実は昔、お酒が呑めなかったんですわたし。

 

そんなわけないだろって即ツッコミが入りそうですが。

 

酒豪と言われることも多いし、酔っ払って記憶をなくしたことなんて数えきれないし、失敗もたくさんしているこの私が、ですよ。

なんたって今となっちゃ、趣味は乾杯ですから。

 

お酒の失敗談はまた別のときにするとして(引かれるだけだし)。

 

まぁ今はもちろんお酒はすき。

だけど、一人で家でお酒を飲むってことはまずないし、お酒がないと死ぬ?って言われたら、そんなことは全然ない。

呑まない日だって全然あります。

ただお酒の場が好きなんです。

乾杯が好きなんです。

 

今回足を折ったことで、一ヶ月半くらいお酒を全く飲まなかったんだけど。

たぶんこれはお酒を飲みだしたときから初めてで。

10年以上ぶりか。

でも、意外と大丈夫で、お酒飲まず、朝までみんなが呑んでる中ソフトドリンクで過ごしても案外いけた。

ただお酒は10杯20杯と飲めるけど、ソフトドリンクを10杯飲むのは非常にきつい。無理。笑

 

私はその昔、料理に入ってるお酒で顔が真っ赤になるくらいお酒が弱かった。

両親もそんなに飲まないし、おねーちゃんおにーちゃんがいるけど、二人共飲まない。

ただ、両方のおじーちゃんがとてもお酒が好きで、今となっちゃ私はその血をひいたと親族からは言われている。

 

呑めないお酒は基本ないけど、甘いお酒は苦手。

好きなのは、基本安定の芋焼酎、そして他にあげるならテキーラかなぁ。

一番好きな芋焼酎は「蟇目」(ひきめ)。

一番好きなテキーラは「ランチェロ」のアネホ。

 

それでも大学のころまでは、焼酎は一口も呑めなかった。

ビールすらのめなかった。

それこそカシスオレンジとか呑んでたと思う。笑笑

 

そんな私がお酒の概念が変わったのは、たまたま働きだしたバイト先がきっかけである。

学生のころ、ダイニングバーのオープニングスタッフとして、

100人以上の応募者の中から、なぜか採用5人に選ばれた私は、そのお店でお酒についてとことん学ばしてもらった。

オーナーがめちゃくちゃ厳しくて怖かったんだけど。

 

お酒はとにかく呑んで覚えろ!!!と色んなお酒を、本当にいい状態で飲ませて勉強させてもらった。

 

大理石のバーカウンターで、氷も氷屋さんから毎日運ばれたものをアイスピックで削って出していたそのお店お酒は、とにかく美味しかった。

 

焼酎からノンアルコールカクテルまで、とにかく種類が豊富で、勉強していくのが楽しかったな〜〜

焼酎ってこんなに美味しいんだ!って感動した。

 

このお店で自分に会いに来てくれるようなお客さんが初めてできたりして、バイトだったけど、本気で働いてたなぁ。

飲食への面白さに初めて気づいた頃だった。

 

おかげで色んなお酒が飲めるようになったし、お酒が純粋に好きになったのと、「お酒を楽しむ」っていうのを教えてもらった気がする。

 

もう一つ私のすきなお酒、テキーラ。

テキーラ嫌いな人、多いと思うんだけど、私も数年前まではその一人で。

クエルボの瓶を見ただけで吐けるくらい嫌いだった。

テキーラ飲むくらいなら、スピリタス(96度のウォッカ)飲むって言って、スピリタス呑んでたくらい。笑

 

たぶん皆テキーラが嫌いなのは、ショットをガンガン飲まされて、記憶飛ばしたり、二日酔いになったりとかだと思うんだけど。

テキーラはクエルボだけって思ってる人も少なくないよなぁまだまだきっと。

 

私も東京に来たばっかりのころ、よく行ってたお店で散々テキーラを飲まされて、それまでは潰れたことも記憶飛ばしたことも基本なかったんだけど、初めて潰れちゃって、もうそりゃあ大っ嫌いになって。

しばらく遠のいていた。ショットなんて絶対飲みませんからって。笑

 

ただ、たまたま友達のかせちゃんが、テキーラマエストロ(ソムリエ)で、笹塚に「Tequila&coffee KASEDA」ってお店をやっていて。

かせちゃんに色んなテキーラを教えてもらって、ショットじゃなくてロックだったりとか、割ってゆっくり飲むやり方をさせてもらったら、違いがものすごくわかって楽しくって。

なにこれーーーーー!ってなって感動して。

 

気づいたらテキーラにはまって、自分もテキーラマエストロの資格とってた。単純。笑

そしたらなぜかクエルボにも、ショットにも強くなった。

幸か不幸か、ね。

 

ウイスキーもおじさんが飲む茶色いまずい飲み物って昔思ってたけど、同じようにゆっくり飲み比べとかしたらはまって一時期はスコッチばっかり呑んでたな。

 

ジャックスパロウにもっぱらはまってたときは、海賊になる!って言って、ラム酒ばっかり呑んでたな。

 

こうなるとただのミーハーな気もしてきた。笑

 

いや、なにが言いたいかっていうと、知らずに遠のいてたり、勝手に嫌いになってることって結構あると思って。

 

「ほんものに触れる」ことと「興味をもつこと」ってのが何事にも大事だと思うのです。

食わず嫌いだったり、よくも知らない人のこと悪く言ってみたりとか。

どうもそうゆうの多いよね、この世の中は。きっとわたしも。

 

子供の頃、ウニとかイクラが食べられなかったんだけど、ある程度大人になって、北海道で新鮮なウニとイクラ食べたら、大好きになったみたいな?

