過去と未来と、そして今。

テーマは、南国、武道、仕事、洋楽、家族・友人、、頭の中の整理としてブログに書いてみようと思います。


テーマ:
決してこのブログのことを忘れていたのでも、辞めたのでもなかったのですが2年4カ月も気づいたら経っていた。。ガーン
あまりに仕事が厳しく忙しく、、、毎日必死にやっていたらいつのまにかもう誰もが認めるおばさん顔になっていた。。(泣)

このブログを最後に書いたとき、私に休暇を許さなかった上司のことを書きましたが、この方はこの年に他から大きな抗議活動が勃発し、その後ずっと耐えているようでしたが、なんと先月会社を辞めました。
いろいろあったなーー。。

またこの間、私の部はつぎつぎメンバーが辞め、気が付けば私以外総入れ替わりとなっていました。
日本国内も、海外本社機能チームも。。

昨年、もっとも大事な国内ITメンバーが辞めたとき、技術能力的にも精神力的にも私ももうダメだと思ったので、そのつもりでいたところ、新しい上司が他部署から参上!
仕事のプレッシャーはなんら変わりがないのですが、人間味があるのと頭が良い上司であったおかげで、なんとかそこから半年経った今も持ちこたえています。。

これまで国内で起きているすべてのIT事項の責任を負わされていた感がありましたが、今期はこの上司のおかげで責任のすみ分けがなされ、サーバーとネットワーク担当に落ち着き、めちゃくちゃだった私の頭の中と時間感覚も少しまとまりがついた次第です。

頭の中がまとまってくると、これまでの数年まったく手をつけられなかった私の家も、なんと片付いてきて。。
荒廃してしまっていたベランダに花がチューリップ赤たくさん咲いて、カフェスペースコーヒーもできました。
そういえばこのブログを書き始めたころもベランダ菜園やっていたなあと、まるでこの数年間がすっぽりどこか別の空間のように感じます。

今期はまたサーバーエンジニア系の資格を仕事で取ったりしなくてはならなく、これから学校にもまた通うことになるのですが、仕事もプライベートもブログに書けるとこまで戻せたら~と思っています。

(ちなみに会社がどうあれ、タイには強行に行っていて2014年は3回、15年も2回!そして今年も目標2回と思っています。聖子さんまたよろしくね~ドキドキ
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回6月にブログを書いたときに、生活のほとんどが仕事になった嘆きを書きましたが、なんか土日も休まらない感じにどんどんエスカレート中で、だんだん精神が崩壊してきました。


このままだとネガティブな方向にまっしぐらだと思ったので、上司に相談して休暇を取ろうと思ったのですが、OKをもらた一週間後に、上司から


「この期間に抜けて、プロジェクト回せる自信があるの?」


「ビジネスパーソンとして、よく考えて」


「オフにして逃げても、また戻ってきたら現実が待ってるんだから、何も変わらないよ。ここは乗り越えて成長したほうがいい」


って。。休暇申請を断られることあるんだね!(大泣)しょぼん

私としては、これから最低でも6月までは続く複数のプロジェクトの合間にチコっとでもリセットできたらと思っていたのに。


だけど、これを家で話したら、旦那曰く、仕事はそんなもんだと。。

男性と女性の考え方の違いなのかなあ?それとも私が自分勝手なのかなあ?


オフを取ったら、ぜんぜん行けてなかったタイのビーチでリフレッシュできたらと思ってSeikoにも相談してたのでとても残念で悲しい。


そしてそれと同時に、このまま働き続けるにはストレスマネージメントに取り組まないと死ぬと思いました。


(って言っても、私の仕事のレベル考えたら、大金やら人を大勢動かしてるわけでもないし、やっぱり甘い発言なんだろうな、これは。。)


そんなことで、今日は久しぶりにおうちでゆっくりできたので、さっきYoutube見たりして、ふと、以前からときどき検索していたOscar Wilde作「Happy Prince」を検索してみたら、ついに探していたアニメーションを発見!


