感じられないぐらい温かい気持ちに包まれてた。
流石だな。

ズル(要領よく)もしないで、ズル(要領)の仕方もわからないで、30年かかったけど、続けてきてよかったって。

45になっても、ロックができる丈夫な体でありがたいって。
みんなに感謝してました。

歌の最中で音楽が止まり、会場が一つになり、三方にいる観客とステージの兄ィ。

その歌声が武道館の中心に向かってピタッと合わさった時に、鳥肌立つような一体感、グルーヴ感を感じました。

その歌は、歩き続ける限り。

『未だ夢は覚めず心焦がすならば旅に終わりはない。歩き続ける限り。』

そうなんです。
未だこの年になっても、胸が焦げるような想いがあるならば、やるしかないんです!

何もしなければ楽なんだけど、何もしないでいられないんだから仕方ないですね!

ロックでない奴はろくでなし。
迷った時はロックな方を選ぶ。

全部兄ィに教わった言葉です。

すごいわー、ほんとすごい。
楽しかったし元気もらいました。

『雪割桜
春を待たずに 咲き誇る魁の花
雪割桜
冬の時代に 俺たちは咲いた花』

暖かい季節に上手に咲ける花ばかりではないのですね。
わざわざこんな寒い時に咲かなくてもと思うけど、その強さ、ひたむきさに胸を打たれたりするのです。

バカはバカなりに、一生懸命、自分の道のど真ん中を胸張って歩いていきなさい。

その先には間違えて、武道館ライブが出来ちゃうなんてことも、人生にはあるのです。
そんなメッセージを受け取りました。

兄ィの人徳なのでしょう。
テレビ局、ラジオ、バンド仲間、お相撲さん、落語家、脚本家、もう、あらゆる人から見たこともないぐらいの数の花が届いていました。

あとは葬式の時だななんて笑ってましたが、今年、一年かけて、全国47都道府県にお礼参りライブをするそうです。

ありがとう!怒髪天。
ありがとう!一緒に立ち会った仲間。
ありがとう!読んでくれたみなさん。

俺がやらなきゃ誰がやる。
ファイトニッポン どんと来い!

みんなニッポンの侍ですね!
今年も頑張りましょう!\(^o^)/

photo:01



photo:02



photo:03





iPhoneからの投稿
AD

2013アラバキロックフェス

テーマ:
2007年から参戦して、
一年だけ娘の結納のために参加できなかったら、大雨の大変な年に。
私が行くアラバキはとりあえずいつもお天気です。(笑)

今年も、とっても楽しかった。
入場してすぐに、箭内さんに会って、
「広島のお友達とこの間会ったよ!」って声をかけていただいて、
ちゃんと、箭内さんの頭の中には、あんぽ柿ズの記憶があったみたい。(笑)
ありがとうね。サリーちゃん。
箭内さんが、光舟のポップ、素晴らしかったって言ってました。

とりあえず、毎日元気に。飲んでます♪(笑)

AUBERGINE(オーベルジーヌ) AUBERGINE(オーベルジーヌ)

AUBERGINE(オーベルジーヌ) AUBERGINE(オーベルジーヌ) 

AUBERGINE(オーベルジーヌ) AUBERGINE(オーベルジーヌ) 

AUBERGINE(オーベルジーヌ) AUBERGINE(オーベルジーヌ)

AUBERGINE(オーベルジーヌ) AUBERGINE(オーベルジーヌ)
 

$AUBERGINE(オーベルジーヌ) AUBERGINE(オーベルジーヌ)

$AUBERGINE(オーベルジーヌ) AUBERGINE(オーベルジーヌ)

AUBERGINE(オーベルジーヌ) 

AD
昨日は清志郎の命日でした。

喉頭がんの治療から復帰して、2008年に武道館ライブ。
その2か月後の4月にアラバキでライブを見ることが出来ました。

あの時、会場一体が本当に一つになって、愛でいっぱいに包まれたのを覚えています。
でも、またその3か月後の7月に再び腰に癌が見つかって、ライブ活動中止。

だから、2月から7月までの5か月間に、アラバキでライブを観れたことはとても幸せだったと思います。

「アラバキbaby。お前たちは今、最高のbaby。
 世の中には、いろいろなことがある。
 戦争も毎日どこかで起きている。
 飢えに苦しむ子供たちがいる。
 だけど、ここにいるみんなで、何かを感じることが出来たなら…。
 だからbaby。
 お前たちに聴きたいことがある。聴きたいことがある。
 聴いてもいいかい?聴いてもいいかい?
 みんな…。

