歯のクリーニングに行ったらば、

「最近、フロスしていますか?」

「あっ・・・」

「ジェルコートしていますか?」

「うっ・・・」

と怒られる。ウヒー。手抜きしていましたー。


かれこれ6年ぐらい担当してもらっていますが、

この歯医者を紹介してくれた友人はここで12年ぐらいかけて歯の矯正をし、

いっしょに食事とかしていても歯を磨いてくる人です。気持ち悪いから、とか言って。

そこまでするのもどうかと思いますが・・・もっと気をつけなきゃ・・・反省ー。

私は虫歯になりやすいので人一倍のケアが必要なのです。


歯医者からの帰り道(チャリ)、大家さんに家賃を払いにいく。

帰り道をちょっと替えたら・・・
oka
うわぁーーー。びっくりした。どこか山奥の田舎みたいです。

やっぱり田舎暮らししてみたいなあ。でも買い物も好きだからやっぱり吉祥寺だわ・・・。



今年の桜は早かったですねー。

散歩している某公園でも満開(かな?)となり、大賑わいでした。

桜が咲くときってある日、ほんとうに突然咲きます。

今年は朝散歩していて「オヤー!?」と咲いているのに気づき、

昼にまた通ったらさらに開いていて、夜もいよいよ・・・・という感じでした。
ike


一本桜というのも、またいいですね。

i




これから本を少し離れようと思っている。

もちろん本は作り続けるけど、雑誌とか広告の仕事を多くして

インタビューとかコラムや紀行記事をみっちり書きたい。

本の世界の複雑さにちょっと疲れました。

とくに著者の先生との関係や、本を1冊まとめあげ、

デザイナーやイラストレーターをコントロールして完成まで持ち込む力技に。

自分で取材して、自分で書く、自分の名の下で

と、シンプルに「自分の仕事」に集中してみたくなりました。

雑誌でガンガン仕事します!と決意表明。



某カ○ルカフェの取材。よりによって1年でもっとも忙しい日に。

取材が終わると、外には長蛇の列。50人はいたんじゃないかしら。


そのあと、神田の古本市に。



HON



見よ。語り継がれる本の美しさを。

お前のことがきらいになったわけじゃない。

でも、大事にしたいから、お前とのこと真剣に考えたいから・・・距離を置こう。

おれがもっと一人前になったら、またお前の前に現れる。いつもお前のこと想ってる。

にゃはー叫び




つーかもう、寒すぎて3冊しか買えませんでした。死ぬ。






週末、「Lの世界」のセカンドシーズン入りしようと思って、

レンタルショップに行くものの、全部貸し出し中・・・!

とはいえ、新作で1泊2日が基本だから、待ってたら帰ってくるかも、としばらくうろつく私(涙)。

さらに、そのあと所用をすませてもう一度寄ってみる私(涙)。

あああああ・・・(泣き崩れ)。



「Lの世界」を入手できず、家に帰り、衣替えに励んだもの

夜には終わってしまった、日曜日の夜の私。

さて今宵何しようぞ、と思っていたら、

飲み友達のギャル(おじさん)から電話。

みんなが飲んでいるところに参戦。


結局、またしても飲んだ暮れて終わった週末でした。


かろうじて化粧落としと歯磨きができたことは一歩前進! ということにしておこう。


AD

酔っ払いの問題

テーマ:

昨日はワイン会に参加。

その後、友だちと河岸を変えてさらに飲み。3軒目まで。

知り合いのおじさんのおごり。最近、すっかりおごってもらってる。


家に帰って「まあまあ化粧落としたりはいずれやるとして・・・まずは横になろうじゃないの」

とベッドに入り込み、そのまま就寝。

なかば確信犯です。ダメダメです。8割がた、このパターン。ヤヴァすぎ。


うぅ。今日9時から歯のクリーニングの予定なので

ワイン会で終了するはずが・・・。

あたし酒臭いんじゃないかしらん。どきどき。


とにかく酒を追い出すため、

朝6時に起きて、風呂に入り、歯を磨き、ご飯を食べ。

今、ほうじ茶を飲んでいます。ほっこり。

もう臭わないかしらん。


AD

春だもの。

テーマ:

ひさびさにネイルアートしました。

爪先にジミーなホログラムのチップみたいなのをつけたところ

あまりに地味でネイルアートになっとらん!

