テーマ:

先日の浴衣に引き続き、またまたシームレスボディのofです。


エロスの師匠、某●ーしんさんに

「布の面積がボデーの表面積を上回るなんて!許しません!」

先日の浴衣についてお小言をいただいたのでププッ・・・

今回はそのあたりに気をつけて作ってみました。


もうひとつおまけに某Zi●さんからも

「ブーツカバーはセットに入れとかないとっ!」

以前MISAOちゃんも同じことを言われ

泣きながらブーツカバーを作ったと聞いておりましたので

そのあたりにも気をつけ、

「ちょっとまだ暑いのに早いんでないの?」と思いながら

スエード調のブーツカバーをつけてみました。


るるつぶのお針箱

オークションはコチラ でございます。うさ・ペコ



それにしても・・・わたしこのボデーの後姿がとっても好きかも。

前もあばらのあたりからお腹までとか素晴らしいと思うんですが

この後姿ったらっっ!! もうたまりませんなぷぷ





AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

作ったので出品します。


ええ、わかっているの! わかっているのよ!!

みなさん、このシームレスボディに浴衣なんて着せたいわけじゃないって。

何の為のシームレスボディなんだっ!!

浴衣じゃ、足首と手首から先しか見えへんやんけっ!!ってね・・・

でも、この子の顔をリペしたときから

頭ン中で「浴衣やなニヤッ」と囁く悪魔がいたんだもん。

じ、次回はもうちょっとこの素体を生かせるような衣装を作りたいと思います。


・・・ので・・・今回は浴衣で…


るるつぶのお針箱

↑金魚と水草の柄の浴衣です。


↓全体はこんな感じ。
るるつぶのお針箱




では、着せ方です。


浴衣をボディに羽織らせて

左側が前になるように合わせます。


合わせたら、丈を見ながら腰のところを紐でくくります。

くくった紐先が長かったら帯をしたときに下から出てこないように

胴に回っている紐に挟んでおきます。↓
るるつぶのお針箱
↑腰から下はこのままOKですが、上がダボダボとしてはだけてますね。



↓襟の開きをお好みに調節しながら前を合わせます。

腰紐のところに被せるように上身頃を下ろします。
るるつぶのお針箱
↑この上から帯を巻いてください。

帯は脇でマジックテープ留めになってますので

まわして留めるだけです。



↓最後に後ろ襟のところを指でクィッと後ろ側へ抜いてあげてください。
るるつぶのお針箱
↑この抜きが少ないのが普通の娘さんで

大きく抜くのは芸者さんなんかだと聞いたことがあります。




上の着付け方は最初にウェストの部分で丈を調節しながら

自分で紐でくくって着せ付けなければならない分

面倒だと思われるかもしれませんが

この着せ方をする着物だと少しくらいの差なら他の種類のドールにも

全くお直しなく着せていただけます。


るるつぶのお針箱
↑コチラはCG・クールガール ver.2.0ボディに着せています。




オークションはサイドバーよりご覧くださいませ。うさ・ペコ





AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

先月から色々なところで目にする(わたしは)

パブリックコメントに参加してみませんか?と言う記事。


わたしも今回は参加してみました!




動物取扱業の適正化について(案)に対する意見の募集(パブリックコメント)


現在、「動物の愛護及び管理に関する法律

(昭和48年法律第105号、以下「動物愛護管理法」という。)」

の見直しを行っています。

それにあたって、動物取扱業の適正化について、

平成23年7月28日(木)から平成23年8月27日(土)まで

広く国民の皆様の御意見を募集いたします。


ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)




なんか・・・難しいことのようですが

平たく言えば、ペットショップ等で販売される仔など

動物たちの置かれる環境を変えることの出来る法律の見直しで

わたしたちにも一言いう機会があるということです。



『読んでも難しいわ・・・ムムム



ならば

↓を覗いてみてください。



下の方まで行くと提出用の雛形なども用意されていて

そのままコピーして回答できるようになってます。



『でもぉ~やっぱり何て書いていいかわからないわ

もう締め切りも明日だし・・・ぼー



と言う方には↓


【ジュルのしっぽ】 さんのこのリンクページには

このまま丸っとコピーして提出OKの文章を載っけてくださってます。



この機会を逃すとまた5年待たねばなりません。

5年前、わたしは参加していませんでした。

というか、その存在すら知りませんでした。


こんなにギリギリになってしまいましたが

わたしも上でリンクした雛形を使って

自分の言葉で書いてみました。

もしかしたら

「こんな風に書いても取り上げてもらえないよ」なんて

感情的な文になってるのかもしれません。

でも、自分が思って、考えてることです。


『ジュルのしっぽ』さんのような完成した回答ではないです。

でも、もし・・・



『全然知らない方の文章をいくらOKと言われても

丸っとコピーして送るなんて、何だかねぇ・・・ムムム



と思われる方がいらっしゃるかも。

わたしのおかしな文章でもよければ。

それでも賛成に1票を投じられるのならば、

以下に載っけておきますわたしの書いた文章をコピーして送ってください。

※氏名・住所などは書き加えてくださいね。



私達の傍で、いつどんなときも愛情溢れる瞳で見返してくれ

言葉では言い尽くせないほどのたくさんのモノを与えてくれる

わんにゃん、その他の動物たち。

わたしたちにもすこしでいいから彼らに与えられるモノがあればな、

と思っています。




↓うちに来た翌日の茶々丸です。
るるつぶのお針箱



ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)ライン(緑)


