Colorful life.~アロマ手づくり石けんとキャンドル・クラフト教室~(下北沢・東京都世田谷区)

アロマの精油を使った手づくり石けん
キャンドル・ペーパークラフトなど・・・手づくりのある暮らし
(下北沢・東京都世田谷区)


テーマ:
初秋の石けんを仕込むためにインフューズオイルの準備をしましたおんぷ

オイルに凝って楽しむのもいいけれど
いろいろなオイルを買いそろえて、
新鮮なうちに使い切るのは、なかなか大変汗

わたくしは、オリーブ、パームとココナッツのオイルをベースに
シンプルな石けんを作ることが多いので、
オリーブオイルのインフューズオイルをよく作ります。

漬け込むハーブによってオイルの感触が変わるので
とても気に入っていますハート

まずは秋の始まりに、大好きなカレンデュラ&カモマイル
そして・・・ローズヒップを漬け込みましたキラきゅんっ

ローズヒップとカレンデュラ&カモマイル インフューズオイル
$Colorful life.-石けん用インフューズオイル

インフューズオイルの作り方は何度か記事にしていますが
おさらいがてら、まとめておきますねウインク

この方法は、冷浸出という加熱をしないで作る方法です。
温浸出といって、加熱しながら速く作る方法もありますが
仕上がりが好きではないので、わたくしはあまりやらないかなぁ。

*--- 材 料 ---*
(出来上がり量に応じて適量を用意)
消毒したビン 1個
ハーブ 適量
好みの(液体)オイル 適量
*-------------*

*--- 作り方 ---*
1.消毒した瓶を用意する
2.好みのハーブを瓶の1/3から半分位まで入れる
3.ハーブがつかる位までオイルをそそぐ
4.涼しい(暖かい)場所に置く
5.1日のうちに1~3回くらい瓶を振る
6.2週間~1ヶ月ほどたったらハーブを濾しとり、
 消毒した保存用のビンに移す
*-------------*

実際に使う量に、ハーブが吸う分(3~4割くらい?)を
プラスしてオイルを準備します。
カモマイルやカレンデュラのようにふかふかのハーブは、
びっくりするほどたくさんのオイルを吸い込むので、
準備するオイルはちょっと多めがいいですよ。

もし足りなくても石けんを作る際に、オイルを足せば
リカバリできますので、あまりきっちりしなくても大丈夫aya

・・・とは言っても、浸出した色を活かしたい時は、
オイルを足しすぎると色が薄くなってしまうので、
ちょっと多めがいいかなと思います。

ローズヒップのように固い実のものは、あまりオイルを吸い込みませんから
使用量の1~2割増しでオイルを準備すれば、十分だと思います。

そうそう、ローズヒップはビタミンCが壊れてしまうので
温浸は向かないそうです。冷浸(この方法)で気長に待ちましょう。

---------------------
瓶の消毒方法
瓶がすっぽりとつかる大きさのお鍋に、水を張って瓶とフタを入れます。
#熱湯に瓶を入れると割れることがあるので、水から入れましょう。

火にかけて、5~10分位ぐつぐつ沸騰させたら、
菜ばしやトングを使い、瓶とフタを取り出します。
大きなざるに「ざ~っ」と空けてしまってもいいでしょう。
火傷をしないように気をつけてくださいね。

取り出した瓶とフタは、ざるなどの上に置いておきます。
ホコリや汚れが付かないように、清潔な場所で乾かしたら出来上がりです。

そんなに手をかけるのは面倒!という方は
キレイに洗った瓶に無水エタノールを注いで
フタをしてから瓶を振って消毒をします。
ひとしきりフリフリしたら、無水エタノールを捨てて瓶とフタを乾かします。

もっとかんたんなのがいい!という方は
スプレータイプの消毒用アルコールを薬局で購入したり
口に入っても安心な除菌スプレー(パストリーゼなど)を
使うのもいいと思います。
よく洗った瓶にスプレーをシュと吹き付けたら、
やはり乾かしてから使います。

---------------------

大きなビンにオイルとハーブを少しだけ・・・
という作り方をすると、酸化が速くなってしまいます。
なるべく空気に触れないように、
作りたい量に会わせたビンを選ぶことも、上手に作るためのポイントです。

かといって、あふれるほどオイルを入れると
暑さでオイルや空気が膨張して、漏れ出してしまうことがあります。
夏は特に、その危険があるので、
上部を1~2cmくらい空けておくのがベストかな?

[4]の涼しい場所は、
クーラーなどのそばではなく、自然に涼しい場所がいいですよ。
直射日光がガンガン当たるのはよくないので
ほどよく涼しい場所を見つけてくださいね。
(冬は暖房機のそばではなく、暖かいところ)

[5]のフリフリは、渾身の力で振らなくて大丈夫です。
振りすぎは、ハーブが砕けて液がにごってしまうので
1回に2~3回、1日に1回以上、優しく振ってあげます。

オイルからハーブが出ているとかびが生えることがあるのです。
これを防ぐため、中のハーブとオイルが混ざるように
2~3回上下を返して振ればOKです。
振ることによってハーブのエキスも出やすくなります。

[6]の濾す時は
リードなど、破れにくいクッキングペーパーを使うと
かんたんにキレイに濾せます。
濾すときにたくさんこぼれてしまうともったいない上に
「やる気」がそがれますから、要領よくやりたいですよね。

保存用のビンに漏斗を載せ、クッキングペーパーを置き
その上にオイルの中身を空けると、キレイに濾せます。
#保存用のビンや漏斗も消毒しておきましょう。

ハーブが吸い込んだオイルは、
ある程度絞った方が濃いエキスが取り出せます。
あまりギュウギュウ絞るとペーパーがやぶれてしまったり
オイルが濁るのでほどほどに・・・

出来上がったオイルは
なるべく早く石けんにしてしまった方がいいと思います。
遅くても1~2ヶ月位でしょうか?
使う前に匂いを嗅いでみて、酸化臭がしないことを確認してから使います。

残ってしまったオイルも、クリームやキャンドルを作るなどして
なるべく早く使ってしまいましょう(`・ω・´)

シーズンの変わり目に必ず作る
カモマイル&カレンデュラとローズヒップオイルの石けん四つ葉
使えるのは2ヶ月くらい先かしら?
今から出来上がりが楽しみですキラきゅんっ


[カモマイルとホエイ(ホエイの取り出し方)_秋の石けんただいま熟成中]
 に続きます。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

まりさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。