秋の夜長

テーマ:

忙しくなってくると、

夜8時(食後)にぷっつりと眠くなり、深夜1時にぱっと目が覚め、

慌ててお風呂に入ったり、片づけをしたり、それで3時4時に眠るような

めちゃくちゃなペースにハマってしまいます。


いや、ある種、規則的ペースといえるか・・・・・。(混乱)


忙しいといっても、

それは週末遊ぶようになったからで

今までは週7日で仕事スケジュールを考えることが多かったから。

(休まず働いているわけではなく、余裕が出ると月・火・水と休んでたりする)


で、早寝早起きしたい!というのが私の夢だったりするのですが、

どうも何時に寝ても、午前9時に起きるように体がセットされているみたいなんです。



サーディカンリズム???とかいうんですか。

人間のからだは朝早くおきて、夜遅く寝るようにできている、

とかいうやつ。


私の場合、それが午前9時と生まれつき決まっているのではないだろうか・・・・・ブルブル。


思えば、子供のとき、朝はとても辛かったし、

会社で働いているときもやっぱり辛かった。


寝るのが遅い、低血圧・・・なんつー突っ込み禁止・・・っと。



とにかく早めに寝ても、遅く寝ても

9時前後が自然に目が覚める、起きられる時間なのです。

くすん。



そんななか(どんななか?)

花音さんからお菓子の贈り物。




a

ほこほこのクッキーは甘さ控えめでおいしい~!!


生茶葉入りショコラ玄米入は、もう茶葉とチョコと玄米のバランスが良くって!!!!

ひさびさにおいしいチョコを食べました!うぅーーーー。


あわせて静岡の深蒸緑茶・・・・・・んまーーーー!

(すでに全部に手をつけている人)



ときどきおいしい緑茶が飲みたくてウズウズしますが、

やっぱり静岡のお茶は最高だぁーー。



というわけで、贈り物下手な私には、贈り物上手な友達がいます。

(ある種、最悪のパターン・笑)



しかし、おいしいものはいいですね。

また人からいただくありがたさや・・・。

やっぱり、こういう贈り物上手になりたいなあ。





a

で、カードは国分チエミさんとイラストレーターによるもの。

角丸で可愛いので、さっそく飾らせていただきました♪



花音さん、ありがとうございます~、




で、そのおいしい緑茶とショコラとで漫画ヨミヨミ。

最近、はまっているのが山岸涼子の「テレプシコーラ舞姫」

まだ、4巻までしか読んでないけど、すんごい面白い~!!!!!!


手塚治虫賞を受賞した傑作中の傑作でございます。


山岸涼子の新しいタッチがあまり好きじゃなくて

読むのが遅くなってしまったのが悔やまれる。


やっぱり、バレエはいいなあ。また、やろうかなあ。







AD

週末の過ごし方

テーマ:

来週のイベントに向けて、スタッフ同士打ち合わせ。



食べ物メニュウ、ドリンクなど。


私は手作りパン(注:ホームべカリーに作らせたもの)を提供して

サンドイッチをつくることに。

ほかに豆のマリネやらガトーショコラなどを検討中。


お酒はワイン赤白、ビールのほかに簡単なカクテル、焼酎っと・・・・。



なんて話し合いも済ませて、あとは衣装の話で盛り上がり。




そのあと、仲間と連れ立ってハモニカ横丁に飲みにいく。


ハモニカは小さな路地に飲み屋が密集している地区。


お店も半分外みたいなもので、店の前にテーブルとイスを並べて

ちまちまと飲んでいます。

アジアチックですね。

最近は吉祥寺在住の外国人(とても多い)もみかけるようになりました。

1軒、外国人が経営している店があるので、そこはいつも外人だらけ。



ちなみにお店は、すごく小さいのでトイレがありません。


ハモニカ全体のトイレがあって、みんなわざわざそこを利用しています。





思えば、この半外の状態とトイレ移動が

ハモニカの流動性と勢いを加速しているのだと気づく。


トイレに行くときに知り合いに会う、

店の前を通りかかったときに知り合いにあって引き込まれる、

「誰々があの店にいるよー」などと報告しあう、

そんな楽しさがあります。

たいていみんな軽快に移動して2~3軒はしごして楽しんでいます。


トイレのある店もあるけれど、

そういう店はだいたい閉ざされた空間で長居になる。人と会わない。



あああああ、吉祥寺はなんて楽しいんだ!



