夏を惜しむ

テーマ:

やっとーー涼しくなった!


高田馬場の大人バーの取材が入り、

急遽アポ入れ。

なんとか明日に取材を入れなくては・・・


なんて焦りつつ、ご飯の用意に

キッチンを足を踏み入れたら・・・ラムを発見。


ボトルが薄っぺらくてハンディで

酔っ払いがフトコロから出して

グビーって飲むヤツと同じシルエットをしてます。

rum


さっそく氷と水で割って、空腹にゴクリ。


あたし、基本的にはウチ酒はしませんが、

料理とかしながら、

空腹時に少量飲むのはスキ。


酔いが回ってたのしー。


ラムってあまり興味なかったのですが、

暑い日におこなわれた友達のキューバーイベントで開眼。


暑い日にコクリって飲むと、

不思議とうまいんですよー。


夏のいい気分が体中に回り出す。


もうすぐ夏が終わるから、

ちょっと飲んどかないとね。




AD

生き急ぐ女

テーマ:

近頃、「生き急ぐ」が合言葉です。ショック!



だってボンヤリしてると、

あっという間に時間が過ぎちゃうんだもの!


おしゃれもしたいし、

遊びもしたいし、

恋もしたいし、

美味しいものも食べたいし、

教養も身につけたいし、

もちろん仕事もちゃんとしたいし。



先日、ウェスティンで友達と

「やりたいことがありすぎて・・・

25歳ぐらいだったらいーのにね!」

と話しておりました。


若くなりたいっていうよりも、

(いや、別になってもいいが・笑)

猶予期間が欲しい。


友達は同い年で結婚してて

子どもには今のところ興味なし。



あと数年かしたら・・・・


子ども産むリミットとかくる?


海外旅行とか行けなくなる?


そのころ親は元気?


おしゃれも制限されるのかな?



もちろん、この先の人生を

どうアレンジするかは

自分の器量次第ですが、

年齢も取り囲む現実の一つではあります。


今を大事にして生きるためにも、

自分の器量を養うためにも、

ぼんやりしてる場合じゃなーーーい

みたいな気持ちになっちゃう。



たぶん、31歳になって

ようやく視野が開けてきたのだと思う。


自分が手を伸ばせば、


できることがたくさんある。


世の中には面白いことがたくさんある。


私には未知の友達がたくさん待っている。



焦るというよりも、

いろいろやんなきゃキラキラ

って気合が入る。



秋も近づいたことだし。

さらにさらに心機一転してみるのもいいかも。





AD

がけっぷちで夏を楽しむ。

テーマ:

先日、日記に「夏を楽しむんだー」と書いた翌日に

高円寺阿波踊りに行くことが決定。



awa


お祭りのスタートは6時からなので、5時に高円寺で落ち合って

しばらくまたーりお茶でもしよう、ということに。



直前にネットで調べた「のら犬カフェ」という

いかにも高円寺な店へGO。

http://www.horae.dti.ne.jp/~andy4649/nora-inu-cafe.html


偶然にもここは、

中央演舞場スタート口の真上で、

テラス席でビールやお料理を味わいながら

楽しみました。チョキ


阿波踊りの連は100近くあって

それぞれに音楽や踊り方や衣装が違ってて

見てるだけで楽しい。



阿波踊りの後は、吉祥寺のカフェでやっている

ハワイアンナイトへ移動。

友だちに会うのが目的でしたが。




ひさびさに夏を満喫できましたー。



アタシ、出かける先のお店やスポットをチェックするって

けっこう面倒で、ほとんどやらない派だったんですが、

近頃は調べていきます。


そうすると、すごくいいところに当たるのよね。


それって、楽しもう!っていう、貪欲な姿勢(?)になるからいいのかな。




AD

珍しく女子デー

テーマ:

当分の間、仕事休みません。


でも遊びも休みません。


そう決めてから、毎日自分に課したノルマを

きっちりこなしているアタス。


危機に瀕した?ほうが

きちんと生きてます。



さて、今日は仕事をしたあと

高校時代の友達と2人恵比寿で遊びました。


ウェスティンのバーで待ち合わせ。

ue


ウェスティンっのバーって

重厚でゴージャスで夜景がきれいで大好き。


じつはコチラ、平日17:00-19:45(LO)半額なんですよー。

ウェスティンともあろうお方が。


だから普通のバーと同じ感覚で楽しめちゃう。カクテルグラス



あたしたちが入ったのは18:00ぐらいで

電気のついてない部屋に通された・・・

みたいなミョーな感じでしたが、

18:30ぐらいからジワジワとよい感じに。


横浜のロイヤルパークの広報さんも

「じつはウチのバーは夕方が一番オススメなんですよ。

 夕方に来て日が暮れていく瞬間を眺めるのがきれい。

 ティータイムの時間帯に入ればチャージもかからない」

とこっそり教えてくれましたが耳


景色のいいバーほど夕方がオススメ。

ゆっくりと日が暮れて夜景に変わるまでを眺められるし、

お客もごく少ない。

ついでにお得♪であることが多いようです。


ウェスティンでしこたま飲んだあとは

恵比寿の一軒家フレンチAila アイラへ。

http:// rvsdiary.exblog.jp/i2



コロニアルフレンチのお店で、

古木を多く使った店内は可愛らしくて

女の子フレンチといった趣。


a a



このお店、2階にはテラス席?もあるみたいで

夜もいいけど、ぜひともお昼に訪れてみたい。

ランチメニューもとっても充実してました。


恵比寿駅東口と西口の中間ぐらいにあって

便もいいし、落ち着いた住宅街の中にあります。



珍しく女子デーをすごしたアタイ。ドクロ

女子のフリするのも楽しいもんです。


明日もがんがるどー。グー



夏、です。

テーマ:

いやあ。すっかり夏ざんしょ。


だというのに、私は仕事三昧。仕事漬け。

自分で受けてるんだから、しょうがないのですが、くそー・・・。


この3日は本のラフを仕上げる予定だったのですが、

フォーマット用紙がない!メモがない!資料がない!

ペンがない!定規がない!はさみがない!

ともうイチイチ、モノがなくなる。イライラ。



セマいからだわ!と思い立ち、

キッチンのテーブルを使ってみました。

うー。快適快適。早くやればよかったー。

エクステンションで使うことは当分ないだろう、と思ってたけど

これは助かるわい。。。。


ta


進行中の本①はスポーツの本なんですが、

運動嫌い、運動音痴なアタシは気が滅入っちゃって。

昨日はなんとか気持ちを盛り立てたけど、

今日はガクンとダウン。

もうこういうの受けちゃダメだ。



作業中、吉祥寺のお友達から飲みのお誘いメールが。


このいまいましいラフ作業が終わるまで

絶対遊びにいけない。しょぼん




10月のタイ旅行と、

目の前のニンジンをぶら下げているものの、

いかんせんちょっと遠くて

(でもあっという間なんでしょーねえ・・・)

さすがの私も騙しきれません。



なんか夏らしいことしたい!する!するのら!波




やらないことの不安

テーマ:

昨日はもあぁぁんとした暑さの中、進行中の本②の取材に向かう@3回目。


情報と方向性がかみ合わず、

暗礁に乗り上げてしまった。


ここのところ、連日の取材で1回目、2回目の取材内容を

まとめる時間がなかった。


これを準備不足という。


準備運動にしても、リハーサルにしても

「準備」って行為は大切なのだなぁ。(遠い目)


