【マザーズコーチングスクール】大船&本郷台にて開講します!!(5月27日・6月3日)
  • 26 Apr
    • 『コーチング』とそのパワーを実感したお話

      コーチングなるものに出会ったのは、かれこれ10年前。思いきり好きなことに出会いたい楽しく仕事をしたいと思って探す情報の海のなかにコーチングがある、というのは認識していました。でも、残念ながら、そのまま時間は過ぎていきました。その後、子どもが生まれて、コーチング×育児をテーマにした本を読んだり、質問力とか傾聴力とか、本で勉強してみたり、そんなゆるーい感じで歩んできて、2016年7月一対一のコーチングというものを、生まれて初めて受けました。1回目は、いろんな話を聞いてもらって、頭が整理された感じ。でも、そんなに衝撃的なことはなかった。2回目、3回目と進めていくうちに、なんか、頭の中が、妙なプライドや、あるべき論で凝り固まっていたのを感じてきました。雨が降って、地固まるの、固まる前、みたいなイメージ。地面がユルユルになった感じになって。自分の軸を持ちたい!自分がやりたいことをして生きていきたい!と強く思って、2016年12月「自分軸を見つける」ためのコーチング専門の方にお願いして、全部で6回のセッションを受けました。正直、一回一回のコーチングセッション自体は、特になにかスゴい、と言うわけではなかったんですけれど、じわりじわり効いてたんでしょう、少しずつ、やってみようかな、と思うことを実際に行動に移してみたら、次の気付きが得られて、また何か違うことをしてみたら、仲間が増えて、新たな視点や気付きが増えて、だんだん、見える世界が変わってきて本で読んでたことや、回りの尊敬する人たちが言ってることが、実感として正しいとわかってきました。自分にとって、何が大切なのかも。自分にとって大切なことが明確だと、自然と行動できたんです。今まで、「目立ちたくないから」と思ってやらなかったチラシを自然と作れたり、「しつこいのは嫌だから」としてなかったけれど、何度でもブログでイベントを紹介したり、行動が変わりました。そしたら、別のことが見えてきました。目立ちたくない、しつこいのが嫌なんじゃなくて、「自分の提供できる価値に自信がなかった」が、私の本当の壁でした。この奥に、まだ何か見えてくるかも知れませんけどね。コーチングのパワーってこれかぁって思う出来事のご紹介でした。⬛母親という役割の前に、自分にとって大切なことを見つめる⬛子育ての文脈で、その大切なことが何を意味するのかを考えるそのお手伝いをするための場として「マザーズコーチングスクール」を開講しています。必ず、あなたの素敵なところを見つけますよ

      NEW!

      テーマ:
  • 24 Apr
    • イライラを定期的にデトックス

      週末に、★ママと子どもの幸せコミュニケーション大船の親子カフェ、ことろんで開催しました。今回は、もともとキャンセル待ちが出る状態だったのですが、いろいろな入れ替わりやキャンセルがあったり、子どもの数が少なかったりで、結果、まったりじっくりな時間がとれました参加者の思いも聞けたり、ママさん同士で参考にしてもらえることがあったみたいで、一対一のコーチングとは違う、グループだからこその相乗効果を感じられる、素敵な時間になって良かったです🎵ママって、それぞれ与えられた環境は全く違いますが、共通しているのは、ほんとみんな毎日毎日、一生懸命頑張っていること。回りにできるだけいいことをしてあげたいイライラしてしまうけど、ほんとは笑顔でいたいと強く想っていること。こんな素敵な心を持ったママさんたちが、定期的に心をデトックスして、自分は頑張ってるなって、少しでも褒めてあげられるような場を作っていきたいなと、心から思いました。参加してくださった皆さん、ありがとうございました🎵また来てね~😊

      1
      テーマ:
  • 23 Apr
    • 四歳児を相手にコーチング?

      面白い出来事がありました娘ちゃんが、小さい子に優しくできてたと保育園の先生が教えてくれたので、優しくできたんだって??と聞いてみると。娘「うーん、あんまり。」え?(笑)面白いから掘ってみよう!母「ほんとは、もっと優しくできるの?」娘「うん」母「そうなんだ?すごいねぇ🎵何はできてるの?」娘「遊んであげたりはできる。」母「遊んであげられたんだ✨あとは何ができるといいなーと思うの?」娘「うーん、おもちゃ貸してあげるとか。」母「そうかー。おもちゃ貸してあげるのは難しいの?」娘「うん、時々は貸してあげられるけど。」母「どんなときは貸してあげられるの?」娘「うーん、絵本読みたいときとか」母「じゃあ今度貸してあげられたら、そのお話聞かせてね~😊」大人相手とはもちろん違うけど、十分共通点を感じられると一人ものすごい楽しめた出来事でした✨⬛何はできてる?⬛できてるときは、どんなとき?この2つは、大人にとってはとてもパワフルな質問ですが、子どもには、正直、どこまで効果があるのか、私にはわかりません。でも、マザーズコーチングで教わった『その場で答えは出なくてもいい。質問は、頭に残ってつい考えてしまうものだから。』これは、たぶんそうなんだと思う。自分の行動に、自信を与えてくれるような、そんな嬉しい教えになっています。マザーズコーチングスクール@大船&本郷台会場は子どものために広いですが、少人数制です

      テーマ:
  • 22 Apr
    • 教室の先生、働くママの応援団長になります!