あるよねぇそうゆうの。

 

お酒が好きになって、わたしの人生はやっぱり楽しくなったと思うし、

もちろん飲み過ぎ注意で、程々が一番だろうけど、飲まれたり楽しい時間の記憶をなくしたら元も子もないけど、

でもお酒の場で普段よりちょっと人との距離が近くなったり、本音を打ち明けられたり、そんなきっかけを与えてくれるものだとも思うんだよね。

 

{FB1B6B10-EC2E-419F-BE29-290B26A5847B}

なんにせよ、自分が潰れるほど信頼してる環境が周りにあるってのも、考えたらすごく恵まれてることなのかも。

 

「最近の子は全然飲まなくなった」とかよく聞くけど、飲み方や本物を知らないだけなんじゃないかなぁ。

興味を持てるような場所や人が、増えるといいなこの先。

集え若者よ。笑

 

わたしもこれからも(これからは?笑)うまく付き合っていきたいと思います。

 

なにより乾杯ってのはやっぱり気持ちが良いよ。


あ、バーテンダーってマンガ読むと、とてもお酒に興味がわくし、幅がめちゃくちゃ広がるよ!ぜひ。


 というこたで、

これからもたくさん皆様、乾杯してくださいな!

 

くれぐれもお手柔らかに。笑


{B93289FB-64B1-49A9-AC69-F2634DCF7C5E}

乾杯!

AD

こないだの週末、宙音〜sola-oto〜っていうフェスにネギネギとして出店させてもらってきた。

 

宙音は、同じ福岡出身のたけちゃんって友達が主催の野外フェス。

みんなでタイダイ染めしたり、キャンドル作ったり、楽器つくったり、キャンプファイヤーしたり。

ゆくゆくキャンプ場をつくりたい、たけちゃんの

【みんなでつくる野外フェス】がテーマのフェスだ。


去年はお客さんとしていったのだけど、今年はネギネギとして出店させてもらった。

 

もうとにかく楽しくって。

出店側だったけど、自分たちが一番楽しんだんじゃないかってくらい、ほんとうに良い時間だったので、ここに記したく。

この想いをもっと皆で共有したく、ブログに書いてる。

 

来年はぜひみんなと行きたい。

アーティストも、出店者も、お客さんもとにかく素敵だったんよね〜〜

台風で大雨だったけど、そんなの関係なかった。

 

ネギネギがある初台から2時間で山梨県、平山キャンプ場に到着。
意外と近い。
 
色んなフェスなんかで装飾もやっとるネギスタしょーごくんは、その場にあるものでなんなくブースを創ってくれた。さすがです。
{6507F1DE-9EFC-47E1-9019-2CF2F0C55D58}
葱の松葉杖とあべがつくってくれたちょうちんがなんともいい味出しとるね。
{5300FB20-6E00-4A96-8678-A60B0206B4D0}



{A6555D3F-892B-476C-BEEF-196A284B91F0}
横のブースはドリンク担当スマイルアース。
危険な予感。
{B8B32566-92C2-4103-8380-012BEBA9A25B}
{F8B63486-A64A-436B-9D75-0037814F6DFA}
{7B95B284-8DBB-49A4-83FB-860FC17ED001}
もうすでに楽しい。
{8501D827-6007-4145-86DF-D08119F8636B}
{FE36ADDB-9EBC-4DBB-88BB-A7913D1D5E64}
葱の松葉杖をつくってくれたChiBiもライブペインターとして今年も参戦。
去年オーストラリアにいると思ったらばったり宙音であってびっくらこいたんだよな〜懐かしい。
{119D2DF5-5483-4D3A-9813-3441D9350BB8}
{E15FF31B-5881-4D3A-882A-4C169BE07C28}

{8D6F1784-3403-4B90-ADEE-D3E6B5603104}

ライブもスタート。
ステージ装飾、なおとくん中心にスタッフの皆で何ミリ単位で前日も調整してたとのこと。
最高だ。
 
{198A0BA0-E53B-442D-B470-22BC4E011F93}
ちょっとやしきっぽい。
{36835F1D-132C-4F1F-A27D-478AD7F9416D}
{CAB89449-24D3-434A-97BC-A3F01A3ADC34}
{5FFCF28E-15BD-4A1F-AA22-65B83D3279B9}
でた、おばけ。
{1C0A9B7A-66C8-495A-BADB-845DE5A72049}
スマイルアースが出してた、おでんの出汁割熱燗が、あったまるし、飲みやすすぎて一気飲みを繰り返す。
{4D1D4367-B9B8-4CE7-AC6E-AF317333653A}
葱すきやき第一号なるちゃん。
{4B0D2159-8185-456D-8F0A-6754505C546C}
雨でも関係ないステージすぐそば。出店しながらライブも見れる。
{641437EE-A799-4ABA-84B0-17F3AEA8CC50}
{5AB86F9E-656F-4965-A564-589E921C3905}
{956A56C5-18DF-4ECB-881C-C40A4CB9748D}
暗くなって、ステージがより映える。
{4F3C27B6-1E1F-4CDA-B61C-F157ACB0BC81}
ネギネギで一番売れたのネギーラ。
みんな好っきやなぁ〜
{BCA7A938-3AA7-4979-AFD0-422A7BF2D2CA}
{FC74851B-3512-4C15-B894-62464ED76730}
{4F005691-0634-4EE3-AB97-7965D97EBB76}
{304EEE82-BB01-4A97-B5A1-C66B2CF0500C}
薄暗くなってきて、ステージがより映えるようになった
{0F06E349-D21E-4071-8220-7BE1EB23858B}
SAIRUはステージ衣装がいつもネギ色。最高。
{17E4C247-2488-4B42-B369-770869A9F24D}
ドームの中のキャンプファイヤーがたまらなくキレイだった
{E9F9EA77-73F5-492C-B19C-BEBCB3849143}