送信先 shizen-some@env.go.jp<shizen-some@env.go.jp

件名 「動物取扱業の適正化について(案)」に関する意見




環境省自然環境局総務課動物愛護管理室 御中

「動物取扱業の適正化について(案)」への意見


氏名:
住所:
TEL:  
E-mail: 



「動物取扱業の適正化について(案)」各論に関して以下の通り意見申し上げます。

(3)対面販売・対面説明・現物確認の義務化
●インターネット等により、販売者と飼い主が対面せず現物確認をしないまま取引を行う販売方法は、飼い主に対する当該動物の特性、遺伝疾患及び疾病の有無等の事前説明や確認が不十分であるという点で問題であり、動物販売時の対面説明や現物確認の義務化が必要である。また、インターネットオークションでの動物取引については、出品者が動物取扱業の登録を受けているかどうかの確認が困難な事例が多いことから、その確認ができる制度が必要である。
●これを遵守させるための監視方法についても検討する必要がある。


意見:賛成します
理由:【モノ】でさえインターネットの取引にはトラブルが多いです。
    動物は【モノ】ではなく【命】です。
    安易なクリックで購入したのではなくても予期せぬ、予期できぬことも多いはず、
    【命】の譲渡に対面説明と現物確認が出来ないような販売方法は禁止するべきです。




(4)犬猫オークション市場(せり市)
●現在、販売されている犬猫は、一定の割合でオークション市場での取引を経由していることから、これを動物取扱業の中に含めて基準の設定や監視する仕組みの構築が必要である。具体的には、オークション市場に参加するペット関連業者が動物取扱業の登録業者であるかどうかの確認ができる仕組みや、市場の情報公開などにより透明性を確保することが必要である。
●遺伝的な疾患は必ずしも幼齢時に確認できるものとは限らず、一定程度成長した後に発症する場合があることから、動物取扱業全体としてトレーサビリティーの確保は重要であり、特にオークション市場ではこれの確保に対するより一層の取組が必要である。


意見:賛成します
理由:せりにかけられて販売業者に売られ、そこから家庭にやってくる犬猫、
    これでは、我々がそこから購入したときに
    その犬猫の情報がまったく伝わらない。
    この販売ルートだとトレーサビリティーが全く機能していない。 
    そもそも動物愛護の観点からは【命】を【せり】にかけるということは廃止すべきです。





(5)犬猫幼齢動物を親等から引き離す日齢
●犬や猫において、一定の日齢に達していない幼齢個体を親や兄弟姉妹から引き離すと、適切な社会化がなされないとされている。特に犬では、早期に引き離した場合、成長後に、咬み癖や吠え癖等の問題行動を引き起こす可能性が高まるとされている。犬と人間が密接な社会的関係を構築するための親や兄弟姉妹から引き離す理想的な時期として、生後6週齢(42 日齢)から8週齢(56 日齢)の間である等の報告があることに加え、イギリスやアメリカの一部の州では8週齢未満の犬の流通・販売等が禁止されている。こうした科学的知見や海外における規制の現状を踏まえると、具体的数値に基づき、流通・販売させる幼齢個体を親等から引き離す日齢制限の取組み強化が必要である。
●日齢の設定については、店舗等での販売時ではなく、親や兄弟姉妹等から引き離す時点を基準とすべきである。
●具体的日齢については、8週齢(56 日齢)
●規制の手法については、強制力のあるものにすべき


意見:賛成します(具体的な日齢は8週齢(56 日齢)であるべきである。)
理由:ワクチンも打てないような幼い幼齢から他の犬猫に接触する環境に出されてしまい
    ただでさえ弱い幼い時期に競り市→ペットショップ→ショップでの販売
    この間にどのくらいの仔が命を落としてしまうのでしょう。
    8週齢まで引き上げてあげられればかなりの仔を助けてあげられます。
    前回見送られた案件です。 
    また見送られ10年改正されないようなことを許せるものではありません。




(6)犬猫の繁殖制限措置
●いわゆるパピーミルと呼ばれる、大量繁殖施設において高い頻度で繁殖させられていたと考えられる犬が遺棄された事例が確認されている。これらの繁殖犬については母体への負担や健康面への悪影響が確認されている。これまで様々な犬種を作り出してきた実績のあるイギリスやドイツにおいては、最初の繁殖年齢の設定や、生涯における繁殖回数を5~6回までに制限するよう規定されており、これらの国々の取組を参考として、繁殖を業とする事業者に対して、繁殖回数及び繁殖間隔について規制を導入すべきである。
●猫の繁殖制限についても、同様に検討すべきである。


意見:賛成します
理由:事業者の自主規制に任せておくのは反対です。
    命ある犬猫を子犬、子猫製造機のように扱うのは規制して当然です。


以上




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。