なんて思うと同時に、みんな寂しがりなんだ、と思う。


みんな人と会いたいのだよ。

人と飲んで、だらだらと下らんことを話したい。



でも、それって素敵なことなのだと思う。人は友達なのだから。




あ、仕事と遊びに両立について書こうと思ってたんだけど・・・・まいっか。



AD

御宅訪問

テーマ:

とある女先生にお呼ばれをして、

ご自宅で夕食をいただきにお邪魔してきました。@渋谷松濤



この前、事務所を訪問するときに

井の頭公園近くの揚げ饅頭屋さんでお土産を買っていきました。


たまに買っているところは駅の向こう側。

あまりに時間がなくて回る余裕がなく、一番近いところを選んだんですが。

(お店、わかる人にはわかってしまうかも)

申し訳ないけど、激マズーーで。



油っこくて甘っこくてサイアク。びっくりしました。


(なんか吉祥寺で人気!みたいな店構えなんだよね。

 店先にLEEの中山美穂が表紙の雑誌を飾ってあったり。たぶん取り上げられたときの。

 中山美穂ってもちろん渡仏前ですがね。あーーーーーーー!!!)



心なしか、先方(3人)も言葉が途絶えがちに・・・・。


ほんと恥ずかしい思いをしました。



はわわー。



私、甘いものをあまり食べないので、

ホントおいしいところがわからない。

なさけなし。




今回は挽回せねば。

できるだけ確実路線を狙いたい・・・。



おいしくいただけるのは生菓子や果物だと思うのですが、

先生は一人暮らしだし、足の早いものってすごく悩みますよね・・・。

かといって箱入りの焼き菓子も大げさだし。


うーん。

そろそろチョコレートなぞいい季節。

確実安全パイということでジャン・ポール・エヴァンあたりで買っていくか。


と予定していたのですが、

先生の御宅は渋谷・松濤なので通り道にない。


結局、吉祥寺のゴディバでチョコレートアイスクリームを半ダース買いました。

これなら、爽やかさもあるし、日持ちもするし。



でも、買ってからこれでよかったかしらん・・・

とちょっと気に病む。



ついでにブーケを買い足しつつ。



a


お渡ししてから、

話題に「私あまいものをあまり食べないので」(先生)という発言が出て


また失敗したかなあ・・・


と思ふ。

フルーツにすればよかった。でも、まさに旬!っていうのがなかったんだよねえ。



そういえば、前回のお土産(揚げ饅頭)のときも

「私、自宅以外で揚げた食べ物って口にしないの」

っておっしゃってて・・・涙。


先生、意外と無意識に辛口でいらっしゃる・・・・。





ちなみに先生宅でいただいたワインとチーズ、

めっちゃくちゃおいしかったでございます。

2人でお食事楽しみつつ、平日から2本空けてしまい。

食事がコースになっていたので、最後にお茶を飲んだのが12時。


ようすをみつつ、洗いものをお手伝いしたりして。





お土産にかぎらず、こうした相手へのおもてなしや気遣いというのは

一朝一夕にできるものじゃありませんね。


私が「遊び」が必要と思うのはこういう部分でもあるんです。


しかし。

おもてなし道ははるか遠いです。



もっと遊ばねば(?)。



AD

まだまだ成長中?

テーマ:

やや。あの8月の遊びっぷりは特別だったんだ、

と思い知るここ数週間。


すごい多忙ってわけじゃないンだけど、大阪出張とかあっても

プラン・ゼロ期間だったら絶対に京都泊とかたくらんだのに、

そんなんやっている暇はなーーーい!


k

というわけで、大阪の環状線(東京でいう山手線ですね)の写真をパチリする程度。


関西って電車がそれぞれ個性的なんだよねー。

紺色とか臙脂、茶とか使っててシックなのも多い。



それはさておき。



仕事に加えて、

寝るのに忙しい。

遊ぶのに忙しい。


週末はつねに思う存分飲んだくれるという素敵な日々を過ごしているのです。


そのうち、友達とイベントをやることになったり、でますます遊びから離れられない。。。



私も32歳になるわけで、

遊びを知らない大人として出来上がるのは、どうかな、と思っているわけです。


というか、多くの時間を仕事への焦燥感や情熱で生きてきた(つもり)の私としては

毎日ってもっと気軽に楽しむべきものだったのー!?って今更ーなことに気づきつつ。



遊んでいるときに知り合った音楽家の男の子に

自分の仕事内容の欠点について指摘されました。


もちろん彼は批判しようとして言ったわけじゃないんだけど、

おたがい好きな本の話をしているうちに自然と・・・・・


ほんと私って考えが浅いところがあって

自分の仕事のよい面、素敵な面だけをみてえらく満足してた。


でも、軽く見方を変えるだけでそんなふうにもなってしまうんだ、

と、ものすごいショックを受けてしまった。正直、泣き出してしまった。



遊びにしても、仕事にしても、人生にしても、読みたい本にしても

やるべきことはたくさんある。



思ったものが10とすると4ぐらいしか拾えないけど、

できるだけ多くを拾ってみたい、


というのが私の今の気持ち。


それを可能とするおおらかな大きな力が欲しいのです。