心ここに在らず

テーマ:

なんだか脳みそに霞がかかっている・・・。




と強く感じたのは、昨日から。


土曜日に、朝から晩にかけて本1冊分のモーレツ取材をやってしまい、

家に帰ってフラッと布団に入ってたら3秒ぐらいで眠りに就いてしまった私。


日曜日、ぐっすり寝たはずが

どうも頭がボンヤリして、全身が重だるい。


まあ、本来、1カ月ぐらいかけて週1、2ペース程度でやる本取材。

1日でやろうなんて、そうとうの脳の運動量だったにちがいない。



日曜日にやろうと思っていた別本の校正、

とても家ではできそうにないから、

カフェに行って、マロンワッフルセットで脳に栄養を与えてから取りかかる・・・

ものの、やっぱり脳みその霞は取り払えない。



これは単なる仕事の疲れなのか・・・

それとも仕事への熱意の欠如なのか・・・



どうも後者の影響も大きい気がしてならない。





そして、夕方には仕事をあきらめ、小説を読みながらぐっすり就寝。

今朝は一度は6時に起きたものの、眠くて眠くて11時まで眠り続ける。




今日は貸会議室で新しい仕事の打ち合わせが14時の予定。



持参する過去の仕事のファイルは未整理状態、

雨の冷え込みに洋服も決まらなくてアレを着たり、コレを着たり・・・

明日の用意は前日にしましょう」という小学生レベルの標語が頭に浮かぶ。



そんなゴッチャ状態で家を飛び出して、

カフェでご飯をかっ込んでいざ出かけたものの、

到着してみれば・・・・



1日間違ってた!!!!!!








あああ29日じゃなくて30日だったかも・・・。ガックリ。



こんな単純なミスするなんて・・・・

どう考えても、仕事への熱意の欠如。緊張感の欠如。意識の欠如。



ついでに、先週は書かなくてもいい部分の原稿を20ページ書いてしまった

どうしょうもない、ミスもした。






この状態、どうしたらいいだろう




と霞のかかった頭で考える。





a

吉祥寺にヨロヨロ戻ってから、

「と、とりあえず頭を切り替えよう」と喫茶店へフラリ。


カフェ・ロワイヤルというなんだかスペシャル感あふれるメニューを頼んだものの、

なんじゃい、こりゃ?どうやって飲むん?

マッチがついているから、ブランデーやら砂糖に火をつけたりする様相。


お店の人に聞く気力も欠如。

砂糖は入れたくないからブランデーをちびっとコーヒーに入れて、そのまま啜る。


・・・・・・。





先日、仕事先の人と話していたら、その方のお友達の社長さんの話を聞いた。


社内でNO.2を育て上げてはNO.2に会社を譲り、

その売上のアガリをもらい、そんな会社が10数社あり、大層良い具合に儲けているそう。

(もちろん、アコギに搾取しているわけではない。ほんの数パーセント程度)



有能なNO.2を育てるいちばんのコツは、

達成できる目標を達成させ、とにかく成功体験をつくらせる

ことらしい。



ムリをして達成できなければ、それは自己否定、自己嫌悪につながる。

小さな目標をクリアして、そのたびに「自分やるじゃん!」って気持ちを味わわせることが

なにより大事らしい。




それでは。



自己嫌悪でいっぱいの私。


まったく心の余裕がなくなって、

忙しいわけではないのに(汗)、心を亡くしてしまった私。



当面今月は思い切って、「朝5:55に起きる」ことだけを目標としてみようか。


朝、早めに起きられれば、もうちょっと心にも行動にも余裕が出てくるハズ。


よし、今月は・・・!


はなんて思って、ふと気づく。

今月はあと1日じゃん!


