FX裁量トレードで毎月1000pipsを目指す

FXで毎月10万を目標にしていたリーマントレーダーが、今度は毎月1000pipsとれる専業トレーダーを目指す。システムじゃやなく、裁量トレードで勝たなきゃトレーダーじゃないぜ!


テーマ:
FXとは異なる2つの通貨の売買によって、利益を生む方法です。
日本でも認められ、個人の資産運用の1つとして今では株より人気があるんじゃ無いでしょうか?
その理由として考えられるのが、円高円安どちらでも利益を出すことが可能であり、少額でも取引ができる点です。
また、保証金として預ける証拠金の金額以上の額の取引ができます。
これはリバレッジと関係しており、外国為替取引はリバレッジを効かせてハイリターンが期待できる反面、大きな損失を受ける可能性のあるハイリスクな取引でもあります。

そこで、FXにはそのような損失を少しでも小さく抑えようとする仕組みがあります。
それが「マージンコール」と「ロスカットルール」です。
信用取引で言うところの追証のようなもので、損失の拡大を防ぐためのものです。


みんなのFX



マージンコール二ついては前回お話したように、外貨取引の損失が証拠金の一定割合を下回った時に注意を与えてくれるものです。
そしてロスカットとは、それよりもさらに取引に必要な保証金金額が下がり、FX業者が取り決めた割合いを下回った場合の処置です。
この場合、強制的にポジションがすべて反対売買により決済されます。
FXをする場合にはロスカットを防ぐために、実質保証金合計額と必要保証金合計額との関係が悪くならないよう、余裕を持って保証金を預ける必要があります。
そうすることで少しでもロスカットを回避することができます。
また、FX資金の限度額いっぱいまでポジションを持たないことや、損失が拡大する前に早めのロスカットで対処することが必要です。

ロスカットはとても重要です。
どこまでリスクをとれるかにより人それぞれですが、取引する前に自分のロスカットポイントは決めておいたほうがいいでしょう。
外国為替取引に関わらず、自分が決めたとおりにロスカットができなければ、投資で利益を上げる事はできないといっていいでしょう!


外為


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
FXとは、業者に証拠金と呼ばれる保証金を預け、外貨を売買する投資運用方法だという事はご理解いただけたと思います。
FXでは通常の外貨預金などとは異なり、レバレッジを効かせることができる事もお話しましたね!
つまり、これは実際に預けた証拠金以上の額の取引ができるということです。
そのため、ハイリターンが期待できると同時に、ハイリスクを負うという点に注意しなければなりません!

そこで、FX業者には「マージンコール」という制度を取り込んでいるところがあります。
株取引をやった事がある人は「追い証」といったほうが馴染みがあるでしょう。
って、あんまり馴染みがあってもいけないわけですが・・・ ^^;

このマージンコールが発生した場合には、証拠金を増やすか、決済をおこなわなければなりません。
普通は、翌銀行営業日までに維持率を回復するだけの金額を入金するか、これ以上損失がでないようにこの場で決済してしまうのかを選ぶよう迫られます。
すなわちFXで使われるマージンコールとは、取引に必要な保証金である証拠金が、ある一定の割合いを下回った時に、出される警告です。
これが連発すると胃が痛くなります  (>_<)  
マージンコールはFX業者ごとのものなので、ない場合もあります。
また、マージンコールの基準や処置の方法についても業者によって異なります。


外為



そして更に、証拠金を大きく割り込んでしまった場合には「強制ロスカット」というものもあります。
このFXでいうところの強制ロスカットはこのままでは、証拠金の一定額を割り込んでしまうという場合に出される警告です。
こうなってしまうと、マージンコールの時のような、証拠金を追加するという選択はできません。
強制的に決済されてしまいます。
一見すると荒っぽい方法のように見えますが、これも投資者の損失が膨らんで証拠金がマイナスになってしまうことから守ってくれる大事なしくみといえるでしょう。

ここでアドバイスですが、マージンコールに掛かった場合はロスカットでポジションを減らしたほうが懸命です。
そして、しばらく静観しましょう! 
マージンコールに掛かると、連続して追加の証拠金を入れるハメになる事も多いです。
そして、強制的にロスカット  (ToT)/~~~
そうなる前に、冷静になって自分のトレードを見直す時間が必要です。
「休むも相場」ですから・・・


DMM.com証券

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
少ない元手で大きな利益を得たい。これは誰もが思うことだと思います。
これが簡単に叶えばいいのですが、現実はそう甘くはありません。
ところが、FXではこのような少ない元手で大きな利益を得るチャンスがあるんです!
なぜならレバレッジを効かせた為替取引ができるからです。

取引の内容はこうです。
まず、FX業者に証拠金とよばれる保証金を渡します。
そしてそれを元手にして、何十倍もの価値のある通貨を買うことができるのです。
つまり外国為替証拠金取引では、実際に取引する金額よりもずっと少ない投下資金のみで売買が可能なのです。

そして、このような取引金額と証拠金の割合を倍数であらわしたものを「レバレッジ」といいます。
この元本に対する投機的取引金額の倍率であるレバレッジとは「てこ」という意味です。
そしてこのレバレッジの大小があることこそが、FXとその他の外貨建て金融商品との最大の違いなのです。
FXには外貨預金や外貨MMFなどのように大きな金額の取引に、初めから大金が必要ないのです。
ここなんかは、最大400倍のレバレッジが可能ですよ!!