これは何かというと、私がバンコク日本人学校中学1年のとき、Mr. Zakというアメリカ人の英会話の先生が私たちに教材として見せてくれたものなのです。


https://www.youtube.com/watch?v=QIwupcYwimY


もうこのバックグラウンドMusicとか、懐かしい!(泣)


改めてよく見てみると、たぶん音楽とコーラスとナレーションと内容と絵、どれもがすてきな雰囲気を作っていて、それが強烈に私の心に残っていたのではと思います。やっと見つかってよかった。


このアニメーションを見て、感動して泣いたとかと当時Seikoと言ってたように思います。


このクラスでは、各デスクで生徒がそれぞれがヘッドホンをつけて教材を聞いて、英語のリピート練習をするというものでしたが、私は、Duran DuranやらYes、Flashdanceのアルバム聴いちゃったりしていたため、先生が各デスクをモニターしていたときにそれがバレて、聴いていたアルバムがいきなり教室中鳴り響くという(見せしめで)、ぜんぜん良い生徒ではありませんでした。


でも、私には、このクラスはもっとも印象的なクラスの一つで、Mr.Zakが主要動詞の「現在-過去-過去分詞」のリストを配って、毎回リピートさせてくれていて、それが私の英語力に直結しているのを今でも感じています。


その後自分が塾とかで教えるようになったとき、そのリストそのまま(Mr.Zakのサインが入ってる用紙そのまま)使って教えていました。


この10年後にBkkの塾で教えていたとき、その塾に来ていたアメリカ人の先生にこの話をしたら、その人がなんとMr.Zakをご存じで、Mr.Zakは日本人学校のパートを辞めたあと、国連のBkk現地職員になったと聞きました。


それからまたさらに15年以上なので、今頃どうされているのかしら?


と、久しぶりに昔のタイに心がトリップしたら、ほんのちょっとだけ気が落ち着いてきました。


この数か月、いろんな案件が多すぎて、テンパりすぎていたので、なんとかペースを取り戻せたらいいなあ。


本当には、私のこんなつたないレベルでITの仕事ができていて本当に感謝だと思っています。

タイと合気道と音楽を、ときどきというのではなくて、また毎日の生活の中に戻して、仕事も家も充実した気持ちで過ごせるようにしたいと思っています。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
月一で書くつもりが、年単位で空いてしまったぁー。叫び
もうこのブログには誰一人いらっしゃるはずもないですが(Seiko以外)、毎日あまりに仕事ざんまいとなってしまったので、気分転換に書こうと思います。

おととし、昨年と1年で3回もタイに行けていたあの夢のような日々。。チューリップオレンジチューリップピンク
昨年7月にSeikoさんを中心に日本人学校時代のGirlsとBkkで集合して1年が過ぎてしまいました!

昔読んだドラえもんの道具に、やじろべえの注射器があったけど(いいことが起きたら、その分悪いことが同じ割合で起こる)まさにそれ状態の日々を送っています。

年3回のタイvisit - この約一年1回も行けてません
週4回の合気道 - かろうじて週1回(日曜日の少年部アシストと、一般稽古)
タイ語の勉強   - まったく時間ない

そんな中、会社でナーバスになっているときなどに、いいタイミングでSeikoさんがカンチャからの馬たち、犬たち、うさぎたちの写真を送ってくれます。馬
そういうことではやっぱりこの時代にいてラッキーなんだろうな!SeikoさんThank u-ドキドキ

あとそれとタイとぜんぜん関係ないですが、会社にRock好きの男の子たちがいることを発見してその点だけは会社で気分も盛り上がり、再びリアルタイムのように80s-90s Rockを聴いています。
Alice in Chains, Foo Fighters,,ほんとに最高なので、次回タイ行ったらTシャツやらステッカー、ポスター探しにいこうっと!

