埼玉春日部 アロマサロン 精油使いがアロマで魔法をかける

埼玉春日部のアロマテラピーサロン&スクールの大野亜希です。
植物のエネルギーたっぷりの精油(アロマ)には私たちを優しく守ってくれます。習慣、思考、人生さえも大きく変えることが可能なアロマテラピ不思議な魅力をご紹介しています。


テーマ:
【精油って飲んでいいの?それは自己責任ですが、私の意見としてはNOです。】

こんにちは。
春日部のアロマサロン&スクール RosaNahemaの大野亜希です。




以前「精油を口に入れても大丈夫なの?大丈夫じゃありません!」という記事を書きました。

「精油を飲んでも大丈夫か?」というのは、身近なセラピスト、アロマインストラクター仲間とも時々話題になります。

もちろん、「簡単に飲んじゃだめでしょ」という結論になるのですが。



ですが、精油を食品として、もしくはそのまま飲めるお薬として飲用しているアロマ関係者も多くいらっしゃるようなのです。

食品として飲用できる理由というのが「高品質だから。」

それって理由ですか?



精油が高品質なのは、当たり前だと思うんです。

(高品質とはいえない精油も流通していますが)

アロマテラピーは体や心に作用するものです。

植物油や乳化剤などで精油を希釈して(薄めて)塗布、吸入などの方法で体に取り入れるものですから、高品質でなくてはならないと私は思っています。

高品質だから食用・飲用できるというのは理由にはならないですよね。

精油は植物の成分が何倍にも凝縮されたものなのです。

原液では粘膜や肌への刺激もありますし、肝臓・腎臓での代謝にも負荷がかかるものなのです。

服用するということは精油100%体に取り入れるということなのです。



大量摂取すると死に至る場合もあるといいます。

特に毒性の強いのはバジル精油で、バジル精油を約2本(約20ml)を経口摂取すると体重15キロの子供の致死量であるという情報もあります。

そんな精油を、料理などに使いますか?

飲みますか?


フランス・ベルギーなどでは、資格を持った医師による医療行為として精油を内服したり、直腸などの粘膜に投与することがありますが、これは一般の人が真似していいことでは決してありません。

精油の飲用は、アロマテラピーを良く学んだうえで、自己責任で行ってください。

安易に他人に勧めないのが良いと思います。





最後までお読みくださってありがとうございます。

春日部の自宅サロン、表情筋機能再生セラピスト アロマインストラクター
RosaNahema 大野 亜希でした。

自分・家族・くらしに寄りそうアロマテラピー
埼玉春日部 アロマテラピーサロン&スクール 
RosaNahema ロサナエマ

 
お子様を連れてのご来店歓迎

アロマサロン トリートメントメニュー
アロマスクールメニュー
アクセス方法
お問い合わせ・ご予約はこちらから
  (完全予約制・女性専用)
ご予約状況
HPはこちら

埼玉県春日部市藤塚  駐車場あり
【最寄駅】東武スカイツリーライン「一ノ割駅」 徒歩15分
【営業時間】平日 10:00~15:00(不定休)



春日部市・越谷市・杉戸町・松伏町・さいたま市からお越しいただいております。
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

春日部の精油使い   大野 亜希さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。