ローズステークス(2016年)の予想|登録馬・出走馬・軸馬データ速報

「第34回ローズステークス(2016)」に関する予想やデータ分析を掲載。出走馬に関する情報や見解などお役立ち情報が満載!


テーマ:
9/18(日)に阪神11R・芝1800mにて
《ローズステークス》が開催されます。





3歳牝馬三冠の最終戦・秋華賞の
トライアルレース。

本番を占う上で目が離せない一戦だ。


果たして2016年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?



まずは出走馬を見ていきましょう。


===========
ローズS2016の出走馬
===========


枠 馬番 馬名 脚質 騎手
1 1 クロコスミア 差 岩田康誠
2 2 ヘイハチハピネス 先 藤原幹生
2 3 カイザーバル 差 四位洋文
3 4 アットザシーサイド 差 福永祐一
3 5 レッドアヴァンセ 追 武豊
4 6 ジュエラー 追 M.デムーロ
4 7 シンハライト 差 池添謙一
5 8 クィーンズベスト 先 藤岡康太
5 9 フロムマイハート 先 和田竜二
6 10 バレエダンサー 逃 松若風馬
6 11 フォールインラブ 差 古川吉洋
7 12 デンコウアンジュ 差 内田博幸
7 13 アドマイヤリード 追 ルメール
8 14 クリノサンスーシ 差 幸英明
8 15 ラベンダーヴァレイ 先 浜中俊


以上、出走馬15頭になります。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


シンハライト

オークスの勝ち馬。

1ヶ月前から坂路で時計を出しており
帰厩後も休みなく乗り込まれている。

今回は前哨戦とはいえ、
ジュエラーに鼻差で敗れた桜花賞の
借りを返す絶好のチャンス。

ラスト1冠を引き寄せるためにも
初戦から宿敵には負けられない。


ジュエラー

シンハライトを唯一負かしたのが
桜花賞馬である同馬。

オークスは骨折により無念の回避となり
今回が仕切り直しての秋初戦。

骨折休養明けでいきなり走れるのか
どうかが最大のポイント。




アットザシーサイド

桜花賞では3着に入ったが、
オークスでは11着と厳しい結果に。

同馬に2000m以上は距離が長すぎた。

今回は1800mへの短縮だし
条件は前走以上に整っている。

実績上位の2頭の間隙をついて
金星を狙いたいところ。


レッドアヴァンセ

エルフィンステークスの勝ち馬。

その後は、チューリップ賞、桜花賞、
オークスと牝馬クラシックの王道戦線へと
進んでいるが未だ好走は無し。

気難しさからか能力全開の内容を
春には見せられなかったが、

夏を経てしっかり成長しているので
素質を活かした走りに期待したい。


デンコウアンジュ

アルテミスSの勝ち馬。

メジャーエンブレムを差しきったように
切れる脚は持っているが、

気性面で難しいところがあり
なかなか力を出し切れていない。

桜花賞、オークスでは直線で不利を
受けるという散々な結果に。

ここらで一発に期待したい。




============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【5-2-1-2】
2番人気【1-2-2-5】
3番人気【0-0-2-8】
4番人気【1-0-0-9】
5番人気【1-0-1-8】
6番人気【0-1-0-9】
7~9番人気【2-3-2-23】
10番人気以下【0-2-2-61】


1番人気は複勝率80%と安定しており
人気サイドが高確率で馬券になっている。

一方で、穴馬の好走も見受けられ
高配当になる事も多いので注意が必要。




~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【1-1-1-11】
2枠【1-1-1-11】
3枠【1-0-0-15】
4枠【1-1-0-14】
5枠【2-1-1-13】
6枠【1-2-1-14】
7枠【0-3-3-15】
8枠【2-0-2-18】


広く、直線の長いコースなので
枠による有利不利はほぼ無い。


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【1-0-1-7】
先行【3-0-2-26】
差し【4-6-6-45】
追込【1-3-0-33】


直線の長いコースの利を活かし
差し馬勢が多く好走している。

また、スローペースになりやすいので
追込みはあまり決まらない。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


==========
予想情報局の総括
==========

3着までに秋華賞の優先出走権が
与えられるローズステークス。


阪神1800mはゆったりした設定で
誤魔化しが効きづらいコース。


そのため、逃げる馬には分が悪い。


とはいえ、コース的には後ろより
先行馬の方が向いている。


しかし、秋華賞を見据えた戦いともなれば、
それなりのポジションでしのぎを削ることとなる。


ジェンティルドンナ級ならともかく、
前の馬より後ろから競馬をする馬の方が
活躍しやすいのがこのレースの特徴。


また、秋のG1戦線で注目される
夏の上昇馬の扱いに関してだが
ココは期待し過ぎない事にする。


そもそも、力的に一枚抜けている
春の実績馬が出れば
順当な結果になりやすい面がある。


それも含めて、オーソドックスに
~~~~~~~~~~~~~~~
トライアルとして臨む
~~~~~~~~~~
秋緒戦馬こそが狙い目になる。
~~~~~~~~~~~~~~


本命はオークス馬【シンハライト


ここまで5戦して桜花賞2着以外は
完璧な勝利を収めている。

着差が小さい点からヒヤヒヤものと
思われるかも知れないが、
無駄の無い勝ち方で強さが際立つ。

桜花賞の敗戦はデムーロが
上手すぎたというべき。

今回は初の1800だが、
オークス勝ちで不安なし。


対抗は【ジュエラー


シンザン記念もチューリップ賞も
あと一歩及ばずの2着だったが、

本番の桜花賞ではゴールの瞬間で
シンハライトをかわして頂点に立った。

実力は文句無くトップレベル。

今回もシンハライトと勝ち負けできる馬はこの馬くらい。

ただ、新馬以外マイルしか
走っていないのがどうか。


以上を加味した馬券戦略は

◎ 6.シンハライト
◯ 7.ジュエラー
☆12.デンコウアンジュ


馬連6-7が大本線だが、
枠連4-4とオッズの高い方で。

馬連7-12.6-12を保険として買う。

ワイド6-7もオッズ次第で狙い目に。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


最新の競馬ニュースはこちら

【無料アプリ】
http://keiba-headline.com/mobile-app/

【Facebook】
http://keiba.simple-url.net/ads/facebook

【Twitter】
http://keiba.simple-url.net/ads/twitter


今号は以上となります。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。