ドキドキ感

テーマ:



なんてタイトルだけど、

そんなステキ流れ星なモノではなく、

なんかここ数日、気持ち的に落ち着かなくて

買い物熱ばかりが過熱しているのはなぜか、と考えていた。


やたらと日記を更新するのもその一環かもしれない。


過去の日記を見てた。


これだ。


編集者に怒られて凹んだとき。

http://ameblo.jp/roomasuka/entry-10004455950.html


さらに、その後、4日間ほどんど寝ずに仕事した。

http://ameblo.jp/roomasuka/entry-10004742666.html



このときと、同じ編集者、同じ著者で、

同じようなタイトなスケジュール、

同じように面倒な図版が必要な本をつくっているからだ。


結局、著者が「明日原稿を上げます」と言い出してから、

1週間近く経っている。


その間、図版を進めたりしてきたけど、

もう印刷所入れまで、4日しかない。


またしても、キツイのだ。


キツイのはいいとして、

中途半端なのができてしまうのがいちばん怖い。



時事ネタなので急いで出す必要があるのだけど、

さすが!編集者は、タイトなスケジュールのなか

原稿を何度も書き直させていて恐れ入った。


「一歩引いて面白いかどうかを冷静に判断する」


これができるのが編集者なのだ。


あたしだったら・・・・焦ってそのまま出しちゃってただろうな。



まあとにかく、最後の原稿のブラッシュアップと

体裁を整えるのが私の仕事で。


その編集者は、

ものすごいベストセラーを出した敏腕で。

しかし、性格は怖いぐらいおっとり・・・というか、

動じないというか、淡々とした人でそれがときどき怖い。


そんで、打ち合わせのときに

人の話を聞いて「ふんふん」と相槌を打ったりとかしてると、

横から「今、なんも考えてないでしょ・笑」と、

ちゃちゃを入れてくる怖い人なのだ。


こういう人が納得できるものをつくれるのか、どうか

我ながらどきどきしているのだ。


というか、私はどの程度に見られているのだろう

私の仕事は評価されているのだろうか



とにかく明日朝には原稿がくるはずだから(くるかなー)、

明日からフル回転で頑張ろう。。。



とりあえず、ネイルをキレイにして・・・(笑)

a この色がいちばん好き。

AD

ネイルケアの助っ人

テーマ:

今日もランチで外へ。


あんまりお昼は外に出ないのですが、

なぜカサコソと動き回っているかというと

週末は花見客でごった返すため、今のうちに外に出ているのです。


もうここ1週間は、公園も街も週末かと思うほどの人で

ただでさえ狂いがちな私の体内曜日時計は狂いまくりです。

「あれ今日、週末だっけ?」みたいな。


予定してた花見はつぶれちゃったし、

どちらにせよ仕事で予定が立たないので

積極的に企画はできないし。



ほんで、ついでにハーブティを購入。

レモンジンジャーティ。ほどよい酸味と甘味がすんごくおいしいの。

habu



さらにさらに、ネイルデコレーターを購入。

5種類のバーが付け替えできて、キューティクルケアから

シェイピング、バッフィングまでひととおりこなす。



nail

今はネイルをしているから、シェイピングしか使えないけど、

ウィーーーーンと削っていると、

大工さんになった気分(笑)で、たのしー。


なぜこれを買ったかというと、ペディキュアのため。


なんか年々、足の爪の表面のデコボコが深くなっているし(涙)、

とはいうものの、足は遠くてきちんとできないのよね。

むしろ、めんどい。


これさえあれば・・・・・きっとラクチン!にちがいない。




AD

細心

テーマ:

cosme


ランチでちょっと外に出たときに、ソニプラでチープコスメ買い。

マスカラ下地を求めていたのだけど、

コレというものが見つからず、

ブルジョアの下まつ毛用のマスカラを見つけて、ゲト。


マスカラはランコムのHYPNOSE、

トップコートにクラランスのフィックスマスカラを使ってるのだけど、

下まつ毛にマスカラ塗るの苦手で

いつも中途半端に塗って「これなら塗らないほうがマシじゃん」

って感じだったのだ。


ブルジョアのマスカラは下まつ毛用だけあって

すっごく塗りやすい!

そしてもう12時間たつけど

まったく崩れてない!!


