FX裁量トレードで毎月1000pipsを目指す

FXで毎月10万を目標にしていたリーマントレーダーが、今度は毎月1000pipsとれる専業トレーダーを目指す。システムじゃやなく、裁量トレードで勝たなきゃトレーダーじゃないぜ!


テーマ:
細かい事はいろいろとあるんだけど、ザックリといえば

・期待値がプラスの方法で売買すること
・途中で破綻しないこと

という事になるだろう。

いろんな売買手法やシステムが販売、紹介されていて、それらはほとんど(おそらく)期待値プラスの方法なはず!

でも、それが何年も生き残ってないのは、”途中で破綻”してしまうからなんだよね~


だから、この破綻さえなければ勝ち続けることが可能なわけよね。

自分もいくつかのロジックは持ってる。

でもどのロジックも常勝ではないしね~


だから、破綻しないための絶対的な方法があるわけじゃないから難しいんだなぁ。


ちなみに、今年はまだトレードを1回もやってない!!

正月からずっと、この破綻しない方法について考えてます。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

10月後半は相場が死んでたね。

あの相場で死んだ人もいるんじゃないかな?


自分はトレードしてませんでしたけど、

動きだしてからやろうと思ったら、10日くらい動かなかった (^_^;)


それで、その間ずっと新しいロジックの検証をやってたわけね!

今までとはまったく違う考え方で、チャートシステムも違う方法。

まだ、検証中なのでトレードはしません。



それにしても、月曜の夕方にチャート見たら・・・

驚いたね~

朝に為替介入があったわけね。


でもユーロや豪ドル円なんかは1日で全部戻してしまって、イッテコイ!

ドル円はかろうじて持っている感じ。

今のところ・・・



これは、ギリシャの首相が国民投票するって言いだしたからで、

ユーロが一気に売られてたわけなんですが、それにしてもタイミング悪すぎだわね (ToT)/
今回は史上最高規模の介入だったそうですが、

単独介入は何度やってもヘッジファンドの餌食になるだけだろうね。








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ドル円が市場最高値を付け、即介入。
ドルも、ユーロもジェットコースターのような展開だったっすね~

この最初の円高が日本時間の早朝だったので、強制ロスカット食らった人、口座を飛ばした人が多いようですね!

あぁそれを狙った、海外ヘッジファンドの仕掛けだったわけで、商いの薄い時間にヤラレタわけです。
恐らく、その後にドテン買いでダブルの利益でしょう。


強調介入後は上へも下へも行きづらい状況でボラがないのでトレードはしません。

ブレークしたところを狙いますが、ユーロは上を目指すチャートになってます。

一旦押し目を作るでしょうから、そこを買います!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ついに来たって感じですね!
でもこういうときに仕事で為替相場を見れないのでどうしようもない。

ドル/円は東京市場の朝方に、82円87銭まで円高が進んでいましたが、
野田財務相が為替介入を実施したことを発表し、ドルは急速に反発。
ドルは現在85円20銭、ユーロは110円62戦まで円安へ動いています。


★日本でのFXの歴史はまだ10年。先進国と言えば、やはり先物取引で格段の進化を遂げたアメリカである。日本で語られるFXの手法や理論は、株式投資から発展したものが多く、彼らに言わせれば「通用しない」という。




介入の規模については明らかにしなかったが、2,000億円~3,000億円の円売り・ドル買いとの見方がされてます。

テクニカルにみると、ドルのチャネルの上限は現在84円72銭であり、
85円00銭を超えればドルの強気相場が再開する可能性が高く、本日ニューヨークの終値が85円を超えられるかどうかによって明日からの方向が伺えると思っています。

ここを突破すれば7月下旬の高値88円11銭を目指す可能性が高く、
失敗に終われば、今後数日中に再び安値を探る展開となる可能性が高いでしょうね!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日は戻るかと思われてたユーロだが、今日は再び売られる展開。
シュタルクECB理事が「ドイツの銀行はさらに資本が必要」と発言したことが切っ掛け。
一時対ドルで1.2663ドル、対円で106円を割り込みッ昨日の安値に迫る勢い。

また、ドイツのメルケル首相が、「周辺諸国はドイツが資金を拠出している支援枠にあまり長い間依存すべきではない」と発言していることもドイツの事情を表していると見られてるようです。
ドイツは財政難の周辺諸国に対し、さらに厳しい財政再編措置を講じるよう求めていますしね!


ドイツだけじゃないんですね。
スペインでは、景気の二番底に陥りつつある兆しがみられるし、
ギリシャは税収が減少したことを発表してるし、アイルランドは銀行危機に直面してます。

どれをとっても、ユーロ圏諸国はデフレの真っ只中でユーロ安の要因しか見あたらないようですね!


こんな時もストレスなく淡々とトレードしてくれる、システムトレードは魅力だね!

