2017年、31歳。

テーマ:

1月24日で31歳になりました。

今年の誕生日は、ひたすらにダラダラと、ゆーったりと、だけどそれなりに幸せに過ごしました。
{A406457C-3718-44EA-8D36-D1D858DED4CB}

{629B4350-D1EE-45CB-9A92-36C1E0D1E21E}

誰が13歳じゃ。
冬生まれなのに、こんなに冬が苦手なのはなぜだろう。早く夏よ、来て欲しい。

1月生まれなもんんで、年があけての一年の目標と、31歳中にやろう!っていう目標はだいたい一緒。

私は昔から、毎年目標というか、やりたいこととか会いたい人とか行きたい場所とか、とにかく思いつくだけひたすらに年始めに紙に書く。

気づけばいつも30コくらい。

文字にすることって大事だというけれど私もそう思うし、なんだかんだ大量に書くやりたいことも、たまーに手帳見返したりしてると、年の終わりにはだいたいのことが達成している。

自然と意識するからかな。

が、しかし、2016年。

見事に殆どがクリアできないままだった。

やりたいことや行きたいところが、そもそも多すぎるのはわかっている。
だけれでも、やっぱりこれはちょっと悔しい。

だから、2017年、31歳は挑戦しますよ、色々と。

30代女の長い厄年が始まりましたけど。

厄なんてふっ飛ばしてやる〜〜〜〜!
 

どうぞ31歳もよろしくどうぞ。

 

ま、誕生日あとそっこー15年ぶりにインフルエンザにかかったけどね。笑

 

とんだ誕生日プレゼント、ありがとう!!!!

{DE39DF7F-4BB7-47C2-9DF5-B54812D945D9}

友達から誕生日に絵がおくられてきたよ☆

 

 

{DF989841-6D69-4691-B663-42456508F350}

おねーちゃんから、怪我しすぎだから今年は健康第一で!って

誕生日に送られてきた巨大だるま。

その日にインフルエンザ発覚。おねーちゃーーーん!

 

 

 

 

{4BDD97B5-FD7B-495E-A0A5-2E290F8BB5AA}
相棒まさみんからはさすが、日本酒樽〜!しかもオリジナルロミ樽〜!
みなさんホームパーティーしましょう。

{F4160598-A699-44CF-AA15-65EAF4A7B934}
今年もめげずにサーフィンしますよ!
やっぱり私は海が好きです。


いくつになっても、挑戦、挑戦。
できることしかやってなかったら面白くないんだもん。

いつでもちょっと無理をする。
体調崩したらしっかり休む。
そしてまた無理する!

これ30代の基本なんだって!笑

見習います。押忍!
AD

あけましておめでとうございます!

新年をあけるとすぐに、毎年この日がやってくる。

 

1月7日。

 
4年前の今日、私たちはカンボジアで交通事故に遭いました。
 
2013年1月7日13時。
 
あれから4年。
あっというまに4年がすぎたけれど、
4年たった今でも、あの事故の瞬間がフラッシュバックすることもあるし、本当に誰が死んでもおかしくない事故だった。
 
あれ以来、私はカンボジアに行けていないし、いまだ私は一度もトゥクトゥクに乗れていない。
 
毎年この日がくるたびに、
生きていることへの感謝と、それが当たり前ではないという事、
海外で事故に遭うことがどうゆうことか、海外旅行保険の大切さをしっかりと感じさせられる。
 
海外で事故にあうということがどうゆうことか。
もちろん事故に限ったことじゃない。
海外で何かが起きてしまったとき、海外旅行保険に入っているという大切さ。
みんなはどれくらい知っているかなぁ?
 
ここまでを読んで、
「へ〜ロミ事故って死にかけたんだ〜
大変だったね〜生きててよかったね〜」
そう思うかな。自分には関係ないって。
 
伝えたいのは事故にあったことじゃない。
海外にいくことが容易になった今、みんな自身が、明日は我が身かもしれない。
 
死んでもおかしくなかったあの事故で、
生き残った私たちができることはやり続けなければいけない。
 
自分は事故にあわんし大丈夫、とか
クレジットカードに保険ついてるから大丈夫やろとか、
そうゆう人は絶対に読んで欲しい。
 
周りにも伝えて欲しい。
 
3年前に書いた、
六話に渡る、長い長い文章だけれど、どうか読んでください。
 
【第一話】カンボジアで事故った瞬間の話。
一番重症だったマキちゃんに一刻も早い手術が必要な中、カンボジアでの手術はできないからタイへいけと告げられる。
おいおい、殺す気か?
 
【第二話】マキちゃんが海外旅行保険に入っていなかったがために、対処が遅れたことについて。
海外旅行保険に入っていなかったとしたら、実際にどうゆうことが起こるのか。
あなたはどんなに短い旅でも、ちゃんと保険に入ってますか?
クレジットカード保険じゃだめなんです。
 
 
【第三話】カンボジアからタイへ、救急車で国境越え。
こんな非常事態でも国境でもめるもめる。
もう二度と陸路で国境越えなんかしない。こんちきしょう。
12時間かけて、やっとついたタイ。
いよいよ緊急手術へ。
 
【第四話】
手術を終え、私とマキちゃん、タイでのたった2人の闘怪我生活が始まる。
どんどん多額になっていく治療費用。
リハビリと痛みに耐えるマキちゃん。
事故を起こした相手を許さない!場合によっては裁判だ。
 
【第五話】もっとも大事な話。
「お金のことと価値観の違いについて」
海外で事故にあうことがどうゆうことなのか。
日本の当たり前なんて通じるわけもなかった。常識はすべて覆される。
慰謝料を相手側に請求した375万に対して、実際に受け取れたのは38万円だった話。
その38万円を手にすることが、どれだけ大変だったか。
 
【第六話】私たちのその後。
たくさんの人が力になってくれて、助けてくれて、私たちは日本に帰ってくることができた。決してあたりまえの事じゃない。
生きてて、本当に良かった。
 
 
このブログを書いたのはもう三年以上前のことだけれど、記録しておいてよかったなぁと思う。
やっぱり時がたつと、記憶は薄れていくのだ。
事故にあった自分たちでさえも。
 
海外で過ごす以上、そこにはその国のルールや常識ってやつがある。
必要最低限の情報と、準備はすべき。
あなたはちゃんとできていますか?
 