{F5188A47-3A6D-4D51-90FB-B4E0FD972FE8}
 
{7CFDF8A2-0C02-472A-9A5C-7CCA1ED33689}
ええかんじやしょーご。
{BC85B05A-7FBF-48AD-AE0E-B837B5486B97}
ネギーラの漬け込んだ葱、14本食べましたわたし。
熱燗がうまい
{EAB5BBE2-8FA8-401F-A2DB-2245FDE813AC}

{D553B371-C8D9-4654-AA48-1380FA4608C1}

{6B05C666-018D-484C-AED0-74BCFF3E1B88}
もう一個のステージはキャンドル中心で、幻想的で雨の中のステージがとても素敵だった。
{496AA138-AE33-411C-804A-49CE970C3D8A}
 
{46C3C575-7297-495B-9467-55D0CF7D7671}

{68F11271-F4E3-43C5-953F-D40834FF0DFF}

{DC67DEE4-535F-4BCC-B4DD-9C4B29B1EA7D}

{092EB00C-011A-45EA-A06E-5B4E0BF81E96}

{2629284F-04C4-4C97-88A9-99F5E0E92819}

大好きな淳平さんのライブは、最近色々あった自分への心境にどんぴしゃすぎて、大号泣。
どこまでも響く淳平さんの声は、山と共鳴してより深く、とてつもなかったなぁ。
言葉では言い表せなかった。
この時間が終わってほしくなかった。
 

たくさんの再会と乾杯。

宙音、ほんとうにさいこう。

{B0F9CB51-A234-442D-8D25-875A4806A364}

{95C20BD6-4746-4678-A1E6-89B41F261301}

{54E062F2-5073-4321-80D2-68C83969C2F2}

{25634C3D-867D-4196-BF6E-EAE583AF2DF7}

{CE0B42B8-093A-43B0-BA22-A02BC38BCC44}

{E90311BC-67B2-4821-AFC2-A828F4A7298D}

{322BE7CE-8AFA-48DD-AE3B-40A42C27D4D7}
{9193E8D3-CBF1-4E9C-99D5-246F912958E8}
{DD76308A-2B83-4EB9-8EE7-E71EEBB6508C}
すべてのライブの締めくくりはkentarow。
真夜中のキャンドルに囲まれてのライブはとても幻想的で酔いしれた。
 
すべてのライブが終わり、皆がだんだんと寝静まっていく中、
わたしは興奮が止まらなくて眠いんだけど眠くなくって、ゆる〜くネギネギを営業しながら、仲良くさせてもらってるアーティストの人らや、昔からの音楽仲間や、主催のたけちゃんとすきやき食べながら語り合ってた。
 
たけちゃんが前に言ってことば。

 

僕が美味しいと思ったものが
誰かにとって、美味しくなかったり
僕にとっての素晴らしいが
誰かにとって、そうではなかったり
「みんな違ってみんな良い」
そう思うこともあるけれど
同じものを美味しいと言い合えることや
同じ音楽に、一緒に感動できる時間を
やっぱり大切にしていきたいなぁ

 

まさに、まさにほんとにそうなんだよなぁ。

 

いろいろなフェスがあるなかで、
参加できて良かったと心から思えたイベントだった。

 

宙音は今回でもう9年眼で、

たけちゃんや宙音スタッフの想いが詰まっていて、

アーティストも、出店者も、参加者も本当に素敵だったんだなぁ。

 

参加受付のリストバンドには、一言一言手書きでメッセージが書かれてあるし、

翌日すべてが終わって帰るころには、寝ずにたけちゃんが作業して、宙音でさっきまでやってたライブの音源CDをお土産として、これまた手書きのメッセージ付きで渡してもらえて。


愛が詰まってる〜〜〜〜。

 

アーティストもお客さんもスタッフも
やることやって、全力で一緒に楽しむ。

 

みんな楽しんでやっているのが、伝わった。

みんなでつくってた。

 

そんなみんなでつくる空間を来年に繋げたくて、

最後会場をでるときに、たけちゃんと

来年はネギネギで貸切バスして40人で大人の修学旅行やろうって話をした。
 
ということでね!
ぜひみんな、あそびましょう!!!!!
来年の手帳に予定、書き込んどいてねっ!笑
日程決まったらまたお知らせしようと思います。
 
始めることよりも、続けることの方がほんとうに大変。
来年宙音10周年!
きっとあっというま。
再会とあらたな出会いをまた楽しみに、ネギネギも精進します!
 
2017宙音、ほんとうに素敵な時間をありがとう!!!!
また来年!
 