それにしても、私の人生はいつも両極端な気がするので、そろそろワークライフバランスをちょうどいいものにできたらいいなあーーと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨年中にUpするはずだったタイ旅日記の最終編ビックリマーク


*****


ホアヒンからドタバタ劇でバンコクに戻ったあと、以前お世話になった方と会ってラチャティウィ界隈へ行ってきました。
中心地からほんのちょっと先に行っただけで、とても地元チックでしょ、とその方が言っていて、本当にその通りだと思います。


近くの食堂へ入ると平日だというのに、地元の若者で賑わっていました。


過去と未来と、そして今。


私たちもそこに混じってタイ料理を堪能。


過去と未来と、そして今。


そして最終日。
住んでたときの感覚が戻ってきて、ここから帰国するまでタイらしい写真撮ることをすっかり忘れてしまっていました。


唯一、Seikoさんがいいブログネタになるよ、と撮った写真がこの看板。

過去と未来と、そして今。

なぜか一文字足りないか間違っている。

黒豚が「くろぶ」で、新しいが「あたらい」、食べてみてが「たべてみた!」で、あたらいの下のタイ文字もモーマーがなぜかホワイトで消されているという。あせる


そして帰国の日です。
あまりにもタイの生活が蘇っていたために、帰ってきた日の翌朝は、目が覚めたとたん私は今どこにいるんだ状態でした。


それにしても短期間のステイにもかかわらず記憶とブランクを一気に取り戻せて、とても楽しく良い旅でした。Seikoさん、いつもお世話になり本当にありがとうございますラブラブ


完全にタイの想い出がテーマになっている私のブログですが、次回は、、タッタラ~クラッカー

3月にまた行くことになりましたビックリマーク

今年もまだまだ私の妄想は続きます音譜

いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)

テーマ:

こちらのブログを見てくださっている数少ない貴重な皆様、ちょっと遅くなりましたが2012年もまたよろしくお願いいたしますキラキラ

皆様で元気な一年を過ごすことができますように。


ところでここ数年、年賀状は大晦日など遅めの投函が多かったのですが、今年はついに1月5日にようやく作成し、結局送ってくださった方への返事のみとなってしまいました。

お世話になった方々、まことに申し訳ありません。


Facebookなどでお元気な様子がわかるようになった方々も増えてきたので、ますます年賀状離れが進んでしまい、今後どうしようかなぁと思っています。


さて、今年のお正月は。。。なんと去年に引き続き、今度は旦那と喧嘩しながら迎えました。

今年こそは気持ちよく新年を迎えられそう虹と意気込んでいたのに!!


翌日には二人とも気分を取り直しましたが、めずらしく大晦日に二人で大掃除して疲れたのがよくなかったのかも。

やっぱりやりなれなれないことをギリギリにしてはだめだということですね。

来年のお正月こそ、家族仲良く新年を迎えるぞおー


今年もブログは月1回を目標に更新しようと思いますので、ときどき見に来てみてくださいね。

よろしくお願いします星


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
もうあと3日で今年も終わりなので、なんとしてでも夏の旅日記を完成せねば!

ということで、前々々回のつづきです。

*****

ホアヒンの街中でSeikoさんと落ち合ったあと、

「あとで街中に戻ってきて、ご飯食べようひらめき電球


などと言っていたのですが、私は足が炎症でSeikoさんはヨーロッパ長旅の直後だったので、なんと私たちの行動範囲はほとんど三日間、部屋⇔ビーチ間(50mくらい)の行き来だけという有様。


でも、こんなのも良いでしょう。バカンスなのだから。

過去と未来と、そして今。
Photo by Seikoさん


タイは8月も雨季なので、エメラルドグリーンの海とは行きませんが、でもやっぱり海は心のリフレッシュできていいなぁ音譜



過去と未来と、そして今。


朝はゆっくり起きて、朝食終了時間ギリギリまで食べる。そしてまたビーチでゆっくり。


過去と未来と、そして今。

夜の薄暗いレストランもいいですね。沖のほうに、イカ釣り漁船の灯火が見えていました。




ところでホアヒン旅での一番の遠出は、ホテルの陸側に位置している大通りの向かいにあるショッピングモールでした。(たぶん、ホテルから300mくらい)


