ベーシスト 西本圭介 オフィシャルブログ...

広島のライブハウス オクトパスのオーナーであり、名古屋スクールオブミュージック専門学校の教務部長も務めるロックベーシスト





ベースレッスンは難しい契約など無しで即日スタートできます。


開校日はここをクリックしてホームページの開校日カレンダーで確認の上でお申込みください。




テーマ:

先日は上白石萌音 LIVE TOUR 2017「AND…」のバンドディレクションとツアーマネジャーとして参加してきました。

 

上白石 萌音(かみしらいし もね)

現在TBS 日曜劇場「陸王」にて宮沢 茜 役で出演中。
また第十一回 声優アワード 主演女優賞 映画『君の名は。』で受賞もされています。

 

 

ライブの詳細は以下リンクでチェック頂くと幸いです。

http://www.nsm.ac.jp/contents/blogs/2017/11/05/7710

http://www.nsm.ac.jp/contents/blogs/2017/11/11/7929

 

 

 

さて、本日の表題の[バンドアンサンブルレッスン募集とその経緯について]ですが、

御存知の通り近年自分の演奏活動は減らしていますが、指導や業界とのパイプ役としての需要は年々増えてきています。

 

その背景としてバンドのレベル低下現象では無いかと思います。

またはバンドがいない現象ともいいますが。

 

これは世界的なことで、日本に限ったことではなく、先日いったロサンゼルスでも多くのミュージシャンが語っていました。


 

この背景にあるのは、コミュニティやカルチャーとしてバンド・コーチングシステムがなかなか確立していないことがあげられます。

 

スポーツ業界では、僕の娘は地域のサッカーチームに入っていましたが、当然アマチュアでもトレーナーやコーチという存在がいます。監督は当然のことですよね。

 

サッカーや野球をやっているアマチュアが全員プロを目指しているとは思いませんが、スポーツを楽しく、そして安全に遂行するためにもコーチやトレーナーの存在は必要です。

 

image
写真はイメージです。

 

さて、バンド業界はどうでしょうか?

高校には軽音楽部がありますが、僕自身は普通の人達よりも軽音部や高校生と関わることが多いのですが、その経験からもクラブ活動といっても、明確なコーチやトレーナーがいないことが大半です。

先輩が後輩に伝えるという方法のコーチングはありますが、これまでの経験でその高校だけの異質な文化が継承されていることも多く、びっくりすることもよくあります。

 

ですので、一般的にみてバンドアンサンブルを指導してもらった経験者というと、音楽学校の学生か、一部のプロに指導をしてもらえたラッキーなアマチュアに限られると思います。

 

僕はプライベート・ベースレッスンで多くの学生を見ていますが、ベース以外の質問のトップは↓

 

  1. 練習スタジオでドラムやギターが爆音すぎるのですが、それはどうなんですか?
  2. アンサンブルにおける音作りがわかりません。エフェクターを沢山繋がないとダメなんですか?
  3. バンドで最初に取り込むべき曲がわかりません。
  4. スタジオでの練習方法がわかりません。
こういった内容がめちゃくちゃ多いです。
 
パート別の個人レッスンを受けている方は世の中でも多いのでしょうが、バンド全体で指導される経験が無い方は非常に多いでしょう。
 
冷静に考えてみると初心者が集まって音を出してアンサンブルとして完成させるのに、初心者がどうやってやるのだろう?
 
自分の経験を振り返っても、高校生時代の練習スタジオってめちゃくちゃだったと思います。
 
買ったエフェクターを嬉しくてただ鳴らしてみたいだけだったり、大抵はドラマー君の練習時間です。
「いまのフィルのこともっ一回やらせて」ドラマーがまぐれで出来るか出来ないかにお付き合い。
そういうことは個人練習でメトロノームとやっておいて欲しいなと、今の自分なら思います。
 
あとは自分もストレス発散的な意味合いが多かったスタジオ練習.....。
 
音量は爆音でボーカルは全く聞こえない。
スタジオの店員に、聞こえないのはそんなもんだよと言われ、都市伝説のごとく練習スタジオはボーカルが聞こえないもんだと擦り込まれる。
 
そして、大半のボーカリストは声を潰すか、音量合戦に勝ち残ったものだけが、強力なロックボーカリストとして生き残るような世界。
 
その時代なりに良いこともあったんですけど、今思えばちゃんと指導してくれる人と出会って、アンサンブルを習っていたら自分が飛躍できる可能性はまだまだあったのかもしれません......。
 

写真はイメージです。
 
今、業界ではバンド系アーティストが絶滅状態だと言われています。
それはそうでしょう。
高校生がコピーしているのは殆ど同じ最近の数組の国産バンドばかり。
楽曲は同期演奏(コンピュータで作ったテクノサウンドとかを合わしている)がバリバリで成り立っているのを必死に生演奏でやっている子供達。
 
いやいや、プロの本人たちも同期演奏なかったら、演奏成立していないよ〜。
というような楽曲に必死に取り組んでいる....。
 
今の時代に若い子たちが好きなタイプのバンドの曲は殆どがレコーディングマジックで成り立っているものも多く、シンプルなバンド構成の楽曲はあまりありません。
こんなバンド世代の子供達からは、なかなか良いバンドも出てこなくなっているようです。
 