ま、とりあえず10月は朝5:55に起きることのみに生きます。


リハビリ、リハビリ。


大きいところを見ないことが、今の私には必要かもしれません。。。


AD

決断

テーマ:

先日、24歳男子に誘われて行ってきた谷中のペルシャ・トルコ・イラン料理屋ZAKURO

イラクとイランのハーフ(わからんがな)というオーナーが名物の店です。


んもうすんごいハイテンションで、ウザすっごく楽しいオーナーさんでした♪




テーブルは床に置いた板。ケバブや豆料理やら・・・。



水タバコもプカプカー。テイスト的にはアプリコットが好き。

これ、家にあると楽しいかも。そのうち、ベリーダンサーが登場。



よく絵本とかにある、大広間に王様がどーんとあぐらをかいて座って、

酒や料理がどんどん出てきて、中央ではベリーダンサーが踊る・・・

そんな風景になりました。ウハウハ。


中東の文化って日本からかけ離れているようだけど、

アラブの宴会スタイルってすごく日本人には居心地よいです。

床に座る安堵感はたまりません。





さておき。



今日歩きながら、ぼんやり思ったこと。


何かを決めるときって、どうしてこう悩ましいんだろう。

結果的にうまくいかないかもしれないし、

Aを選べば、Bにすればって後悔するかもしれない。


もやもやもや・・・・・・



なんで神さまなりご先祖様なりは、

そういうのコソッとヒントを与えてくれないんだろう――

あたしは悩んでいるのにー



私は、決断することがけっこう苦手でして。

決めるぐらいなら、ウジウジ悩んでいるほうを取る人なのです。


ま、決めなきゃリスク背負わなくてもいいもんね・・・汗

ようするに一番楽な道をとっているのかもしれません。




で、この前取材のためにセミナーに参加させていただいた先生から

メルマガが届きました。


そのなかで・・・・


「決断をする、とは、決めて断つこと。」



そうかー。決めたつもりが思いきれない私は、「断つこと」ができていなかったんだなあ。

そりゃ、私は決断できないわけだ・・・。



で、選ぶ基準については


「直感でコレ!って思ったものを選ぶこと」



・・・だそうだ。


もちろんインスピレーションという意味もあるが、

直感は過去の記憶データに支えられている部分もある

直感をもっと信じるべき、ということなのだ。




そうか。


そういう意味では、

直感こそが、「サイン」なのかもしれませんね。

受け取ってるじゃん。ちゃんと。





決断苦手な私とは、少しずつ決別していきたいと思うこのごろです。







AD

欲のままに

テーマ:

お友達のスタイリストさんが会社を興し、お手伝いできそうな仕事が出てきたので

打ち合わせもかねて東大駒場前、いや東京大学キャンパス内のイタリアン、

カポ・ペリカーノ にてランチ。


駒場東大前って一回しか来た事ないけれど、

こんなに渋谷から近いのに、静かで緑が多くて閑静な土地です。


ずーっと日本文藝館 に行きたかったのだけど。

月曜は休館、ザンネン。



ついつい2時間も長居。

そのあと、表参道に移動して、AVEDAのカフェでお茶。

さらに、ちょっと店を回り、アコルトというパン屋でパンを買い・・・

気がついたら夕方の5時でしたーーーー汗。

ま、いいかたまには?






自分を気持ちよくさせることって、とっても大切なことらしいです。


「これは面倒、辛い」とか「失敗したー」とかいう思いを抱えているのは

自分のポテンシャル?みたいなのを下げちゃうんだって。


「きれいー」「きもちいいー」「たのしいー」

って気持ちを大切にしなきゃいけないんだね。




先日、久しぶりに香水を買いました。

TOCCAのクレオパトラ。初めは柑橘系のフレッシュな香りで、

あとから甘渋さが満ちてきます。

(ノートの詳細を忘れただけ)

ナチュラルな香りなので、寝るときもときどきつけてます。

ボトルが可愛いーー。




こちらはニールズヤードのロールオンタイプのアロマ。

サンフラワーやグレープルーツ、ローズマリーなどのアロマがブレンドされた「エナジー」。


私は原稿書いていると、呼吸が浅くなって

全身にものすごく力が入ってしまいます。

臨戦態勢に入っているわけですね。

だから、原稿を書くときは消耗が激しい・・・。

1冊の本を書くときは、1時間書いて30分寝て、また1時間書いて30分寝て・・・

という驚くほど異常な生活になります。


もっと深く呼吸ができれば・・・継続的に走れるのに

と思い、香りの力を借りて、呼吸を深くしようという算段。


ロールオンタイプなので、ゴリゴリと首のツボマッサージにも使ってます♪(間違った使い方)







仕事でちょっと参考にしたくて、通販カタログを4冊取り寄せたら、

欲しいモノが急浮上!