まあ本を根っから立ち上げるときは

かならず壁にぶつかるものなのだけど。


帰り際、先生に本を2冊「読むといい」と渡されて、

「ぐへー。あっちこっちから『読んどけ』って本が山積み」

とめまいを覚える。


先日、進行中の本④の前作が送られてきて

出張の新幹線の中、読んだ。


年内5本の指には入ろうかと

思われるほどの出来のいい本で

先日もテレビでプチドラマ化された。


こんな本の続編をアタシにやらせてもらっていいのだろうか。

時間的に、能力的に

できるのだろうかと不安になった。


さらに進行中の本②の取材の暗礁乗り上げ。


さらに進行中の本①のデザインのやり直し・・・・


と相次ぎ、

なんだかうっすらと気持ちが落ち着かない。


吉祥寺に戻ってきたときは夜9時を回っていた。

なんだかまっすぐウチに帰る気分じゃなかったので、

夜11時までやってる西友に足を運ぶ。

ほんで、チープな化粧品売り場とか

無印良品の売り場とか、

フラフラと歩き回る怪しいアタシ。


さらにドラッグストアに入り、ウロウロ。



家に帰ると、元彼から電話。

これから飲まない?というお誘いだったけど

タイミングを逃してしまったので

電話で話をする。


彼も同じ業界なので、えらく話が合う。

いわば同志なのだ。


「進行中の本が4冊あってさぁ。

 広告もあるし、雑誌もあるし。

 でも、進行中の本④はアタシがやってみたいと

 思ってた分野なんだよね」


と一気にまくしたてる。

ちょっと気が楽になった。


ほんで、今日進行中の本①のデザインがようやく

かたまって、今朝から3日かけて骨子をつくる。


走り出したら、不安はなくなった。





帰郷

テーマ:

お盆に実家に帰る。


仕事の関係で今回は1泊だけ。

正味28時間ぐらいだった。


旅行バッグにお土産を詰めて帰り、

父と母がつくった野菜(農家でないお)を

バッグに詰めて帰る。


あたしとっては埼玉の実家に戻ることも「帰る」ことだし、

東京に戻ることも「帰る」ことだ。



最近は東京に帰るのがえらく切なくなってきた。


家から駅までは徒歩で5分ちょいなのに

最近は母がかならず駅まで

送りに来るようになったからかもしれない。




31歳になってようやくつく里心。



でも、電車に乗ると、半分忘れて

2駅目ぐらいになると、かなり忘れている。




子どもはこうでなくちゃいけない。





帰省中に読んでいた本に



死ぬときにはお金を全部使い切るような勢いじゃなくちゃいけない。
なぜお金を稼いでいるのかといえば、

人生でいろいろな経験をするためなのだ。

だからお金は経験を重ねるために使わなきゃいけない。



という一節を読み、膝を叩いた。

いや、もっと良い文章だったのだけど。



ちゃんと心の、

血となり肉となるようなお金の使い方、してるか。

あるいは血にも肉にもならないような、

ただ豊かな時間を過ごすためのお金の使い方、
ちゃんとできてる?


もうすぐレニングラード国立バレエの

チケット発売が始まる。



父と母にもずっとみせたいと思っていて、

母に聞いてみた。


「でも、高いんでしょ。あまり興味ないわ」


と言った。



なんだ、前もって聞いてよかった、

チケット無駄にするところだったと思った。



でも、東京に帰ってから、

やっぱり予約しておこうと思った。



見たけどつまんなかったわね、

疲れちゃった

でもいい。



ちょっと楽しみにするイベントがあったり、

おしゃれして出かけたり、

人に話せたり、

する機会があればいい。


すごく良かった、楽しかった

って思ってもらえれば

もうけものだ。








いきなり始まる美容週間♪

テーマ:

すっかり女であることを忘れてたー

ってことで、高齢、いや恒例のごとく

美容週間に突入。


とくに理由はないんですけど。


自分でもまだ余地は残されている(????)

って思うし。


さっそく本日、夕方からの取材前に美容院へGO。

おかげで、時間スレスレになっちゃって気苦労いたしました。


そのうえ、先日買ったパンプス、靴擦れがハンパじゃねえ。

最近買うパンプス、ことごとくカカトがやられます。

擦れて擦れてめまいを感じるほど。

靴のせいかと思ってたけど、アタシのほうの問題?

