dummyTitle

 

こんにちは。

「本質顕在化インストラクター」

「魂と繋がる歌の唄い方®ファシリテーター」

Shioです。

 

 

小さな頃

歌手になりたいって

思ってたような、

そうでないような…

 

今日

なぜかぼんやりとそんなことを思っていた。

 

思いだそうとしても

もやがかかっていて

まったくはっきり見えてこない。

 

 

すごくあいまいにして

なかったことのようにしているけど

 

そういえばわたし

学生時代

プロの歌手になろうとして

学校をやめようとしていたんだった。

 

 

両親に

親友に

そして

その当時付き合っていた人に

相談した。

 

 

「わたしは歌手になりたいんだけど

そして

こういう話(音楽事務所に所属して歌手になるべくトレーニングを受ける)も

もらってるんだけどどう思う?」

って。

 

 

 

母には

「あんた 何バカなこと言っとるだん←三河弁」

と言われ

 

父には

「本気でプロになるつもりか?お前みたいなのがなれるのか?」

「本気でプロになる人はもっとなにかチガウと思うなぁ~」

と言われ

 

親友は

「応援したい!イイと思う!…けどなんか史緒が遠い存在になる気がしてさみしいな」

と言い、

 

彼は

「ふ~ん いいんじゃない。でもプロになったら 変わりそうだね。一緒にいられなくなりそう」

と。

 

 

 

そうして

わたしは

まだプロになるための階段を一段も上がらずして

その場から立ち去った。

 

 

 

大切な人を悲しませたくない、とか

なんとか言っちゃって

歌いたいならプロにならなくたって歌い続けたらいいんだ、とか

かっこつけちゃって

 

結局いま思えば

 

プロを目指して

失敗したときのことが怖くて

挑戦することすらしていなかっただけだ、って思う。

 

 

人の前で歌っていく 覚悟も なかったんだと思う。

 

 

歌うことは大好きだけど

わたしの歌なんか 聴いてくれる人もいないだろう と思っていた。

 

 

わたしの歌は

たいしたことないんだ、って思ってた。

 

 

 

そうやって

自ら しぼませた夢は

忘れさられ

最初からなかったことになり、

いま

「何でもできるとしたら何やる?」っていう自分の問いにすら

出てくることもない。

 

 

自分で閉じた扉。

 

 

その扉を閉めたことを間違ってなかったって思いたい。

 

 

わたしは

それでも精一杯生きてきたんだ!

って言いたくて

なかったことにしてきたこと。

 

そこに

扉があるってことにさえ気づかないようにしてきたこと。

 

 

dummyTitle

 

 

失敗することが怖い

自分に幻滅することが怖い

大切な人が離れていくのが怖い

 

 

もともと自分に自信がなくて

だからこそ

これ以上 ダメな自分を見たくなくて

しかも

大好きなこと(歌)で 失敗したら

本当に

立ち直れないって、そう思っていた。

 

 

 

 

これって

わたしの恋愛パターンにも似ていて、

 

大好きな人がいても

「こんな素敵な人がわたしのことなんか好きになるはずがない」って信じてて

だから

好きになった時点で ものすご~くつらくて(何もはじまってないのにw)

そのつらさに耐えられず

勝手にあきらめる、っていうね。

 

 

この

本当に大好きだからこそ

失うのが怖い、ってパターン。

 

 

コワイっていう感情

あるよね。

 

あってもいい。

 

でもさ、

 

もう

失う気満々じゃん(笑)

最初っから

 

 

 

失うんだ!

絶対に!

って決めてんじゃん(笑)

 

 

これ

あかんやつだわ。

 

 

今思いだしたけど

そういえば!

わたしの大好きな飲食店は

必ずつぶれる…(笑)

美味しいのに!

 

 

 

失ってる!!

大好きなものほど。

Σ(・ω・ノ)ノ!

 

 

 

あか~~~~ん!!

 

 

ええええ~~~~~!

