最後の夏行事

テーマ:

横浜にドライブに行ってきました。

中華街で深夜ご飯。

ガラガラの中華街は初めて。


ちゃんと見ると、飲食店の上はだいたい住居になっていて、

華僑の人たちが住んでいるんですね。

中華学校もあるし、お寺もあるし、で思った以上にエキゾチックな街でした。


価格破壊が著しいっぽく、

私たちが食べたのは2人で8品で、一人1980円。激安・・・。


高級どころをのぞくと他のお店もそんな感じでした。




そしてそして横浜からお台場まで運転~キラキラ


正直、免許とってから初の長距離?です。


0時過ぎだったから、道はガラガラでしたがね。



また運転したいなー音譜

でないと、もれなくペーパーになってしまうガーン(半分なってます)


******


本日、とうとう英語のプライベートレッスン開始。


思ったよりレベル低!な私ドクロ



why did you come to japan?


こんな会話でも、doが抜けてたり、

doesがdoになってたり、

過去完了形にすべきところが過去形だったり。


もっと単純にはthree glasses というべきところが、three glass だったり・・・。

(これは日本人はやりがちらしいけど)


たった1時間でもすっごく疲れました・・・。

英語ペラペラになる日は遠い・・・むっ



******




明日から仲間6人で

新潟に農業しに行ってきます。

(編集1、ライター2、デザイナー1、カメラマン2という仕事のような編成。

 しかし、仕事関係のつながりはそんなにない)


地元のお祭りに参加して、公民館泊です。

夏の遊び、最後かな~。


吉祥寺のお祭りは「秋祭り」だし。


たっぷり遊んで、秋からはどっぷり文化活動にいそしみたいなDASH!





AD

共鳴

テーマ:

先日、とある若手僧侶の話を書いたが、

その話の含蓄は、

「ゆっくり話すと、言葉のムダがそぎ落とされる」

ということにとどまらない。


これは彼の話から得たごくわかりやすい収穫の一部であって、

つまり、かなり深い話であったため、

本当に理解するのに少し時間がかかった。

原稿をまとめながら、理解したというのがホントのところ。


今も十分に理解しきれたとはいえない。

たぶん70%といったところか、せいぜい。





仏教には「業」という概念がある。



業とは何か?


それは一般人には明確に理解しがたいことのように思う。


しかし、それは私たちの生活でひじょうに数多く起こっている。


たとえば、電車で赤ちゃんが騒ぐ。


あなたはどう思うだろう?



――うるさいクソがき?


――赤ちゃんはかわいいなあ?