素足ってのがやっぱりイケナイいんだと思うけど。


よく素足でパンプス履いてる人見かけるけど、

どしてへーきなの?

捕まえて聞きたいぐらいです。


結局、美とは程遠いメンタルで1日を過ごしました。うんち



前に行ったテレビディレクターの飲み会で

見かけた無名女優さん。

(といっても、週刊大衆の表紙とか、さんま御殿とか出たりしてるらしい)


やっぱ「美女は眼福だねえ」と思わされた

私の心の美の伝道師。


彼女がブログでおすすめエステを列挙しておりました。

いやあ、さすが自分の容貌を売りにする人は違いますねー。

一通り試して、そこから目的別にエステを使い分ける

という感じで。


その中で、比較的絶賛されていたエステ。

http://www.bt-magic.com/


まーなんか怪しげでもありますが。


私は最近、肌は絶好調(自社比)ではあるんですが、

1年ほど前の肌荒期の名残りが、まだ若干気になります。


うまいこと、吉祥寺店もあるようなので(←大事)、

ここは一つガツンといってみよかと。


このさ、「若干」を片付けていくことが大事なのよね。

美容ってベル


旧友

テーマ:

夕方から大学時代の友達R子と飲みにいった。


2軒目のバーは、吉祥寺に6つの店をもつオーナーが

遊びで出している不思議な店。

じつは吉祥寺は最近、

吉祥寺的チョイ悪オヤジ(笑)たちが

すんげー元気なのだ。


この前言ったときにパシャパシャ写真を撮っていて、

「今度つくるパンフレットに

 明日香の大爆笑しているの使わせてもらうから」

といわれる。

どう考えてもヤバイ写真。

私もいい感じに酔っ払ってたので

「@×★*&%!」って感じで、流してしまったが。。。

やばいなあ。怖いなあ。

なんのパンフなのかも不明だ。





さて。大学時代のR子。

会ったのは1年ぶりかもしれない。

住んでいるのはたぶん自転車で10分程度なのだけど

彼女は司法試験中の身でずっと疎遠になってた。



彼女は文学部を卒業すると

アパレルの営業職となり、

26歳で司法試験に乗り出した。



その理由は「アリーマイラブに憧れて」だった。



当時はけっこう面食らった。

なんとコメントしてよいものだか・・・。


しかし、スロースターターのワリに

けっこうな好成績を挙げている彼女。

択一をパスして、論述を終えて結果待ち。

今年はもしかしたら受かるかもしれない。

受かってほしい。


あたしは法学部出身なので、

まわりに司法試験を目指している人が

少なくない。


すでに脱落した人もいれば、

社会経験もなくヤバイモードに突入している人もいる。


そんな中で、彼女はとても健全に

健闘している。


なんだか彼女を見ていると

「夢見る」ことの力を感じさせる。


今もアリーマイラブに憧れているかどうかは

聞かなかったけど、

法学部も出てない、20代半ばからの挑戦。

普通に考えれば、人の遅れをとりそうな条件に

ありながらここまでこれたのは、

ひとえに「思い」が確かだったからだと思う。


日本の法曹界、弁護士界が

アリーマイラブのような、楽しげな環境ではないことを

彼女は知っているだろう。

でも、なんだかそんなフワフワな夢を見れるって

今となっては素敵だと思った。


そして、彼女は今、大好きなバンドの本拠地という

ただそれだけの理由で、

受かった暁には、2年の司法修習生生活の地を

「仙台」を第一希望にすると、本気で考えている。




ほんとに受かってほしいなあ。




1週間日記前半

テーマ:

今週はけっこう毎日書いてる。。。。のでアップしちゃおー。

一週間日記終了ス。


■8月7日(月)