そこで、募集を強化したいのが、
バンドアンサンブルレッスンです。
 
これは初心者バンドに限ったことではなくて、リターン組のオヤジバンドも意外と必要なレッスンだと思います。
 
バンドマンなので、コダワリが強かったり、我が強いのはある意味では良いことなんですが、アマチュアの練習方法とプロの練習方法って全く違うのです。
 
当然、プロはステージでお金を頂くために演っている練習とかリハーサルなので、当然といえば当然ですし、アマチュアはスタジオで あーでもない、こーでもないと、言い合ったり、話ししたり、寄り道することが趣味の醍醐味でもありますから、全ては否定できません。
 
ただ、ステージで良いパフォーマンスを提供するには、プロもアマも関係なく、お客様に聞いていただいて失礼の無い状態の最低ラインのマナーがあります。
 
レッスンでは、まずこの最低ラインをまずは教えることをしていきたいと思っています。
 
最低ラインとは何かというと
  • チューニング (音作りや楽器のオクターブ調整、スネアのピッチ、PAのEQなども含む) 
  • BPM(リズム)を揃える。
  • チューニングと同意語ではあるが、ボーカルのピッチやキー選定。
  • 各自のモニター環境(アンプの音量やドラムの音量、PA音量)
  • 出演するステージ規模をシミュレーションしたリハーサル
  • ライブの初めから終わりまでのストーリー設定、曲の繋ぎ方(MC)
  • 選曲
大まかにこのようなことをディレクションしていきます。
 
初心者の場合はやりたい楽曲に挑むために前段階でやっておきたいカバー曲を指定する。
これは、各自のスキルの平準化を目的として取り組みます。
 
image
 
プロ意識のある、経験値のあるライブバンドに対しては、オーディションやメジャーへの売り込みに対して、最低ラインが超えられているかを確認後に戦略的なことも加味して、不安要素を潰しておくディレクション。
 
これは、闇雲にライブをして数年で消滅するライブバンドに対しての、次のステップに進むための指導。
 
プロデュースとまではいかないまでも、契約すると恐らく指摘されるであろう、個別のスキル診断や演奏力向上のコーチング。
 
言葉では全てを説明しきれませんが、これまで僕の前を通過してきた数々のプロを目指したバンドマン達。
 
ライブハウスを経営している面でも、多くの気合の入ったバンドマン達が夢半ばで諦めてしまう光景を目にしました。
 
それには運ももちろん関係していますし、僕がヒットするかどうかを予見出来る占い師ではないので、そんな大風呂敷を広げることはありません。
 
ただ、明らかにバンドとして息が続かなかった方達に共通する部分は明確にわかっています。
 

このバンドアンサンブルレッスンでは前記したようにプロデュース業務ではないので、営業面、プロモーション面でのレッスンではありません。

 

まあっそこは必要であれば情報は出していきますが....。

 

レッスンでは特にアンサンブルとして商品になりえるのかというラインを教えていき、業界に入ったときに最低ラインはクリアされている状態を目指したいと思います。

 

image

 

ロックの世界は特にアンチの精神があることはよくわかっていますし、習うという行為自体がダサいという風潮もあるでしょう。

ロックを習うということに対してのアンチテーゼはわかります。

 

ただ、ボクサーや格闘家というアンチの究極にいるような人達もコーチについてトレーニングをしています。

 

何故かというと天下を取りたいからでしょう。

 

その為には自分を客観的に見てくれる人、自分の弱さに対して穴を叩く人が必要だと思っているからでしょう。

 

バンドも格闘家やスポーツ選手と同じくビッグビジネスになる商売です。

 

そうであれば指摘や助言を煙たがっていては勝負の世界で勝つ確立が上がるのか......。それはなかなか難しいでしょう。

 

僕が恐らく、ここから後進のバンド育成に全力を発揮出来る時間なんて後10年ちょっとしかありません。

 

だから、この時期に本気のバンドがいたら、初心者でもオヤジバンドでもプロ志向でも問わないので、しっかりとノウハウを伝授して次につなげたい。

先日、教え子が若くして早逝されました。

大きな夢を抱いていたのに、その夢はあっけなく終わりました。

 

僕はその子のためにも、生きている間に沢山の情報を伝えていきかなければいけないのだと思いました。

 

僕の頭の中の情報をおいて死ぬことは出来ません。

 

ただ、ノウハウや情報は伝えていくことが出来ます。そして、またそれが伝承されていく。

 

あまり重い意味合いで募集するわけではありませんので、暗い話はここまでにしましょう。

 

はじめは軽い気分でよいし、単発レッスンも大歓迎なので、ぜひ声を掛けて欲しいです。

 

また本気で勝負したいバンドとも一緒に夢を目指したいと思います。長期間の継続であれば、値段も調整可能です。

 

気になったらお問い合わせください。

 

★レッスン料は基本設定として

 

2時間の指導 9,000円
3時間の指導 12,000円
4時間の指導 15,000円

 

これに+スタジオレンタル料(現場までの公共交通機関料金)を別途頂きます。

ライブハウス オクトパスを指定頂いた場合はスタジオ料金のみで移動経費は頂きません。※名古屋栄周辺も同様

 

お問合わせはここをClick

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。