宙音の詳しい内容はこちらから☆
 

・ホームページ
http://soraoto2016.info/
※2017年版に更新しています

・Facebook
https://m.facebook.com/soraotofes

・Twitter
https://twitter.com/soraotofes

・Instagram
https://www.instagram.com/soraoto_fes/

 

2017アーティスト

Indus&Rocks
Muff
天草
SAIRU
馬喰町バンド
小久保淳平 BAND SET
ミドリのマル
SARATOGA
タとエ(大島武宜と伊藤絵里)
ちんねんズ with Mahto
安部たかのり
hou
kentarow
BREADMAN&BAMBI

{9CFC2A6D-23E9-44C6-8061-79D06659069D}

チビも寝ずに朝まで絵を描いてたなぁ。宙音、おつかれっした!

たけちゃん、誘ってくれてほんとにありがとう!!!

また来年!

 

AD
昨日ネギネギにね、毎月「葱を食べる会」ってのをやってる人たちが来てくれて。
 
先月も来てくれたお客さんなんだけど、その人達は会社で毎月必ず、「葱を食べる会」ってのやってるらしく、もう6年続けてるらしくて。
ネギネギからしても、先輩!!!!
毎月って!会社行事って!!!おもしろすぎるこの人たち。
 
会社のホワイトボードにちゃんと予定として「ネギを食べる会」ってのも書いてあるらしく、(ちなみにネギ関係の仕事では全くない)話が盛り上がって。
その人達は毎月ネギを食べに行くのを6年続けているのだけど、一年に二回その中でも特別なネギの日っていうのが「1月11日」と「11月11日」と勝手に設定してるんだって。
(形的にね。笑 ポッキーではなくネギの日って。最高でしょ?)
 
その強者ネギ好きな彼らが、その大事なネギの日には必ず訪れるという
とあるお店を教えてくれたんよ。
 
所沢インター降りてから2、3分のところにある「ラーメン仙龍」
 
ここのネギラーメンがやばいと。
話聞いてたら、すごくてさ。
やっぱそれはネギ屋としては行かなきゃってなって、いてもたってもいられなくて。
ちょうどしょーごくんが車都内に持ってきてたから、よっしゃ行く?って盛り上がり、昨日ネギネギ終わってから速攻いってきたんよ。
 
車でいったら、初台からでも30分ちょいくらいであっというまに到着。
 
{8DFFEA41-975E-46FC-BC93-0F2C09FDF420}

まじなんもない田舎にポツリと現れた提灯。

営業は19時〜3時。

昔は5時までやってたらしい。

 

広いコの字形のカウンター。いい感じに店は汚いけど、使ってる寸胴とか洗浄機とかキレイ。

うちの店にもある、葱の肩たたきが壁に飾ってある。笑

セルフのお水のグラスが、ワンカップのグラス。

いいね。すきすきこーゆーの。

 

ちょうどお客さんひいて、私たちが入るころは貸し切りだった。

 

{16C2359E-8E73-4A84-8C0A-737CC87110CB}

 

ラーメン以外は高めの値段設定。

ネギ屋として突っ込まれたくて、

みんなでネギT着て私はもちろんネギ松葉杖でいったんだけどさ、

Tシャツにも松葉杖にも突っ込まれることなく、

「なんにします〜?」とおっちゃん。

 

「ネギラーメンいきたいんです!」

というと、

「おすすめしない、美味しくないよ。」と。爆!!!!

 

話に聞いてたとおり、ネギラーメンはそう簡単には頼ませてくれないらしい。

 

「ネギラーメン、作るのは簡単だよ、こっちは。でもネギを美味しく食べたいんだったら、ネギラーメンよりトッピング【ネギネギ】がオススメだよ。これなら最後まで美味しくたべられるから。」

 

なに〜?!ネギネギ?そのネーミングも最高。他人とは思えない。

だけどうちらはネギ屋だぜ。いいのかネギ屋がネギラーメンいかなくて。

自分との葛藤が始まる。

Tシャツや松葉杖をアピールしてるんだけど、全然突っ込まれないから、

この際自分たちから自己紹介。

「大将、実はわたしたち東京で葱屋やってて、お客さんから今日話聞いて思わずきちゃったんですよ〜〜

だから葱やとしては、やっぱりネギラーメン行かないと帰れないかなって・・・」

 

葱やというところに一瞬ほころんだのだけど、

「いや、絶対食べきれないから。作るのは簡単なんよ。だけどつらいのはお客さんだから。」

何度も何度もそう断られる。

 

なに〜!かたくなに断るやん。

そしたらメニューにしないでよ。と正直思う。笑

 

結局わたしたちは「ネギラーメン」を頼ませてもらえず、ラーメンにネギネギトッピングでいくことに。

注文が入ってから、葱の切り出しが始まる。

ネギをたたき、【ねぎ平】でネギをカットする。

ネギ平ってのは、ネギ切りマシーンね。一瞬でカットしてくれるんよ。

 

{06DDC388-61A5-4CD4-B57F-BDC493434255}

これネギ平。

{C5ECFABF-CA09-40CC-8672-C5650EA50A42}

 

 

{B424577E-3C72-4851-852D-4437C988BED0}

ひたすらネギ平でネギをカットするおっちゃん。

ネギネギでこの量ってことはネギラーメンってどんなんなん。

 

ひたすらにいつもネギを切っている私たちでも、
明らからに眼にしみてくるくらいの量。
店内はネギ臭でいっぱい。わくわく。
 
{6700466C-6077-4AF3-A324-78A044CA0E6C}

 
これがラーメンネギネギトッピング。
ネギも味付けしてあるので美味しくたべられる。
でも水切りもしてないし、生そのまんまなので、たしかにこれはかなりのネギ好きでないと、結構キツイのかもしれない。一人一本分以上は入ってる。
次の日は絶対ネギ臭とれないね。
 