事故にあって丸4年。
一番重症だったマキちゃんは完治に2年くらいかかったかなぁ。
 
その事故の瞬間ほとんど痛みがなかった私とななかも、
日本に帰ってから身体の異常で苦しんだ時期があった。
 
マキちゃんの次に重症だったみずほは、なんだかんだその後も一番怪我や後遺症で苦しんだ。
 
でも、みんな生き残った。
 
毎年この時期になると皆で集まって、事故当時の話を振り返る。
そして生きてることに感謝して乾杯をする。
もちろん今年も。
 
{497FAEA2-0220-41FC-A08A-162557A3E6BC}

ゆきは広島帰省中のため、残念ながらこれなかったけれど。

(あとから写真合成予定。)

 
最年少のななかと、二番目若手のゆきは去年結婚して人妻になった。
(下から順番なら次は私。笑)
{ED1CB216-1B33-4056-99AD-C63C14311D02}
朝シャン(朝からシャンパンの略)して
カンボジアのビールでもチョルモイ(乾杯のこと)して。
{55F7583E-35EC-488E-8AC7-BCF7D0EFEEDA}
朝から笑い転げて。
 
あ〜今ちょうど事故った時間だね〜
よし黙祷だ!!!!とか言っちゃって。
(縁起でもない)
 
冗談が言える。
朝からお酒が飲める。
美味しいご飯が食べれる。
友達と喧嘩もできる。
元気な身体がある。
 
幸せだよ。
 
来年の1月7日は、事故から丸5年。
この日はカンボジアで迎えようと思う。
事故以来、初めて踏み入れることになる。
 
あの時お世話になった、大好きな人達が待っているから。
 
大好きなママとハグするんだ。
ティーさんのトゥクトゥクにも乗るよ。
今度こそノーパン高校へ行こう(一話参照)
そしてニシバライでゆっくりしよう
そうだ、リムジン貸し切って、朝シャンしながらソカのケーキ食べよう!
大きくなった村の子供たちにも会いにいかなきゃ!
 
 
 
生きてたらなんだってできる。
 
 
 
私たちが望むこと。
 
どうか二度とこのような事故が起こりませんように。
 
そして
私たちが伝え続けることで、
一人でも多くの人が海外旅行保険に入りますように。
現地を知ろうと努力しますように。
 
 
だって海外にいくことはやめられない!
 
そうでしょう?
 
 
マキちゃんとの闘怪我生活。

 
リハビリで杖つきながら初めて歩けたとき。
 
{09C2949E-B3E2-488B-9035-8225CB4138D3}
ななか帰国。
 
みずほとユキの闘怪我生活。
カンボジアのみんなが、助けて支えてくれた。
{CCFCCCC2-4C45-4335-826C-7E170F588DA6}
 
 
{0BD30D27-9375-4D65-8822-225121901E33}

救急車でカンボジアの病院を出発したときに、

それぞれもっていた旅のお守りを、皆が想いをこめて、手渡してくれたね。

 

{A155B204-9506-422F-AD77-C606B4C767FC}
カンボジアのママが、皆が元気でいられますようにって
一人ひとりにカンボジアのシルクをプレゼントしてくれたね。
 
マキちゃん帰国。
かで画伯作のマッキーマウスに感動のサプライズ再会が大爆笑に。
(ある意味涙の再会が台無し。笑)
 
それぞれのタイミングで帰国した後、初めて5人全員が揃ったとき。
 
まさかの私以外全員が、再びカンボジアに行くことになったとき。
 
{8BC2415A-B737-4A07-A783-3C057D21560C}
カンボジアチョルモイの瞬間。
私の合成のクオリティの高さ。
 
{1ECE371A-8D9E-4D0B-B7CB-24F49A0B8A9D}
事故一年記念日。

 

{55F9B1BC-86CF-42A7-9F27-437BE34470E4}

マキちゃんが手術中、

病室からみた忘れられないサンセットは、一生忘れないだろう。

 
 

生きてるからこそ、振り返ることもできる。

 

 

事故にあった私たち5人は、

変な話この事故がきっかけで本当に仲良くなったし、かけがえのない大好きな存在になった。

 

健康で毎日過ごせてることも、毎日ご飯が食べれていることも、

たまに二日酔いなことも、最高じゃないか。

当たり前なことなんて何一つない。

 

ありきたりな言葉かもしれないけれど、本当にそうなんだ。

 

明日、なにが起こるか分からない。

 

そう考えたら、

もうちょっと人にやさしくできて、

もうちょっと柔らかくなって、

もうちょっと穏やかに、

たくさんの幸せに気づく。

 

そんな気持ちを忘れないように、

忘れそうになったらまた思い出して、毎日を過ごしたい。

 

ということで、

2017年ですね。

どうぞ今年もよろしくお願いします。

 

ロミ

 
 
 

 
AD
飲み会の席なんかで、
「どーゆー人がタイプ?」とか「理想の夫婦像は?」みたいな話にたまになるやん?
 
私の周りに素敵な夫婦はたくさんいるのだけれど、
そんな時、チョリパンの存在を知っている人であれば、
「しんともみたいな夫婦!」とよく答える。
{CC3BD467-5A66-45A2-A8A9-982E1499FA32}
 
チョリパンっていうのは、アルゼンチンのソウルフードで、
アルゼンチンで修行したしんくんが、自家製で作っているチョリソーをパンに挟んで食べるめっちゃ美味しい、サンドイッチのこと。(代々木上原にあるよ)
 
2人と出逢ったのは、もうかれこれ六年近く前かなぁ。
友達であるマナちゃんに、
「ロミと絶対気が合う夫婦がいるから、紹介したい!」
て言われて、その当時働いていた高円寺のsmile earthに2人を連れてきてくれたのが初めまして。
 
{F31D57CF-452D-400D-B04D-F11736E4E39C}
 
その時の写真、奇跡的に見つけた。笑
二人共、若い。
考えたら今の私より年下かな?
 
案の定、意気投合した(?)うちらは、初めましてで完全に飲みすぎて、
次の日全員ひどい二日酔いという出逢いから始まった。笑
 
そこから飲みいったりするようになって、仲良くなった。
まだチョリパンも物件とか決まってなくて、シンくんはつけ麺やさんで働きながら、チョリソーの試作を繰り返してた時期だったな〜
将来店をお互いやりたい同士だったから、私もシンくんの話聞きながらワクワクしてた。
 
2人と一緒にいて本当によく思うのが、
しんともは、付き合いたての中学生か?って思うくらい仲が良い。笑
なんだろう2人もそういってたけど、もう男女というより友達!って感じみたいで、
一番の親友みたいな関係の夫婦なんだろう。それって結構すごいことだと思う。
 
仕事もずっと一緒で、休みの日も走りいったり飲みいったり、女子会なのにシンくんが参加したり、とにかくいつもだいたい一緒。
そしていつも楽しそう。
ラブラブっちゃラブラブなんだけど、でもなんかこうもっとサラッとしてる感じ。
 
どのくらい仲が良いかって言うと、
私の実家に2人が遊びに来たときも、こうやって寝てるくらい。笑
{E0E44839-ED40-4EDD-AC2F-959F2233DBEF}
(ソファーは逆側にもう一個あるんだよっ笑)
お母さんと仲良いね〜って一緒に笑ったよ。笑
 