      保育園ママたちの数人レベルの集まりから、友達を誘いあってプチセミナーをやるような集まりまで、いろいろありますが。とうとう、自分で作ったグループ以外にお邪魔できることになりました。自分で体験して、人を紹介してくれる、自分のコミュニティに招いてくれるって、サービスへの満足感や、私という人間を「紹介しても大丈夫」って思ってくれたんだなって伝わってきて本当に嬉しくて、心から感謝です。ママの笑顔を応援したい!働くママがもっと楽しく、もっと輝けるように!こんな思いでいっぱいなので、ママコミュニティに呼んでもらえるようになるなんて、ほんとに素敵✨これからは、育休中のママが多いお教室とのコラボ、とか働くママの活躍を応援したい会社のお手伝い に思いきり力を入れていきますよ。ワークショップの企画運営に長く携わっているので、どんな結果を出すために今どんな種類のコンテンツがハマりなのか相談したい。こんな課題があるんだけど、第三者的な視点からの意見がほしい。そんな場合にお役に立てるかもしれません。いつでも声をかけてみてください。今後どんな展開にするかを考えたい。いろいろやりたいことはあるけど、何から始めたいのかわからない。そんな思いも、全力で応援します!!四歳児のママとして子育て、家事、仕事を掛け持つ、日々の戦い外国語やコーチング、非言語など、各種コミュニケーション関連の体験と知識いろんなくせ者たちと共存してきたサバイバル能力を駆使して提案できることを一生懸命考えます。一生懸命頑張ってる姿を見るのが大好きなので、私のこと応援して!っていう方、お気軽に連絡してみてくださいね。コンタクトから、メッセージください❗マザーズコーチングスクール@大船&本郷台少人数制でじっくりやります🎵

      テーマ:
    • 【マザーズコーチングスクール】開講!!

        とうとう準備が整いました!! マザーズコーチングスクール@本郷台&大船 ✳ご要望に応じた開催も可能です   追記: 大船開催も入れました!     『子育ては、非効率な時間を、いかにこどもと一緒に楽しむことができるかにかかっている。』     そう言われると、最初は難しそうに感じられるかもしれませんが、 ポイントさえ押さえれば、とても簡単で、子どもの反応もいいので、 ストレスがスーッと引いていく感覚を味わえると思います。     日々忙しさに追われながら育児をしている。 大切なポイントを押さえておきたい!!という、 ワーキングマザーの方に、特にお勧めです。     ママがしっかりと自分を見つめられてこそ、得られるこの体験。 どうぞ楽しみにきてください。     大船駅そば、親子カフェことろんと 本郷台駅そば、あーすぷらざの「保育室」での開催ですので、 お子様と一緒にご参加いただけます。 (現状、見守りはつきません。有料になりますがご希望は考慮しますのでご相談ください)     5月27日(土)大船親子カフェことろん ベーシック 10:00ー12:00   6月3日(土)本郷台あーすぷらざの「保育室」 ベーシック 10:00ー12:00 アドバンス 13:00ー15:00(ベーシック受講者のみ)     プログラムの詳細はこちらから。  一日に両方受けていただくこともできますし、分けていただいてもかまいません。     フルタイム勤務で独り育児をする母が、 毎日子どもと笑顔で過ごすために実践している、すぐに使えるヒントが満載です🎵   子どものエネルギーを上手に引き出せるママに、あなたもなれますよ❤ ご予約は、こちらからどうぞ。     初開講の今回は、私の個別コーチングを受けられる権利を含む、 いろいろな特典を考えています!   興味があるけど日程が合わないという方は、同フォームからお問い合わせくださいね。 (二人以上でしたら、ご自宅に伺うことも可能です)

      2
      テーマ:
  • 21 Apr
    • ⚪⚪しなさい!ではなく、ジワジワ効いてくる言い方

      子どもって、「⚪⚪しなさい!」じゃ大体動かなくないですか?そもそも言わない?言わないで済んでいる方は、この記事読まないで大丈夫です、きっと。私は大体、時間がなくなると、こういう伝え方をしてしまいます。でも動かないから、イライラする…みたいな。こういうときにパワフルなのが、質問の形にすること。次は何するの?⚪⚪と△△、どっちが先?とかね。質問のパワーは、実感として知っていたんですが、結果がわかりやすく見えないときでも、実は効いているらしいです。わかりやすく動いてくれないときでも、ちゃんと脳には届いていて、脳は、「質問」が入ってくると、無意識に、ぐるぐる考えてしまうようにできてるんですって。だから、すぐ目の前の結果に惑わされずに、「頭に質問をインストールする」だけで十分。マザーズコーチングスクールの内容、なかなか頭に残ってるなぁ…マザーズコーチングスクール@大船、本郷台でお待ちしてます

