六弦アリス Official Blog

六弦アリスの近況や告知を案内するブログをテーマとした喜びの声。

■2016年8月14日より最新フルアルバム 「前衛歌劇団 イデア座 ~人殺しヴィレッジ~ side:AWAKE」 リリース開始!


テーマ:

こんばんは櫻井アンナです。
昨日はイベントお疲れ様でした♪♪
今年も暑くなるのかと思っていたのですが、夏コミ参加以来一番の涼しさでした音譜
今回は二枚同時リリースということで、コミケまでは忙しい毎日を送っていましたが、
皆さんとお会いして激励の言葉や、楽しみにいていたといった気持ちを直接いただきとても楽しい時間を過ごす事ができました。

また今回はMr.ASKがおおいに活躍しております。
七幻シュトラーセの「PSYMPHONY」も、六弦アリスと負けず劣らず大盛況でびっくりしました。
試聴も沢山していただいたのですが、試聴機から曲が流れたとたんに皆様の表情が華やぐのを見て、悦に入るMr.ASKの横顔を私は見逃しませんでした( ̄▽+ ̄*)

そして我が六弦アリスの新作は「前衛歌劇団 イデア座 ~人殺しヴィレッジ~ side;AWAKE」となり人殺しヴィレッジの最終章となりました。
こちらはシリーズを通して、ヒトの内面の暗い部分をクローズアップしてきましたが、皆さんよく内容を理解して下さっているようで、今回の新作もとても楽しみにしていたという言葉を沢山いただきました。
いつも本当にありがとうございます。

そしてもう一つ嬉しかったのがファンの方より、いつもブースが一目でわかるので目印にしてるという言葉をいただいた事です。



そういえばダマスクカーテンスタイルにしてから4年程になりますが、すっかりおなじみになったのかと思うとちょっとほっこりした気持ちになりますね♪
最近では、サークルの方から撮影しても良いですか、と聞かれる事も多くなりました。
これからもCDだけでなく様々な面でアートな活動をしていけたら良いな~と思いますので応援よろしくお願いしますニコニコ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
イベント関連の制作や入稿も終えまして、ようやく落ち着いてブログの更新が出来る運びとなりました。
どうも、六弦A助です。

さて、もう今月ですね。
8月14日開催のコミックマーケット90にて初のお披露目となる新作が、いよいよリリースされます。
今回は新作が2種ございます。



まずひとつめ。

「前衛歌劇団 イデア座 ~人殺しヴィレッジ~ side;AWAKE」



今回もジャケットイラストは危機裸裸商店のデザイナーkikiさんにお願いしました。
いつも味のあるイラストを描いて頂いております。

さて、今作では楽曲のテーマとして 「疾走感」 を意識して制作しました。
六弦アリスとしては意外にもあまり重視して来なかった楽曲コンセプトです。
というのも、こういうタイプの楽曲にはテーマを乗せにくい、という懸念材料がありました。
「なぜこの楽曲は疾走していないといけないのか」 と問われた時にまともな説明が出来ないようでは芸術と呼べません。
今作では主人公の少年の心情や、劣悪環境からの逃避行を描いております。
つまり、ちょうどハマったという事です。

作品のコンセプトや楽曲の試聴などは下記、特設紹介ページからどうぞ。
特設紹介ページ



ふたつめ。

「PSYMPHONY」



こちらは六弦アリスの姉妹サークルとして先日立ち上げたばかりの七幻シュトラーセによる第一作目です。
東方projectの二次創作作品です。
ジャケットデザインは櫻井アンナ。ただしこちらのサークルではAnna Stuart名義です。
因みに私はMr.ASKという名義です。
姉妹サークルとはいえ、メンバーは六弦アリスと全く同じです。
この七幻シュトラーセというサークルがいったい何なのかについては、後日、別記事にて語りたいと思います。

さて、この作品は従来の活動スタンスとは少々異なる点がいくつかございます。
まずはじめに、コンセプトとして 「歌を聴いてもらう」 という音楽ではなく、あくまで 「演説」 を聴いてもらう為の音楽であるという事です。
私自身、表現したい事や言いたい事がいっぱいあるのですが、それを歌詞という縛りの中で表現するにはあまりに窮屈だと感じていました。
それなら話してしまった方が早いのです。ただしそれだけでは面白みに欠ける。

という事で、オーケストラや混声合唱団をふんだんに盛り込み、トランスという一定のリズムの中で表現すれば何だか面白いものができるのではないかと思ったのです。
そうして生まれたのがこの 「PSYMPHONY」 です。
バンドサウンドではダメだったのです。楽器の主張が強すぎて、言葉としての主張とぶつかります。

因みに七幻シュトラーセというサークルは、私、Mr.ASKがメインです。
私のためのサークルと言っても過言ではありません。
それはホームページをご覧頂けるとすぐにお分かり頂けるかと。

何だか気になる七幻シュトラーセのページはこちらからどうぞ。
七幻シュトラーセ











私がいましたね ( ´_ノ` )