「シンみたいな人、旦那さんに選びなよ〜」
とニコニコしながらいつもともちゃんは言う。
ほんと、素敵だよね。
(ちょっと、いやだいぶ羨ましい)
 
 
あとね、
私が2人のとても尊敬してるところは、
いつも正直に意見をぶつけてくれること。
 
優柔不断だったり、色々弱気になっていたりするときの自分を、よく叱ってくれる。
 
いいねいいね〜〜!ばかりじゃない、
それ、どうなん?って喝をもらうこともしばしば。
 

タイで主催したお祭り、MATSURIKAの準備時期も、

ネギネギ始める前のロイドをやるか迷っていたときも、

人の教育で悩んだときも、

実はネギ屋じゃなくて焼き鳥屋を最初やろうとしてたときも、

そしてネギネギをオープンしてからも。

 

何がやりたいのかよく分からん、ブレブレやん、とか、

なんでもかんでも手をだすんじゃなくて、一つのことちゃんと貫けとか

お前が専門店語るなよ、とか

なんかあげたらきりないかもな。笑

 

でも、

大事な節目だったり、自分がここなんとか達成したい!ってときとか、

とことん凹んでるときとか、

いつも応援してくれてる。

 

しれっと、さらっと、力強く。

 

{D2138B6C-73D2-45B0-B27E-882A40DFC6FC}

 
そんな2人には、本当にお世話になってます、いつも。
 
 
{E825F567-8C95-4B01-AD5A-EAC1E3C486B3}
工事が終わったばかりのチョリパンオープン前。
{08D497C9-5321-4783-975C-73FF642B1C92}
チョリパンで夜営業がスタートしたとき。
 
{612BE61F-E0A2-446A-ADFE-7E8409D0A396}
ロイドのオープニングパーティー。オープン祝いは大量のヘパリーゼ。
 
{8D33F1F8-46F9-49E2-9AA2-7C27D0594A8A}
早く男作れよと誕生日にくれたジェラートピケのパジャマセットに
男ができた暁にはこれで乾杯しろ、とブーブクリコ。
(ちなみにこの時から今だ封はあいてない。笑)

 

チョリパンは、これまで一体どれだけ食べたかもう数えきれない。

 

{167E0135-FC75-43B3-B22C-6A9A3A880D23}

 

{261DEFA1-8935-44D2-82D7-1B398E26DC11}

熱い夏の日も、

 

{731EE676-1146-4147-86C1-21BD404F61AD}

寒い大雪の日も、

 

{48692F23-7802-4F46-BD3E-821F9651548E}

 

 

誕生日の日も、

 

{73238436-55B9-4B77-BF07-129523E2E076}

もはやこれは何のときだか。

 

{281D1BE7-D83C-4F5A-89C4-B95600528291}

経営者合宿のときも。

 

 

 

{83C3390F-1162-47BE-97C3-68B1B2AD0D3B}

シンくん誕生日の日も、

 

{880D35F7-4B2B-4155-8462-3937FE52C70C}

こんだけ食べてるくせに、チェックイン1000人目でチョリパンもらったりしたり
{2EAC34C4-9114-450C-B237-ADC466DEEC60}
引っ越しあとも、引っ越し蕎麦ならぬ、引っ越しチョリしたり、
 

{BF7C6EF8-5CE5-4102-8C61-163F0B3484C5}

たまにチョリパンスタッフになったり、

 

ネギネギの工事着工日前日にうっかり飲みすぎたり、

{AB558A1F-15BF-46ED-87EA-8B142350ACBD}

 

ネギネギのお店の名前が決まる前も、

一緒になって考えてくれたなぁ。(使えないのばっかり)

 

ネギネギを設計してくれた会社、ネジのリオさんを紹介してくれたのも、2人だ。

 リオさんとの最初の顔合わせもチョリパン。

 

ネギネギオープン前、決起会。
{A5B87E29-52DB-483F-A070-0F4DBBA85F5E}
 
ネギネギ工事着工日。
仕事の合間をぬって差し入れと共に手伝いにきてくれたり、

{C882ADAB-2444-4F2A-BCD2-027B4F2CC7B6}

 

{68207190-573C-435F-A00B-69E99FEE1960}

みんなで散々呑んだくれたり、

 

ネギネギに2人が来た日は、いつもカラオケで二次会。

尾崎豊のシェリーから始まると決まっている。

{63671F2C-3D98-4333-B0C8-635D41249F90}

 

今年は一緒に博多にもいった。

{3E3E0B7F-F541-4CD8-9985-285AC3BB44CD}

 

{8254171C-3D73-4408-8ED2-14181F219236}

 

{0BEF2825-8232-4562-8A94-20AD1EB6D9E9}
 

食べては、ひたすら走って、ひたすら飲んだ。

 

{FA9E8202-542B-49A6-8D92-00A82D3E29AE}
 
{A9F5FB49-D39E-4F2F-8CF1-DFCB2F5C69D7}
 
{06DB8596-1A98-432C-BCE4-1D35FECEED0C}
 
{5C60F72E-4E01-4AE8-B5C2-B86A4D83229D}

中学校の裏山で。

 

部活で毎日この山をケンケンで登ってた。

(この日やってみたら3段しか登れなかった)

{554864E8-A14F-460B-8180-BB58C74C7B13}

{D27F2441-43F5-41AD-B226-18C584830A79}

 

{9A3EDDB8-FCC0-437F-BECA-105C94D621F5}

実家のダイエットマシーンに三人で大ハマリ。

 

{03CA2C57-7E43-4588-85E8-0BD937AAD9FE}

炭を使わせたら一流。

 

{2289CCB0-F4A8-401A-9681-2E8960FB6356}
しんとしん。ととも。
 
{770E6E31-9EC6-4E4D-852F-48B6CD9E6B1E}
夜は大濠公園RUNからスタート。
{EE58CF1A-3B32-46B6-BB20-064F00364176}
 

{2C0CDABA-1B1E-4CF5-B3D5-30D673EA41F2}

 

{46C38E89-D3D6-4AD7-B524-5946D3EB0479}

 

{F0CB2FEE-A05E-436C-A3C2-63D3268DCB00}

 

{3F8EF989-14AB-4F47-B819-424DF9F5F4BF}

 

{0E40CD18-C157-4EC8-B719-7E8B29F8F57E}

似てるよね、この2人。

 

{F57E7A93-5474-4D64-B704-7A9E5DD20D8C}
 

{E93F8894-8F8A-401F-8298-B635B1BD6B93}

 

{25905D6B-63FE-4745-BC61-B8AC27E72752}

シンくんは、つどいに似てる。

 

{7FC8858E-4F3D-4C74-A915-A8B91FD98668}
私とともちゃんは前髪が似てる。
 

この博多の旅は、10軒はしごして、帰り見事にベロベロでしたとさ。

そりゃソーダ!!!笑

 

2人がこんなに酒飲みじゃなかったら、ここまで仲良くなってなかったかも、ね。笑

 

一見嫁のともちゃんが基本主導権を握っているような、それをシンくんが優しく見守ったり連れ添ったりしているような感じだけれど、

チョリパンの現状とか、今後のこととか話してるときにはいつも、

「色々自分の思ったことは店のことももちろんシンに言うけど、私はシンのやりたいことをサポートすることが自分のやることだから。あの人は突っ走らないかん」

 

てさらっとまた言うんよね!