      テーマ:
  • 19 Apr
    • 『子どもはお手伝いが大好き』を活用しちゃおう

      今日は、珍しく寝坊しました💦当然ながら、出かける時間までに間に合わない!!な事態に。でも、大丈夫。うちの娘ちゃん、お手伝いマインド発揮して、自分のことは自分でやるよ!とがんばってくれちゃいました🎵『適当かーさんの薦め』じゃないですが、普段から、「ママは完璧じゃない」と認識してくれていると、いいことたくさんあります。私、職業柄、すごいメモ魔なんです。逆に言うと、メモに入ってないと、ストーンと抜ける。プライベートのお買い物リストなんて、なけりゃないで困らないので、全然気合いが入らなくて、ひどい出来。「あ、また玉子買い忘れた。」とか、しょっちゅう言ってます。すると、救世主が出てくるんですねー。「ママ、玉子買った?」とスーパーで言ってくれる娘ちゃんの頼もしいこと💕自分ができないこと、やりたくないことで、相手が得意なら、相手が、偶然やってくれたときに、しっかり感謝して、とっても助かったことを伝えてみましょう。特に小さい子は、ママに助かったって言われたら、とっても嬉しいから、喜んでまたやってくれますよ。これ、心理学で「行動の強化」って言うんです。自分がやって、感謝されたり褒められたりすると、またやろうかな、という気になる。『苦手を克服する』志向は、必須なこともあるし、とても大切なのですが、子育ての文脈では、『苦手を認めて、助けてもらう』ってどうでしょう?子どもが小さいうちは、「自分で!!」という我が子を、じっくり待ってあげられなかったり、まだ「ちゃんと」できなかったり、やってもすごく時間がかかってしまうから、自分でやってしまったり、しますよね。小さい頃から、意識して家事に巻き込んで行くと、割とスムーズに「お手伝いできる」子になります。特に女の子はお世話好きですからねー。最初はちょっと覚悟を決めて。さっさと済ませたい「家事の時間」にやると、自分でやりたくなっちゃうので、「遊んであげる時間」に、家事を手伝ってもらう練習を遊び感覚でやってみるってどうでしょう?⬛洗濯物を一緒にたたむ時間。(ほぼ、布の触感を楽しむ時間)⬛ご飯を一緒に作る時間。(ほぼ、つまみ食いの時間)⬛食器を一緒に洗う時間。(ほぼ、水遊びの時間)最初はできなくて当たり前。さて、何が起こるかな~?マザーズコーチングスクール、大船&本郷台で開講します!

      1
      テーマ:
    • 保育園に感謝したいこと

      うちの娘ちゃんは、一歳になってすぐ、保育園に入ったので、純粋培養?の保育園児です。保育園に感謝したいことというと、安心して仕事ができること以外にも、いろいろあります。お友だち同士での遊び方や、小さい子には優しくしないとという発想を、自然に吸収したことお友だちに競争意識を持っていろいろなことに取り組むので、何かと上達が早いこと箸の使い方を遊び感覚で練習させてくれたり、線を書く練習をして、文字への興味を育んでくれたことクレヨンを初め、ワミーとかラキューとか、母は想像力が足りなくて楽しめない遊びを、存分に楽しめるようにしてくれたこといくらでもあるんですが、感謝してもし足りないくらい感謝してるのは、『子どもは汚してなんぼ』という覚悟を決めさせてくれたところです。入園したばかりのまだ歩けない娘は、公園に行くと、当然、土の上をハイハイしてました。ズボンの膝も、靴の甲も、あっという間にボロボロ。お砂場にドシッと座って、じっくりお砂遊びもよくしてたみたいです。子育て、全くの初めてなので、そんなことさせちゃうんだ???と驚きつつ、感動に近い思いを抱いたのを、よく覚えています。少し大きくなると、泥遊びや絵の具遊び。自分で水を混ぜてドロドロを作ったり、絵の具で体をカラーリングしてみたり。最近の遠足では、ただの公園の草の生い茂った所で探検?崖をよじ登って、ぼーぼー茂った草をかき分けて、仕上げに坂をお尻でズルズル滑る、など。どれもこれも、自分だったら止めてしまうようなことばかり。でも、育児本を読んでいると、こういうひとつひとつの遊びが、成長の過程にバッチリ沿っていることがわかり、やっぱり、子どもの成長過程のことは、プロの保育園の先生だなぁ、と思いました。と同時に、知らないと、積極的にはさせてあげられないし、というか、そもそも発想すらしないし、下手したら、汚れるから止めて~とかブレーキかけてしまいそうなので、子どもがどんな成長過程にいて、どんなことをして学ぶ時期なのか、どう働きかけると、その学びが促進されるのかそういうことを簡単にでいいから理解しておくって、とても重要だな、と思いました。頭ではわかっていても、なかなか現実難しいそんなことも多いので。ママは自分と向き合って、どこまでは最低限させてあげたくて、自分に余裕がある時は、ちょっとがんばってこのくらいまでさせてあげたいなというイメージを、事前に作っておくのもお勧めです🎵真っ白な新しいTシャツを着て、ミートソース食べることになったらどうするか?(エプロンない前提で) とか雨上がりの公園、水溜まりで楽しそうに遊んでる子がいる。でも長靴はかせてないし、泥が付いたら洗っても落ちなさそうな淡い色のズボンはいてる。さてどうする? とかね。イメージのないことは、普通できないので。二度とない子どもの幼少期を、仲間と励まし合って味わい尽くしましょう~マザーズコーチングスクール、開講します!!