ついでにラメ入りのネイル用トップコートを購入。


初日はマネキュア+通常のトップコート、

翌日はラメ入りのトップコートと

翌々日はさらにラメの重ね塗り・・・・と

チマチマと楽しむつもり♪



それから、ブラシ類をクレンジングの泡フォームでお洗濯。


パフは気をつけてたけど、

ブラシ類もやんなくちゃなのだわ。



この年にようやく・・・というか常識としてはなんとなく知ってたけど

実感として本当に目が覚めたのは

「メークは細心に気を配るほど美しく仕上がる」

ということ。


ぼかしやグラデーション、下地作りを

いかに丹念にやるかで

女に差がつくのね・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

やっとわかったよ。31歳にして。


そして、いわゆる「きれいなおねえさん」と呼ばれたい(笑)と

31歳にしてようやく目覚めた、遅咲きの花。


いやあ。遅いですね。

でも、30過ぎて「きれいなおねえさん」を目指す--

これはとても深く、意義深いことだと思いますよ(自賛)。



某ホテルのレディースプラン、ちゃっかり参加することにしました。

うまいこと、仕事の谷間と重なったし。

プレスさんにもまた会いたいし。


よく雑誌の編集者に

「隠れ家的カフェ知らない?」

「有名人が来るお寿司屋知らない?」とか

思わぬ方向からの情報提供を求められるときがある。


いつ、ホテルの女性プランの問合せや仕事が

舞い込んでくるかもわからない。

こういうのはドウドウと享受してもよいのだ。のだ。

アタシも今後はこういう楽しい仕事も広げていくつもりだし。

偵察偵察・・・・。


招待状、よーく見たらスパ付きらしい。きゃいーーん。




AD

テーマ:

図版と原稿をぽこぽことプリントアウトしている間、

日記を書いている。


現在、緊急出版の本の編集を進めている。


が、デザイナーに仕事上、非常識なことを言われ、

昨日はイライラして仕事にならなかった。


たぶん本人は気がついてないと思うけど。


怒りにまかせて、怒りの文章を日記に打ち、

アップロードせずに消去した。少しは気が済んだ。


ほんと、怒りっぽいのだ。私は。

きっと他人にも厳しい。

でも、相手にそれを表さない、表せないから

イライラがたまるときがある。


27歳ぐらいのとき、

年上の同僚の子が仕事相手にイライラしているのを見て、

「どうして、イライラするんだろう。どっか悪いのだろうか」

と、不思議だった(笑)。


今はマジでわかるわ。


大雑把にまとめてしまえば、

仕事への真剣さ、責任感が足りなかったんだろう。私は。


今夜、図版のデザインを速攻で上げてもらって、

ようやく気持ちが落ち着いた。

やっぱり、この仕事はいろんなスキルある人が集まってできる。


ちゃんと応えてくれる人は大事にしなくちゃ。

自分の不勉強な点もわかったし。



で。表題の鏡。


昨日買った、RMKのベースを試すべくメークをして仕事に臨んだ。

(私は週に0~2回程度しかメークしないんです・爆)


モチをチェックしようかと思い、

なにげなく鏡を机に置いた。


鏡があると、ときどき目がいく。


ヒー。アタシ、緊張感ない顔しているなぁ。ブースブス!

肌の質感も、たしかに年相応になってきている。。。。。

うーん。この眉毛、ちょっとヘン?



出かける前や化粧室で鏡を見るときは

「決め顔」しか見ないけど

ふと仕事しているときの顔とか見ると、

まーひどいもんです(当社比)。



というわけで、とりあえず手始めにコラーゲン飲み始めました。

(いつか買って、半分飲んで放置してたヤツ・笑)

半分休日

テーマ:

秋に取材に行った横浜の某ホテルから

新しいレディースプランの宿泊招待状が来ていた。


プレス向け、ということらしい。


ほう。宿泊、ですか。

書籍中心で仕事している私には、なんともおいしい、数年に一度の役得。


詳細は書いてないけど

エステとかあっちゃったりとかするのかしら。


まー正直、私が行ったところで営業にはつながらないと思うんですけど(爆)。


世の中、「タダ」というものはなく、

その裏には新しいプランを成功させようという

広報部の人びとやそのための予算などがどんと動いていて、

お役に立てない私のような者が、あさましく

それにちゃっかり乗っかるのはどうも気が引ける。


このホテルの女性プレス、すんごく感じよくて

すごく楽しく取材させていただいた。


雑誌編集部の編集者でもない私が、

さほど営業の役に立たないのはお見通しだと思うし、

なんといっても結婚式の招待状みたく、

「出・欠」を書いて、送らないといけない。


そうすっと、わざわざご招待いただいた担当の方にも

なんだか悪いし(笑)。行くかな?せっかくのチャンスでもあるし。


あと2日考えてみよう(笑)。



今日は午前中は休み!と決めた。

まず井の頭公園を2周散歩して、家に帰って着替えて、お化粧して買い物にでかけた。


もちろん吉祥寺(笑)。


ほんと行動範囲狭いね。

行きつけの美容院は自由が丘なんですが、

これも遠いから、吉祥寺近辺で探そうと思っているぐらい。


ほんで、J.CREWで白Vニット(長袖)を買い、


さらにZARAでタートル白ニット(半袖)と、

白と水色のストライプのショートパンツ、いやキュロット?

を購入。

タートル半袖白を選んでしまったのは、

サエさんところで拝見したニットのせいかも。

正統派よね。


さらにRMKで、ベースを購入。

RMKってベースとファンデの評判が高いからずっと気になってた。

とりあえず今使ってるベースが切れそうなので、試しがてら。


今使ってるカバーマークの下地は、

RMKの半分の量で6000円もする。


「下地なのに6000円って・・・・」

「平均的なファンデより高いって・・・・」


なんか間違ってる


と、常日頃疑問を覚えていた。


半額ぐらいのラインも出たけど、サンプルもらったら

顔の水分が下地に吸われた!と思うほど

乾燥するのでダメだったし。


RMKのファンデのサンプルをもらう。

よかったら次はRMKにしよう。



さらに、

資生堂マキアージュのブルー系アイカラーを購入。


make


昨日、深夜たまたま「おしゃれ工房」で藤原美智子の春メイクレッスンを見て

下まぶたのブルーメイクやりたくなってしまった。


キワに濃い青を入れて

さらに3ミリほど水色、

目の下の三角ゾーンにハイライトを入れるというもの。


いろいろ見たけど、マキアージュがいちばん理想的な色バランスだった。


もうブルー系は若い頃(爆)、モードメイク全盛時代に

さんざんやり尽くしたので、もううんざりだったんですけど。


下まぶたは、顔に透明感が出るし、

目の下のクマもごまかせるし(笑)、

美人効果高いかも。ふたたび開眼。


さっそく家に帰ってやってみたところ、

白ニットによく合います。


白ニット着るとき、

「はたして、この色に顔がついていけるか」

と心配になるのだけど、

これならば・・・・・!!



さて、仕事すっかー。

もう四時だし(汗)。




時は金なり

テーマ:

1日が過ぎるのが早い!

ちょっと仕事してちょっとネット(⇒これが問題?)してると

あっというまに夜・・・・・・・・という日が続いています。


そのうえ、先の予定が立てにくく

友達との遊びやデートの日程もままなりません。


そんなおり、松尾スズキだかのブログでおちまさとの

『時間の教科書』っつー本が紹介されてて

うっかりアマゾンで買いそうになっちまいましたよ。


なんでもおちまさと氏とやらは

1日48時間あるのでは!と思わせるほど多忙なのだが、

本人はまったくの余裕の風情なのだとか・・・・・。


hon


アマゾンでチェックしたら、類書として

『初対面の教科書』っつーのも出しているそうで、

うっかりそちらに目移り。

(テレビディレクターの飲み会で楽しめなかった翌日だったんで)



ほかに『企画の教科書』というのもあったけど、

そちらには食指は動きませんでした(いいのか自分)。


おちまさとという人は、

一体何が生業なのだかよくわからないし、

あまり好きじゃないけど、

現代という時代にうまくフィットしておいしいところを

つまんでいる、感じがして、反応してしまった。


結局、買ってないけど。



買えば、2つや3つは勉強になることがあるかと思うけど、

やっぱり人と自分は違いますから。

本を買うのもいいけど、自分で工夫・試行錯誤がないかぎり

こういう物事は改善されないと思いますね(誰?)。



でも、本のつくりとか気にならなくもないので、

本屋で見つけたら手にとってみよう。



とにかく、もっと時間がほしい。


やりたいこと、勉強したいことがいっぱいあるから。


時は走るように過ぎていくから。







女日記といってもね・・・・

テーマ:

私が考えていたエステ三昧、ファッション三昧の

「女」生活とは真逆をいっているわけでして

女日記は書くことがあまりないのであります。


ファッション雑誌を買うこともなくなりました。

もう欲しいものは自分で見つけます。


化粧品パワーも頼りにならないと

一時の肌荒れ時期に実感したし。


深く根づいた貧乏性ゆえか、

エステとかネイルサロンも足しげく通う気にならないのだな。


というわけで、

どんどん生活がシンプル化して

関心があることといえば、

毎日健やかな気分でいることと

おいしいご飯を食べることと

芸術でも映画でも自然でもキレイなものに少しでも触れること。



といっても美への道を捨てているかというと、そうではない。


美人の効用というものを、肌でひしひし感じる。


先日の飲み会でね、女優さんが来てたんだけど、

無名ではあるのだけど、そのキレイはやっぱりプロ。

やっぱキレイな人はそれだけで眼福だし、場が華やぐし、

自然と目がいくのよね。また会いたいって思わせる。



高田純二が「きれいな女の子を見ただけでその日1日は幸せ」

ってテレビで言ってたけど、それってわかるなぁ。


もちろん素材の美しさは神々しいもので、心奪われるものだけど、

お化粧や立ち振る舞いによって磨きぬかれた美には

昔以上に一目をおくようになった。

その人の生き方、賢さ、意思の強さがあらわれている。

pool

美の観賞としておススメしたいのが

フランソワ・オゾン監督の「スイミングプール」。

リュディヴィーヌ・サニエの完璧な若い肢体と

シャーロット・ランプリングの物悲しさ

南フランスの色彩の美しさに心奪われます。


ストーリーは全然ちがうのに、

「悲しみよ こんにちは」を彷彿とさせる作品です。

私的には。



同じくフランソワ・オゾン監督の

「8人の女たち」もある意味、逸品。

ストーリーはあまり面白いと思わないのだけど、

カトリーヌ・ドヌーヴ、エマニュエル・ベアール、

イザベル・ユペールなど超豪華キャスト。

フランスでは女性は歳をとるほど、

妖艶に美しくなるのだなぁと感じさせられます。


パーティ道

テーマ:

しばらく更新してなかったら何を書いたらいいのかわからなくなっちまいました。

とりあえずウォーミングアップがてら。



おとつい、知り合いのテレビディレクター主催の飲み会に行って参りました。


みーんな知らない人ばっかりだから、

いかないつもりだったのだけど、

誘われたのでホイホイ行きましたの。


それが・・・・やっぱり一人って大変ね。

2人ぐらいで来ている人がほとんどで、

1人で来てたとしても知り合いが何人かいる、という感じで。


Asukaも周りの人に話しかけたりとかして頑張ったけど、

気がつくと1人になっちゃったりして、もう疲れちゃった。。。


いわゆるパーティではなく、単なる「飲み会」なんで、

すぐ打ち解けられるだろうとおもっていたのが甘かった。


もう疲れちゃったので、二次会はパス。

一人落ち込んで帰り、DVDを観てすごしたのでした。



そんで月曜日、友達にメールして上野で合流。


「あたしってもしかしてすっごい第一印象悪いのかな」

「せっかく話した人にも地雷ばっかり踏んじゃって。会話のセンスなし?」

「結局、誰とも名刺交換とかしてないよ!」

「名刺少なくなったから、『足りるかなー』って思って行ったのにさーー」


とグチを聞いてもらったのでした。


それなりに有名な人も1~2人ほど来てたので

「アタシ、呼んでくれたらよかったのにぃ!」

と友達。


日曜日だったからさ、遠慮したんだ。

それに「そーだ。誰か友達も・・・・」って思ったときは参加表明の連絡期限、過ぎてたし。


でも友達に話したおかげで

「あたし、第一印象悪いんだーーー」

「話しかけられにくい、あるいは存在感ゼロ!」

というネガティブな気分は消散した。

たとえそうでも(!)自分で思い込んだから、ますます悪い方向に行っちゃうもんね。



でも、これからはお友達連れてくのが常套だと思った。

できれば、一人でもうまく泳げる自分になりたいけど。

セックスアンドザシティでも、

パーティみたいな集まりはかならず女友達か、彼氏がいなければゲイ友と連れ立ってるしね。アハハ。

勝手のわからない大きめの飲み会、パーティ、イベントには

とりあえず仲良しちゃんを連れて行け。

コレ、その場を気楽に楽しんだり、友達の輪を広げたりしたいときには意外と大事。


いまさらながら、気がついてよかった。今後のいい教訓になりましたよ。トホホ。