2008-01-05 18:14:20

世界の首都ローマ 帝国の遺跡を尋ねて~LA CAPITAL MUNDIAL~

テーマ:ブログ

我々は2007年12月26日、ローマに到着した。


***ローマ帝国関連の遺跡紹介***

1)アッピア旧街道


2000年のイニシエの時を経て今だ残るその街道を感じにいこう。

ローマ中心部から歩いて1時間半ぐらいかな?

行くまでの道は歩道が非常に狭く,直ぐ横を多数の車がビュンビュン通るのでなんか肩身の狭い思いをするかもよ。

バスでも当然行けるが、歩きたかったのさ。

ローマ帝国圏に張り巡らされた高速舗装道路をローマ重装歩兵団が進軍していく姿を想像しました。

今はガタガタになって道の脇には街路樹(ローマ街道に街路樹はご法度。)などがある始末だが、依然としてその機能美とローマン魂はそこに健在です。


「全ての道はローマに通ず。」(日本は除く。)



2)カラカラ大浴場



全てのローマ帝国圏内に住む住人にローマ市民権を与えてしまった皇帝カラカラが作った大浴場。

なんとも大きく壮大な浴場じゃありませんか。

でも思ったのがこれって興味の無い人からすればただの廃墟。

だが僕の頭の中には多数のローマ市民が午前中に終えた仕事の疲れを癒すべくこの浴場に集い、その声が高い天井にコダマする、湯気がたちこめている、入り口の方が騒がしい、皇帝も一風呂浴びに来たらしい、そんな風景が横切るのだ。

古代と言うとどうも人々が、こ汚い格好で匂いもよくないイメージがあるがそれは中世の話。

この時代の人は毎日お風呂に入っていたから臭くなかったと思う。

因みにキリスト教徒は風呂にあまり行かなかったらしい。

ってことは体臭がローマの一般人に比べきつかったのかも?そんなのも当時の差別につながったと考えられる。

結構理由なんて単純なところから来ていることが多い。


ローマ街道と並んでローマ帝国には欠かせない公共浴場でした。(風呂は入ったか!?歯磨けよ!また来週!)



3)コロセウム



正直あまり好きではないローマ帝国の部分である。

ネロが生きたままのキリスト教徒をライオンに食べさせた場所であり、トライアヌスがダキア(ルーマニア)の敗残兵を剣闘士と戦わせ見世物にした場所である。

言ってみればローマ帝国の臭い部分である。

人間で言えばケツノ穴みたいなところであると思う。

現代の一般欧米人のローマ帝国感といえば残虐、侵略、異教徒弾圧などと暗黒の部分のみが焦点にされ、イメージはよろしくない、ハリウッド映画で一つとして帝国を良く描いた作品を見たことが無い、ローマ帝国はしばしばキリスト教徒を弾圧したし、更に後年ヒトラーがローマ帝国の様式を真似たこと等も相まって、その評判はさらに悪い。

がだ、帝国が一人の人間だとして、ケツノ穴だけ見るのはどうか?

僕は一人の人間としては非常に素敵な人間だと僕は思っている。

仮に臭い部分のみ見る見方を常に導入するなら、アイドル歌手だって臭い人間に成り下がってしまう。

だれでもケツノ穴は在るのである。

奴隷達が戦わされ血が飛び散るのを喚起とともに楽しんだ古代ローマ人の暗黒部分それがここコロッセウムである。



(つづく)

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2007-12-31 21:11:02

ルビコンを越える。

テーマ:ブログ

2007年12月23日 ある男が小さな川の前で悩んでいた。

「この川を越えれば世界の悲惨、越えなければわが破滅。」

・・・・・・・・・。

「みんな!行こうじゃないか神々の待つローマへ!我々の8年間の死に物狂いの戦いを侮辱した敵の待つところへ!賽は投げられた!」

という2000年以上前にジュリアスシーザーが渡った地点と同じであろう地点をその男は越えたのだった。

そこでその時その男が何を決意しその男の何が始まったかは今だ誰も知らない。

しかしその男はその日、ご法度であるルビコン川を確かに越えた。(買い物籠を持った、おばちゃんも越えていたが。)


「賽は投げられたのだ。」(”Il DADO E'TRATO!")


"ALL RIGHT PARTNER KEEP ON ROLLING BABY! DO YOU KNOW WHAT TIME IT IS?"


***ルビコン川への行きかた***(イタリアだよ!)

ボローニャから電車で1時間ぐらいだったかな?

リミニからは20分ぐらいだったともう。

最寄駅の名はSAVIGNANO SUL RUBICONE

そこから歩いて15分ってところかな?