      3
      テーマ:
  • 18 Apr
    • 子どもの言葉の吸収力は、まるで乾いたスポンジ

      私、もともと外国語学部の出身で、子どもの言語習得とか、バイリンガルの子どもの成長過程とか、学ぶのが大好きでした。自分の子どもができてからというもの、その過程を目の当たりにして、ほんとに面白い。と同時に、驚愕、のレベルで傍観しています。というのも、音だけで覚えられることが多いこと!!小さい頃から、英語は聞かせていました。完全英語生活!とかストイックなことはしてませんが、それでも3歳を過ぎた頃から、何となく知ってることをちょっと得意気に言ってみる発音いいねーとか言われて得意になるを繰り返すという状態です。ついでに、スペイン語の歌も聞かせてます。特にチャンツっぽいものはスペイン語らしさも手伝って面白いので、聞きやすいかなと思って。そしたら。ついに歌い出しましたよ。Three little monkeys jumping on the bedのあとにUn mono chico en la cama saltoん??思わず二度見したら、THE どや顔。すごいすごい。でも同時に恐ろしい。自分があまり考えずに口に出してることを、この勢いで吸収してるんですよ。しかも、意味のわからない外国語じゃないので、もっとすんなりと。口癖みたいに言ってることなんて、もう洗脳のレベルですよね。ほんとに、親がどういうコミュニケーションを取るのかって、その子の思考パターンのベースを作る大切なピース。あなたはどんなコミュニケーションをとっていますか?ママが自分のコミュニケーションを見つめ直す『マザーズコーチングスクール』開講します!

      1
      テーマ:
  • 17 Apr
    • コミュニケーション力は、『まずやってみる』力なのかもしれない

      0-6歳の子どもの言語習得過程を見ていると、本当に面白い。何よりも、耳がいい。意味がわからなくても、そのまま覚えて発語できる。どんな状況で使われた言葉なのかを繰り返し記憶の中にためていくので、その言葉を自然に発することができるようになる頃には、ほぼ使い方を間違わずに、絶妙な文脈の中で使ってくる。これが、母国語はもちろん、外国語でも同じようにできる。モノリンガルの子どもと、バイリンガルの子どもでは、脳の使い方が違うので、ある瞬間を捕らえて、比較したら当然違いはあるのだけれど、ほとんどが後天的なもの。子どもは、間違うのが怖くないというか、言語習得期の子は、ほとんど間違わない、のかもしれない。小学生くらいになると、この言語習得黄金期を過ぎ、自分の知らない言葉を習うときには、ある程度、説明があった方が効率的になってくる。当然、間違えながら覚えていくので、恥ずかしさも出てきたり、頭がいいとか悪いとか、物覚えがいいとか悪いとか、そんな人の目も関係するようになってきます。でも好奇心には素直なので、使ってみるハードルはそんなに高くない。大人になると、説明をしたときの理解度はぐぐっと上がるのですが、発音に自信がないとか、間違えたら恥ずかしいとか、そういう感覚も半端ないので、なかなか上達するのが難しくなっちゃうんですよね。逆に言えば、大人で外国語覚えられた人は、敢えて失敗しに行っている。相手の言ってること、さっぱりわからなかったり、一生懸命伝えてることを全然わかってもらえなかったりしても、くじけない。外国語だとわかりやすいですが、コミュニケーション力はほかにもあります。相手の話を聞く力、相手をまるっと理解する力、自分の思いを相手にわかるように伝える力などなど。0-6歳の子どもは、周りのコミュニケーションをそのままコピーします。親ができてることは、すぐにできるようになるし、できてないことは、知らない。批判的な視点もない。そのまま鵜呑みにする。小学生くらいになると、理屈も使いながら、他の大人も見ながら、割と素直に、やってみる、良さを実感する、繰り返しやるようになるというプロセスを通じて、体験からも学んでいきます。大人になると、⚪⚪するといいよ、といわれてもなかなかやってみることができない。ひどいケースだと、斜に構えてやってみて、ちょっとうまく行かないと、やっぱりダメじゃない?と守りに入る、とかね。結果、上達しない。なんで突然こんなことを書いたかというと、コミュニケーション大好き仲間と、会う機会があって、こんな話になりまして。そこにいた人たちはみんな、先生とかコーチとか、周りの人たちの成長を手助けしたい強いパワーを持っていて、実験大好き、まずはやってみる人たちだらけだなぁとその時、ふかーく実感したからなんです。コミュニケーション力が高いと、いろんな思考パターンを認知できて、自分の思考パターンも広がりがでてくる。我が子が自然にそうなれたらいいな、そう考えて挑戦する頑張りやさんのママさんたちが、子どもに真似してほしいコミュニケーションを意識して実践できるようになる私は、そんなお手伝いをしていきます。やっと準備が整った『マザーズコーチングスクール』@本郷台でお待ちしてます🎵子どもが幸せになれる種まき、まずはやってみましょう!

