現代メディアよろず研究所

最新ではない映画、本、ゲーム、テレビなどあらゆるメディアについて、鋭い切り口から研究していきます。


テーマ:
ついに買ってしまった『嫌韓流』。
韓国に対する嫌悪感がかなりストレートに表現されており、どこの出版社にもそっぽを向かれた問題作。
ちなみに主人公は浦飯幽介ではない

偉そうなインテリは、「全部知っている内容だがマンガにしたことに意義を感じる」なんてことを言うが、『ゴー宣』くらいしか読んでいない私程度の読者にはかなり勉強になる内容だ。
(“ガンダム”が一般名詞扱いで商標登録できないって!(笑))
マンガとはいえ、具体的に言及されており、まとまった日韓問題としてここまで端的にまとめてあるという意味で貴重な情報源かも知れない。

ただし、この本を読む場合は、俯瞰の視点を持ってほしい。
決して間違ったことは書いていないが、タイトル通り、韓国が嫌いだというのがベースにある本なので、特に若年層は盲目的「嫌韓」にならないよう気をつけてほしい。

当たり前すぎてバカらしいくらいだが、韓国人だってまともな人間はたくさんいるのだ。
少なくとも私の知人・友人である在日コリアンの中に、嫌悪すべき人はほとんどいない。

この本はこの本でお薦めはするが、まだあまり朝鮮や中国についてあまり知らないと言う人は、同時に他の本もいろいろと読んでほしい。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

小ライスさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。