ここに来る前に、ホアヒンはリゾートなのでと話していた意味がわかりました。


過去と未来と、そして今。

昔はこういったものはなくて、東南アジアらしい海のお店が並んでいたけど、すっかり垢抜けて確かにリゾート地になっています。




夜部屋に戻ったあとは朝方まで映画を二本見て、これぞ休暇。アップ

昔も、Seikoんちで映画見て同じような時間を過ごしたねえ。


たった三日間とは言えすっかり満喫しバンコクへ戻る日がやってきました。


そして、すんなり帰れると思ったその帰りみちに予期せぬ出来事が起こるのでした。

*********




ホアヒンでのバカンスが終わるってことは、私にとってのこのタイ旅自体も終わりが目の前です

やっぱりタイはいいなぁ。タイの人たちはいつも楽しくて優しいし。
私の気分もちょっとずつ締めくくりモードになってきました。




ホテルをチェックアウトし、バンコク行きのバンに乗るため、まず発着点の街中へ戻ろうとしていると、バンコクから来たときと同じバンが走っているのを発見。




「空きがあれば、途中からでも乗っけて行ってくれるよ」



と言ってすぐ捕まえてSeikoさんが行き先をバンコクと確認してくれ、バスに乗り込みます。


乗ったとたんに朝方まで映画を見ていたので、眠かった私たちはコックリコックリ。



しばらくすると、バスのお兄さんに起こされました。

あたりはまだぜんぜんバンコクの様子ではありませんショック!



ここぞとばかりにiPhoneの地図で場所を確認すると、そこはまだチャオプラヤ川よりぜんぜん手前の、もちろんBTSも通ってない、エェ?というような場所。



お兄さんが、



「ここでバス降りて。すぐにバンコク行きのバスが来るから」





「バンコク行きのバスが来るって?」




Seikoさんが真面目な顔をして確認しています。




「降りて待っていたら来るから」




何度やりとりしても無駄そうなので、




「乗り換えってことかな?(でもバンに乗り換えなんてあるのかな)」




とかと言いながら、何人かの乗客と一緒に降りて、どこぞの郊外だというような場所で、道に立たずむ。


今回はSeikoさんも一緒だから断然気楽な私だけれどねぇ。




しかし、待てど暮らせど、そのバンコク行きのバスらしきものは来ません。

一緒に降りた数人の乗客の人たちも、いつの間にかいなくなってしまいました。




痺れを切らしたSeikoさんが、通常の路線バス乗り場のところで、タイ人のおばさんたちに事の顛末を説明していると、どうやら




「バンコク行きって言うのは、路線バスのことでは。ここで○番のバスを待ってBTSの駅まで乗っていったらいいわよ」




らしきことを教えてもらっています。




ってことは、バスのお兄さんは、路線バスを待ってたら来るよという意味で言っていたわけか!


エー、じゃあバンは正確にはバンコク行きじゃなくて、バンコク手前は通るバスってことだったんじゃん!




Seikoは


「なんだ、あのバスの人は!プンプンDASH! 今度会ったらぶんなぐってバス代200バーツ返してもらおう、親切なおばさんに教えてもらったから良かったもののむかっ!」


と怒っています。
ほんとだよねぇ、あのお兄さん稼ごうと思ったんだろう。
でもまぁ私には、おもしろい想い出が一つ増えてよかったよ!