      テーマ:
    • ★ママと子どものしあわせコミュニケーション@大船★

      お茶会ワークショップを開催します!(満席御礼 5月は少し本格的に学べる『マザーズコーチングスクール』を本郷台のあーすぷらざで開催します➡ご案内はこちらです) ====================子どもはかわいいけど、イライラを運んでくる名人====================・朝起きては、眠くてグズグズ・ご機嫌に遊びすぎて、お出かけの準備ができない・歯磨きは嫌、お着替えも嫌・気に入らないことに文句たらたら・おなかが空いて、ギャー・眠くなっても、ギャー子どもは、多くの幸せを運んでくれる天使ちゃんではありますが。同時に、ママのイライラを作りだす名人でもあります。===============0~6歳の子育ては、ココロ育て===============イライラが多い、6歳までのこの時期に、子どもの脳の9割が完成するといわれています。がんばる力、我慢する力、人に優しくできる力のベースは、この時期に完成するということ。また、最近の研究結果ですが、ママがストレスを与えられた状態でも、愛情を持って接することができるか、それとも、イライラして怒ってしまうかによって、子どもの脳の「海馬」の発達に2倍もの差が生まれるんだそうです。海馬は新しいことを学ぶときに、まず知識を取り込む働きをする器官ですから、その差が2倍ということは・・・恐ろしい未来が見えそうですね。ママからみたら、イライラすること満載のこの時期ですが、イライラ・ストレスを上手にコントロールして、子どもに愛情深く接することができるかどうかはその後の成長にとって、かなり重要なことなのです。===============ママも人間===============ストレスをコントロールして、心穏やかに子どもに接しろ、といわれても、簡単にできるものではありません。私はいつも、まずは、自分の思いを大切にしてあげてください、とお伝えしています。イライラの奥には、あなたの『譲れない価値観』があるんです。 その価値観に焦点を当てて大切にしてあげると、それ以外の部分に、不思議なほどの余裕が生まれるものだから。『譲れない価値観』をしなやかな『ぶれない軸』に変えて、 「穏やかなママ」になりましょう♪(ママとして実際に使ってるコーチングスキルをご紹介します。質問、ご要望も大歓迎!)===============ワークショップ詳細のご案内===============【日時】2月25日(土)14:00~15:30(満席御礼/終了)3月25日(土)14:00~15:30(満席御礼/終了)4月22日(土)14:00~15:30(満席御礼)【場所】親子カフェことろん (大船駅笠間口より徒歩5分)【定員】ママ5名程度【参加費】2000円(ワンドリンク付き) 【対象】0歳~6歳のお子さんがいるママ ※子連れOK※妊娠中のママ、小学生のママもどうぞ。【持ち物】積極的に学びたい、他の人と楽しく過ごしたいという気持ち♡===============子連れOK!お気軽にどうぞ===============ママ仲間と一緒に、イライラ・モヤモヤを攻略して、自分らしい子育ての軸を明確にしてみませんか?準備の都合上、予約制とさせていただきます。ご連絡お待ちしています~(^^) お申し込みはこちらから 

      2
      テーマ:
  • 14 Apr
    • 一転して幸せ感✨

      会社をお休みして、某セミナーに参加した日のこと。もちろん娘は普通に保育園。何を察知したか、「はやお迎えがいい~」と娘が言っていて、でも、やらなきゃいけないことが山積みだったので、「できたら早くくるね」とだけ伝えていました。実際、セミナーに出て、最寄の駅まで帰ってきたら、なんだか疲れ果てていて、娘ちゃんの笑顔に癒されたくなって、はやお迎えがいいって言ってたしなーなんて思って、「はやお迎え」実行したんですよ。そしたら。私を見つけたときの笑顔がもう!!!もう満面の笑みなんてもんじゃ足りない感じ。帰りの自転車で、ふと後ろを振り返ると、ずっと笑顔(笑)そんなに喜んでくれて、母とってもうれしいよ。と思いつつ、「どしたの?なに笑ってるの?おもしろいものあった?」とすっとぼけて聞いてみると、「●●組と●●組の中でお迎え一番だったよ!」どうやら、今まで一度も経験したことのない「2クラスで一番早いお迎え」だったんですって。もーかわいいっ。親ばかと呼んでいただいて結構です(笑)母が楽しんで生きてるのも大切だけど、そのエネルギーは、ここにあるんだな母であることに感謝。

