水戸の美容室ローズヒップmihoのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

これは今発売中のanan

 

表紙の彼は伊野尾慧くんというそうで 私はさっぱりついていけません。

 

10ページも特集されているからたぶんすごい人気なのですね。

 

キレイなお顔の彼はさておき、彼の隣に書いてある髪のお話を。

 

髪は何もしなければ無防備なので冬は乾燥と静電気で傷み、夏は紫外線で傷みます。

 

お肌と同じなのですが髪も水分と油分のバランスが大事で

 

内側にしっかり水分を保ち、表面をバリアすることで保護力がアップします。

 

「私はシャンプーの度にトリートメントしているわ。でも髪がパサパサ。」という方、

 

「美容室で毎回 トリートメントしてるから大丈夫」という方も多いと思います。

 

↓これは髪の断面図。三層になっています。

 

髪は濡れるとキューティクルが開き、トリートメント成分も流出します。

 

なのでシャンプーの度にトリートメントをした方が良いのですが、

 

コルテックスの部分は主にたんぱく質でできていて、パーマやカラーをすると

 

一度に約、20%ほどたんぱく質が壊れて髪から失われていきます。

 

↓こちらは上がバージンヘア、下がダメージヘアの内面の顕微鏡写真。

 

毛髪内部がスカスカなダメージヘア。ここから枝毛、切毛へと進んでいき、保水力も弱まります。

 

この状態でトリートメントを付けて時間をおいても すすぎをするとザルのように流れて

 

栄養分があまり留まってくれません。

このスカスカな部分は普通のトリートメントでは補修しきれません。

 

美容室では粒子の細かい順に髪に栄養分やたんぱく質を内部に入れ込みながら施術したりして

 

仕上げるのですが、自宅でシャンプーをする度にまた流出していくので

 

できれば自宅でも髪の内側ケアをしてほしいのです。

 

「えー!家で何をどう使えばいいのか分からないわよ。面倒くさいのはイヤ!!」

 

ですよね。まずは高機能トリートメントの種類から説明します。

 

↓こちらはお馴染み オーガニックノートシリーズの新商品で

 

ポンプタイプのトリートメントより補修力が高い濃密ヘアマスク。

 

シャンプー後、普通のトリートメントと同じように髪に塗布し2~3分おいて流します。

 

使用頻度は3日に一度くらいで 他の日は普通のトリートメントで良いでしょう。

こちら↓はカラー毛用のコーティング剤。

 

トリートメントの上に塗布しコーミングして5分おき流します。

 

使用頻度は週に1度くらい。海水浴や日差しの強い場所行く前などにしておくと良いでしょう。

 

Hawaii などに行かれる方などにはぜひおススメです。(お土産待ってます沖ドキなんちって!)

こちら↓は 髪の内部を補修するタイプで お風呂から上がってから濡れた毛先に吹き付け

 

ドライヤーで乾かす事で熱で たんぱく質を入れ込み定着させます。

 

卵を熱すると固まるのと同じ原理です。

 

このタイプはシャンプーの度に使用してください。カラーの退色防止にもなります。

 

そしてカールアイロンで巻き髪をする方も付けてドライしてから巻くと髪の芯がしっかりするので

 

カールの持ちが格段に良くなります。(その後 オイルを軽く毛先に付けると完璧ですにこ



そして 内部がしっかり補修されたら 表面のキューティクルをオイルで保護します。

 

髪に服を一枚着せる感覚です。裸で出歩くのは厳禁ですよ注意

 

オイルといってもベタつきはありません。1円玉くらいの量を手のひらでよく伸ばし

 

髪の中間から毛先にしっかりすり込んでください。

 

髪は寝ている間も 枕と頭の間で摩擦を受けています。そして絡まったり寝癖がつくのです。

 

引っ掛かりを無くすことで髪のストレスが軽減されます。

 

そして日中も湿気からくる髪のうねりやゴワつき、バサつきが改善されます。

出かける前にはUVコート。意外と髪にはしていない方が多いですよね。

 

髪(頭)は体のいちばん上にあるので実はお肌よりも日焼けしているのです。

トリートメントとひとことに言ってもこれだけ種類があります。

 

ダメージ別、髪質別にはもっとあります。

 

トリートメントをしているのに毛先が折れ曲がったような寝癖がつくという方は、

 

髪のしなやかさがありません。

 

又は栄養分が髪に必要量 行き渡っていなことが考えられます。

 

分量を増やすか、内部からのケアをしてみてください。

 

内部を補修するタイプのトリートメントは美容師さんに相談して選んでもらってくださいね。

 

自分の髪にに合ったケアは担当美容師さんに聞くのがいちばんです。

 

その時、商品の売り込みの前にちゃんと髪の状態を説明してくれるのが良い美容師。

 

お医者さんもお薬を処方する前に 病状の説明をしてくれますよね。同じです。

 

美髪は美容師と二人三脚で作っていくものですよきらきら

 

艶のない髪はお顔まで疲れて見えますからお肌と共に ハリ、ツヤ、弾力を意識してくださいねキラキラ

 

長文になりましたが読んでいただきありがとうございます!

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

伊達美穂さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「■真面目な髪の話」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。