毛足の長いウールシャギーのラグ(ソファにかけたい)

グローバルの包丁3点セット・・・。


ミイラ取りがミイラになるとはこのことよ・・・ん?この使い方でいいのかな。




AD

藍色の朝

テーマ:

昨日は果敢にも横浜トリエンナーレ に現代アート鑑賞。いや前衛アートか。

すごい天気でした。。。。





マイク・ケリーの「キャンドルライティングセレモニー」

映像と音の不思議な後味が残り、良かった。




ジョン・M.アームレーダーかな?これは。

色のカオスが美しかった。


そのほか、マーク・レッキーのファインアート映像

シルパ・グプタの「みざる、きかざる、いわざる」もなかなか。



残りの3分の1ぐらいは、まったくの意味不明さというか、粗さに

怒りすら覚えるほど。。。。


ポリ袋に入ったゴミを見せられてアートと言われても。

い、いやあれは本気でゴミだったのかなあ@置き忘れ。


池田満寿夫とか横尾忠則とか、草間弥生とか

悪趣味ギリギリの美

小沢剛のエンターテイメント性の中にちゃんと

おっと言わせる美がある、

みたいのは好きなんだけどなあ。


乱雑な中にもカオスの中にも亡羊たるなかにも

最終的に「美」が宿ってこそのアートだと思うのです。



美大出の現代アート好きの友人は、創作物を目の前にしたとき

「コンセプト」の有無を重視します。


「そのコンセプトを説明して」


前衛アートというのは、コンセプトありきなんでしょうなあ。

むしろ、アートといわずに哲学と言ってくれれば、私も耐えられると思う。



チケットは2回利用できる。

まだ、メイン会場しか回れていないので、

またヒマを見つけて行ってみるか??

3年に一度だしねえ。



で、あまりに疲れて夜9時には寝てしまった私。

おかげさまで今朝は5時起きです。


夜明けが近づき、だんだんと藍を増していく空を眺め。


朝のこんな藍色の空っていいなあ。


こんな色の朝を見るのはたいてい旅行、それも遠くへ、行くときか

仕事でも1日撮影とか気合の入る日。


ようするにめったに見ないのですが(汗)、

自分の中で緊張感が心地よく高まっているときなのです。



これまで早起きにいつも挑戦しては挫折していますが。

やっぱり朝はいいなあー。


明日から続けるぞ。?うふふ




life style magazine創刊

テーマ:

なーんて。




LIFE SYTLE と冠したファイルです。

今年の夏から琴線に触れた記事などをポツポツ集め始めたもの。


愛着ある身の回りのモノとか。


居心地の良い空間とか。


美しいからだとか。



宝石のような言葉たちとか。








この世でいちばん‘アガる’私だけのmagazineかもしれません。



ホントはぶりっ子!?

テーマ:

先日、youtubeで松田聖子の映像見てビックリしました。

いや、そもそも松田聖子のアイドル時代の映像は

「かわゆすーーーー♪」(身悶え)で

ものすごい衝撃なんですが。




私がその日観た聖子つあん映像は20代後半か30代前半か、

フローレスセイコをオープンしたときのワイドショーの映像。

妙齢なのに、かわいらしさと女らしさが同居してて・・・きれい!