たとえば、「うるさい」と思ってしまったら、それがあなたの「業」なのだ。



その心の反応は

あなたの過去の記憶から引き出される。


たとえば、梅干を見て、食べたことがない人は

「酸っぱそうだなあ」と思わない。

「赤くて甘そうだ」とすら思うかもしれない。


赤ちゃんの騒音に怒りを覚える心の反応もそうだ。


あなたの過去の中に、

赤ちゃんを厭う気持ちや、うるさい人を憎む気持ち、思い上がり等々

人によって違いはあるがそういうネガティブな感情の経験が蓄積されている。


「うるさい」と思う反応、このこと自体はそんなに悪いことではない。

というか、これは抑えようと思っても、抑えられない。だから業なのだ。



悪いのは、怒りという負の感情が起こることで、

じつは心の中で似たような負の記憶を引き連れてくるのだ。
つまり、その怒りが心の中で増幅していく。


さて、

赤ちゃんの泣き声にイライラしている人は幸せそうだろうか。

人から見て、好まれるだろうか。

もし、その人がそのとき仕事をしていたとしたら、仕事はちゃんとできるだろうか。

怒りながら、子どもに意識をもっていかれながら、いい仕事ができるだろうか。


当たり前だけど、怒ることでプラスになることはほとんどないのだ。




じゃあ・・・その怒りの業を断ち切るにはどうしたらいいのだろう。




それは、自分が今、怒っているということを客観的に眺めることなのだと思う。



「はっはー自分、怒ってる、怒ってる」と一歩引いてみる。ニュートラルになる。

そうすることで、怒りが怒りの記憶を引き出す状況をストップできる。


怒りを呼び起こすことが業を強める要因になるなら、

怒りが続かなくなれば、きっと業も薄れていくにちがいないのだ。


このたとえは、「怒り」だったけど、

人間の心は不安や哀しみ、妬みなどのネガティブな感情にとらわれやすい。

なぜなら、それが刺激的だから。



幸せな思い出よりも、頭にきた思い出や恥ずかしい思い出はリアルに思い起こせる。

それは、心が刺激を楽しんでいるのだ。


だから、繰り返し、悪い思い出をわざわざ思い起こすことは、

業を増幅させることになる。




・・・・・・という話だったと思う。


まだまだ得たものがあった気がするが、

なにせこの手の話は、雲をつかむような感じなのだ。


つかんだ、と思ったら、心からすり抜ける。

自分の思考を変えるには時間がかかる。


「そうか!」と思っても次の日にその感動を忘れてしまうのは、

ようやく覚えたはずの正しいスイングの感覚が、

次の日にはわからなくなってしまうのに近いのかもしれない。


まだまだ歩みは不安定なのだ。


何度も繰り返したゆまず「知る」「感じる」ことで、

本当に理解ができる日がくる気がしてならない。



AD

女の業

テーマ:

物心ついたときから、女らしい言動とは無縁ぎみだった気がします。



飲み会などで「ヤダー」とか言って、

女子同士で腕を絡めてきたりするのが苦手です。


「ハァ?なんで!?女子と!?キモい!」


という戸惑いが去来します。



あと、すごく違和感を感じるのは


女芸人とか、一般的に「可愛くない」ジャンルに属しているオナゴに


「可愛い~♪」


と声援を送る女子。


この現象が顕著になったのは

南海キャンディーズのしずちゃんあたりかしら。


ホラ、今もシャンプーのCMでスザンヌと対等にサラサラヘアなびかせちゃって・・・

って、アレ、青山テルマだったんですね。リアルにしずちゃんかと思ったヨ・・・!紛らわしい!



っていう私もハリセンボンの春奈がテレビに出てるとき

「可愛い・・・」とつぶやいてしまったんですがね。

だってお肌がつるつるで赤ちゃんみたいだったんだもん。

即座に、自分に後ろめたさを感じ、女の業を実感しました。。


春奈はたいがい「可愛い」の声援を送られると、

「ホントにそう思ってるなら、代われ!この顔と体で生きてみろ!できるか!

ってキレ芸を見せるんですが、


それって痛快でありつつも、

自分でそこまで言っちゃうたびに、

心の中で何かが死んでいくんだろうな(←これもヒドい・・)

と思わずにいられません。



さて、なにが女の業って、


上から目線で「可愛い~」と言ってても、

本人が本気でその気になることを許さないのが女なのです。




友達に新宿方面で女装しているおじさんがいまして。


女装時は、すっごくスタイルが良くて、

顔は残念ながらバッチリおじさんなのですが。


「顔も可愛い」「もっと若いと思った」「キレイ」って

ふつうの女子以上に言われているらしく、逐一報告してくれます。


たいていは「へー」「あーそう」と聞き流しているのですが、

で、その自慢が数回続くと、


「んな、わけないじゃん!!」

「おじさんにしては・・・っていうリップサービスに決まってるジャン」

「本気にするな、ワレ」


と口に出さずにはおれないのです。


スタイルの良さはいつも絶賛しますが(ホントだから)、

顔は褒めたことがないな・・・。



本人もときどき「顔がおじさん」的なことを言ったりもするので

わかっているとは思うのですが、

自慢の度合いがまさってくると、


「そろそろ知らせてやらねばあかん」


と女友達と徒党を組んでしまう、恐ろしい業なのです。


その間、男友達たちは「やめなよー」的な目線を送っています。



ちなみに、そのおじさんって新宿で飲むたびに帰り道でナンパされています。


たいがいは「後ろから」らしいのですが、


「エロい服装で歩いてると男って簡単に寄ってくるね」

「そんなにナンパされるなんて、スキがありすぎるんだよ!」


と、またしても・・・やっかみが・・・(いや、やっかみじゃない!)。



え?


いじわる?


ひがみ?


モテない証拠?