おっちゃんと話していると、いろいろ語ってくれて。
実はもともと屋台だったんだって。
昔はネギのせとかやってなくて、普通にラーメンをやってたらしいんだけど、
おっちゃんが別のお店に行った時に、ネギラーメンってのがあって
おおいいなぁ、と思って頼んだら、ちょこっとしかネギのってない商品だったらしく、こんなんでネギラーメンいうなよ、と思って、自分の屋台でももっとネギのせしたネギラーメンをやりだしたんだって。
でも、そのときは屋台だし、注文が入るとネギをその場で手切りで切って出すから結構大変だなぁと気づき。
(いや最初から気づくっしょ。)
 
しかも結構皆ネギラーメン頼むし、ますますめんどくさくなったらしく。
(ネギ好きじゃないんかい)
 
皆に頼ませないように、逆に尋常じゃない量のネギをトッピングしてネギの辛さで嫌がらせをしてやろうと思ったんだって。
もうネギラーメン頼ませないように、みんなこれで嫌いになってしまえって。笑
 
そしたら、それが逆に話題をよんで、めちゃくちゃ有名になってしまったらしく。笑笑
お店を構えるきっかけになったらしい。笑
だから今でもかたくなに断るんだって。
おもろ。
 
ちなみにネギラーメンはこんな感じ。
{E5696450-A283-496F-929F-2F504C33E168}

 

 

{BF73F66C-1215-4356-9581-07956830B528}


ネギネギトッピングの4倍、深谷ネギを使ってるよ。

 

麺にたどり着くまでにスープも冷めちゃうし、ネギの辛さしか口に残らないって。
キレイに食べ切れた人、一人もいないよっておっちゃんは言ってた。笑
 
わたしは、ネギは食べれたけど、玉子やチャーシューもラーメン自体にたくさん入っていて、お腹いっぱいで完食できなかったから、きっとネギラーメンを完食することは不可能だろう。笑
でもネギはたべられると言い訳したい。
 
昨日の夜たべて、1日たった今でも、胃からネギ臭がする。笑
わたしもまだまだだなぁと思った、楽しい一夜でした。
 
ちなみにこれを教えてくれたネギの会の人の一人が、自分の結婚式のときには、ネギの箱束が御祝いとして届き、奥さんにはネギタイツをはいてもらって結婚式したんだって。
 
やべぇ負けてる。笑笑
 
ネギ専門店をやっててつくづく驚かされるのは、ネギ好きは世の中にこんなにいるんだってこと。ネギのパワーすごいわ。
 
みなさん、所沢にいったときにはぜひチャレンジしてみてね。
ちなみに、ホルモンラーメンが絶品みたいよ!
(早い時間じゃないと売り切れてるらしくて、わたしたち食べれなかった!)
おっちゃんの人柄も絶妙な感じがなんとも素敵でした!
ごちそうさまでした!
店を出るときには、30席くらいある店内が、ほぼほぼ満席になりかけてた。
車でしか行けないような場所なのに、常連さんがとにかく多いみたいで、みんな入ってくるなり「ラーメン、中麺、油少なめ、ネギネギトッピング!」とかスラスラ注文してた。
深夜1時くらいだよ。すごいね。
なにより、店内のいろんなところから「ネギネギ〜」って声が聞こえてくるから、なんか嬉しかったな。笑
 
次いったときはネギラーメン、いってみっかな。笑
大食いの人、付き合ってください!
AD

ネギネギ3周年◎

テーマ:

2017年9月9日、ネギネギは3歳になりました。

 

まさかの足が骨折してる中での、一年で一番楽しい日。

 

今年も本当に幸せな2日間でした。

 

まずは写真どっといこうかな〜〜〜

 

1日め。

 

{C6ACCD89-906D-45CA-A652-F2BE3A6DB198}

とりあえず、ネギスタ乾杯から。

 

{18828050-7026-49D7-AE11-CE54D11B3444}

 

{CB22EC17-F57D-4F17-A418-4D141F776A2F}

 

{35827734-6423-4634-8D91-677C1A01DF61}

 

{5D7D4F34-46C1-462B-B2A7-0309BDAF6E55}

 

 

 

 

 

{663FA834-F884-4681-88B3-EFE511AD8BFB}

 

 

{29873AA2-1A10-4E31-8801-15317D5259A0}

 

 

{4C7D4954-5F38-44BD-A88C-4C517755C998}

 

 

{7E838CF1-D7CB-4481-AD1B-9BC26A0964BE}

 

 

{2DAF735C-FBF5-4E1A-AB59-9B36BEC8739B}

 

 

{8D6FE5F5-71F6-4A86-8841-ADE31900912E}

 

 

{DE888B58-156A-4EF4-A157-22529ABA4990}

 

 

{16440F65-554D-42CC-8AA4-B53796D6A3A3}

 

 

 

 

 

 

1日目から!