 

ナイス嫁。

さらっとズバッとたまにグサっと、芯をつくんだともちゃんは。

ベビーフェイスなのに。

そしてシンくんはチョリパンに対して真っ直ぐで、駆け抜けている。

まさに芯がある感じ。かっこいいと思う。

 

私もいつか、どこそこの人と、

2人みたいな関係の夫婦になって、四人で遊ぶ日を楽しみにしているのだ!!

(こうなったらその時までブーブクリコはとっておこう)

 

そんなこんな、なんでこのブログ書こうかと思ったかというと、

30日、チョリパンでネギ焼かせてもらうことになったから☆

 それをお知らせしたいと思ったら、2人へのラブレターみたいになっちゃった!

 

毎年いつもお客さんとして自分のとこの大掃除終えてチョリパン大感謝祭に行ってたけど、

今年はネギ屋として参加させてもらうよ!

 
{8F12FEF9-A98F-4DED-B78D-7F968274BA89}
 

炭火焼きで、まるごと一本、焼いちゃうよ〜〜

トロっと甘いよ〜〜香ばしいよ〜〜

お肉との相性も抜群!

ネギパワーで風邪もひかない!

 

外での販売なので、寒い中でも暖まれるうに、

長葱のポタージュも作っていこうと思います!

 

{10C16B56-8149-42B8-AAC8-4C1A790163CA}

しかも今回はかなりお得にいきます!

 

チョリパンと共にぜひ食べて☆お楽しみに!

 

体調万全で2017年を迎えるためにも、

いい空間で年の瀬を感じるながら乾杯するということも、

なかなか粋じゃなかろうか?

 

ということで、待ってます◎

イベント詳細はこっから↓↓↓

https://www.facebook.com/events/1873451452884906/

 

Mi Choripan

渋谷区上原2-4-8

03-5790-9300

(近くだったらデリバリーもやってるよ☆)

 

私も飲みながら楽しくゆるくやりたいと思いまっす!

 

negi negiの年内営業は明日、29日でおしまいです。こちらもぜひ。

年始は6日からです。

いよいよ本格的ネギの季節!!!

 

ま、とりあえずは30日、待ってまーす!

AD
{4C2AACEF-8BB2-4926-8AF1-1E11A4BEEFAD}


お父さんとお母さんをいつかハワイに連れていくね。

 
そんな約束をしたのは一体何年前だろうなぁ。
 
独立するよりもっともっと前のこと。
 
お調子者の私はそんな大それた約束を軽くし、忘れていた。
(いやあんまり自分から言わないようにしてたのかも)
 
実家に帰ったりするタイミングで、
本当にハワイ連れてってくれるとー?
 
って両親の問いに、
 
連れてく連れてくー!
ちょっと待っとってー!
 
と私。
 
今年、お父さんとお母さんは結婚40周年を迎えて、お母さんが10月で還暦、60歳になった。
 
行くならこのタイミングだなぁって思いながら、相変わらず先延ばしにしてたら
 
ふと両親から
パスポート取ってきたけん!と連絡。
 
さすが私の両親。
行動派である。笑
 
こりゃ行くっきゃないと、私も両親との旅行の覚悟を決めたころ、噂を聞きつけたお姉ちゃんとお兄ちゃん達も、
「俺たちもいくー!子供達もみんな学校休ませていくー!」
 
とまさかの便乗。
 
そんなこんなで下は2歳、上は67歳の総勢10名でハワイへいくことに。
 
私は海外へ行く時、基本航空券しかとらないし、元々あまり計画性がなくトラブル楽しんでなんぼみたいな性格なので、
大勢の、しかも60過ぎた両親と最年少2歳という子供達も連れての旅行なんてどうしたらいいかわからん。笑
 
そうこうしてる間に月日はすぎ、航空券とホテルだけはお姉ちゃんとお父さんが旅行会社で予約をとってくれた以外は、
色んなことが宙ぶらりんなまま、皆に言い出しっぺはもっとしっかりしてと怒られたりしてあっという間に当日を迎えることになる。
末っ子はそうゆうとこあるよね。
 
私以外は全員福岡からの飛行機でくるので、とりあえず私はみんなが着く2時間前くらいに現地につくようにチケットをとって待ち構えることに。
 
皆に散々、着いたらすぐ動くし時差ボケ防止の為に飛行機では絶対寝てね!って伝えておきながら、
自分は飛行中にしっかりとお酒を飲み、テンション上がって3本映画をしっかり見終わった頃、ハワイへ着いた。笑
 
オアフに着陸するころ、抜群のサンライズが飛行機の小窓から除く。
いい旅になりそうな予感がしてきた。
 
ひゃー皆楽しんでくれるプランにできるかなー!ってワクワクドキドキしながら、
よくお正月に芸能人がインタビューされるホノルル空港の出口のとこで待機してた。
前日に作ったウエルカムうちわと、ハッピーバースデーサングラスとネギを持って、恥ずかしげもなく、一人で。笑
 
{B1125305-7E32-459F-AC94-B67575FC06EE}
 
だれ。
 
{A14CC4D8-19D0-4DAF-B7B8-283E2AB60A28}
{01932832-8B20-404E-81C5-B47D648E1E45}

この日、お姉ちゃんの誕生日当日やったんよね。
 
こんな格好してるのに、なかなかでてこんくてちょっと恥ずかしかったな。笑
 
やっと出てきて、
皆の顔を見てほっとした。
 
皆、長時間のフライトでちょっと疲れてたけど、知らんぷりして連行。
 
計画性のない私だけど、こんだけの人数と世代とハワイを楽しもうと思うとなかなかなプレッシャーで、
今回わたしは心強いパートナーとタッグを組んでいた。
{7BA4B2E0-66BE-40DB-B26E-D07046D2C317}
マサさん。
 
マサさんとは、今年の1月に1人でハワイ島へ行ってたときにたまたま知り合った人で、仲良くなった。 
 
もう20年近くハワイでも仕事してたりする人なので、私が家族と来るときはガイドお願いします、と前にちょろっと話していたら、
仕事で忙しいのに、今回私達に合わせてわざわざ日本からオアフに来てくれた。
 