 愛し合ってるかーい!」

当時の日記を探してみました。
アラバキの森がすっぽりと清志郎の愛のオーラに包まれたような夜でした。

清志郎は死んでません。だって、愛は不滅だもの。。。


AD

母への手紙

テーマ:
お母さんへ

とうとうこの日が来てしまいましたね。

私はお母さんの娘として生まれて、50年が過ぎました。
それを見て安心して旅立ってしまったのでしょうか。

お母さんはいつも私たちに厳しいことを言っていたので
親子喧嘩もいっぱいしましたね。
なかなか素直になれずにひどいこともいっぱい言ったりしました。

最後の10年は闘いだったのかもしれないけれど
お母さんを介護できたこの10年がなかったら
こんなにお母さんを尊敬し、愛していますと素直に言えないまま、
見送ってしまうことになってしまったかもしれません。

そのぐらい、地域の方や、お医者さん、看護師さん、ケアマネージャーさん、
ヘルパーの皆さん、訪問入浴さん、デイサービスの皆さん、ショートステイの皆さん、
そしてパパ、家族、お友達、会社の皆さん
みんなに見守られながらお母さんと向き合った最後の日々はとても幸せな日々でした。

介護をして大変だねと言われていましたが、実は助けられていたのは私でした。

お母さんは本当はきっと病気と闘って辛かったはずだから、
今日を迎えられてほっとしているのかもしれませんね。

ずっとずっと一緒にいたかったのは私でした。
そしてそんな私のために頑張って生きていてくれました。

お母さんはすっかり優しくなってしまい
「千佳子ちゃん、ありがとうね。大変だね。ごめんね。」といつもねぎらいの言葉をかけてくれて
私は、わざとふざけた顔をしてみせると、お母さんは笑っていたね。
暖かなとても優しい目でした。

もっともっとこうしていられるかと思っていたのだけれども
最後はあっけないものでした。

まだまだしてあげられていないこともたくさんあったし、
もっとお話をたくさん聞いてあげればよかったし
でもお母さんの眠るような顔を見て、
きっといつものように「ありがとう」って言ってくれているんだと思います。

小さいころ、私は喘息で体が弱かったので、お母さんにおんぶしてもらい、
しょっちゅう医者通いをしてましたね。
根性が足りないんだ。と言われながらも、お母さんの背中の温かさがとても嬉しくて、
今でもそのぬくもりを思い出します。

お父さんが亡くなってからも、いっぱい苦労して育ててくれてありがとう。

でも、今、私は、お母さんの娘として生まれ、お母さんに育てられ、
沢山愛されて生きてきたことを心から幸せだと思っています。

そしてその愛と感謝の気持ちを回りのみんなに伝えていきたいと思っています。

本当にありがとう。
これからも私たちをいつまでも見守っていてください。

81年の人生、お疲れ様でした。
お母さんの最後の顔は娘の私がほれぼれするぐらい美しい顔でした。


また会いましょうね。さようなら。






お葬式の時に、中島みゆきさんの「誕生」のオルゴールと共に手紙を読みました。
今日は、納骨です。

12月19日に亡くなった母は、
四十九日は2月5日ですが、早めに行うことになりました。


アップするのをためらっていましたが、
自分の感情に素直に向き合い、嬉しいときには笑い、悲しいときには泣く。
そんな自分でありたいと思い、ここに残しておくことにします。