 

 

 

 

{AF55F055-C452-4CFF-A9C4-A2CA4CF64232}

 

 

{6646939B-8E96-4368-949F-28464A035EFC}

 

 

{EFF7D420-4FBC-4EAA-BE24-10BDDFED3F76}

 

 

 

 

 

 

 

 

{5092EC47-97A7-44FC-B119-0B1BA90E7AC8}

 

 

{2DA8552C-918B-4872-9E72-3B16AB259B40}

 

 

{7744DDFD-67D2-4B8A-96DE-E9001F73CE74}

 

 

{821A1F41-F045-4B9A-8A39-8EA4BEB6FC1E}

 

 

{472DD0B6-59F3-4E6D-B803-C69495AC6149}

 

 

 

 

 

{89B4B589-23AC-4EC3-887A-E95350717B21}

 

 

{CEB5068E-692B-430C-8DC4-58430C4CF3DC}

 

 

 

 

 
{E9FACE7E-ACEF-4960-BD52-C0435C2BEE4B}

 

{B4ED79C8-CB07-4B76-9AC4-91587FA8C95F}

 

 

{628FDC56-AC5A-42C5-84BD-C75FF736C556}

 

 

{F9AB74F5-2C51-4F10-A797-16E64B2C9751}

 

 

{C6F23237-EB20-4FA4-B975-31CA1DC9E03F}

 

 

{751CCC20-263D-47A4-961E-CFDCC3B1DBDB}

 

 

 

 

 

{61A4CDE4-DEC9-4D1B-8E75-BE6611208227}

 

 

{10C76747-D0BD-4BAE-9834-112176F254C1}

 

 

{37AF90B9-C9FB-45C4-BC0E-725B7D84CB70}

 

 

 

 

 

 

 

 

 

{BD45AE0B-9961-4D81-A94D-B7945A218E2F}

 

{897DC2B5-11E9-49D8-9572-AE7EC710DE52}

 

 

{2785A161-72F5-443D-AF27-6417A135E8D3}

 

 

{BEDA34D9-DAAD-493A-9FC0-EAA5FFA5ADD5}

 

 

{E5051011-84A9-4A92-BDB1-F8C0896910EE}

 

 

{0C55FBCA-6B8C-4117-AF62-C49377A5E28C}

 

7月で卒業したダンディもかけつけてくれました☆

今舞台がんばってるよ〜〜〜!

{EC000013-89FD-41F6-A3D4-1A63FCC21ADF}

 

 

{3DE3C59B-5496-4D46-9BB6-C8DD458F134D}

 

 

{2A702C01-0914-4FE6-AA54-91ECFA7220EE}

 

 

{BA8D8213-E545-4F62-8041-ECEA0390824F}

 

 

{19FEB956-ABE2-4C1A-B0B2-71D4075C704B}

 

 

{777F212E-373F-41CD-A4E2-FF083B2C778C}

 

 

{EF2DFDDA-B9E4-448D-8BD4-A7A8A1CACDD2}

 

 

{BCEC2362-ACCD-4080-BAAF-8C8BE5BFDDF9}

 

 

{8BD74EA0-070F-479E-A3CF-3C91608072BC}

 

{46090280-F555-4018-BEDE-893BECF60149}

{A28EE51D-D3C6-4F68-A238-F62A35E0515A}

ついに届いたネギの松葉杖!!!

Chibi作!流石すぎる!!!そして重い!笑

{AF04DE8A-E3AF-408D-9B30-5B38D6BC0061}

1日目は、毎度おなじみ深谷のネギ農家さんがきて、今年も採れたてのネギをたくさん振る舞ってくれました!

ほんとうにいつもありがとうございます!

村岡さんことてるくん。

{89BBC945-009F-4542-8C8F-4A4546305F7B}

この日はてるくんの繋がりで、日本の農業業界を支える方たちがきてくれて、とても嬉し買ったです!

今年周年の限定メニューをつくってくれたのは、

吉祥寺旅のこうくん!

こうくんのネギ海老カレーめっちゃ美味しかったな〜〜〜

ほんとうにありがとう!

届けてくれたどさんこもありがとう☆

 

1日目は早い時間からやってたのもあって、

ファミリーや親子で来てくれてる友達も多くて。

なんかつい数年前まで、一緒に呑んでふざけてってやってたのに、

いつのまにかママになったりパパになったり、私もまさかのネギ屋になったり。

人生おもしろいなーってつくづく感じたなぁ。

こうゆう懐かしい繋がりの人たちとの時間がこれまた、周年の嬉しいところ。

 

ちょいちょい色んなトラブルがありつつ、1日目は終了。

この日おきた反省会を夜中までしょーごくんとますみとしました。笑

次はさらにパワーアップして、今日よりも最高の周年にしようぜ!って

寝ましたとさ、さぁどうなる二日目!

ライブ三昧ネギ三昧〜〜

 

つづく

 

3歳になったよ。

テーマ:

2017年9月9日。

 

ネギネギは今日で丸3年。

3歳になりました。

 

初台と幡ヶ谷の間にあるネギネギは、駅からもちょっと遠くて、東京だけどどこそこ?ってなるようなちょっとマイナーな街。

だけど都庁がすぐ先に見えて、新宿は歩いて行けるような、都会といえば都会なんだろう。

住所で言えば、まさかの渋谷区である。

 

私がこの場所を独立する場所として選んだのは、

新宿や渋谷や誰もが知ってるメジャーな場所から近いんだけど、

東京でもどこだっけそこ?ってなる場所がよくて。

ちょっと下町で、その街を大事にしてる人たちが住んでいて、商店街に活気があって、昔ながらの老舗なお店も、若い人もこれから頑張ろうとしてる街。

路面一階は譲れないけど、むしろ駅からちょっとくらい遠い場所がいい。

駅チカで適当に店を選んで入ってもらうよりも、

わざわざネギネギに行く、そんな場所がいい。

ここを目指して来て欲しい。

それがなんとなくの自分のイメージだった。

 