海外でも日本でもとことん人には恵まれている。
それは私の本当に運がいいところ。
 
直前に決まったマサさん合流で私は一安心。
マサさんからはロミは連絡が淡白すぎるんだよ、と怒られながらも、私達家族が喜ぶよう、色々手を貸してくれた。
ここでも末っ子感。笑
 
マサさんと、さらにハワイでのマサさんの仕事のパートナー、超パワフルなトモさんも合流して私たち家族のハワイ旅は始まった。
 
ちなみに私にとって人生て初めて海外へ行った場所が、ここハワイである。
16歳のとき、贅沢にも高校の修学旅行で。
 
この時から、ハワイは大好きな場所になったけど、
こんなこといっちゃなんだけど、私は断然オアフ島よりハワイ島派である。
今のオアフ、特にワイキキはもう日本人ばっかりで、英語より日本語の方が飛び交ってるくらいで。
せっかく海外に来ているのに、買い物ばっかりして、日本語しか通じないところにいって、目の前の壮大な景色よりもカメラでフィルター越しの景色ばかり見て、なんかもったいないなぁって思うのだ(あくまで個人的意見)
 
今回私は家族を連れてハワイ島へ行くことも提案したのだけど、
日程的なものと、子供を連れてさらに飛行機時間も長くなることなどなど含めて、オアフ島になった。
 
ガイドブックに乗っているような、超定番の旅行をすることが、なんだかんだ ミーハー日本人は好きなのだ。(もちろん小石原家も)
 
こんな話をマサさんにもしていて、とにかく家族が喜んでくれればそれでいいってそんなプランをお願いした。
 
車は超ドデカイ15人乗り。ハワイがよく似合う、俄然テンション上がる!
(のくせに写真とかとってない)
 
まずは「この木なんの木」で有名なモンキーポッドの場所へ。
そういえば、ついてすぐこの場所には行くねってことだけは皆に伝えていて、
みんなで写真とりたいから、全員ネギT着てきて!って私が伝えてたのに、すっかり忘れていて、日本からちゃんと着てきたのはお父さんとお母さんだけだった。笑
{AD8EA34A-25FC-42DC-9018-D3846BBB61C7}
ペアルックTシャツきた、いいお歳の夫婦。
悪くない。笑
 
今回泊まったホテルは、アウラニのディズニーホテル。
ミッキーやミニーがいるtheリゾートホテル。
{97B5870A-7D34-467E-A2B6-BDFB15AE8E44}
子供たちがとにかく喜ぶし、このホテルにいるだけで十分に楽しめるぐらいの設備が整っている。プールとかイベントとか。
{04E888F2-7618-40AB-9C8C-B3B813CF89D6}
ここに決めたと告げられたとき、
え〜〜〜〜!空港からも遠いし、中心部までも遠いし、その近くなんもないし、ハワイまで行って海入らんでプール入ってどうするん!笑
ミッキーとかミニーとか全っ然興味ないし私!!!高いし!!!!
(夢のない30歳の独身女子の戯言)
 
って思ったことは言えなかった。
私にとってはディズニーより合羽橋の方がよっぽど夢の国である。
 
でもこんなこと、家族と旅行にこない限りやらないだろうと思って、これはこれで思う存分リゾート気分してやろう、と思って気持ちを切り替えた。
 

子供たちはとにかく喜んで、時差ボケなんて関係なく、初日も日が暮れるまで遊んでたなぁ。

 

二日目。
ディズニーのキャラクターたちと食べれる朝食ブュッフェ。
(大人気、超要予約、朝一番早い時間がおすすめ)
日本にいるときから、あの手この手使って予約した。

{14161B00-B1DA-4F92-9787-7E04F096637F}

最年少、二歳のりなは着ぐるみがまだまだ怖くて怯えてたな。笑

 

{75677AC1-32F6-4A86-B077-A1AF8FFB8486}

 

{ACE09FA0-330D-4917-A06D-03BC0EC5253C}

子供たちだけで写真とらせよーって言ってるのに、

だいたいのパターンでつかさず入ってくる父、幸三。

 

{396F07C3-324C-497F-8274-F6D2AAC9AFD2}

エサを加えたイルカしゃん♡(バナナとブルーベリー)

ミッキーやミニーとの朝食は一人3500円くらい。高。

 

でもこんなかわいいデザートビュッフェや隠れミッキーた至る所にいた。

さすがディズニーである。

 

ハワイのサンセットはもう本当に毎日素敵だった。

{EA957221-4916-45CC-8574-1BD7FDC3DF5D}

 

{1A833939-31AB-4717-B735-466884894F26}

私の地元も水平線にキレイに太陽が沈む、夕日が有名な地域で、

父、幸三はサンセット写真を撮るのが昔から趣味である。

 
{E2765452-C9B0-480E-917C-5AB4E03879DD}
私が何気にスマホで撮った写真を見せたら、負けじといい写真をとろうとありとあらえるポジションで頑張ってた。とことん負けず嫌いのところはさすが、親子である。
(このために新しいカメラ買ってた。)
私はそんな父を撮る方が楽しい。
 
そうそう、話が前後しちゃうんだけど、

2日目のプランは、マサさん達にお任せしていて。

「行先は内緒!はい皆車に乗って〜!」とホテルまで迎えにきてもらって出発した。

 

壮大なパイナップル畑を通りすぎてしばらくドライブしてたどり着いたところは、

なんとノースショアだった。

{0E6A7FFE-B7DF-46E5-8378-486380FDA695}

この場所は、私がオアフで一番行きたかった場所である。

 

世界中のトップサーファーの集まる場所。

 

今年の始め、ハワイ島で10年ぶりにサーフィンを始めた私は、ノースショアに一度行ってみたかった。

 

世界トップクラスの波と、サーファーを見てみたかったのだ。

 

今回は家族優先だと思って諦めていたのに、私が前にちらっと言っていたそんなことをマサさん達が組んでくれ、私だけじゃなく、家族が楽しめるようなプランで連れてってくれたんだ。

 

最高すぎる。

 

{E0C6D351-7FC9-4570-B45C-8001EB7CE224}

この日は特に波がよくて、6メートルを超えていた。

気を抜いたら3秒で砂浜から消えるから気をつけて、と脅しをかけられたけど、ずっと見ていたかった。

 

{F7F4C6C8-87D2-4950-8BBE-FAB1CB69CDF1}

そしたらまんまとずぶ濡れになった。笑

 

波乗りしてた人のボードも目の前で真っ二つに折れてたな。笑

 

{BEDE4305-366B-4089-A691-A47CB037AB00}
今度来たときは一日中ここで海を見てたい。
なんならノースショアでサーフィンできるくらい上手くなってたい。
 