      1
      テーマ:
  • 13 Apr
    • 朝、準備してくれなくてツラかった…

      母は仕事、娘は保育園なので、当然ながら、家を出なきゃいけない時間が決まっています。最近、お昼寝をなくすという保育園の方針により、お迎えに行く頃には疲れて眠くなっています。保育園にいる間は頑張れるのですが、家に着いた途端、疲れて眠くてどうしたらいいかわからない~😭の状況になり、荒れる毎日です。そして、夜、ママと遊ぶ楽しみが得られないから、朝、遊びたい。私も娘も早起きなので、朝遊ぶ時間は取れるんですが、今度は、「もっと遊びたい」になってしまって、歯みがきして、制服に着替えるプロセスになかなか入れないという壁が出てくる。最初は何時になったら⚪⚪する、と決まりをつくったらできました。だんだんできなくなって、何時になって⚪⚪出来てなかったら、お母さん先に出かけるからね、と決まりを作って断行すると、玄関を出ていくと、一旦ギャーーとはなるけど、戻れば、ちゃんとやってくれていた。それでもできなくなって、とうとう最後の手段。靴や制服は自転車のかごに乗せ、歯みがきは保育園ですればいい、と言って自転車に乗せた。自転車に乗っている間ずっと泣き叫ぶ、シャツだけ制服、私服のズボン、裸足の娘に、朝早くの静かな時間帯、振り返らない人はいない。でも、そんなこと気にしてる場合じゃない。私の頭は、保育園に着いたら、どんな言葉をかけて出勤しようかとだけ考える。結局、こんなやり取りをしました。母 「嫌なこといっぱいあったね。何が一番嫌だった?」娘 「ママに無理やりされたの嫌だった」母 「ママも無理やりするの、すごい心が痛かったよ。こんな痛いこと、もう二度としたくない。」そのあと、ひとしきり二人で泣いて、しばらくギューーっと抱き締めて、(誰もいなくてよかった、笑)歯ブラシの場所教えてもらって、歯みがきして、準備をしたら、笑顔で全然関係ないお話をしてくれました✨でも、私の心がまだ立ち直れなくてパワーちょうだい!ってまたギューってしてもらって、頑張ろっかって、朝のお部屋に連れていったら、今度は離れたくなくって、ママーと号泣される。。はぁ。。子育てって同じパターンなんてまずなくて、進化し続けて、正解がなくて、日々訓練あるのみ。トライ&エラーを繰り返すしかない。そこまでする必要あるの?なんていう声があるかもしれない。こんなこと、しない方がいいに決まってる。でも、たぶん、二度としないで済むと思ってる。そのために、ママの心がすごく痛んだことを伝えたんだから。限られた時間をどう使うかも、一生懸命考えた。絶対に仕事に遅刻できない日もあるから。他にも楽しい系の策はたくさん考えるけど、どうしようもないときもある。そんなときは、一瞬、無理やりになっても、後でちゃんと時間をとってお話しするのもありかなと。うちの場合は、この後のお話タイムが、よい結果を生むことが多いので、そちらを選んだ。それだけ。約束を作って必ず守るということは、時にとても辛い。こうすれば絶対うまくいく育児法なんてあるわけない。あるとすれば、常に、人間対人間の真剣勝負で向き合うことくらいだよと強く感じる朝でした。

      1
      テーマ:
  • 11 Apr
    • ビジネスの基本のき、の前に。

      ビジネスの基本のき。●やりたいこと●できること●求められていること3つの要素が交わるエリアで、魅力的な価値を提供し、その価値に対して、対価をいただく。これは間違いなくものすごく大切。でも、その前に、⬛どんな所に到達したいのかに思いを馳せること⬛しっかり頭と心を一致させることが、理想を実現するためのやる気の源泉になるんだなぁ。

      テーマ:
  • 07 Apr
    • 起業と会社員は二択なの?

      起業するか、会社員でいるか。2つしか選択肢がないような気がしていました。今の会社で働き続けるのがイヤ!!と思ったときに、「転職」を考えて、会社さんとのいい出会いがなかったり、待遇面で折り合いがつかなかったりして、転職の壁にぶちあたる。そして、仕方がないから、今の会社に留まる。そんなことを繰り返してきました。でも、今、思い返してみると、根本的に間違ってたなと思います。そもそも、自分にピッタリのポジションがゴロゴロ転がっているわけがない。子どもがいない頃は自由度が高かったから、勤務地も、業務時間帯も、残業の有無も、いかようにでも対応できた。でも今は、保育園のお迎えがあるから、通勤に時間がかかる=勤務時間が減ることで、定時、あるいは短時間勤務が必要。急な残業なんてできないし、夜や週末の対応も限定的。さて、こんな私が、それでも今の会社を卒業したい!!!と強く思ったので、起業をしよう、と心に決めました。自分のスキルをきちんと売れる形で持って、時間や場所の自由を確保できる働き方を作ろう。収入もきちんと確保できるスキームを作ろう。そう決心しました。それからというもの、スキルを磨いたり、起業ノウハウを学んだり、いろいろしていますが、会社を辞めるには至っていません。諦めた?んではないですよ。起業ありきで、本格的にコミュニケーションスキルやプロジェクト管理、ファシリテーションを学び直したら、辞めたい!!と思ってた要素が改善されちゃったもので(笑)しばらくは、心穏やかに(収入の安定を維持して)、副業としてお客様に提供して、スキルアップも経験値も十分、お客様を集められる実感も得られるそんな状態を育てようかな。そして、副業にかける時間が全然足りない!収入は心配ないし、もっと本格的に動きたい!!という衝動が出てきたら、そこで、起業すればいいなと思えるようになりました。続く