ので急遽、爪の根元にストーンを1つ。

やっぱり地味めだけど。抑え気味なのが好きです。


nail

下にあるロッテのマカダミアチョコは最近、ハマり気味。

春ってほんとうに食欲がアップしますね。いくらでも食べられるぞー。


ちなみに、以前漢方の先生に取材したのによると、

春になると植物が芽を出したり、花開いたりするように

人間の体も活動が活発になり、代謝がアップするのだそう。

だから、食欲が湧いてきたり、眠たくなったりするんですね。



今日は仕事の帰りにパルコに寄って、

スカートやらニットカーディやらを試着しました。

おおお、意外と私、サーモンピンクに合うのね。

白いインナーだったから、ほどよくバランスがよかったのかも。


思わず買いそうになりましたが、幸運なこと(?)に在庫がなかったので

無事帰ってきました。

ちなみに(2回目・・・)、以前カラーの先生に取材したのによると、

30代以降のピンクはローズピンクがオススメなのだとか。

ローズは血色の色でもあるので、肌なじみがいいし、

ほどよく大人っぽさがプラスされます。

また、手のひらの親指の付け根の色。

人によってピンクの色調がちがいますが、

この色調に近いピンクはその人に合う色。



なーんて、すべて人の知識の聞きかじりでした。


子どもっぽくなりすぎないピンクのカーディはどこかで買おう。うん。


AD

額縁の飾り方

テーマ:

どうやら、額縁、というか絵を飾るのが好きらしい・・・私。

最近、自覚しました。汗


ベッドまわりにあった絵は、こちらに↓移動。

右の絵はハワイで買ってきたもの。

兄の結婚式でハワイに行ったときに買ったので思い出の絵でもあります。


ただ、この絵に合う額縁がなくて、ようやく合ったのが

ガラスが2枚はいっている、透過性?の額縁。

マット紙付きなので深さに余裕がなく、ガラスを抜いてそのまま入れて使っていました。


場所を移動するに当たって、いよいよカバーを入れねば・・・

(直射日光が当たるんで)


昨日、ユザワヤに行ってアクリル板を買ってきて、自分で切って入れました。

薄いのしか入れられませんが・・・。


ちなみに額縁にはガラス板は入れないようにしています。キケンなので。

アクリル板のほうが軽いし、安全だし、

紫外線などにも強いとお店の人が言っていました。


そのまま飾っていたので、退色や変色がずっと心配だったのですが、

これで一安心。


ハワイの絵をここに飾るにあたって、2つの絵を外して・・・。

そのうち1つはトイレに。もう1つはしまいました。飽和状態ですね。



1面の壁に5枚ぐらい飾ったり、階段や廊下に飾ったりするのが夢です。


ちなみに、てんでバラバラの額縁をきれいに見せる秘訣・・・


それは「ラインを調える」ことらしいです。


大きさや種類が違っても、一辺は線が揃うようにする。

階段に飾る場合でも、角をつないだら一直線になるように揃えるとか。


乱調の中にも調和があるから、美が宿るんですね。

命短し、恋せよ乙女

テーマ:

アンディ・ウォーホルの絵、

結局ベッドまわりにおさまりました。



bec

はじめからここにかけていればよいものを・・・(笑)。

このスペースならタテでもヨコでも合いそうです。

部屋も明るくなって、大満足です。

うひひ。



昨日、「Lの世界」のシーズン1を観終わりました。


感想としては、うーん「短い人生、恋がないと損だなあ」ということ。


思いを伝えたくて相手の家の玄関の前に立つとき、

もっと近づきたくて相手を見つめるとき、

思いが伝わらなくて惨めな思いと焦燥感にかられているとき

人間の姿はなんて美しくて、刹那なんだろうと思いました。


その相手が男だろうと女だろうと大差はありません。

大切なのは誰かに恋するという行為。


レズビアンという限られた世界のドラマで

ここまで普遍的な思いにたどりつくとは思いませんでした。



この人生、恰好をつけずに、畏れずに

熱く生きられたほうがいいです。





アンディのおへや

テーマ:

今日は午前中、打ち合わせに出かけて

昼に戻ってきて、友達とランチ。

さらにお洋服を物色の旅へしばし。


ついでに、オーダーしていた額縁を取りにいきました。


枠材が残りわずかなので4月になるかも・・・といわれていたのですが、

思いのほか早く出来てよかったです。


この枠材はポップアートにかなり使われています。

絵を全部携帯で撮って、お店の人に相談して決めました。

存在感と色みがやや強め。イエローをオーダーしました。

ちょっと黄味が強かったかなあ。ま、こんなものか。



さっそくお約束のキャンベルスープから入れてみる。

2

ふうむ。なるほど。



予定していたキッチンに・・・・。

なーんかゴチャゴチャ感が否めない。かなり無理やり(笑)。

1

まあ・・・スペースないんだよね。



絵を変えて、今度はバスルーム前に・・・。無理やり。
3

ベッド周辺がいちばんしっくりくるのかな。白壁のスペースが広いし。



私の部屋には余ったスペースがない!!