「幡ヶ谷」

 

私が店を出そうと決めたのはこの場所だった。

一年半くらい物件をゆるく探し出し、いよいよ独立期限が迫った半年は

「そんな毎日来ても、物件出ないよ」って不動産屋に言われるくらい、毎日何件も不動産屋さんに通ってた。

 

決めかけた物件が一歩の差で他の人に決まったり、立地はいいけど予算オーバーすぎたり、なかなか良い物件に出会えず、独立すると公言していた期日までもう時間がなく、焦る一方で。

 

そんなときに鎌倉のとある神社が効くよ、と言われて、冗談半分でお参りに行った直後にポッと出てきたのが今の物件。

2014年、7月12日の出来事だった。28歳。

 

もともとはカレー屋さんの居抜きで、前の店は5ヶ月で潰れてた。

カレー屋さんが何年も続かず、間貸し間貸しみたいな形で、5年くらい店が落ち着かなかったらしい。

 

正直難しい場所だよって言われたのだけど、

私の中では、ものすごくビビビッ!!!!ってきた。

 

って言えばドラマチックだけど、そんなわけは全くなく、

でも、ここならできそうだな〜って、なんとなくの感覚があった。

そもそもこの物件に決められなかったら、私は決めてた日に間に合わないし、

ここでできなかったら、どこでも勝負できない気がする。

そんな気持ちに自分を持ってった。

 

はい!わたしここに決めました!

申し込みます!

と内見のその場で伝えたものの、そこから問題が勃発して、契約ギリギリまでもめにもめて。

不動産とも家族とももめて、だけど、やっとかっと、なんとかまとまった契約。

8月10日。

 

ようやくスタートラインに立てたのである。

 

この日にオープンすると数年前から決めていた9月9日。

物件受け渡しは8月16日。

工事期間たった3週間だった。

 

こんな無謀な私の勝手に決めた想いに、独立すると決めた23歳の時から棟梁をお願いすると決めていた、口は悪くても、とことん付き合ってくれた棟梁たがさん。

設計だけでなく、店ができるまで、出来てからも建築の枠を越えてサポートしてくれた顔の濃いリオさん。

本当にすべてを支え続けてくれていた初代わたしの大黒柱パートナーあやちゃん。

ネギ屋やりたいといきなり言い出す小娘の無謀な野望に、とことん試作やメニュー考案を一緒にやってくれた、料理の師匠森さん。

 

そしてこの工事期間中、100人にものぼる人が工事を手伝いにきてくれ、力を貸してくれた。

そうやって出来たネギネギなのだ。

 

店を出す前から、たくさんの人の力と支えで、お店をオープン出来た。

 

「東京の人は冷たい」「東京はきらい」

そんな言葉をよく聞くけれど、私はそうは思わない。

 

実は独立するときも、東京なのか地元福岡なのか、はたまた違う場所なのか悩んでた時期があった。

 

だけど、私は自分のお店を出すと決心したのはここ東京で、ギラギラしてた20代、日本のテッペンで自分がどこまで出来るのか試したかったのもあるし、

応援してずっと支えてくれてた人たちも東京にいて、まずは東京で勝負してその人たちに魅せていくことが、恩返しだと思った。

 

確かに家賃はべらぼうに高いし、新宿駅や渋谷スクランブルに行ったもんなら平日だろうが毎日お祭り騒ぎで人とぶつからずに歩けない。

乗換案内みないと電車になんて未だに乗れない。笑

 

だけどこの場所で始めたからこそ、田舎の良さも変な話すごく分かったし、東京だからこそ全国からお客さんが来てくれるような場所にもなりやすかったと思う。

 

 

一ヶ月前に足を骨折して、日常生活にたくさんの支障がでるようになったけれど、

電車に乗れば席を譲ってくれるし、エレベーターのボタン押してくれたり、ドア開けてくれてり。

通勤5分の道が最初40分かかって、手が痛くて本当にしんどかったけど、

それでも必死に歩いてると、近所の人が話しかけてくれたり、タクシーのおっちゃんが励ましてくれたり。

ここ東京でも優しさにたくさん触れている。

緊急入院で、迷惑かけた店関係の業者さんもわざわざお見舞いに来てくれたり、支払い遅れたのに、落ち着いてからでいいからね、の言葉や逆にまさかのお見舞金くれたり。

 

怪我をして、改めて気付く人の優しさは本当に嬉しかった。

 

色んな情報に溢れすぎて、人が多すぎて、自分を見失いがちな大都会、東京。

そんな中でもがいて、必死になってる人たちに刺激をもらってるのも事実。

 

わたしはこの街での出逢いがなければ、今のネギネギはありえないからね。

 

10坪という、小さな小さな箱だけど、私にとっては唯一の大事な自分の城で、子どもみたいなものだ。

 

 
みんなにとって居心地のよい空間をこれからもつくっていきたい。
これからもお店と一緒に、スタッフと一緒に、成長していきたいな。
 
さて、9月9日。
自分の誕生日よりも、テンションあがる一年で一番楽しい日。
 
みなさま、乾杯しましょ!
今日明日とパーティーナイト!!
骨は折れてるけど、心はたっぷり元気で、皆様をお待ちしております◎

image

image

{34F09EA1-EB51-4A87-BF7F-7DFC45F06075}

 

