お出掛けついでに、ハギレ部用の布を追加購入してきました♪
今回もシマシマの生地ばかりです(≧▽≦)

布自体は3m買ってかなりお得だったけど、交通費が一番の出費かも・・。かさ



チューリップ今回使ったのは、ハギレ部入部時に頂いたフォグリングストールの
最後の一切れです。

サイズは19.7*43cmなので、最初はポーチにする予定でファスナーを買ったんだけど・・
やっぱりランチトートが欲しい♪と思いバックを作る事にしました。ナイフ&フォーク


布のサイズを活かしたいので、スクエア型にして巾着をつけたいな(≧▽≦)
と計画したものの、基本の作り方が良く分からない。

という訳で本屋さんに行ったのですが、何故か服や編み物の本しかなくって断念。
既製品を見かける度に裏側を見ては、ひたすら考えてました・・。




リボンこちらは前日に作った練習作品です。

一応それっぽい形にはなりましたが、縫い代の幅が適当すぎたので内袋が歪みぎみ。
縫い代分の計算も忘れていたり、角も上手く縫えませんでした。
うーん 難しい。

雨
さて、サイズを修正していざ本番です



ひよこ表用と裏用の袋布パーツです

19.7*21.5cmが4枚
56.9*12cmが2枚


余った布をそのまま使ったので、数値がすごーく微妙になってます。



鉛筆右は内ポケット用 14*9cm 2枚

左は巾着の代わりに付けようと思ったファスナーの蓋です。

蓋は作り方が良く分からなかったので、裏布なしの
21.5*8cm2枚で用意してみました。


今回はハギレ部メンバーを見習って、
ファスナー端に予めパーツを縫いつけてみましたよ。おリボン



赤ワインまずはポケット用の布を裏向きに二枚縫い合わせて、返し口から表にし、
アイロンをかけてから、内袋にぺたっと縫い付けます。



次に細長い布とポケットを付けた布の3辺を縫い合わせます。

ここを縫うのが一番の悩みどころだったのですが、
角に予め切込みを入れておいたら今度は成功しました☆


反対側も縫い合わせたら、サイドの縫い代だけ開いておきました。

イチョウ
一応ポケット裏は破け易そうな所に布を当てておき、
表に出ていたミシン糸を針で裏に出しておきました。
糸を裏に出すのは編みぐるみで良くやっていたのですが、これでなんとなく補強できたような出来ないような・・。



表袋も同じように縫い合わせて、二つの袋が完成しました。ピンガ



糸悩みどころのファスナーの蓋です。

まずファスナーと蓋布を表同士にして縫い合わせ、折り返して端ミシンをしてみました。

難易度を下げる為裏布をつけなかったので、裏の縫い目やほころびが気になります。気休めにリボンを縫い付けてみましたが・・
肝心のギザギザミシンを忘れていました。流れ星


ポーチ用だったので、ファスナーの長さもぎりぎり。(≧へ≦)


桜咲く取っ手は端から4cm位につけてみました



表袋に取っ手をつけたら、その上から先程のファスナー蓋を縫い付けます。

縫い代は1.5cm位にしてみました。



反対側のファスナー蓋も縫い付けたら、裏側に折り返してみます。


それっぽい感じの蓋がつきました♪



最後に内袋を中に入れて端ミシンで縫い合わせます。

・・・何故かファスナーの隙間から縫ってしまったので、大変縫い辛かったです。


一応形は完成したものの、開ける度にファスナー裏のほつれが気になるので
上の縁から1.5cm位のところを縫い付け、蓋を下向きにしてみました。



完成~~♪見た目はかなりいい感じ?!(≧▽≦)

お花柄の春らしいランチトートになりました。



裏側は白の余白が爽やかな感じ。ラベンダー


蓋も表側は大丈夫そう。

裏はほつれないように・・大事に使おう。



ハギレ部メンバーみたいに接着芯とか鞄の底板を使うか悩んだのですが、
結局いつものふにゃっとしたバックになりました。


パリッとしたバックも作ってみたいけど、
手書き図面が曖昧すぎて、もう一度作れるかあやしいです(*^m^*)



sakamoto house
AD

コメント(16)