ということに若干、気がつきましたものの(汗)、

アンディの絵は6枚もあるので、あれこれ楽しんでみます。



こういうフレキシブルなのがけっこう好き。


言い方を変えると、

貧乏くさい、一度で何度もおいしい、などとも言いますが。




今回、額縁を初オーダーしましたが、

額縁の縁を2種類重ねたり、絵の縁となるマット紙をいろいろ工夫したり、

いろんなことができるんですねー。

アンディの6枚の絵は余白が全部ちがうので、マット紙は作れませんでしたが。



しかし、なんだ。

こう写真を見ると

私の部屋はポップアートがはまるのか?

という根本的な疑問も浮上したり。


いやー、ナチュラルな感じの部屋だと思うので(アジアンとは呼ばせないぞっ)、

絵まで「ナチュラル」で無難に納まりたくなかったというか、

守りに入りたくなかったというか・・・(意味不明)





今日は歩き回ってクタクタ。もう仕事する気になれないので、

「Lの世界」のDVD2本をゆっくり観ますー(シーズン1完結よ)。

うふふ。(なんかまちごうとる・・・)


しごとしごと

テーマ:

いやーいい天気。洗濯日和だわぁ。。

土日はみっちり仕事ですーー。涙


雑誌の仕事で、スケジュールが変更になったので

かなりの量をこなさねばならず・・・手間のわりにギャラやっすー

って感じなのですが、

やりたい方向の仕事ではあるので

「喜んで!」やることとします。



昨日もみっちりと仕事するはずが

夕方に友達から焼酎会に誘われて、鹿児島の焼酎を満喫。

その後、飲み友達のおっさんたちとバーに行って飲み。


ほどほどに遊んだので、大人しく仕事しますー。


皆さん、遊びにでかけるのかしら。



早くすっきりして遊びたい。




ちなみに、最近私がハマッているのは

「Lの世界」という海外ドラマ。(仕事ばたばたにつき、3巻でストップしていますが)


これねー、いわばセックスアンドザシティのレズビアンヴァージョン?


男性のゲイ作品には興味津々ながら(?)

レズビアンを描いた作品に興味はなかったのですが、これは面白い!


いろんな問題をはらんでいて

セックスアンドザシティより、ストーリィは深く、面白いです。


男×女だろうと、男同士だろうと、女同士だろと、

人を恋しく思う気持ちは変わりはないと思いました。


人間にとって大切なのは「人を思うこと」ができる気持ち。


しかし、女vs女の恋愛だから、どちらも自分に近くて

なんとなく両方の気持ちがわかってしまうというのも新感覚。


舞台がLAで、いろんな風景を映してくれるのもなんだか懐かしくて好きです。



Lの世界、

「ふーん、レズビアン、あるいはレディの世界ってこと?」って思っていたけど、


LOVEとかLOSTとかLOS ANGELSとかいろんな意味を孕んでいるみたいです。一応。



さ、仕事すよ。








沈黙。

テーマ:

本読んで勉強したり、思索したり、

ネットや新聞で情報収集したり、

なにかに触れて刺激を受けたり・・・

そういうことって、人生や仕事のうえで大事とされていたりするけれど、

近頃、排除していくことも大切と思うようになった。



私はときどき、ゆるーい目標を立ててみたり、

「あれをしたい、これをしたい」と思ってみたりするのだけど

いつのまにかポッカリと忘れて置き去っていることが多い。


それは、「意思が弱い」「行動力がない」以前に

自省する時間が少ないからだ、と気づいた。


ムダな刺激、情報を制限するため、テレビは一切観ないけど、

その代わりに、ネットをしていたり、本や雑誌を眺めていたりする。

世間と離れすぎないためにラジオを聴いたりもする。

(一時、テレビを復活させてみたこともあった。(あまりに有名人の顔をしらないので汗)

 でもダメだった。面白い番組が放送されることもあるけど、いかんせん無駄が多すぎる)