地図とか観光客用の情報とか一切その街に無いので人に場所を尋ねましょう。

親切なイタリア人の方々ならきっと教えてくれます。

でも殆どの方は英語ができないけど「EL RUBICONE?]といえば解ってくれます。

でもRの発音に注意!フェラーリ!のようにRは舌を振るわせるぐらいで言いましょう。

「ゥルビコーネ!」とカタカナ発音で言えばこんな感じでしょうか?


では良いたびを。

現在のルビコン川(せまっ!)(ちいさっ!)

最寄り駅

EL RUBICONE

因みに像の下にはSPQSとありますが、おそらく最後のSはこの街の名前SAVIGNANOのSだと思います。

知ってると思いますが普通はSPQR(ROMA)です。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2007-12-22 04:58:44

特別会員証

テーマ:ブログ

 今日は仕事で遅くなった、しかし幸いにもまだジムに行く時間はある。

ここ5年間、接待での暴飲暴食がたたり15KGは太った。

で今年から心機一転ジムに通い始めた。

通い始めて3ヶ月ようやく6KG程痩せる事ができた、今日も運動を休むわけにはいかない。

今日は出張で東京に来ている東京本社の人が会員制ジムの会員権を特別に貸してくれた。

そのジムは敷居が非常に高く一般人はなかなか入ることすらできない場所だ。


 そのジムは超高層ビルの20階にあった、入り口ではかなりの人がビジター利用を断られていたが、僕は会員証を見せると難なく入場できた。

ロッカールームには僕が多少遅めに来たこともあってか人はまばらだった、しかいここは、このロッカールームの雰囲気からして違う。

まずは体をほぐす為ランニングマシンから始めた。

走りながらここに居る人間層をチェックした。

流石超一流クラブやはり人間もそれなりの雰囲気の方々しか見当たらない。

有名人もちらほら確認できるが、結構多いのが外国人だ、隣で走っているのも外国人、なにげに話しかけてみた。

彼は今をときめくヘッジファンドで働いているのだそうだ。

こんなところで1日でもトレーニングしていると自分もなにか一流の仲間入りした様で気分が良い。


 次に下の階のスイミングプールへと行った。

軽くシャワーを浴びた後、入水、他のスイマーの泳ぎをチェックする。

俺は泳げるは泳げるが、そんなに上手くない正直自分より泳ぎが下手な人が居たほうが少し安心するのだ。

が、ここではそれも期待できそうに無い、なぜならみんな非常に速く泳ぐ、というか速過ぎる、あれならオリンピックでも勝そだ、いや間違いなく勝てる。

クロールの上げる水しぶきで気がつかなっかたがみんな背中から時々水しぶきを吐き出している。

って、かなり普通じゃないよね・・・・・。

一人のスイマーが一休憩なのか横に来て話しかけてきた。

「どうしたんですか?泳がれないんですか?」


「えっまあ・・・・・。」


「やはり塩水はいいですねー、ではまた泳ぎますので!」

といってそのスイマーは再び背中から水しぶきを吐き出し泳ぎ始めた。


「どうしよ・・・・・俺あんなに速く泳げないし、さらに背中から水しぶきなんて吐き出せないし・・・・・・・。」

そういえば体がヒリヒリすると思ったら塩水だったのか。

僕は、そっとプールからでてローカールームへ足早に向かった。

向かいのロッカーで上半身裸の人の背中に穴が確認できた。

さっきより人が多い。

僕は急いで体を拭き、自分にはそれが無いのを隠すように早々と服を着ようと思った。

彼らの会話が聞こえる。


「いやー日本政府だけですなー我々の先祖を未だに捕獲し続けているのは。」


「全くです、彼ら人類だって例えばチンパンジーが食用にされていたら気分が悪いはずだ、なぜ我々の先祖を食用にするのか?」


「全くです、優秀な脳みそと言うのは大きさでなく脳みおのしわの数で決まるんです、この星で暮らす動物で一番脳みそのしわが多いのは、決して下等な人類ではなく我々の先祖なのですから。」


「まっ、それはいいとして、どうです?このあと一杯行きませんか?」


「いいですねーこの間の店はどうですか?」


「いやーあそこはクジラのベーコン出したじゃないですかー他にしましょう。」


「ああそうでした、とんでもない店でしたね、では何処に行くかは、出てから決めるとして。」


「あっあたらしいG-SHOCKイルカクジラじゃないですかー!」


「ええ昨日もらったんです。」


僕は彼らの会話の途中だったが着替えが終わったので、その場を去った。

正直、僕は彼らの会話の意味が少し解ったが何も聞かなかったことにしてそのジムを去った。

世の中には知らないほうがいいこともある。

明日からの普通の自分の為にも何も見なかったことにしようと決めた。


ホテルに帰り、シャワーを浴び直した。

シャワーを浴びながらふと考えた。

「でもなぜ俺の会社は俺に、あのクラブの会員証をくれたのだろうか?」


「!?」


でも・・・・・・自分の背中は見ないことにした。


(完)
















AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。