そしてそこで、私は気づいたのです。

心配するまでもなくタイは何一つ変わっていないことに。


極端に変わったのは私たちが生活行動していた場所チットロム-スクンビット周辺だけで、タイ人のメンタリティも、また細かい路地入ったところも郊外などぜんぜん変わってないことに。

途中途中で薄々そういう気にはなって来ていましたが、もうこれは間違いないと確信に変わりました。


そして、私たちは普通に路線バスでBTSが通っているところまで行き、戻ってきたのでした。

過去と未来と、そして今。



こんな郊外で路線バスに乗ることになろうとは。


こう考えると、今回の旅で私は

-エアポートリンク

-BTS

-サムロー(トゥクトゥク)

-ソイバイ

-長距離バン

-路線バス

と、ほとんど交通機関を網羅したってことか、なんて濃い旅だったんだろう!


つづく。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回のブログに、今年のタイの洪水はひどい状況とは言っても、タイ人は洪水に慣れっこDASH!ということを書いたばかりなのですが、Seikoさんによりますと、水はますます迫り来ているようで、安心していられない状況になってきているとか。。


日本でNewsを見ていても、水が溜まってる箇所の報道ばかりなので、そればかりを鵜呑みにはできないと思っているわけなのですが、そういえば今朝のNewsで、ついにCentral Worldまで数キロに迫ったとかと言ってました。

日本人学校のKidsも8割が一時帰国とか。。


日本人学校は、私がいたときには雨季休みが2週間ばかりだったかあったけど、今回はその雨季休み+タイ政府からのお達しで長期になっているみたいですね。


そうなると、特に受験生だったりすると、いったん帰国してそのまま日本人学校には戻らないという子ももいるんだろうなぁ。

昔も、休みのときに帰国したきり、さよならを言わないままの子もいたことを思い出します。


こういう出来事は、子供心ながらに印象的な想い出と変わるのだろうなと思いますが、悲しい想い出にならないことを祈ります。


ちなみに、来月、私たちも日本人学校時代の仲良しグループでバンコクで集まる約束してたのですが、当面延期となりました。

(それによって、事の重大さをようやく認識した私。。しょぼん


タイも去年は赤部隊、今年は大洪水といろいろ続いていますが、早くまたみんな安心して過ごせる生活に戻りますように、、

住んでいる皆さま、どうぞ健康に気をつけてくださいね。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

まだ夏の旅レポが完了していないのですが(汗あせる)、今月は1週間、仕事もお休みして手術入院をしていたりして気持ち的に落ち着きませんでした。

ようやく、体調も戻ってきたので、今日は旅レポじゃなくて、タイの洪水についてを書こうと思います。


と言っても今は私はタイに住んでいないためレポはできませんが、その代わりにいつもブログにも登場してくれているSeikoさんのブログのリンクを貼りたいと思います。


災害時でも明るいタイ

2011年10月21日レポ

2011年10月29日レポ

その後も随時更新


ここ何十年でもっともひどい洪水状況ということで、かなり非常事態だと思うのですが、どうやってもいつもどおりのタイの人たちとタイの生活しか想像ができないと思って、Seikoに確認してみると、、ほとんど想像したとおり。


私が住んでいたころも、道路の浸水は毎年のことだったので、驚きはなかったのですが、やっぱりタイの人たちにとってもそうなんだろう。


私たちが子供のころ、日本人学校では都市伝説的に


「バンコクは地盤が低いから、30年後は水に沈んでいるんだって」

「エーッ!しょぼん


みたいなことが、まことしやかに言われていました。

あのころの30年後なんて、まだまだ先で想像もできなかったけど、ホントに30年経とうとしている今、これからのタイの課題なのだなと実感します。


昔、雨季のころに学校に通うスクールバスに乗ると、バスのステップのところまで泥水が浸水して、マンションが隣でスクールバスも一緒だったAちゃんと


「コーヒー牛乳がバスに入ってきたー!!


と騒いでいたのを思い出します。


街に繰り出し、深いところだと膝くらいまでたまった水の中をザブザブ歩いて


「破傷風に気をつけて!!


