Book Addict放言錄 ~CLouD情報研究所~

愛ある限り、闘いましょう。
命、燃え尽きるまで。


テーマ:
NHKラジオ講座を聴き始めました。HPのストリーミング放送は一週間遅れていますが、録音する手間が省けて重宝しています。

聞き流しは何年もやってきたので、英語の音慣れは徐々に出来てきたと
感じています。以前は聞こえてくる音声とテキストの文字に、ギャップがありました。今は聴くのがどんどん楽しくなっていますね。

『ラジオ英会話』は、5~7語の短いセンテンスばかりです。テキストに訳も
載っていますが、英文そのままでも頭に入りやすい言い回しですね。

『ラジオ英会話』は最後の週がスペシャルウィークとなっていて、少々レベルが高めです。僕に向いているのは1~3週目のレッスンですね。講師の遠山さん、ケイティ、ジェフの御三方は、博学で上品なユーモアをお持ちだなと
尊敬してしまいます。

以前紹介した川本さんは、『基礎英語』講座も奨めています。
今、『基礎英語2』も聴いていますが、楽しい番組作りをされているなと驚きました。まず、講師陣のテンションが高い。テキストには萌え系のイラストが描かれています。会話もアニメ声っぽいですね。

おたよりコーナーは、小学生や中学生の投稿ばかりです。それからも分かるように、内容は英語初学者向けなのかなと思いました。

でも、このテキストの内容が口からすぐ出てくるかと言えば、怪しいですね。文法も不確かな部分が多いです。テキストは恥ずかしくて外で開けられませんが、地道に続けて行こうと思います。

嘘かマコトか、モノの本でこんな話を読みました。狼少年という寓話がありますよね。あれはもともとエジプトの話で、狼ではなくライオンだったそうです。

そして驚くことに、Don't tell a lie ! (嘘をつくな!)
lie はライオンのライだと言うのです。「見え透いた嘘をつくな!」と
怒られそうですね。こんなこと辞書には載っていません。

もうひとつ。日本の紳士がロンドンで橋の上を歩いていました。
すると後方から「あぶない!」という声が聞こえ、馬車にはねられそうに
なったところを寸前で助けられたのです。

ところが、この声を発したイギリス人は日本語が話せませんでした。
あとで分かったことですが、そのイギリス人は「注意しろ!」という意味の、
Have an eye ! (目を持て) と言っていたのです。ロンドン訛りでは場合によって h を発音しないので、「アヴァナイ!」と聞こえたわけです。

言葉って面白い。



BEN



英語ができない私をせめないで!/小栗 左多里

¥1,260
Amazon.co.jp


ペタしてね


読者登録してね
AD
コメント(2)  |  リブログ(0)

マシー・ロナミチさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。