{8C9A7E9A-9661-4B28-9FDF-CA6D420BC39A}

なにかと私の真似をする父。

もはやこの人も気分はサーファーのようだ。

 

{05513634-9130-43C8-8BC3-8229AB25AE61}

みんないい顔してる〜〜

 

その日の夜は、トモさんのお家でバーベキューをすることに。

 

その場所は、ハワイ湾そばにあるワイキキの都会さを忘れさせてくれる、ハワイ島を感じれるような大自然な場所だった。

 

{F20637A4-54D8-4119-AA38-DFA49C128CFF}

 

{04B9DE32-6590-4A95-9CEE-65490528FF4C}

テーブルやブランコや、ピザ窯や、お皿が何もかも手作り。

 

庭にある燻製器でお肉をたくさんスモークしたり、

{4D3D577B-AECD-407E-95A2-8F9BE5DA6A31}

 

火をおこしたり、

 

{A2FFE0BB-A487-4C67-80E7-9640B7AFEFD7}

 

ブランコで遊んだり、広い庭でかけっこ大会をしたりしながら、時間を楽しんだ。

 

{EB2143D8-FCAC-4203-A829-6F793442E08A}

 

焼きマシュマロに子供たちは大喜び。

 

{78CCA183-51A1-4663-9DB6-E44CB2A77280}

 

私は甘いものより、つまみが好きだ。

 

{EAC46E75-C5BC-486F-BDEA-1F8A78706518}
{5DD1AA6F-BA53-4E79-BBF8-A70120DE3D6B}
 

{66E7BB26-F30A-4DFF-8878-F2525F3C11CC}

 
行った先で、その場所で生活してる人たちの暮らしに触れる。
リアルを知る。

私が海外で家族に感じてほしかったのは、こうゆうことなのだ。

せっかく来たのだし、普段できないことをやってみよう。

 

この一緒に過ごしている時間で、ここでしかできない、本当にハワイを感じられるようなことをしたかったのだ。

{3AFC981E-E1FE-4807-9A20-2390B1AF7206}
みんな、いい顔してた。

本当に楽しそうだった。

嬉しかったなぁ。

(アロハポーズも様になってきた)

 

その帰り、もう一個サプライズがあるってマサさんが連れてってくれたタンタラスの丘。

{B2F37C3B-906B-4D9C-8FD9-E3EB170349F4}

{AEDEA2A4-9E23-41CB-B836-ECB5EDF5C6FC}

100万ドルの夜景である。

これはワイキキの都会だからこそ、見れる夜景だろうな。

 

なんだかお腹も心もいっぱいになって、この日は眠った。

 

 

最終日の夜、両親の部屋に家族全員が集まって、

「最終日くらい、ゆっくり大人たちでお酒でも飲もう」ってお兄ちゃんが提案してくれた。

 

10人も2人部屋に入ると椅子やテーブルが足りないので、

ベランダにあるテーブルや椅子や、ベッドやなんなら足置きまで椅子代わりにして、

スーパーで買いだめしてきたお惣菜たちやビールたちを並べた。

 

なんだか皆、旅慣れしてきたみたいだ。

 

高級リゾートホテルじゃなくてもいい、レストランで食べるご飯じゃなくてもいい、この一緒にいる時間を大事にできたらそれでいい。

 

そんなとき、お兄ちゃんの長女さほ(5歳)がふと、ベランダから見た夜景を見ながら

「さほね、今ここから見てる景色が、ハワイで一番素敵だと思う!」とそんな空気を察してか言った。

 

何て子なんだ〜!って大人達が笑う中、

「今回ハワイで一番楽しかったこと」を皆で発表し合うことにした。

 

子供たちが、

「ミッキーに会えたこと〜!」とか「プール〜!」とか言ってて、

やっぱそこかい!ハワイじゃなくてもいいやん!

って私はツッコミながら、

 

大人たちの番になったら、思いがけない言葉がかえってきた。

 

みんなが、ノースショアで大迫力ないい波を見れたことと、

トモさんちでみんなでバーベキューをしたことが一番よかったと、言ってくれた。

 

あんな体験がハワイでできると思わなかったって。

 

そしてお兄ちゃんが、口をひらく。

「正直、浩美が全然最初動かないからイライラしてたし、

言い出しっぺのくせにもっとしっかりしろって思って心配もしてたけど、

(ここでみんなが非常にうんうんと頷く)

実際来てみたら本当はたくさん考えてくれてたんだなぁって。

短い期間で、こんなに色んな体験ができると思ってなかったし、普通には経験できないこともたくさん詰め込まれてて。。

浩美がそもそも父ちゃん母ちゃんをハワイに連れて行くっていうきっかけがなかったら、俺たちものっかってなかったし、この旅行は実現しなかったから、本当にありがとうね」

と。

 

なんだかとてもとても嬉しかったなぁ。

家族っていいなぁって思った。

 

(ちなみにお兄ちゃんは、ハワイで仕事をすることを本気でこのあと考えるようになる)

 

そのあたりから私もスイッチが入って、

「実は今まで家族に言えなかったこととか、今だから言える昔の出来事」の暴露大会しよ〜!って言って。

 

色んなことを暴露しあった。

こんなことは、初めてだ。

 

こんな風に家族旅行をして、まるで良い家族だと思うだろうけど(笑)

でもね、そんなことはなくて。

 

昔は家族のことが嫌いというか、苦手だった。

反抗期もあったし、子供は三人共、本気の家出も経験している。笑

取っ組み合いの喧嘩をしたこともあるし、親なんかいらない!って本気で思ってた時期もあったなぁ。

 

家を出て、家族のありがたみを感じることは増えたけど、

今でも実家に帰るとお父さんとはぶつかること多いし、

私が飲食店で独立するってこと自体も、ギリギリまで本当に反対されていて、そのことで契約直前でもめて、大泣きしてぶつかりまくったりもした。

 

小石原家一族はほとんどが公務員だったり、大企業勤めだったりと安定環境にあったりして、私はそんな環境で育っていながら、

なんでこんな狭い世界でいきてるのだろう?

って思って実家にいる時はずっと反発していた。

もっともっと広い世界を見たい、そんな想いが昔からあったのだ。

 

どうしても理解しきれない感覚が家族ともある。

そんな気持ちもあって、面と向かってぶつかったり、話したりすることがめんどくさくって、長年避けてきたかもしれない。

 

どうせ伝わらない、考え方も感覚も全然違うって。

 

でもそれがそもそもの思い違いだったのかも。

やる前から勝手に決めつけていた。

 

同じ時間を共にすること、思っていることを正直に伝えること、

大人になったからこそ本当に大事なことなのだ。

 

ずっと家族なのだから。

いつ何が起こるか分からないのだから。


この歳になって、こんな機会があって、本音トークするなんて思いもしなかったけど。

この家族に生まれてきてよかったなぁって、思った。

 

私から最後のサプライズ。

そう、今回の目的は、お父さんとお母さんとの結婚40周年の御祝いだ。

日本にいるときから、ホテルに頼んでいたケーキが部屋に届き、隠してたシャンパンをあけて、

 

「結婚40周年、おめでとう!」

 

改めてみんなで乾杯した。

 

はい!それでは結婚式始めちゃう??