でも、可愛いなんて全然思ってないのに

「可愛い~」って言うほど、毒はないと思うんだけどなー。

(もちろん女友達同士の「可愛い~」は言い合うけど。

 テレビで見るアレは、ハシゴに登らせてハシゴを外しちゃうよな、無責任さを感じるのです)



でも、こんな中途半端に女の業を燃やしているなら、

いっそのこと、しれっと「可愛い~」と言える女に

なっちゃったほうがいいのかもしれません。



しかし、女の業が邪魔をするのです・・・。(堂々巡り)



AD

地道に夏

テーマ:

麻布十番祭りに行ってきました。

すごい人だかり?に負けて六本木に移動。


ハイアットでお茶して六本木ヒルズに行ったところ、

コチラでも盆踊り。



明日香の編集女子日記

不思議な光景です。ま、これもありか。



帰りはもう大都会に疲れ果て、

下北沢でご飯して帰宅。


リクエストにお応えして浴衣で行ったけど、

昼間から着るもんじゃないし、ましてアウェイはキツイわあ・・・。

(ハイアットはドレスコードに触れると思ったわ・・・)


異様に疲れてしまい、家に帰ったら死亡。

月曜日は完全にだらだらでした。。

なにこの疲労感。



明日香の編集女子日記

ようやく洗濯もおわり、今年は白の浴衣は着収め。

黒の帯と黒のカゴバッグ、黒塗りの下駄で締めてみました。



かなり丁寧に着付けはしているのですが、

毎回若干の反省点があります。

もう少し、まめに着れば上手になるんだろうけど。


人の浴衣を眺めるのも楽しいですね。







たちどまってみる。

テーマ:

お仕事で某若手?お坊さんの講演をまとめることに。


うーんなるほど。煩悩、業、瞑想等々を

心理学や脳神経学的な現代人にわかりやすい切り口で説明していただきました。


どうまとめようかしら。楽しみです。


で、この方もうすごくスローな話し方で、

しかもときどきピタリ・・・と話が止まる。


何も見ないで話しているので

おそらく次の話の展開をざっと組み立ててるんじゃないかと思いますが・・・。



もっとその方について知りたいと思い、ネットで検索したところ、

その方について書かれた記述によれば・・・



ゆっくりと話すことで、汚い言葉、文句、自慢がしぜんと抜け落ちる



ということらしいです。なる・・・。



仕事柄、いろんな立派な肩書きの方にお会いすることが多いですが、


某ビジネス書系の先生は


すごく早口でひらめきがあって利発で刺激的なんですが、

あとでぐったりと疲れました。

パワー奪われるってこういうことかと思いましたです。はい。ドクロ


この先生は先生で面白かったのですが、

今後、一個人としてお近づきになりたいのはどちらかといえば、

断然、お坊さんのほうですね。宝石緑

どうしてでしょうね。



私自身は早くも遅くもないですが、

これからはときどきゆっくりと話すことを心がけてみようかと思いました。




仕事をしていると、学ぶことがたくさんあって


ときどきは

まるで追いついていない私にガックリくるのですが、


何かつかめた、と思った瞬間

糸口をもらった、と思う瞬間は


本当にやっていてよかった、これからも頑張ろうしゃきーん

と嬉しくなるときです。



*******



最近はじめた日課にマイナーチェンジ。



朝のウォーキングを夕方、晩御飯前に変更してみました。

私はどうしても朝が苦手でして、

強い日差しを避けるには朝6時前には家を出なければならず、

それがなかなか適わず、どうしても7時8時になってしまうのですよ。

この時間になると日差しが強い~。


家に帰って、シャワー浴びて、野菜ジュースを作って飲んで、

さらに朝の掃除や洗濯するので、

仕事前にやることが多すぎて・・・・・・

仕事を始めるのが10時になってしまうこともしばしば。(理想は9時前スタート)

