やはり、時間ぎりぎり

テーマ:
荷物が時間ぎりぎりに来た。

いやに、愛想の良い人。

多分だが、担当者ドライバーが変わってる。
別に、苦情入れたわけでもなくて、単に問い合わせしただけなんだが。

なぜか不配扱いされていて、配達時間をかなり過ぎてから例の、責任者みたいな人が来た。

ああいう対応って、どうなんだろね?

前はもっとひどく、転居扱いされていて持って帰られた(笑)
おいおい。今の家は八年目だが?
転居は八年まえなんだがな?

勝手に引越しさせないでもらいたいもんだ。
しかも、夏だったから玄関は開いてた。

うちの玄関はすりガラスドアだから、開けない方に住所と名前を書いて貼ってあるんだが、なぜ転居扱いに?
それをネットで見てムカつくよりもショックだったわ。
ネットに載ってるって事は配達に来たわけだ。
で?なぜ転居扱いに?
さっぱり分からん。
大した荷物でもないのに。

で。仕方ないから、配達メールを受け取るように会員登録した。
会員だと、配達伝票番号を入力しなくても自分宛てなら調べられる。

ただし、佐川急便はそれが出来ない。

不在票が無いと問い合わせも不可能。

で、やはりメールサービスを開始。

LINEでヤマト運輸は調べられるようになるらしいが、それは要らない(笑)

ヤマト運輸の配達車のミニカーはある意味、マニアックだと思うが。
会員になると、ポイントが貯まり応募や引換が出来る。
ミニカーは二台ある(笑)

AD