晩稲

テーマ:

高速教習をしてきた。

いっしょに行ったのは、18歳の女の子。


18歳で免許とるなんてすごいなー、度胸あるなー、しっかりしてるなー。(世間では普通ですって・・)


しかし、高速こえーですなあ。なんだか冷徹なオトナ社会って感じだったよ。



あの感覚(速さ、自分でコントロールしているという意味で)は未体験ゾーンだと思う。

いつもの教習の3倍ぐらい疲れました。


復路では18歳の子はほとんど寝てました。寝不足だったのかな。

私も眠くなったけど、そこはオトナの貫禄ということで(笑)、

教官の話を聞きもらすまいとがむばる私・・・。



私が18歳のときだったら、きっと免許取れなかったと思う。

今だからできるのだと思う。私のばあい。



なんて思いながら、そういえば子どもの頃、

母親が友達のおばさんと話しているとき、よくこんなことを言っているのを耳にした。



「うちの子は、晩稲(おくて)だから・・・」



母の友達の子たちはなぜか学年でも頭が良かったり、

しっかりしている子が多かったと思う。


それにひきかえ、なんだか普通で頼りない我が子を見て、

できないんじゃなくてちょっと遅いだけ、ぼんやりしているだけって、

言い訳のような、励ましのような、負け惜しみのような

「でも、うちだっていつか・・・」みたいなつもりで言っていたのだと思う。



思い起こしてみれば、

自我が目覚めるのも遅かったし(私は17歳の頃と自覚している)、

編集の仕事をしたいからと短大から編入学をしたり、

(それでも編入したい大学に入れず、泣きながら勉強してた)

仕事も新卒のときには叶わず、紆余曲折してようやく今の仕事に就いたり、

人生の行路において希望は一度で叶ったことはなく、

不器用に道に迷いながら、歩んできたと思う。


そんなことしてたから、免許とるヒマもなかった。(言い訳、出た!!)



もしかしたら、そんなじくじくと進まない人生の中で、

諦めずに(私は17歳の頃から編集の仕事がしたかったのです)来られたのは、

「晩稲だから」という言葉がどこかで私の励みになっていたのかもしれない、と思う。

今は遅れているかもしれないけれど、

いつか縮尻を合わすことができると信じられたのかもしれない。


あのとき、母親が「うちの子はダメだから」「ぼんやりしてるから」って言わずに、

「晩稲だから」と希望を残して言ってくれたことに感謝したい。


今でも人生においても、仕事においても

足りないことがいっぱいで愕然とすることが多いけれど、

いつかたどり着く・・・つもりでいきたいと思っている。





*         *         *         *         *




そういえば・・・


教官によると、このままでいくとあと40年で世界の石油が枯渇するんですってね。

(今、免許とるのってもしかして時代に逆行・・・?)



もしそうなったら、運輸や石油製品、工業はかなり大打撃だけど

(その間に、代替燃料も進むだろうが)

やっぱり守るべきは「農」。

食糧自給率を上げるというのは、エコやら食の安全性やらの観点だけでなく、

日本が生き抜くために絶対的に最優先、必要不可欠なことなのだと思う。





AD

その後のネイル

テーマ:


nail

ネイルを自宅で整えました。

私はやすりが苦手で極力使わないのですが(若干、サブイボ)

これからは爪切りを使わずに、やすりで短くすることに。

爪切りの衝撃ってよくないんですよね。

表面は十分に磨かれているので、最後にオイルで。

あ、このオイルってキューティクルオイルでなくて植物油ですがね、っていうかゴマ油!