とかいって、

 

ファーストバイトに始まり、

子供たちと孫達の前で、散々あおって誓いのキスまでさせた。

 

お父さんはわりとノリノリで、お母さんはとことん照れる。

娘だけど、そんな2人をみながら、本当にいい夫婦だなぁって2人のことを思った。

 

{6F05495F-C261-4488-8024-5195CE6CE552}

 

 

{1ABFC94B-ED54-412C-8206-6A631DE3BC8F}

 

 

 

 

{B60C7BD4-BBEB-44A7-919E-B89564815DB5}
 
{110B881B-7C81-404D-8093-F8E71BF595BB}
 

 

 

うちの父と母は実はもともと教師と生徒である。

お母さんは19歳で結婚。

私の今の歳にはすでに子供が三人いる。

 

家族の為に、ずーーーーっと尽くしてきた。

九州男児、超亭主関白な家だったし、家のこと家族のこと全部しながら、自分も働いてた。

そしてみんなの心の拠り所で、人の悪口なんか言わない、いつもニコニコしている。

 

歳をとればとるほど、お母さんにだけは絶対に叶わないと思わされる。

 

そんなお母さんがこのとき言ってた。

「三人の子供たちを育てながら、お父さんと一緒にいながら、本当に色んなことがあったけど、でもいつも幸せだったよ。

今この瞬間は、こんなに幸せで、幸せすぎて、申し訳なくて逆に人に言えない」

 

お母さんらしいなぁ。

 

これからも末永く、2人で元気に人生を楽しんでほしい。

子供として出来ることは、出来る限り、これからもしたいな。

 

{80F624A6-68AB-46A4-93A6-647FDCEB0F90}

 

{98811A3B-BCD9-4857-BF30-6A97BDE89064}

 

{F39E8120-7DD0-4C69-A091-A199BEB91C02}

 

{F0887364-49FC-4D4F-AB1B-6DA628D6CC9B}

 

{40525ACB-C59F-4072-88BC-0AC10E30FFFE}


{D39F832D-7D0B-4D5C-9E28-475539345BB0}

 
 
{3B88E3E7-378E-43CD-B380-E9003AFBE60E}
 
 
{658BCF41-572C-4A31-A2C5-0E9F00FA305D}
{2263957F-81C3-43F1-975D-A601BFF7F85B}
{3C75204E-A12B-4146-97A1-4FADF25EF5AD}
 
 
 
{53A3A52D-1030-4627-9EA2-B0C52F7641D9}
 
{32D02BC0-AE08-4F50-92B9-A136CADB5880}
 
 
 
 
 
{32BE5829-89EC-45C1-93B8-931B0822DF6B}
 
{BB5F3966-EEB8-4DCA-A2F8-4FC4F49CABFB}
 
{08C7BC9A-D580-4A46-B5C5-9481628074A5}
{C2B943F8-441A-4300-8D93-F58A264AB3C6}
{A0308127-1B25-4B35-B3E9-CDD5461B5BAF}
 
 
{9738DD54-1DF7-41D7-9DFA-C674430C869F}
 
{D5FDAAEA-53BB-48EA-B6A8-C31455F6E294}
 
{EDE7D4FB-2B4E-476F-B286-B2379C60898F}
 
 
総勢10名、小石原家のハワイ旅行記。
 
たくさんの素晴らしい景色と思い出があるけれど、
私にとって一番良かったのは、この最終日の夜に、皆で本音をいいあったこと。
 
普段からそういう機会を作れれば、勇気を出せればよかったのかもしれないけど。
私にはこのタイミングで、この場所だったからやっと、やっとできた気がする。
 
自分一人だったら、海外旅行10回行けるくらいのお金を使ったけど、
それでもこうして皆で行ってよかったなぁ、って思う。
 
家族っていいね、
心の奥底からやっと思えるようになったもん。
 
向き合ってよかった。
 
避けてきたこと、苦手なことに向き合ってみる。
このときみたいに、2017年はそんな過ごし方をしてみるつもり。
 
{9E37DF0A-5B66-46D2-9ADB-21813EC435AD}
 
小石原家、いいっしょ!
 
富士山2016後編!
前編はここからどーぞ!


夜中1時には起きて頂上を目指す。

この山小屋は寝袋式で、カーテンもなくて、正直全く寝られなかった。
朝ごはんもついてたけど、パンが異常にまずかった。笑
贅沢ですよね、ごめんなさい。
富士山5回登ってて、
今まで山小屋のイメージがすごいよかったから。
山小屋って大事ね。

でもね、
寝られなくって、外に出てみると満点の星空と夜景。
{03F1A9EB-7F36-4402-B390-62AAD59D4811}

出発前の集合写真。
{26D84B7B-62F9-4BDC-99AE-BFE9683FC327}

{27E343BE-DA06-4C3E-8FAC-38A4A69DC63F}

さて、このときあきらかに表情がかたい人物なるちゃん!!!

なるちゃーーーーーーーん!!!
{5611E1D1-B24C-4E6A-8AC6-F91FB1083047}

なるちゃんは高山病にかなりこの時おかされていて、3回くらい吐きにいってたらしい。

ずっとこの表情。
でも吐いたとかは皆に言わず、ただ頂上目指して高山病と必死に戦いながら、頑張って登った。
心配かけると思ったんだろうね。
えらすぎる。。。

どんなに体力があっても、関係なくなるから怖いのが高山病。
たくさん水のんで、なるべくトイレも毎回いって、
汗かいたらこまめにインナー着替えるとかするのがおすすめ。

あとはとにかく深く深く呼吸を意識して登ることと、
自分は絶対大丈夫!!!!って思い込む。笑

これ結構効くと思うよ。

{735EA744-8D6D-448C-A8C0-725341DCA697}

だんだんと空が明るくなっていく。
渋滞でなかなか進めなかったのだけど、
日の出の10分前に、なんとかちゃんと全員で山頂についた。
{B83539EB-1E99-4652-8928-748D7DF80B72}

山の日を記念してなのか、頂上の鳥居は二日前に新しく建てられたものだった。

この場所に、全員でこれたこと。
これが本当に何よりの喜び!

あとは、ご来光を拝むのみ!