と言い合ったり。

また路線バスが通ると大通りがザブーンと波のプール状態になったり、その横には街のゴミ箱が倒れてゴミと一緒に水の中にいたり。


それから、一度父親が洪水の中で拾ってきたという、変な魚を数匹を水槽に入れていたら、気持ち悪いくらいに急スピードで巨大化して(しかも魚なのに水槽のガラスにタニシみたいに常にべたづきしてるのです)、大騒ぎでした。


こういった空気はたぶん、今も昔も同じなのでしょう。


今回は、ワニ園のワニも逃げているとかで、洪水の水には要注意です。


タイのマイペンライな空気はそのままでいてほしいと思いながら、経済的なダメージが広がらないようにということと、衛生面や病気だけはちゃんと予防しますようにと、日本から祈っている私です。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日はホアヒンへ行くため、ドッキンコドッキンコドキドキついにバスでの移動の日です。


朝からソワソワ。
Seikoが、バス乗り場のトイレは入る気がしないと教えてくれたので、水飲むのもそこそこに出発です。


下見に来たとは言えBTSから降りる階段を間違えると完璧迷うので、事前にSeikoからもらっていた超~詳しい道のりのメールを参照しながら向かいます。(駅から徒歩1分なんだけど!)


バス乗り場についてみると、なんかこないだと外見が違うな?といったん引き返します。でも、それ以外にそれらしき場所がありません。


もう一回よく見てみると、時間が早かったみたいで建物がまだ閉まっていて、外に簡易的窓口がいくつも置かれ、そこでチケットが売られていました。


すぐにHua hinと書かれたボードが目に入ったので、そこに行ってチケットを購入です。買ったとたんに窓口のお兄さんが、敷地の出口付近に出発しかかった何台ものバスを指して


「あっちね」


言います。そっちのほうを振り返って見ると、バスを誘導してるお兄さんがでっかい声で私に


「一人だよね?」


と叫んで聞いてきたので、


「ハイ、一人」


「じゃ、このバスに乗って!」


もうほとんど道路に出かかったバスをガラッと明けて、言われるままに中に入ると、一番うしろの4人席の端っこが空いていました。
なるほど、できるだけ満杯にして人を運び出したいわけか。


なーんだ、ドッキンコすることもなく番号呼ばれることもなくアッサリと乗れてしまった。

ホッとして、隣で出発しはじめたバスをパチリ。


過去と未来と、そして今。

長距離バスって言うと路線バスサイズのイメージですが、今回Seikoが教えてくれたのは、バンのタイプのバス。なかなか便利です。


このバスをボンヤリと見ていると、上のほうに


クルンテープ(バンコク) - チャアム


チャアム行きね。

ん?私が乗ったバスはちゃんとホアヒン行きだよね?声かけてきたお兄さん、間違ったバスに私を誘導してないでしょうねぇ?いくらチャアムとホアヒンが近いからって、チャアムからまた自分でホアヒンは困る、と思いました。


ま、マイクロバスだからすぐ運転手さんに聞けばいいんだけど、そうだ、と思って、私の隣の席に座っている家族(5歳くらいの子とお母さんと思われる女性とその兄弟と思われる人)に、誘導尋問的に


「スイマセン、ホアヒンまで何分くらいかかりますっけ」


と聞いてみた。


「だいたい2時間くらい。ホアヒンに帰るの?」


えっ、帰るって?