九鬼太白胡麻油を全身に愛用しています。

胡麻を煎っていないため、色が薄く、匂いもまったくありません。



せめてオリーブ油じゃなくて胡麻油かっつーのは・・・アユールヴェーダの発想。

まあオリーブ油でも全然いいのですが、

ゴマ油のほうが栄養分も多そうだし、

ゴマ油は身体を温める作用があるそうなのです。


アユールヴェーダのエステならたぶんゴマ油を使うはずです。たぶん。




nail
電気を落としたパソコン画面の前で撮ったら、

上手い具合にボカシがかかってロマンポルノ風。




夜はパンを焼きつつ。

パンはリスドゥルというフランスパン専用の粉で焼いてます。



ついでに、スコーンに初挑戦。
nail
びっくりするほど簡単なんですが!スコーンってば。


レシピは

薄力粉150g

ベーキングパウダー 小さじ2

無塩バター40g

牛乳 大さじ4~5

お好みでドライフルーツ(写真はラムレーズン)



薄力粉+ベーキングパウダーを合わせて2回振るって、

1センチ角に切ったバターを入れてコネコネ。

途中、牛乳を入れつつ。

予熱で温めたオーブン200度で13-15分ほど。




ベーキングパウダー以外はパイと同じような組成ですが、

パイって生地がベタベタしちゃってホントに生地をまとめるのに一苦労。

でも、スコーンはベーキングパウダーを入れているため、

生地がくるんとまとまってすごく扱いやすい!

繊細さ・慎重さがないために、お菓子作りには向いていない私ですが、

スコーンはイケるかも!


ちなみに、うちのオーブンはほとんどオーブントースターに近いロースペックなんですが、

焼きは9分ぐらいでこの色でした。いい焼き色がついてきたら、止めたほうがいいかも。

生焼けが心配なら、余熱でしばらく置くとよひでしょう。


あと、じつは虎の子のバターをケチって30gしか使ってない・・・。

ついでに無塩バターがなかったので普通のバターです。

お菓子作りはあまりしないので無塩バターは買ってないのですが、スコーン用にそろえよう。


今日の朝ごはんにしましたが、おいしーーい!

ヨーグルトを入れたスコーンなんぞ絶品なようなので今度挑戦しよう。

あとクロテッドクリームを買ってと・・・。

アフタヌーンティのティーセットで食べていたのがバカらしいぐらい・・・。

誰でも上手につくれるお菓子だと思ひます。

AD

ネイルケアのススメforme

テーマ:

1カ月と4日前にやったジェルネイルもすっかり熟してきました。

生え際に色の違いが見られますが、上から濃い目のピンクでも塗ったれば、

あと1週間ぐらいガムばれそうな感じ。

nail


ちなみに、やりたてはこちら↓

注:上記写真のほうが手がシワシワになっているのは老化ではありません。

手のケアを怠っているためです。(同じことか?)


nail


しかし!爪が痛ぇ!といったら誤解を呼びますが、

日頃の動作が荒いらしく

「あ!自爪だったら今折れてたよ!」みたいな場面を何度やったことか。

ジェルで強化されているから折れないんですがね。

だが、折れないということは力が分散されないから、爪本体への衝撃も強いのでふ。

で、今日、柱に対して直角に爪先をぶつけたときの痛さといったら・・・!(あり得ない状況)


要するに、耐えられる長さのMAXに達しました。

そして、この長さになってくるとけっこう邪魔。

こりゃいかんと慌てて、ネイルサロンにソークオフへ!


ソークオフには3000円もかかるんですがね、「このぼったくり!」っておもってましたが、

想像以上に大変なんすね。

削って削って・・・ネイリスト2人がかりで30分もかかりました。

ジェルの粉が飛び散って、ネイリストさん大変だなー。ゲホゲホ。




こんにちは!自爪ちゃん!
nail


ああ。なんだかひさびさの自爪に心がなごみます。自然っていいよねー。


そもそもネイルのオン・オフのやりすぎで爪が黄ばみ、

ごまかすための対策としてジェルネイルに挑戦してみましたが・・・

めぐりめぐってナチュラルで健康的な爪の良さを改めて実感しました。

いやむしろ、自爪(透明マネキュア含む)でありながら美しいほうが

オトナの女として上等なのでは・・・?