去年見れなかった、この前日も見られなかったという、お天道様。
寒さと戦いながら、ベスポジを確保してその瞬間を待つ。

どきどきしながら今か今かと。

ここが本当に何度きてもわくわくの瞬間・・・

さぁだんだんだんだん空のグラデーションが明るくなっていく・・・
顔を出してきたーーー
{B93ACB10-9A4A-4166-B360-2E293E7570C3}

{5AF09CF0-03BA-40AA-BCD3-6F3C703DB2E0}

{55B52409-F31B-4137-8BC6-6EA07D50560A}

{C51BB333-AC8A-4707-AEA1-506F53D76FF3}

{DB238045-ABA8-4986-8C87-88C6CDBDB7D0}

{CF3999B6-8CCF-446B-B59E-C9B1A70D15A2}

{1D22531D-CF32-43AD-85EE-DBEC2CA1BA31}



{5DE59777-B9D5-4D54-8FC4-69FFC9BE68CB}

{0C2D2D39-43FF-4C0D-9A8D-0B7438822E92}

お日様の光って、すごいパワー。
こんなにあたたかいんだね。

{06A3D6B3-2B55-4A6A-AA79-0DBF0EE8AE36}

なるちゃんもお疲れ様〜〜〜!
よく頑張ったわーほんとに!!!

{F17544E4-438C-4C16-980A-05B337868E5A}

うぇぇぇぇーーーーい!!

みんな頑張りました。最高のメンバーです。

ご来光をしっかり浴びて、
これからの下山体力を補うべく、
ラーメンタイム開始!!!

{B19E7023-5135-465A-A479-ED180FA90599}

もちろん今年もネギ担当。

{CAC63993-EFDD-476F-91CF-13F2F2BE0651}

ここまで共にしてきたネギちゃんたちをふんだんにトッピングして。
{47A4B68B-F4C1-4DA1-85AC-CAC96D382C14}

うまーーーーい!
(日焼け止めサーフィン式にぬりたくって汚くてゴメンナサイ。笑)
{D3D4733A-67B6-4CFE-A4C5-787A89BEC956}

食後のコーヒーも最高。
あと、頂上で食べる桃缶、めっちゃうまいよ。おすすめ。

一休みして、
ここからもうちょっと更に上へ。
本当の富士山の最高峰を目指し、剣ケ峰へ。
もういいよって思う、また急勾配の坂を登って。笑

{3920AE7C-EB8E-46D3-955E-190B15EE3B27}


ここは下るときはもうコケておりることをオススメします。

{AECCA862-7D1F-4304-9E71-7EBCAF69417C}

富士山って、3776メートルと言われているけど、
本当は3775.63メートルなんだって。
ロミ(63)メートルはぶかないでよ、。笑
{DDFDCC9D-42B1-4B9B-B9D2-52E48B6D332E}



でました!ここがチャンピオン!
{67D88B84-3135-4881-94BE-0D5D83468A53}

その後ろに本当に日本で一番高いポイントが。

{CCEB0C53-3359-48A5-AC70-7D357EA0E9A3}

そう!ここが本当に本当の日本で一番高い地上!!!

{6EAF5D38-1D7D-45A1-93FD-0B6DFF39FD1E}

{15102020-B169-487A-9E89-F782DD86D010}

ターーーーッチ!

どれだけの人が今まで、ここまで登ってきたんだろうか。

{26303819-120B-4871-AD45-714A6D7D0B08}

去年のリベンジ大成功、まさに完璧すぎるリベンジ。

言うことなしの富士登山。

ありがとう、富士山よ。

そして共にした仲間よ。



こっから一気に下山するよ。
下りはもうね、
砂利と友達になるしかない。

走って降りるくらいが一番ラク。
滑ろうがこけようが気にしない。

もうすでに膝は笑ってるんだから!!!
いや〜〜本当にあの4合目がこたえたな。笑

{7D76AF57-8AE8-4F36-98E7-B979CDBDAA43}


{D20A73DA-6577-4E44-BD61-E7B199BAA920}

{797BD0CA-2EA2-4BAA-8E2E-37219264D559}

なるちゃんも元気取り戻して、一安心!!!


昔お世話になった山小屋や、出会う人達にあいさつしながら一気に駆け下りるよ〜〜〜

{1F7D14E6-9785-44DB-9615-4FAC4631ACBB}

{C090DD4B-9878-4123-81D6-7229FEDBA27E}

{78B14A91-BA88-431A-BC55-C895842117FF}


{8B7CAA0B-3651-4C89-A46F-F2F132441417}

{FA521266-DDAD-4CFA-8628-0F6CCAC65B59}

{6EC5AFE8-AD22-4983-988C-87A0BC5F93A2}

{4F16014B-03FE-4D47-A82B-336C42A9EDEF}

一気に駆け下りて、5合目について久しぶりのアスファルトを歩いたら、
足が笑いまくってた。笑

みんな疲れたね〜〜〜〜
ほんとうにお疲れっした!

温泉入って、ご飯食べて、道中色んなハプニング(ざっくばらんにいうと)がありながら、
渋谷に帰ってきた。

だけど懲りないよわたしたちは。
至福の時。
みーーーーんなで乾杯!!!

{3829CEB0-65A0-497D-BDC1-62A761F8DB4B}

{90F9370B-2B7B-45A4-B1A5-1B840B69EE70}

みっくん運転やらリーダー役をいつもありがとう。

{98A3DAAA-ABFA-4D54-9493-3F49E7F686A7}

こっから心地よい疲れとお酒の美味しさと店員さんの優しさでお酒が進み、
気づいたらボトル2本あけてた。

{9E6927BD-285E-4F62-8E03-236170C7CEAE}

{822FBB0D-40D6-4EE9-9420-4F3AFC9AA067}


あー楽しかった。

今年は初めてしんどいって思ったことが
ある意味達成感を大きくさせたし、
満点の星空やご来光を見れたこともあって、とにかくお腹いっぱいの富士登山だった。

だから正直、もう満足かも、富士山。

でもなんだかんだ、また来年も時期が近づいてくると登っちゃおうかなって思うんだろうな。
それが富士山の不思議な私にとっての魅力。

0合目の海の目の前から登りたいしな。
何目指してるかわからんけど。笑


同じ富士登山はないし、
毎回色んなドラマがあって、感じることがある。
なかなか普段だったら、たった二日間で得られないことがいっぱい詰まってる。

そんな境遇を、
最高の仲間と迎えられるってのは、幸せなことだね。


そんな魅力つまった富士登山。

まだ登ったことない人は、
やっぱり日本人なら、一度は登ってみては????笑


初めて富士山に登ったときから10年。
まさかこんなに何度も登るなんて思ってなかったけど。笑

やっぱり何かあるんだろう、富士山には。

いくつになっても、挑戦ってものはいいもんだ。

{F7C5EC1F-F51F-491B-B535-74DCA0AAF36E}

一緒に登ってくれたみんな、ありがとう!

さぁ、来年に向けて、海だけじゃなくて山の体力もつけますかね!


おしまい。