もう少しゆっくり過ごせないものかと思っていたのです。



実家に帰ったときに、アーユルヴェーダの本を読んでいたのですが、

どう考えても、私はヴァーダ体質にピタリと当てはまる。

この体質の人は、朝に弱く、体力がなく、疲れているとかえって寝つけなくなる。

まさにそれーーー!ガチャピン

早起きする→いろいろやる→充実した1日。しかし疲れる

→夜早く布団に入る→疲れているのに全然寝付けない

の悪循環の繰り返しでした。




意志の問題かと思っていたのですが、どうも体質が大きいみたいぼー

もう少しニュートラルな体質に変えることができれば、

朝も強くなって寝つきもよくなるとは思うんですが。



ここは一つ、自然に逆らわず、いったん日課を変えてみることにしました。


朝は7時ぐらいに起きて掃除と洗濯のみで、ゆっくりと過ごす。


夕方6時前のまだ暗くなる前に家を出て1時間ほど歩いて、

家に帰ったらお風呂に入って、ご飯。


朝歩くと、朝晩お風呂を使うことになり、

浴室乾燥機を1日に何時間も使っていたのですが、それも1回で済むし。

大嫌いな日焼け止めも塗らないで済むし、涼しいし。

朝じゃないから、ほぼ続けられそうだし。


と、「ねばならない」を外して融通を利かせてみたら、意外といい感じ?





バレエ教室は、いったん変えてみることにしました。

すごーーく古いビルの地下で驚くほどトイレが・・・汚いんですよね。

たまたま自転車で通りかかったところに、

教室の窓から緑が見えるバレエスクールを見つけたので、

来週あたりそちらに行ってみます。

レッスン代も同じぐらいだし、どうせ通うなら気分が上がるほうがいいよね?アップ




英会話は、お盆中の帰省とお盆明けデートで停滞してたので、

今日まとめて2レッスン聴きました。明日もまとめて聴かなきゃ・・・。

ネットで聴けるってすばらしい・・・。



という訳で、ぎりぎりのところでマイナーチェンジしながら

続いて?います。汗

英語学習ツール

テーマ:

世間様はそろそろお盆突入でしょうか。


仕事も落ち着いてきて、いろいろ買いに走っています。

買っちゃったわ、サウナマスク・・・。


チャロの英会話もお休み入っちゃって、

物足りない思いをしています。


なにげに登場犬物のキャラが立ってるので

面白く聴いています。


とくにマルゲリータおばさんが・・・。

近い声で言ったら、どらえもんのジャイアンのお母さんでしょうか。

だみ声で「UHhhh~チャロぉ!」

とか言って真似しています。



しかし、

1日15分の勉強って、

どのぐらいのペースで上達するんだろう

という疑問もあったので、

こちらも合わせて聴くことにしました。

っていうかBGM的に。


明日香の編集女子日記

『トラッドジャパン』

これもNHK教育。テレビのほう。

外国人に日本文化を紹介する内容で英語を勉強するのです。


『五重塔』と『洋食』はたまたまテレビで観たのですが、


『五重塔』は、インドのストゥーパが源流にあるとか、

五重塔の耐震構造が現在の日本の建築技術に生かされている。

(階層ごとに揺れるが分散されるらしい)

とか、


『洋食』は、西洋料理でもなく、和食でもなく日本独特の食文化。


とか、ふつうの番組としても十分面白いです。



いろいろ英語教材が出てますが、

特別な修得メソッドがあるものはそれはそれで良いとして、

中途半端なのを買うぐらいなら

NHKが一番なんじゃないかと思います。


制作費も普通の教材よりはかかっていますし、

ブレーンもすごい人揃ってそうだし。


チャロはネットで

聞き逃したのを聴けるだけでなく、

出席簿もミニテストもあるんですよー。


お笑いブームの発端?『爆笑オンエアバトル』もすごいし、

NHK教育の定番『おしゃれ工房』もマニアックだし、

最近の『東京カワイイ★TV』 も面白いし、

NHKの番組制作力はすごいなあって思います。


っていうか、民放が“タレント”に頼りすぎで落ちているだけなのかもしれませんがね。。



さて、地元のお友達と飲みに行ってきます。

垢抜けたい!

テーマ:

仕事もルックスも!