「帰るんじゃなくて、これから遊びに行くんです。私は日本から来たから」


「お姉さん(私のこと)タイ語上手だね」


と息子さんに言っている。


アハ、ありがとうと愛想笑いをして、何にせよ、このバスはホアヒン行きが確実であることが思惑通りわかってよかった、と思った。


それにしても、「パイティアオ(遊びに行く)」かぁ。タイは、


「パイナイマー(どこ行ってきたの)」、

「パイティアオ」に、

「ギン カーオ ルヤン(ご飯食べた?)」等々。


お決まりの会話が出てきたなあ。それと、タイ語上手だね、も。
彼らにしてみたら、きっとたいした意味もないいつものトーク。


これ以上話す内容はなかったので、私は窓のほうを向いて外を見はじめました。


過去と未来と、そして今。

あっという間に郊外の道路。



過去と未来と、そして今。

チャオプラヤー川を越えたら、一気にローカルなタイです。


そうしたら、眠くなって寝てしまった。
途中で、トイレ休憩に降ろしてくれ(よかった)、バスは予定通りお昼にはホアヒンに到着です。


しかし、バスが到着したのはいいのだけど、どこかの道端でポーンと下ろされて、他の人たちはすぐに行き先がわかってるようでさっさと目の前から消えてしまいました。
バス乗り場がどこかにあって、そこまで行くのかと思っていたら。


Seikoとはホテルで集合にしていたので、たむろってるサムローのお兄さんに行き先の住所を見せながら


「ここまでいくら」


と聞くと、紙をどれどれと見ながら、


「バーン○○(ホテルの名前)だね、知ってるよ。300バーツ」


「バンコクからここまで200バーツだったのに、300って!」


「だって、15人くらいで来たんでしょう!乗らないの?」


「んー、乗らない」


「じゃあ250で。」


「250でも、乗らないです。海はどっち?」


「あっち」


こんなような会話、タイで何百回してきただろう?


少し歩いていくと大通りがすぐでした。

そしてSoiの青い番号が立てられています。偶数側と奇数側。タイのSoiは、わかりやすくて本当助かります。


過去と未来と、そして今。


こういう街並みは異国の感じがするなぁ。Bkkの中心街も好きだけど、こういうタイもとても好きだなぁ。


過去と未来と、そして今。


Seikoに電話すると、さっきまで「ぜんぜん着く気配がない!」と嘆いていましたが、ようやく近づいてきたとのことで、私もホテルには行かずに、Soiの番号を告げてカフェで待っていることにしました。ここでもカフェ。本当便利!


過去と未来と、そして今。
カフェの中から見た風景。


この後無事落ち合えたので、サムローでホテルへ移動。


過去と未来と、そして今。

さてと、これから、三日間、ビーチを堪能するぞうビックリマーク


過去と未来と、そして今。


過去と未来と、そして今。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

前日張り切りすぎたせいか、次の日になっても足が復活しませんでした(泣!)


前日の夜、Seikoと電話で話して、結局翌日からのカンチャナブリは諦めることにし、その代わりカンチャの後に一緒に行く予定にしていたホアヒンで集合することにしました。


つまり、あのドッキドキのバス乗り場も延期、且つホアヒン行きに変更です。


Seikoマンションがとても便利な場所にあるおかげで、近場にチョロリと出てはすぐマンションに戻って数時間休んでということができてとても感謝でした。


そのチョロリと外に出たときの写真。

過去と未来と、そして今。

この歩道橋、とても綺麗になったけれど、昔からあるなぁ。


綺麗な箇所と昔からのものとが今も混在。


過去と未来と、そして今。


さて、徒歩数分のところに運河の船着場があります。


過去と未来と、そして今。

ここでは昔ハリウッドスターやスポーツ選手の特大ポスターが7Bでわんさかで売られていて、Seikoと学校が終わったあとよく買いにきたものです。


当時は売り子のお兄さんたちが橋の下の壁と壁の間にお店を繰り広げてて、お客は橋の上から、これちょうだい、あれちょうだいと声をかけるのです。

その10年後にタイに戻ってきたときにはお兄さんたちはもういなくて、あの商売はどこへ行ってしまったのかなぁ。コピーポスターだったしね。。


それから、この日はシリキット女王ご生誕日で、母の日のイベントやそのデコレーションあちらこちらに。イベント会場を覗いてみると、人がいっぱい。


過去と未来と、そして今。

この日の行動はこれくらいでした、、

この日を皮切りに文字どおりほぼ何もしないバカンス的な旅が幕を明けるのでした。(というか、動き回ったのって初日だけ!!)

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。