そして、また今日をけじめとして明日へ向かい歩いていきます。


ありがとうございました。

7月27日の写真

photo:01


夕べなかなか二階に上がらずにいたらマロンが待ちくたびれてました(笑)

photo:02


朝の散歩で最近よく会うチコちゃん、マコちゃん母娘です。

photo:03


黒芝チコちゃん14歳、マコちゃんは10歳。

photo:04


photo:05


二人とも大人なので落ち着いてます。
特にチコちゃん、ずっと私に寄りそって撫でさせてくれます。
可愛いな♡

photo:06


別なワンちゃんたちも来ました。

photo:07


ビーグルのシェリーちゃん10歳は吠えるなと口を抑えられてます(笑)
娘のミシェルちゃん二歳はビーグルちゃんのミックス犬だそうです、


photo:08


お父さんは、この子。
ミックスのラブちゃん四歳。
なんて可愛いのでしょう!
名前の通りめっちゃラブリー(^-^)/

ラブちゃん、ミシェルちゃんはとてもフレンドリーでした。


マロンは一歳を迎え、最近全然イタズラしなくなったので、家の中で自由にしています。

自分で涼しいところをさがして寝てるみたい。

なんか急にお利口になり、逆にびっくりです。
大人になるんですね~。

photo:09


photo:10








iPhoneからの投稿
またまたお久しぶりです。
もう日記ではなく月記ですね(^^;

いろいろ書きたいこともあるのですが、
今日はイベントの告知をさせてください。

5月27日、福島市AOZで、私たちバックホーン仲間で作った「あんぽ柿ズ」主催でイベントを行います。
(今回の代表は、あんぽ柿ズメンバーの岸波さんです。)

いろいろなイベントやライブを企画しています。
是非遊びにきてください。

AUBERGINE(オーベルジーヌ)


AUBERGINE(オーベルジーヌ)



詳細はこちら↓

あんぽ柿ズブログ

ツイッター

笑顔になろうプロジェクトfacebook


お待ちしていまーす♪


$AUBERGINE(オーベルジーヌ)


『仁 義』 斎藤一人 





たった一度の人生を

世間の顔色うかがって

やりたいことも やらないで

死んでいく身の 口惜しさ


どうせもらった命なら

ひと花咲かせて散っていく

桜の花のいさぎよさ



一度散っても翌年に

みごとに咲いて満開の

花の命の素晴らしさ



ひと花どころか百花も

咲いて咲いて咲きまくる



上で見ている神様よ

私のみごとな生きざまを

すみからすみまでご覧あれ








* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



ちょうど桜の季節なので、斎藤一人さんの『仁義』という詩を紹介します。

私たちはせっかくこの世に生を受けたのだから
みんなが、かっこよく素敵になって、幸せにならなければいけない義務があります。

そして、普通は、もうひと花咲かせようと言うと
大きなことを考えて、もう無理だよ。なんて思いますが、

ひとりさんのひと花は、大輪の花のことではないのです。

例えば桜の花のように、よいこと、しあわせなこと、うれしかったこと
すべて、ポッポッと人生という木の花に変えて
いつか自分の人生を満開にして、最後は潔く散っていこうということです。

素敵ですよね。

ほれぼれします。


だから、私たちも毎日ひと花、ひと花、咲かせて、大きな満開の桜の木のようになりましょう!



AUBERGINE(オーベルジーヌ)


AUBERGINE(オーベルジーヌ)


他犬の空似?

テーマ:

Another Days


富士丸父ちゃんこと、穴澤さんのところの大吉くん。
マロンとお顔がそっくりです。

お耳のフサフサがないけれど、耳垂れわんこだしね。(笑)

写真を見ると、こういう表情するわーってのばかり。


他犬の空似ってあるのね~♪(笑)

AUBERGINE(オーベルジーヌ)-ipodfile.jpg 

AUBERGINE(オーベルジーヌ)-ipodfile.jpg

散歩途中にふきのとう。だいぶ伸びてきちゃったね。


散歩コースの原っぱ(私有地?)に柴犬ちゃんが繋がれていて。

マロンはその子と遊びたくて近づくと、その子も興味はあるけどやっぱり怒る。


怒られても、またちょっかい出しに行くマロン。(笑)

私にはその子、おなか見せて触らせてくれたりするのよ♪

あと何回か、その子の前を通ったら、友達として認めてくれるかな♪

なんて、毎日思いながら、そのワンちゃんに、あいさつしてきます。