あとこれで男の趣味が・・はおいといて。




小学生の頃、松田聖子大好きでした。


かわいいもの大好きでした。


ファンシーショップってやつに入ると、もう夢心地で。。。

お花のイヤリング、レースの付いた小物入れ・・・

ごめん、記憶が薄まっててもうこれ以上、思い出せない・・・。汗


そのファンシーショップにいつも母親に連れられて行っていました。

ほんとよく行ったなー。あんまり買い物してなかった気がするけれど。

母親もいっしょに夢見てたんだろうなあー。


その店で母親にねだって買ってもらった、

ラインストーンが付いたピンクのカチューシャをつけた私の写真があります。

・・・全然似合ってなくて衝撃です。


というわけで、「私は可愛いのは似合わない!」と悟った私は

20代はひたすらカッコいいファッション路線目指していました。


あれはあれでよかったけど。



とりわけジーンズは履きすぎるぐらい履いたので、

これからはもうあんまり履かないことにしています。自戒。(スキニーは別♪)



やっぱりね、ジーンズにTシャツって、20代が一番似合うんですよ。(と思うんですよ)


30代、40代だって似合わないわけじゃないけれど、

20代のスタイル抜群の子がぴったりしたジーンズにTシャツ着ているのを見ると

「・・・負けたわ。あなたに譲るわ」ってキモチになります。



で。私って可愛いもの好きだったんだ!

と、眠れる獅子を本格的に起こしてしまったアイテムがこちら↓



ギャオス!!!

あのね、あのね!店@nolly’sで見たときは

「お、可愛いじゃん。でもちょっと私にはラブリーすぎらぁ!」

って通り過ぎてみたんだけど。


ちょっと袖を通してみると(通り過ぎてない!?)

からだにピターッとフィットするラインですっごく可愛いの!

タイトスカートやプリーツスカートはもちろん、

紺色のスキニーにもあいそうだし、ワンピにはおってもモッタリしなそうなの。


「これ、いただきます」って言った瞬間に、

あたし可愛いもの好きだったんだねーーーって思い出しました。



で。いっしょに買ったのがこちらのワンピ。



チャコールグレーのニットワンピ。

写真だとちょっとブカッてしてみえるけど、実際はからだのラインに沿ったIライン。

丈やや短めで、ブーツやタイツが映えます。

ニットなのがオトナっぽいでしょ。


今年の流行のワンピはもっと宇宙人みたい?なのだけど、

このラインは私が永遠に好きなライン。

カーディにもよく合うんだわさ。



・・・ちょっと東急をパトロールしてただけなんですけどね。

うっかりお買い上げしてしまいました。



井の頭公園を歩きながら、


あー、マドンナがコンサバ路線入っちゃったの、なんかわかるわあー


なんて一人ごちつつ・・・。




思い起こせば今年の秋は、私的にぶりっ子(死語)全開なのでした。



夏の終わりに買ったのがコレ。↓GAPにて。普段着ワンピと称して。

背中のVネックと、袖のひらひらがかあいーの。色合いが秋っしょ。



その1週間後、東京駅の大丸で、取材の10分前に試着して買ってしまったのがコレ↓

ムダにぼかし入っています。(撮影ミス)

普通に女らしいですね。

今、髪型が短いボブなので、ほどよく女らしく、爽やかにキマッてる・・・

と勝手に思っています。ほっといて。




そのまた、1週間後、またしても東急パトロール中にINDIVIにて。↓上下。

じつは腰にリボンがあるのに、激弱体質。

顔から遠ければ、なんとかなる!って思わされるんでしょうか。

袖がすこしオーガンジー使いなのがウフフです。




なんだ、この写真。実際はツヤ感あるプリーツです。

この撮影でさっそくシミはっけーんん。

ああ、すぐ汚すんやー(涙)。

じつは、バカの一つ覚えみたくプリーツスカート多いです。

これでプリーツ打ち止めします。。








私的には、新しい路線開拓なだけど・・・

世間の女子には普通路線なのかもしれない。


とにかく、今年の秋冬は三十路女子でも

イタくない、オトナの女らしさが漂う可愛い路線(そんなんある!?)

を目指したい今日この頃なのでした。った!!