下手したら四六時中なんらかの情報に触れていたりする。

これでは自分の思いをめぐらす余裕などあるはずがない。



お風呂で目を閉じる時間、

手帳を広げる時間、

寝る前の時間、

意識して考えるための時間をもつようにしたら、

自分の方向性にブレが出にくくなってくるように思う。

これでいいのだろうか、と過度に不安になることもなくなるように思える。


積み重ねることだけが豊かさではない。

引き抜いていくことも豊かさを生む方法。


外から知識や刺激を取り入れようとすることは外に変化を求めること。

自省する時間をもつことは、内側の変化を起こすことなのではないか


と感じはじめている。








ニューオータニ

テーマ:

両親をともなってニューオータニに泊まってきました。


着いたらアイマッサージとフットマッサージを受けて、

夜はなだ万で懐石、翌朝はガーデンラウンジでコンチネンタル、

昼はトップオブザスカイで、ブッフェ。


間に庭園を散歩しつつ、美術館を鑑賞しつつ。



昼はすでにおなかいっぱいで、

ブッフェはあまり好きじゃないのですが、

母の思い出の場所でもあるので

3人でまったりと食べてきました。


もともとは四谷のとあるレストランに行くのが目的だったのですが、

オーナー2人でやっている店で、高齢のためか?

連絡がつかなくなってしまったのです。





しかし。ニューオータニ、サービス悪し。


着くとティーポットは前の人の使ったものだし、

電話したら、電気ポットもってきた。

閉店の店の階に連れて行かれる・・・

ラウンジもポットの水も激マズ。

プールを使おうとしたら、すんごく狭い。しかも、どこよりも高い・・。


働いてる人も、なんだかバイトっぽい人ばっかりなんだよなあ。

(バイトじゃなかったら・・・それはそれで問題・・・)



じつは兄弟がここで結婚式を挙げているのですが、

初夜はそこに泊まるはずが、ダブルブッキングで泊まれなかったり

という事態も起きているのですよー、過去に。汗



運が悪かったといえばそれまでですが、

一事が万事、ともいいますしな。




でも、親子三人で泊まれたのはうれしかったな。

母が遠出できないので、東京のホテルが限度。

そうすると、庭や美術館、あるいは

スポーツ施設などが充実しているところがいいのですが。

ニューオータニはおなかいっぱい。


でも、あまりホテルとか慣れてないし、

連れまわして疲れさせているだけなのかも・・・。


妙齢の親を喜ばすのはなかなか難しい。





休日

テーマ:

土曜日は友達と上野のルーブル展へ。


マルイ前で待ち合わせて、アメ横の肉屋でステーキ定食。

大山というお店。激ウマ。


その後、上野公園を散策。東照宮を鑑賞する。


日光東照宮ほどではないけれど、

国宝や重要文化財の彫刻がたくさんあります。


境内には諸大名から奉納された燈篭がたくさん。


重厚で絢爛で見事なものでした。



その後、本丸のルーブル展。

予想通り、混んでる・・・・。


マリーアントワネットの旅行鞄と

アントワネットの顔を写実的に描いたとされる肖像画は、見ものです。


ベルばらにあるマリーアントワネットのイメージではないですね。

むしろ、イメージに近いのはポンパドール夫人。

小顔でお目目ぱっちりの小悪魔系ですね。



そうそう。上野公園では一部桜が咲いていました。




大寒桜という、ピンクが強く、花びらも多い品種。

一足早い春ですね。




その後、芸大のアートショップをのぞき、

上野桜木、根津、谷中銀座、日暮里と散策。


上野周辺、かなり楽しいです。3時間近く歩きました(汗。


夜は古本屋の店主とその常連さんに教えてもらった

深圳という谷中銀座の中華料理屋へ。

のちに、地元の人でいっぱいの居酒屋へ。


しかし・・・谷中・根津周辺の夜は思いのほか早い。

どっかどっぷりに飲めるところないかしらん。




今日は、午前中に

知り合いの子がバーを借し切ってガレージセールを開催。


ちょっと覗くだけのつもりが、

Zuccaのニットとデニムミニを買ってしまいました。


ほかにもA.P.Cやクロエなどブランドぞろい。

いっしょに行った子と「私たちもやろうー」と話したものの、

私の出品できるものってかなりしょっぱいんじゃないだろうか。


午後は、著者の先生が六本木ヒルズでやるイベントにお呼ばれ。



・・・と充実した休日を過ごしてしまったゆえに・・・

部屋が汚い・・・・。


これから片付けて、気持ちをリセットしなきゃ。