ま、そのうちまたコチャコチャやりだすだろうけど(ブルーのネイルの良さも開眼したし)。




当分は、ネイルケアを徹底して、自爪のきれいな女を目指しマッス。



AD

香道

テーマ:

ってほどじゃないですが。



A

1日に2回ほどお香を焚いてリフレッシュしています。

空気が浄化されて、呼吸が深くなる気がします。
はじめはキャンドルなどをやってみたのですが、私にはお香のほうが向いてるみたい。

アジアンなお香じゃなくて、ジャパニーズなお香が好き。



お香は雑貨屋で買ったり、

ブティックで焚いていたのを買ったり

(すごくいい香りだったんで買ったけど、洋服扱うところでお香とかいいのかな・汗)

あるいは、仏壇屋で買ったり。笑

今のところいちばん好きなのは、松栄堂の二条かな。


香炉も欲しいのだけど、なかなかコレというのが見つからなくて、

陶器のケースで代用中。




今日、教習所の空き時間にマッサージをしてもらいました。

(タダでやってもらえるのだ)

すごい凝ってる、って驚かれちゃった。


「そ、そりゃー20歳前後の子達と比べりゃ、そうでしょうよー!」

と一瞬ひがみぽいことを言いそうになりましたが、

普段は高田馬場にクリニックでいろんな人を診ているようななので

私が「凝りすぎ」だったんでしょう。本当に。


いろいろ運動法とか聞いてきました。


一時はマッサージ月2回に通っていたのですが(2年ちかく?)

かえって具合が悪くなることが多くなってきて

(そんなことを話したら「相性ってありますよ」と言われました。途中で相性が悪くなったってこと?)


自分自身も「もうすぐマッサージ行くからいいや」と運動やらをさぼってしまいがちなので止めてみました。


同じサロンに通っている友達ともこんな話をよくしました。

「予約の前々日、前日になると調子が悪くなる。体が待っている感じ?」

「先生、2週間後に切れるように設定してるんじゃないかしら(笑)」


なんていうんだろう、甘えちゃうんですよね。

通いながら、自分自身もしっかり運動できれば最高なんですけど。



さて。通わなくなってから、運動に力を入れているかというとそうではなく・・・・。

いかんなと反省しました。


明日からウォーキングしっかり気合を入れよう。



まあ、しかし。

マッサージガラ空きでした。ネイルやら占いとかのときも空き気味だけど。


思えば、私が20歳ぐらいのときってマッサージとかとくにやりたいと思わなかったからなあ。

(今ほどサロンも多くなかったのもあるけど)



運動とケアと、姿勢(コレ大事!)でフレッシュな体を取り戻さなくちゃ!と

とりあえずここ1ヶ月の目標にしたのでした。


ああ忙しい。






エコおばさんの糊付けスプレー

テーマ:

エコ、してますか?



私のまわりにはあからさまなエコを好まない人が多く、

まあ私もどちらかっつーとそちらかと思いましたが、

どうもエコ道にずっぽり足を踏み入れているようです。





最近、アイロンかけの楽しさに目覚めまして。


パーフェクトにできないからけっこう嫌いだったんですが、

布巾とか買い物バッグとかパキッとかけると気持ちが良いですよね。


理想としては、シーツとかTシャツとかにもかけていきたい。

(エネルギー的には、エコじゃないですが)


そういえば家にあるアイロン用キーピング(糊付けスプレー)って

ずいぶん古いよなあー。腐ってるんじゃないかしら・・・


と思い、はじめて成分を見てみた。


・・・えー!


耐熱性ポリマー、シリコーン、香料


だって。



でんぷんとか全然入ってないんだ・・・。ビニールコーティングに近い・・・?肌に悪そ。




これじゃあ、いくらローションや石鹸にナチュラルなものを選んでも意味ないんじゃ・・・。

アウターならともかくシャツやなんかは直接肌に触れるわけだし。




リネンウォーターとかで代用できるかしら!?

