いまだに服装問題。

テーマ:

揺れています。


はためには、ただの中途半端なファッションにしか見えないと思われるものの・・・。


仕事で作るべき自分の雰囲気と、


年齢とか、なってみたい女性像の雰囲気の間でね。




とくに、こういう仕事していると、

先生(お店)などに取材に訪れる、

OLさん、営業ウーマン、あるいは奥様みたいな

ファッションで現れちゃいけない気がしているのです。



女性カメラマンが、ふりふりのスカートにハイヒールだったらどうよ?


銀行員がBボーイだったら?



大丈夫かな? この人、って思いますよね。


もちろん、ちゃんとするべき仕事ができればいいわけですが。



ただし、



ライターの仕事では、取材先など1回しか合わない人がかなり多く、


何度かお会いすることで、


この人は(職業のイメージとはちがって)

こんな格好だけどちゃんとやってくれる


という印象を根づかせる作業はできないわけです。



しかも、初対面で心を開いてもらって、

いろいろ語ってもらわないといけない。



そのためには、


ちゃんと仕事できるライター、編集者



という印象をつけて、安心してプロに身をまかせていただきたいw



もちろん、取材先だけでなく、


出版社や広告関係、クライアントなどの仕事先の人にも


好印象をもってもらうためでもあります。



また、広告のお仕事だと、

広報の方や、営業の方が同行されることが多いので、

「あれ、この人、●社の人じゃなかったの」

とまぎれてしまう格好はどうなの、と。



エレガンスファッションというのは、


“人に大事にされる”ファッションだと思っています。

よい意味で。



自分で言うのもなんだが、


ふわふわのスカートとかワンピースを身につけていると、

まわりの男性がやさしい!!!


ちょっと困っていると、

すぐ救いの手を差し伸べてくれたり、ゆずってくれたりするのです。


ただし、いつものカジュアルな格好をしていると

まったく誰も気にかけてくれません。(ほぼこの状態が常)



だから、取材先にエレガンスな格好で現れるというのは

すごく気が引けるのです。


「手のかかる」「気を配らなければならない」存在になってはいけないのです。




というわけで、仕事のときはほぼパンツファッションでね。


そんな習慣がついてしまったゆえか、


先日ひさびさに取材にふわふわのフレアスカートにパンプスで行ったら、



「体に力が入らない」状態に唖然としました。


なんか、足元がどしっとしてないと、取材に集中できないよ。涙



すっかり、働く女、というか働く人仕様になってしまったことに驚きました。



っていうか、スカート履かなすぎだったか。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



と、ここまで書いてみて、


以前読んだ本をたまたま再読して


「面接は何を話すかよりも、相手にどんな印象を与えるかのほうが大事」


的なことが書いてあった。



ああそうか、



私このころから同じところを右往左往していたのね。



自分のスタイル、を確立できる日は来るのか。



いや、確立されちゃったら、それはそれでつまらない気も・・・。



AD