ずっとずっとそうしてきてたってこと!?

 

 

あかん!

( ̄□ ̄;)!!

 

 


 

 

なんだそれ。

笑えてきたよ。

 

 

***

 

 

実は

土曜の夜から

声が出ないのです。

 

大木ゆきのさんのワークショップで大きな声出して

その後友人とお茶して

その後また別の友人と夕食食べて…

この時はまったく声に異常はなかった。

 

 

そして

地下鉄反対方向行きのにまちがえて乗って

で タクシー乗って、

運転手さんに「〇〇までお願いします」って言ったとき

声が

いまだかつてないほどにカスカスで

ほとんど息のシャーシャーいう音しか出てないくらいになっちゃって

めちゃくちゃ驚いたのです。

 

 

学生時代

バンドを組んでいて よく歌っていて

そして タバコも酒も たくさん摂取してたから

それはそれは よく喉をガラガラにしてたけど

 

いまは タバコも吸わないし

なにより声質が変わって

喉を傷めることがほぼ ないに等しい。

 

子どもたちを思いきり怒鳴り散らしたり

カラオケを8時間歌い続けたり

友だちと飲んでぎゃーぎゃー騒いだりした

その次の日でも

声がかれることがなかった。

 

 

なのに、

声がでなくなっちゃったから

本当にびっくりした。

けど

まぁ

すぐもとにもどるわぁ~って楽観的だった。

 

 

だがしかし

その次の日も声は出ないまま

カッスカスの聴きづらい声でセッションさせていただき

(ほんと申し訳なかったです)

 

今日も

声は出ないまま。

 

 

 

歌いたい曲があって

歌うけど

声が出ず…

 

 


また失おうとしてるよ?

大切な歌を。

声を。

 

 

もうさ

「大切なもの・人は失う」っていうパターンを手放すとき

なんだね。

 

もう

おしまいにしよう。

って言われてる気がした。

 

 

dummyTitle

 

 

歌うことが

アタリマエでなくなった今、

「歌いたい」に気づく。

 

 

そしてわたしの「歌いたい」は

わたしが思っている以上の思いだった気もするし

 

ほかにも

わたしが

 

勝手にあきらめてきたこと

勝手に扉を閉じて なかったことにしてきたこと

 

があるような気がします。

 

 

 

それでも

「プロの歌手になりたい」

とは言えないわたし。

 

 

それは

「言えないのか?」

「それとも そもそも望んでいないのか?」

 

どっちなんだろう?

 

 

 

 

ああ、

なんだか

こうして書いていても

スッキリ!な感じがないので、

これはまだ扱う必要がありそうです。

 

 

じっくり

観ていよう。

 

ひとまずは

今日はここまで。

 

 

らぶ♡

Shio虹

 

 

INFORMATION

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

虹魂と繋がる歌の唄い方®1dayワークショップ

日時 : 12月17日(土)10:00~18:00

場所 : 名古屋市内

定員 : 6名  残席4

料金 : 23,000円

詳細・お申込

http://www.reservestock.jp/events/154997

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

虹魂うた®個人セッション

歌うことであなたの本質を顕在化するお手伝いをさせていただきます♪

いや「顕在化する」というのでなく魂と繋がったところから歌っているとね、その人の本質が自然に表れてくるんです。ワークショップでグループでそれを目撃することも大きな意味があります。そして…もう少しプライベートな空間で歌とともに自分の内なる旅をすることもまた一味違った自分との再会になります。

60分 20,000円

 

※お申込み希望の方はこちらからお問い合わせください。

http://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/9323

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

みなさんのクリックに感謝します!

ありがとうございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

下のマカロンをクリックしてくださった方に

あなたの閉じた扉に光を送ります

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

■個人セッションお申込みはこちら♪
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/8013
■無料メルマガの登録はこちら♪
http://www.reservestock.jp/subscribe/32251
■イベント情報はこちら♪
http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/8013