やっぱり深刻?服装もんだい

テーマ:

仕事のファッションについて、


やれプロっぽく見られたいだの、

でも女らしさも忘れたくないだの、


そんな「服装一つできまるかっつーの」というもっともなツッコミはさておき



一人悶々としてた仕事と服装問題。。。



それが、先日、やっぱり!というか、なぜ!?という場面に出くわしたので記しておこう。



自分の戦略を意識的に立てたい女性にぜひ一読いただきたい


というか、いっしょにお考えいただきたい、


むしろ、アドバイスしてほしーの!的な


発見がありました。





先日私は飛行機に乗り、とある医学会に行ってまいりました。もちろん取材で。



かなり大規模な学会で

その都市のホテルやホールやらを何軒も借りきっておこなう

いわばお医者さんと医療関係者、そして製薬会社の全国大会。



取材の面でも、その場の独特の熱気ムードにもいろいろ得るものがあったのですが

それはさておき・・・・


面白かったのは

女医さんたちはみんなコンサバで

ややフレアぎみのスカートだったり、ハイヒールだったりで


いかにも「女医!」という感じで

女らしさのある凛とした女性が多かったのに対し、

(美人さんが多かったです)


栄養士さんや看護師さんやらは

(勉強熱心だったり、管理職だったりする方はけっこう熱心に学会に来られるのです)


カジュアルというか、地味で・・・

お化粧もそっけなくて・・・真面目な感じで、地味めな雰囲気の方々が多いように思いました。

(もちろん、そうじゃない人も。20代ぐらいの人はおしゃれな感じの人もいました)


全般としては、もうわかりやすいぐらい、

女のファッションって、職業を現わしているなあ・・・

とやや驚いたのでした。




昔は、男性のことを

「サラリーマンはサラリーマンらしいルックスになっていく」

なんて言っていましたが、

女性もまさにそう。



その場での私は


学会やらイベントの取材は黒のパンツスーツでなるべく地味な格好でいくので

(でも、ハイヒールなどは履かずに、動きやすいローヒール)


どちらかと問われれば、たぶん栄養士さんや看護師さんに近い地味めな女で、



でも、黒ぶちメガネなんかかけてて、妙な感じで、


あと、たぶんちょっとスーツをフォーマルに着こなし着れていない

(インナーで着崩してしまう。つい)


妙な人なんだろうなあ、と思いました。です。



完全に地味にはなりきれず、

かといって華やか方向にはいきづらく、

結局、少しカジュアル方面、あるいはモード方面に崩してみる。


うまく崩れていればいいけれど、

子どもっぽかったり、若づくりだったりする崩し方だとイヤだなあ。。。



20代前半のときのように、

家で一人ファッションショーもやらなくなったし(あれ、フツーはやらない?汗)

その結果、おしゃれテクがいくぶん下がっていると思われ。

(自分の中ではそう思われる)


昔ほどおしゃれに執着しなくなったはずなのに、

こう考え込んじゃうのはなんでだろう・・・・


と思ったら、

昔は、どちらかというと、自分の満足度がおしゃれの軸だったのに、

今は、人にどう思われるかがおしゃれの軸になったのだと


はたと気づく。



そして、いまだに私は自分がどう見られたいかが明確ではなく、

むしろどこかに落ち着くことを拒否しているのだ。



妙な職業意識と、

自分好みのおしゃれ心の

なおかつ、動きやすい格好を!

そして、さらに年齢の微妙な問題も加わっちゃって・・・


しっちゃかめっちゃか!

なんとも中途半端だと気付いたのです。


おしゃれとは、中途半端が上手につくれる人だと思うんですが。

それが無二の無造作やさりげなさを生みますから。


でも、その中途半端さには確信や思い切りが必要で、

私のバアイ、あれも欲しい、これも欲しいという意味での

中途半端になっているから始末が悪い。



あとたぶん、一般的な視点から考えると

職業柄、フォーマルというか、ビジネス仕様の格好に慣れてないタイプだと思うので、

自分仕様のアレンジをきかせて

変な中途半端にならないように気をつけようと肝に銘じた次第です。





というわけで、

まだまだ混迷のつづく働く私ファッション道でした。



AD

いまだに服装問題。

テーマ:

揺れています。


はためには、ただの中途半端なファッションにしか見えないと思われるものの・・・。


仕事で作るべき自分の雰囲気と、


年齢とか、なってみたい女性像の雰囲気の間でね。




とくに、こういう仕事していると、

先生(お店)などに取材に訪れる、

OLさん、営業ウーマン、あるいは奥様みたいな

ファッションで現れちゃいけない気がしているのです。



女性カメラマンが、ふりふりのスカートにハイヒールだったらどうよ?


銀行員がBボーイだったら?



大丈夫かな? この人、って思いますよね。


もちろん、ちゃんとするべき仕事ができればいいわけですが。



ただし、



ライターの仕事では、取材先など1回しか合わない人がかなり多く、


何度かお会いすることで、


この人は(職業のイメージとはちがって)

こんな格好だけどちゃんとやってくれる


という印象を根づかせる作業はできないわけです。



しかも、初対面で心を開いてもらって、

いろいろ語ってもらわないといけない。



そのためには、


ちゃんと仕事できるライター、編集者



という印象をつけて、安心してプロに身をまかせていただきたいw



もちろん、取材先だけでなく、


出版社や広告関係、クライアントなどの仕事先の人にも


好印象をもってもらうためでもあります。



また、広告のお仕事だと、

広報の方や、営業の方が同行されることが多いので、

「あれ、この人、●社の人じゃなかったの」

とまぎれてしまう格好はどうなの、と。



エレガンスファッションというのは、


“人に大事にされる”ファッションだと思っています。

よい意味で。



自分で言うのもなんだが、


ふわふわのスカートとかワンピースを身につけていると、

まわりの男性がやさしい!!!


ちょっと困っていると、

すぐ救いの手を差し伸べてくれたり、ゆずってくれたりするのです。


ただし、いつものカジュアルな格好をしていると

まったく誰も気にかけてくれません。(ほぼこの状態が常)



だから、取材先にエレガンスな格好で現れるというのは

すごく気が引けるのです。


「手のかかる」「気を配らなければならない」存在になってはいけないのです。




というわけで、仕事のときはほぼパンツファッションでね。


そんな習慣がついてしまったゆえか、


先日ひさびさに取材にふわふわのフレアスカートにパンプスで行ったら、



「体に力が入らない」状態に唖然としました。


なんか、足元がどしっとしてないと、取材に集中できないよ。涙



すっかり、働く女、というか働く人仕様になってしまったことに驚きました。



っていうか、スカート履かなすぎだったか。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



と、ここまで書いてみて、


以前読んだ本をたまたま再読して


「面接は何を話すかよりも、相手にどんな印象を与えるかのほうが大事」


的なことが書いてあった。



ああそうか、



私このころから同じところを右往左往していたのね。



自分のスタイル、を確立できる日は来るのか。



いや、確立されちゃったら、それはそれでつまらない気も・・・。



AD