      1
      テーマ:
  • 06 Apr
    • 結局はやりたい!好き!が全て

      本読むのが至福のときっていう人って、少ないんですって!!今、あなたはどう受け止めました?①そりゃそうだろうね②へー、そんなもんか本のジャンルにももちろん寄りますが、圧倒的に①タイプの方が多いと、某出版コンサルの方がおっしゃってました。私はとにかく本が好きで、一日中、本だけ読んでていいよって言われたら、すごい幸せ感です。毎日だと、腰が痛くなりそうだけど(笑)、読んだテーマをまとめて、記事を書くと、それに対価がもらえるならば、もういくらでもやりたい(笑)書いてるだけでも、私はワクワクしてるんですけど、きっとこれを読んでいるほとんどの人は、ふーん( ・-・)って感じですよね。何が言いたいかというと、自分の楽しいポイントって自分にしかピンと来ない  ってこと。それを探るための方法論はいろいろあって、その具体的手法を学んだり、ヒントやアドバイスをもらうことはできるけど、自分が主体的に探求しないと、絶対に見つからない。(自然に出会える幸せな方も一部いますが)それが、本当の天職探しだな、なんて、最近強く感じています。昔、寝る間も惜しんで、一生懸命になったことって、何がありました?取り組んでるときって、どんな気持ちになりました?大切にしてたことってなんですか?天職への道って自分の「好き」とか「大切」にひたすら向き合うと、だんだん次の一歩が見えて、歩みを進めると、景色が変わって、また次の一歩が見える。ペースは人によって大きく異なりますが、いきなり「できるプロフェッショナル」になれることだけは、絶対にない。王道はない。まずは、今日の一歩。さあ、今日は何をしましょっか

      3
      テーマ:
  • 05 Apr
    • 挑戦するって難しい

      新しいことに挑戦するって、勇気が要りますよね。子どものうちって、楽しそう♪っていうだけで、行動できちゃったりするんですが、大人になると、リスクとか、効果への疑惑とか、いろいろな要素が出現して、ハードルを上げていく。変化しないように、働きかけているのが、生存する上での本能なので、これ、当たり前なんです。だから、どこかでエイって清水の舞台から飛び降りることをしないといつまでたっても変わりません。最初から、崖の上から飛び降りたら、当然怪我をしますので、まずは、膝の高さくらいの段差から、飛び降りてみる。私みたいな運動不足の人は、それだけでも足がジンジンするかもしれない。でも、何度か繰り返して、飛んでみる。だんだん慣れて、ドキドキすることもなくできるようになったら、今度は、足のつけ根くらいの高さ、その次は、腰くらいの高さ、という風に、少しずつハードルをあげていけばいいんです。これが、babyステップと言われるもので、教育の世界では、+1のレベルに挑戦させるなんて言い方もしますね。今はまだ、到底目標に届かない現実がある。でも、いつか、確実に到達するために、どんなステップが必要で、今すぐにできることは何か?何なら少し頑張ればできそうか?と考えて、できるレベルのチャレンジを繰り返す。「今の自分でできること」を一生懸命に追い求めることしか、大きな何かを達成する道はない。一歩進めば、新しい仲間に出会ったり、発見や学びがあったりして、回りにはわからないくらいの、でも自分にとっては、大切に抱き締めてあげたいようなそんな成長があるんです。また一歩進めば、また新たなせかいが見えてきて、繰り返していると、半年後、一年後には、回りから見ても明らかな変化が生まれているはずですよ。さて、今日はどんなbabyステップに挑戦しましょうか???