※「PSYMPHONY」 のみ、店頭では8月13日先行リリース。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
既にTwitterでは先行で告知を出しておりましたが、我が六弦アリスに姉妹サークルが誕生する事となりました。
森永のビスケット、ムーンライトは我が人生。六弦A助です。

さて、この姉妹サークルでありますが、当然ながら活動名義は六弦アリスではありません。

その名も、











「七幻シュトラーセ」


七幻シュトラーセであります。
こちらの名義では8/14に1stアルバムのリリースを予定しております。
実は既に楽曲の制作を終えていたりします。
あとは収録を残すのみ。

この 「七幻シュトラーセ」 に関してはまだまだ謎な部分も多いかと思われますが、音楽性や世界観など、次第に様々なものが判明してゆく事でしょう。
現段階で言える事は、8年ほど前から私がやりたかったもう一つの道をようやく形に出来たものが、この七幻シュトラーセである、という事です。

私はですね、この道を一人でも多くの賛同者と共に歩んで行きたいと願っております。
これからも私たちと一緒に前進し、楽しい事をいっぱい創って行きましょう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


昨日は雨のパラつく中、お越しいただきありがとうございました(^^)
そして発売日当日にお店でお買い上げ下さった皆様ありがとうございます!!
さて今回は6年ぶりのM3参加で、沢山の方に待ってました!!これからはM3にも出てほしいというお声をいただき、とても嬉しく思いました。
確かに六弦アリスは最近新作ペースがゆったりモードだったので、これからは依頼の楽曲だけでなくもう少し自分のサークルからも、楽曲を出して行こうかな~と考えておりますので、今後の活動にもご期待下さい。



当日のブースはこちら、カーテンスタイルにしてからもう3年以上経ちますが、すっかりおなじみになりましたね♪

さて今回の新作
「前衛歌劇団 イデア座 ~人殺しヴィレッジ~ side:idea」発売にあたり、
「六弦アリス」のM3新譜応援フェアをとらのあな様にて開催していただいております。

とらのあな様にて対象期間内 【2016年4月24日~2016年5月1日】 にご購入頂くと、「人殺しヴィレッジ」 特典フェアへの応募券が配布されます。
ご購入頂いた方の中から抽選で下記アイテムをプレゼントします。

【A賞】:メジャー版 【盤面色校正】+六弦A助直筆コメント手紙(ボールペン/便箋付き) 2名
【B賞】:メジャー版特典カラオケCD3種セット (とら/タワー/ユニオン)+六弦A助直筆コメント手紙(ボールペン/便箋付き) 2名

※盤面色校正とは、CDをプレスする直前に様々な関係者が色味などを確認共有する為の見本紙の事です。
※六弦A助直筆コメント手紙(ボールペン/便箋付き)

A賞の方はなんとも六弦A助さんらしいプレゼントだな~と個人的に思ってしまいました。
A賞もB賞もレアアイテムとなっておりますので、皆様ふるってご応募下さいませ!!


以前も少しお話ししていましたが、今回はサウンドもかなりヘビーな感じで全体的にとても良い仕上がりとなっております。
内容も大変濃いものになっていますので、ストーリーとリンクしたブックレットページも楽曲と共にお楽しみ下さい。


フェアの詳細ページはこちら
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
掲題の通り、お待たせを致しました。
ようやく試聴データのお披露目となりました。

まずは特設ページをご覧下さい。


前衛歌劇団 イデア座 ~人殺しヴィレッジ~ side:idea





既に本日より各店舗さんにて予約が開始されております。


先日もお伝えした通り、今回はかなり攻撃的なサウンドになっております。
サウンドだけではありません。歌詞もそうです。
正直なところ、割と私の個人的な趣味がかなり前面に出た結果と云えるでしょう。

私は綺麗なだけの世界観、綺麗なだけのメロディ、綺麗なだけの愛を謳う歌詞などではなくて、もっと人間の本質的な歪みや隠していた狂気のようなものを描きたいので、その気持ちが今回の作品となって表れたのかも知れません。
綺麗なものは上辺に過ぎず、人の本質もまた然り。

お陰様で制作はとても楽しいものでした。
私だけかと思いきや、櫻井アンナも楽しんでおりました。
私よりも楽しんでいたかも知れません。


さて、今作はいつにも増して深めのギミックを随所に散りばめております。
楽曲タイトルや歌詞、メロディ、そして収録曲数に至るまで、それら全てにちゃんと意味があります。

「前衛歌劇団 イデア座」 は、正当な音哲樂シリーズの後継作ですので、変わらず人の本質についてを歌っています。

因みに今作はストーリー仕立てになっており、その主人公である博士の行動や考え方にだいぶヒントが隠されています。
当然ながら前作にも隠されています。

そこで皆さんに導いて頂きたい答えは、、、



この作品が皆さんにいったい何を伝えようとしているのか



ということです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。