と思ったけど、香りづけやスムーサー的なもので別物。



で、ネットで調べたら・・・ありました。


コーンスターチ(あるいは片栗粉)大匙1と水150-200mlでできるらしい。



さっそく作ってアイロンをかけてみる。


キーピングって湿った状態だとベトベトするんですが、

この糊付けスプレーだとサラサラ。

仕上がりも手触りがサラサラで、綿がカチッと糊付けされていてgoodです。

色の濃いものには注意が必要。衣替え前にはやらないほうがいいですね。

また、使うつど捨てる。



糊付けって本来、澱粉質のものでやるはずでしょ。

なんだか何でもちょっと気を抜くと、偽物にすり替わってしまいますね。

たしかにすぐ使えて便利なんだけど。



化学的なものを一切否定する気はないし、避けることもできないと思いますが、

たぶん今の世の中、多少気をつけてオミットするぐらいがちょうどいいバランスだと思うのです。





と、ここまで書いて思ったのですが

私のエコは完全に内向きですね。

ちきゅうのこととかあまり考えてませんね。

買ったその日に靴捨ててる時点でも。

(っていうかこっそり「古着」の日に出しちゃったんですがねー。途上国とかに行くらしいです・汗)

これはエコではないな。・・・ただの健康オタク・・・?笑

安物買いの銭失い

テーマ:

呼んだ?



安物買いの銭失い、この手の失敗とは縁を切ったつもりでしたが、

またやってもうた・・・。




教習所通いで、ペタンコ靴がヘビロテ状態にあり、

底裏の柔らかいペタンコ靴は1足しかないので

未来のドライビングシューズとして使えるものが欲しいなあと思っていた。

ついでに、近所に買い物に行くとき、たくさん歩いても疲れなくて

スニーカーとは一線を画すパンプス風の靴が欲しいと思ってた。

できれば、ちょっとおでかけにも使えそうな・・・

このように欲張っている時点で間違っていた)



で、雑貨屋でたまたま見つけた、

キャンバス地のペタンコパンプス。色はレモンイエロー。

裏がゴムで歩きやすそう。かわええじゃないの!


なんとなーーーくサイズがピッタリしすぎる気がしたものの

とってもお安かったので購入。



そのあと、郵便局(徒歩200mぐらい)に行くのに履いてみたら歩くとキツイ!!

しかも、メイド・イン・インドゆえなのか臭い!!


ごめん。帰ってきて・・・捨てました。

履きつづければ伸びるかなーって気もしたけど(たぶん伸びない)

それよりなにより臭いに耐えられなかった・・・。



いやあ歳をとると、肌触りなんかもこだわるようになるけど、臭いもそうですね。


この前、109入ったとき(なぜ入ったか忘れた)、

めったーーにいかないので見て回りたかったけど、

もう臭さに耐え切れず、すぐに出てきてしまいました。


なんだろ、あの合成皮革とか安物の服の臭い?



あああ・・・次はちゃんとした靴を買おう・・・。





話は変わりますが、お休みしてた「Lの世界セカンドシーズン」を見終わりました。


っていうか、最終手前の6巻の前で止まってたんですが、

6,7巻こそが見所でしたーー!

もうお父さんの亡くなるシーン、そしてディナの出産シーン

涙しちゃいましたよ。深い!


こんだけ感動させておいてサードシーズンはなかろうと思ったけど、

続くらしく、しかも思った以上に見所満載みたいで

プロデューサーだか監督だか脚本家だかの(あいまい)

人間的深みと、エンターテイメントの能力に感服しちゃいました。



青ネギのディップ

テーマ:

野菜ソムリエの方に聞いたんですが、

ネギって白い部分は淡色野菜で、青い部分は緑黄色野菜だそうです。


なるべく青い部分も使うようにしていますが、「なるべく」じゃなくて使うべきですね。


で、岩井の夏ネギをいただいたので

例よってもてあました青ネギ部分でディップをつくってみることに。



青ネギのぶつ切り

ゴマ油

砂糖

味噌

一味唐辛子


を適当に入れて、バーミックスでガーーーー。

negi

トロトロのスパイシーなディップが出来ました!