      テーマ:
  • 04 Apr
    • 始めたけれど、続かない②

      始めたけれど、続かない①では、そもそも好きでないことは、続かないというお話をしました。じゃあ、好きなことなら、三日坊主はあり得ないのか?愚問ですね(笑)好きなことでも、「続かない」の壁は出現します。ほぼ確実に。脳科学的には『恒常性』といって、元に戻ろうとする力が働くから、いつもと違うことが起こると、「なにか起きてるよ!!」と警告を発して、身を守るんです。大きな変化を起こすと、大きな反発が来て、元に戻す。でも大丈夫。脳ってすごい機能を持ち合わせていて、ちょっとした変化に対しては、「生き残るために、適応せよ!」と命令を出してくれるんです。つまり、『適応できるレベルの変化を作り出す』のが、一番の肝。そして、作り出した変化を『続ける』ために大切な訴求ポイントを4つ紹介します。①細分化するできた!の完了サインが心に与えるパワーは想像以上です。小さなステップこそ、自分に頑張ったね、と言えるチャンスにすると、ゲーム感覚で楽しめます。②自分のエネルギーに合った形で仕組み化する朝型の人も、夜型の人もいます。バイオリズムに逆らって、行動しようとしても、なかなかうまくいきません。自分のエネルギーが高い時間を認識して、活かしていきましょう。③プラトーの存在を認識する学習曲線って聞いたことありますか?最初はなかなか上がらなくてぐいっと上がるモデルと、最初にグッと上がるけど、しばらくは停滞し、そのまま続けると、またグッと上がる時が来るモデルがあります。いずれにしても、結果が出るには時間がかかり、しかも、やってる感が感じられない時期に頑張り続けられるかどうかが鍵を握っています。そのために、大切なことが、④楽しいを産み出すやってみたら楽しかった思ったよりうまくいったという成功体験が積めれば、言うことなし。うまくいかなくても、どこのパーツがうまくいってなかったんだろう?と1つ1つ実験的に潰していけば、プチ楽しい体験が生み出せるはず。好きなことがテーマなら、割と楽しいパーツ集めは簡単にできると思いますよ🎵まずは、①とにかくやってみて、経験値を上げる②自分自身にそのテーマ好きなのかな?って聞いてみる③好きそうなら、上記のポイントを意識しながら、90日間続けてみる好きなことで、90日間続けられれば、その頃はもう習慣化して、やめたくなくなってるはず。存分にお楽しみあれ✨

      3
      テーマ:
  • 01 Apr
    • ダイエットできない理由

      じわりじわりと太る努力をしていることは、認識してるんです。仕事中に、お菓子をポリポリ。一日中、何かをつまんでいる。飲んでいる。自転車で一日七キロくらいはこぐんですが、電動アシスト。基本的に、運動は好きじゃない。ダイエットってもちろん、運動量とか、基礎代謝とか、食事の内容とか、生活習慣が重要なんですが、わかっていても、できないのが問題という種類のものなんですよね。本当にできない理由を突き止めないと、⚪⚪するって決めたのに⚪⚪しないって決めたのに できない自己嫌悪して、ストレスためて、リバウンド。今日は娘ちゃんが寝てる間に、やっとどうやったらダイエットできるかな、と考える気になって、わかりました!!睡眠不足リラックス不足ストレスが、今の私の三大要因。睡眠不足の結果、体は危機を感じるから、食欲を発動させるリラックス不足の結果、基礎代謝が落ちるストレスの結果、甘いものに精神的に逃げるこんなことが起こってたら、そりゃ太るわ(。>д<)やりたいことをやりたいから、早起きするし、のんびりリラックスしてる時間はない仕事を自分の時間に絶対持ち込みたくないから、意地になってやるすると太る。ああ、きれいに見えすぎて、笑える。もう少し、リラックスしよう

      2
      テーマ:
  • 31 Mar
    • 始めたけれど、続かない①

      三日坊主って、ありますよね。ものすごいやる気になって新しいことを始めてみるんだけど、少し経つと、なんであんなにやる気だったんだっけ?ちょっと面倒…そもそも、これ、ほんとに意味あるのかな…とか思い始めて、気がつけば、フェイドアウトっていう(笑)。私はあります。何度となく。わかりやすい例を2つあげますね。1つ目は、ダイエット。甘いものが好きなので、ストレスかかると、つい甘いものに走る。そして、止まらない。ほんとに止まらない。私の回りで働いてる人は、「一日中食べてるよね」とあきれ果ててます(笑)全然自慢にならないんですけど、これ、ほんとに、どうしようもないんですよね。そのうち、しっかり自分と向き合って、できない理由を考えようと思うんだけど、ほかにやりたいことが多すぎて、ダイエットごときに時間を使いたくない。⬆ ⬆たぶん、この価値観が原因です。2つ目は、在宅のお仕事。私は在宅でできるお仕事をしたくて、いろいろ学んでたことがあります。アフィリエイトとか、ブログで稼ぐ!とか、在宅ライターとか。資産運用も勉強してみたし、実際に株式売買とかFXとかやったこともあります。学ぶというプロセスが好きなので、最初はどんどん知識が増えることが楽しくて、頑張れるんですが、一通り、最低限の知識を得て、さあ実戦しよう、運用しよう、となるとモチベーションがぐーーっと下がってしまう。テーマに十分に愛情が持ててなかったんです。つまり、お金を儲けることは大切だし、必要なんだけど、好きではない。ブログに大好きなテーマを設定すればいいんだろうけど、すぐには、生活できるような稼ぎにならない。『続かない』理由はそもそも『好きじゃない』『大切だと実は思ってない』だけかもしれません。

      テーマ:
AD

プロフィール

UniQ

誕生日:
70年代後半です
血液型:
A型
お住まいの地域:
神奈川県

読者になる

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。