{678E821C-28D5-4FB9-B1BD-D13CFF43E483}

 

{094AB549-91DC-4269-B126-E2CE7F108B46}

 

 

{B4288B54-1C5A-4C01-83A2-1C0EBC260842}

 

 

{CAE530AA-F66C-4E89-82B9-10DC53EDD80F}

 

 

{31EE64D1-A2FA-4CCB-825D-2CC6A7CBB31B}

 

 

{CCCF8141-6A04-454B-B66E-DD619B98DC10}

 

 

{D1FF7AC8-8268-474E-B492-7510E3C093B8}

 

 

{3CFAB313-D69B-471E-BB29-A8A66C4F290A}

 

 

{3B308FF0-9C11-47DC-8992-8DAAED03E411}

 

 

{1B592F1E-B070-4881-A3C4-CFDAD4977797}

 

 

{FCC554CE-C3E1-4C52-8F8C-3CAD59DC1A0C}

 

 

{F9D4C7B2-9087-4D07-94C9-F13F76F7A2DC}

 

 

{05CE9CFB-E024-4D53-BD75-C2A7999C4CBC}

 

 

{6AD28099-FCF7-40DD-89DE-024CF4161E04}

 

 

{2B2E375E-2B6A-4E76-B18D-0F34807E88DB}

 

 

 

 

 
{87837670-0DAE-47EB-AD10-1CF196B2E10C}

 

 

{4835B0BA-9B3B-41FD-AF37-9FDA82C949F0}

 

{824CC26A-CC55-4EAF-AD36-2242DE8337CC}

 

 

{AC4A959A-6E12-4B55-96CD-17BBD5F79C6A}

 

 

{A6F2DE5D-65B1-42E8-8B7B-409C26E49BB5}

 

 

{00E78972-C1F2-4354-A77B-069B8DE6C8C0}

 

 

{0ADB769E-65E0-4FB5-98BD-14BC516D785E}

 

 

{2593D339-E0BA-4CD8-BEBB-C908D8D6CC56}

 

 

{FEB6AB3E-6167-49B8-A34A-342F8BE64302}

 

 

{70E36599-22D9-4942-94AD-8679139E9AF0}

 

 

{C6A5AD65-F1B8-4DDA-9BD7-49BC499FD201}

 

 

{7454A45F-77A9-496A-89D7-BCE425052AFA}

 

 

{7C61C782-BD68-4A7F-9D45-42141F1E2B7E}

 

 

{5FE1D21C-94AA-4E34-800B-A8FF3EEE52D8}

 

 

{963717AA-2E70-4EA3-A488-632435075ADA}

 

 

{F109DA8C-7E0A-45E5-93B4-4B507C9D7E67}

 

{A4148961-9300-4769-985F-323020923DC4}

 

{4039A854-39A8-439F-8D20-FB8361E20C60}

 

 

{642A478A-461B-4330-B6FC-C2481B4E19A1}

 

{B97E0FC3-3E42-44AE-B9CD-F76293B35BD8}

 

 

{883FA602-C38D-43ED-9F7B-FA45A8CC5B11}

 

 

{37329D89-A0D1-4DAA-A9FD-44C32F54D692}

 

{0CF9ABDE-8119-44FF-82C4-38821323CAD4}

{04529A66-4943-402F-ADD4-1D4BC41BA5CA}

 

 

{1CD02E63-0ADB-4D2C-8D1C-A8ED8DDBFD75}

 

 

{54E27F61-2C5B-4A34-A8A4-6A6771CF6591}

 

 

{AADC42B9-6561-4F8F-BBCA-DAFFEACAC9B9}

 

 

{00928772-E9B4-4894-85F6-7F8426ADA801}

 

 

{5FDDAEFC-D2C4-4BFF-A1D9-E7D8EF8BFEF7}

 

 

{EE501B1F-B3C8-424C-8BEF-B3AFD808CC20}

 

 

{E95B78AF-45BD-4574-BBBA-E298BC8ECA0D}

 

 

{EBDDF24B-B114-4A56-8F1A-915E51742697}

 

 

{DB224EAF-89CA-40AD-8F01-04C02DA9A63D}

 

{86772A40-F920-4FF2-93E2-507526B77D62}

 

{B5E2ABD0-1805-4160-91B5-7525BF826EED}

 

 

{EDA9F018-8FCD-4BA1-B064-403236CBE562}

 

 

{5CC1447D-130D-4181-928B-45C7A2470345}

 

 

 

 

 

 

{1501BAFC-2310-4E00-AF6A-99A7EA0BA1B0}

 

 

{8A4B12BB-2188-450A-959A-3CE10C22A2C5}

 

 

 

 

{C6C71C5B-D570-4779-BAEA-0128F5AB4C93}

 

{6BB1B496-2983-4604-B5DE-D99DF1A23F21}

image

{E165E21F-05DE-4141-A987-DCF925DAA1C0}

 

 

{B5B8F7C3-4E02-48E2-857A-18B9B5CCD641}

 

 

{0B42B74A-C33A-44A0-9415-C10397E6902C}

 

 

 

 

{B2B7D8C2-11AC-4DAA-9EC1-E7484177FE81}
image

{25137EF0-9921-4E13-9262-36DA33AA7F46}

 

image

 

あー色々あったなぁ。

 

涙でそ。

 

さ、乾杯しよ!!!!!!