朝起きる。腹が痛い。くぅぅ。

今日は午前中にマッサージの予約を入れていたので

腹を抱えながらでかける。


日曜日はだるくて起きていられなくて

夜にドカ食いしたらお腹痛くなって・・・・


と話したら、「夏バテには気をつけないと」といわれる。

ほう。夏バテですか。思いもしなかった。


暑さと疲れで胃腸が弱ってるところに

ドカ食い&冷えで痛くなったのでは?とのこと。


しかし、何をやるにも難儀。仕事すすまねえ。

目と声に力入んねえ。

食べたいものはいろいろあるのに

悪化するのが怖くて食えねえ。ドクロ

(といいつつ、今プリン食べた)


近頃は体調を崩すなんてほとんどなかったため、

えらく健康の大切さを身につまされる。反省。

健康、だいじだいじ。わんわん



■8月8日(火)


なんとか腹痛を治すべく昨夜は2回もお風呂に入った。

31年の経験からして冷えタイプの腹痛だとわかったから、

ぬるめのお湯でゆっくりと入浴。


お風呂から入ってベッドで横になると

岩盤浴もビックリの汗がダーー。

びっくりしました。

腹痛もちょっとよくなったみたい。


翌日起きると、かなり治ってた。

日頃のケアの大切さを実感したから

ちょっと面倒くさかったけど、ウォーキングへ。


なんか・・・・ここのところ、慌しかったなぁ。

日々の日課も食事も

いい加減になってしまっていたことに気づく。

病気ってほんとにいやだけど、

日頃の不節制を見直すよいチャンスメモ


今はすっかりよくなったようだから、

これから先週月曜日の取材

(デジカメ・ICレコーダー・メモ書き)

の整理にとりかかるのだ!



夕方、某最大手出版社からお仕事をもらう。

じつは春にやった仕事で、

ギャラに関してアチラのミスがあり、

ココでだんまりじゃフリーにすたる!と思い、

抗議?したのだ。だから

「もう、ここからは仕事もらえないかしらん」

と思っていた。


この女性編集者はアタシが目標としたい編集者の一人

(トラブル時は「あのアマー」と思ってたがなドクロ

なんでがんがるのだ。オーーアップ

これで進行中の本④になるけど・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

だ、大丈夫かな。。。。。



■8月9日(水)



お盆明けの出張のため、駅まで新幹線+特急チケットを買いに行く。

こーゆーのって先方が送ってくれたり、用意しておいたりするもんなのにー。

ブツブツ。こーゆー用事でうっかり下界に降りるとさぁ・・・・・・

案の定、帰り道で帽子屋にひっかかり、キャップを購入。

ギャラの支払で、口座に隙間風が吹いているというのに。。。


うふふん。10月にタイのプーケットへ行くのだ。

「普段のウォーキングにも使えるし・・・」とか心の中で言い訳してるけど

旅行のことがそれより念頭にあるに違いない。


せっかく下界に降りたのだから

お昼にうまいもんでも食べたいところだけど、

せっかく治ったお腹であるので、

用心しておうちで軽めの昼食としておく。


家に帰ると

タイにおられる朋友が

プーケットの五つ星ホテルをとってくれるとのこと。

きゃほーーーい。



夜中にふと昔のブログを読む。

昔つっても30歳になったばっかりだけど。

そこにこんなこと書いてました。


>30代からは、愛だの恋だのに夢中になることにしました。

げー。ビックリ。まー全体的に「わかーい!」感じがして

それも自分的に驚きだったんですけどね。


む、夢中になってねーっつの。

仕事のことばっか考えてるっつーの。


それと、「飛び道具」と称して

真冬の半袖ニットめざしたり(無理でした)、

化粧品揃えたり、

美肌めざしたり、

なんか一応、女してるなあ。


今は清貧の生活だっつーのによ。


というわけで、生活見直し(あっさり)。


またしても、女生活へ強引に

ハンドル切っていこうと思いまつ。


マジで!!!

そうなの!!!やるの!!!