【みんなのFX】レバ400倍!スプ1銭!手数料0円!
【MJ】レバレッジ400倍のオンライン外国為替取引

しかし当然のことながら注意も必要です。
というのも、レバレッジの大きな、いわゆるレバレッジの利いた取引では、元手となる取引保証金に対して大きな金額を運用することになります。
これはつまり利益が大幅に増える可能性と同時に、大幅に減るリスクを負うということを意味します。
レバレッジが高くなればなるほど、小さなマーケットの動きでも自分の資金では大きな変動をすることになるのです。
そのためFXではレバレッジの大きさだけにとらわれず、レバレッジを調節することで、リスクやリターンを調節することが重要となります。


外国為替みんなのFX
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
FX(外国為替証拠金取引)は現在では、日本でもできる投資の方法です。
とはいえ、まだ世間では馴染みが薄く、意味がわからないという方も多いと思います。
そこで少し具体的に考えてみたいと思います。

FXでは円を売って外貨を買うことができます。
つまり通貨どうしを交換するわけです。
もちろん外貨を売って円を買うこともできます
この時に出てくるのが金利差です。
日本円の金利が通貨発行国の金利よりも低い時に、その外貨を購入すると金利差が生まれます。
この時、円売り・外貨買いすると金利差はプラスとなり、顧客側としては収入となります。
この金利差のことをFXではスワップと呼びます。



外為



スワップとは交換するという意味なので、内容と合っていますね。
具体的に為替取引でドル/円を持っていて毎日100円のスワップがついたとすると、1年間で36,500円のスワップとしての収入が得られるというわけです。
現在の日本の場合、超低金利が続いています。
そのため、普通に外貨購入をすればスワップはプラスになります。

外貨を購入した場合に、円金利が外貨金利を上回っているという事はいまのところないでしょう。
つまり、最も親しみやすいドルを購入した場合でもお金がもらえるのです。
ただし、円買い・ドル売りの場合はと当然ですが、円売り・ドル買いの場合でも、円金利がドル金利を上回った時は逆にスワップとしてマイナスとなるので支払いが必要です。
またFX業者の中には、スワップを毎日引き出せるところと、決済しないと引き出せない会社があるので注意しなければなりません。


みんなのFX

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
前回までの「FXの基礎知識」や「口座開設のポイント」でFXについて少しお判りいただいたでしょうか?
資産運用の中でもメジャーになってきた外国為替証拠金取引は、異なる2国通貨を売買することで利益を出す方法です。
簡単にいえば、FX業者に保証金を預けて異なる通貨の売買を行います。

このFXで利益を出すには、大きく分けて2つの方法があります。
1つは売買による差益を得るもの、もう1つはスワップポイントという”金利”の蓄積です。
これらはどちらも重要ですが、通貨ペアによっては優先順位があるともいえます。



みんなのFX



そこで、今回はまず外国為替取引の通貨ペアについて説明します。
通貨ペアとは、売買する2国通貨の組み合わせのことです。
米ドルと円とか、豪ドルと米ドルとか、ユーロと米ドルとかですね.
というのもFXでは必ずしも円で取引をする必要はないんです。
円と外貨以外に外貨同士の組み合わせが可能なのです。

まずは売買による差益で利益を得るものを考えてみます。
これはその文字通り、為替相場に基づき、外貨を売買することで出る差のことです。
しかし例えば、USD/EURの取引をした場合、利益が出たとしても、受け取れる円の額はEUR/JPYの円相場によって変わってきます。
つまり最終的には売買する通貨ペアと円の相場によって、利益額が変わるのです。

続いてスワップポイントの蓄積で利益を得る方法です。
スワップポイントとは通貨間の金利差を利用して、その差額を利益とするものです。
この場合は、スワップポイントが大きくなるような組み合わせを考えることが重要となります。
通貨ペアは、FX業者の中には数種類~数十種類を取扱っているところもありますので、検討してみるといいと思います。

16種類の通貨ペアを取り扱ってるみんなのFXなんかは今、口座開設数が急増している人気のFX会社ですね!

スワップについてはまた後日、少し具体的にお話しますね!


みんなのFX
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
現在のような不景気な世の中、お金を運用したいけど、株とか証券取引とか不安も大きくて手が出しづらいですよね。
それなら、FXという方法はいかがでしょうか。

FXとは正確には、外国為替証拠金取引といいます。
これは証拠金、いわゆる保証金を業者に預け、差金決済による通貨の売買を行う取引のことです。
なんだか難しそうな名前ですが、やり方はそう難しくありません。
とはいえ、初心者はまずしっかりと基礎知識を得ることが大切です。
FXを始める時には、様々なことを調べましょう。

次に実際に始める際には、取引業者を選びます。
その後、他の資金運用などと同様に口座を開設します。
FXは銀行預金のように、金利利息で資産を増やすこともできるのです。
そのためはまず口座が必要ですが、ここなんか評判いいし安心じゃ無いでしょうか! 
       ↓      ↓
【MJ】取引手数料無料のオンライン外国為替取引
大証ヘラクレス上場企業の100%子会社FXのマネーパートナーズ

環境が整えば、小額から始めてみましょう。
株などと比べると、少ない資金でやれるところがおすすめするポイントです。
また、円高・円安どちらでも利益を出したい人にも向いているといえます。
為替の変動によって、差額の利益を得ることができるからです。

小額の運用でFXについて少しわかってきたら、続いて取引業者についても目を向けてみましょう。
実は、業者ごとに手数料が異なるのです。
そこだけにとらわれてはいけませんが、選ぶひとつの基準にはなります。

いずれにしろ、始めたいと思う方は、まずはFXの情報をできるだけ多く集めましょう。
そこから徐々に各国の経済指標の発表といった、経済指標の発表に慣れていきます。
このブログでも、口座開設のポイントから通貨ペア、実際のトレード方法など徐々にお話していきたいと思います。
そうしていくうちに、FXでの利益の出し方もわかってくると思います。


FXFX
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。