★外国為替投資で実現するスマート&スピーディーな「経済的自立」のすすめ。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は朝から急激に円高に向かいました。

欧州のストレステストで一部銀行がリスク度の高い国債保有高を過小申告していた恐れがあるという事がウォール・ストリート・ジャーナルに記載されたためです。

投資家はユーロを売って、安全通貨のドル、円、スイスフランに向かったってことです。

ドルは、オバマ米大統領が雇用創出に向け500億ドルのインフラ整備計画を発表したことも下支えとなっているようだ。

ユーロ安にやや行き過ぎの感があるため、米国市場の取引が始まるまでに幾分調整するかと思われたが、その後も一方的にユーロは下落してますね。



今日は朝の初動を逃したため少ししかとれてません。

戻りらしい戻りもないので、エントリーのタイミングが無い。

現在のユーロは 106.39円
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日の為替相場はどれも小動きですね!
ユーロ/円は昨夜からほとんど動かないけど、今日はこんな感じでしょう!
ユーロはドルに対しも足踏み状態が続くでしょうね。

日本時の21時30分にアメリカの8月の雇用統計が発表されるからその様子見です。
でもね、結局そのときだけの激しい動きで終わる事がおおいんで、
それほど気にすることかと思うけど、世界中のトレーダーが気にかけてるからしょうがない。

★先進国と言えば、やはり先物取引で格段の進化を遂げたアメリカである。日本で語られるFXの手法や理論は、株式投資から発展したものが多く、彼らに言わせれば「通用しない」という。





ダウ・ジョーンズ経済通信がエコノミストを対象に実施した調査では、
非農業部門就労者数は8月も同11万人減少すると予想されているようです。
失業率は、7月の9.5%から9.6%へ小幅上昇するとみられています。


問題は結果の数字じゃなく、予想とどれだけ離れているかってことなので、今回はサプライズは無いかと思ってます。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
このところ、ユーロはボックス圏内の動きですが、上へ行くにも下へ行くにも材料不足といったところでしょうか?

今日のストレステストの結果次第で、今後の方向性が決まる可能性は大きいですね!


ストレステストは91行を対象に行われましたが、その中でもスペインの貯蓄銀行とドイツの州立銀行が焦点になると思いますけど、その発表の時間が決まってない様で、いろいろと報道されていてあてにならない状況です。

また、事前に情報は漏れているとも言われてますので、すでにその方向へ向かってるのかも知れませんね!



今日はストレステストの他にもドイツのIFO景気動向やイギリスの2010年第2四半期GDP(国内総生産)速報値など重要な経済指標が発表されました。


内容が良かったため、ユーロとポンドは発表直後からすでに上昇してます。


今日のユーロ円の動きは判らないし、ストレステストの発表も日本時間の25:00かその前後だと思うので、あてにならないもんを待っておくより、全て処分して早めに寝ます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
まあーしかし、やっときましたね。
この連休中にユーロはずいぶんと下げましたが、とくには今日はこれでもかというくらい下げて、下値のメドがないくらい。
こういうときに大きく取れないと勝つのは難しいですが、思うようには取れてません。


今日は、ギリシャの債務危機がスペインやポルトガルなどの国々に広がるのではないかとの投資家の懸念をめぐり、欧州はその払しょくに努めているものの、そうした努力の効果を削ぐような出来事が相次いでユーロの下げが加速しました。


みんなのFX



アテネでは5日、デモ隊と政府の間で火炎瓶や催涙ガスの応酬が起き、改革反対の抗議は暴動に発展した。反対派による銀行への火炎瓶攻撃で3人の死者が出たそうです。
この日の暴動は、大規模なゼネラルストライキでギリシャが麻痺(まひ)状態に陥っている最中でした。


また、ドイツの憲法学者およびシニアエコノミストのグループが、7日にドイツ最高裁にギリシャ支援策に対するドイツの224億ユーロ拠出の差し止めを求める憲法訴訟を起こすと発表。
今後記者会見が開かれる予定らしいけど、訴状によれば、原告は支援策はドイツ法およびEU法に違反していると訴えているそうです。

ドイツ議会で5日に支援の詳細をめぐり再び意見が割れるなど、ドイツがギリシャ支援の合意内容に反対していることで、金融市場では、計画はうまく進まず、ギリシャはデフォルト(債務不履行)に陥り、大規模な債務再編を強いられるのではないかとの懸念が高まっているようです。

更には、格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスがポルトガルを格下げ方向で見直すと発表し、すでに存在する悪材料に追い打ちを掛けました。

こうした出来事が重なったことで、ユーロは1.2800ドルに迫り、12カ月ぶりの安値を更新するとともに、欧州の各債券市場ではドイツとギリシャのデフォルトスワップが再び拡大しましたね。


でも実際にデフォルトとなる事があるんでしょうかね?



みんなのFX






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ユーロが主要通貨の大半に対して前日の水準を上回っている。
本日発表されたユーロ圏1月の鉱工業生産指数が市場予想を上回る伸びを示したことや、欧州連合(EU)が財政難に陥ったギリシャの金融支援に向けて取り組みを進めているとの観測が背景とみられる。
ユーロは、11日終盤につけていた1.3679ドルおよび123円86銭に対し、現在は1.3766ドルおよび124円54銭前後で取引されている。
ドルは、90円47銭近辺で推移している。


12日の欧州外国為替市場でユーロドルは高値圏でもみ合い。
22時時点では1.3769-74ドルと20時時点(1.3773ドル)とほぼ同水準だった。強い1月ユーロ圏鉱工業生産や株高、商品相場高を支えに19時30分過ぎには1.3796ドルの高値をつけた。
ただ、心理的節目の1.3800ドルに接近した場面では上値が重かったほか、22時30分発表の2月米小売売上高を前に積極的な取引は手控えられ、1.37ドル台後半でのもみ合いが続いた。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。