というか、

ルックスは単純に

「キレイに見られたい」

「モテたい」等々の

原始的な?欲求よりも


「仕事をしていくうえで、

社会で生きていくうえで、

一目置かれやすい、好かれやすいルックス」


を求める気持ちのほうが大きくなってきました。


こんなこと言うと、ミもフタもないかしら・・・。


そのために着手したといっても過言でない

コンサバファッションもなんだかしっくり来ず・・・

っていうか逆に自分の気持ちがしゅわしゅわ縮むようなので、方向転換です。


職種的にもちょっと違うみたい。やっぱり。





さ、34歳の自分探し・・・?(サブ



いやや、探す必要はないんです。



私という、人間が持って生まれたものを、

あるいは育んできたものを、

どうやってうまく生かすか、演出するか、伸ばすか

ということを最近よく考えているのです。




明日香の編集女子日記-1
というわけで『骨筋メイク』。

自分の骨格を割り出して、いちばんのキレイを引き出すメイク法を知るもの。

冒頭の素人さんたち数名の顔面変化を見ると買わずにはいられませんよ。w




さらに、NHK「知る楽」という番組の内容を書籍化した『仕事学のすすめ』。



今まで目の前の仕事を必死にこなしてきましたが、

それだけでは、面白くない気がしてきています。


どうやって仕事を起こして、周囲を動かしていくか、

どうやって自分の文章力や企画力、

コミュニケーション力を伸ばしていくか・・・

どうやって効率がよく、質が高い仕事を上げるか


もう一つ上の仕事ができるようにならなければ、と思っています。



っていうか、自分の時間管理、キャリア管理

(もっというと財政管理)

すらおぼつかないので、まずは先達から学ぼー・・・。








地味に夏してます。

テーマ:

先日、友達と流しそうめんをやるために

知り合いの古老宅の竹林に竹をいただきに参上。


ハーフパンツに半そでで登場してしまった私は

見事にやぶ蚊の餌食になりました・・・。



その後、浴衣で流しそうめん。

地味に夏を楽しんでおります。。




最近、ノリで始めた?コンサバファッションに違和感を感じてならない私・・・。


なんでしょうね。これは。



ま、あるべき位置に戻ったともいいます・・・。

しかし、女らしさは残しておきたいな。



いろいろ買ったはずなのに、着る服がありません。



ということで仕事の帰りにワンピ2、サリエリパンツ1を購入。


明日香の編集女子日記

明日香の編集女子日記


明日香の編集女子日記

なぜかぼけてしまうパンツ。



買い集めたワンピやらサンダルやらどうすんや・・・。
まあベーシックだから、またいつか着たくなるじゃろう・・。



あと、髪型がのびかけボブで冴えないので

明日あたり美容院に行ってこようと思います。



妙におしゃれづいてるこのごろ。





その後の日課

テーマ:

なんとか続いています。。。


ウォーキングは5年来の習慣だから、私の中ではmustになっています。

が、近頃+ジョギングも取り入れています。


なんでこんなに張り切ってるかって?


これを読んでから!↓
明日香の編集女子日記

著者:ジョンJ.レイティ/エリック・ヘイガーマン
出版社:NHK出版
定価:2100円+税


運動をするのは健康美容づくりの一環だったのですが、

脳を明晰にし、ニューロンを増やし・・・等々の働きがあることが明らかにされています。

体についても、筋肉や骨への影響はもちろん自律神経系や内分泌系への好影響も示されています。



近頃、広告系では、いわゆる取材記事より

コラムやインタビューをいただくことが多くて

これはもう文章力はもちろんのこと、

ひらめきとかセンスとか、人間力が確実に求められるワケで

その意味からも悪あがき?として

頭と体のコンディションづくりに励んでいるワケです。


出版系でも企画力、アンテナだよなあ・・・。




英会話ラジオもなんとか続いています。

聴き忘れることが多々ううなんですが、素晴らしいことにHPで

その日の放送がアップされるんです。


というワケで、聴けなかった時はネットで

その日のうちにフォローできまして、毎日欠かさず聴いています。



珍しくいろいろ取り組みが続いている私。(仕事に余裕が出てきたせいもあるが・・・)

何がいいかって、ささやかな日課ですが、

自分で自分の生活をコントロールするのって楽しいんですね~しゃきーん


追われるより追え、ってやつです(?)。





最近、ファッションのコンサバ化が著しく


吉祥寺の友達に「コンサバな明日香さん」

と完全に揶揄されていましたが、

反動か、飽きたのか、ふたたび戻りつつあります。



どうしてもモロッコのマルシェバッグが欲しくなって買いに走りました。

ついでにぼうしも購入。


明日香の編集女子日記

バッグの飾りは、手持ちのアクセサリーやはぎれをつけただけ・・・。



昨日はワンピを2枚買ってしまいました。


コンサバな格好をする気にならなくなってしまったので

着る服がないんです・・・。(言い訳)