テーマ:






製作:1977

監督:市川崑

原作:横溝正史

出演:石坂浩二、岸恵子、若山富三郎、仁科明子、北公次、永島暎子、渡辺美佐子、草笛光子、

   頭師孝雄、高橋洋子、原ひさ子、川口節子、辰巳柳太郎、大羽五朗、潮哲也、加藤武

   中村伸郎、大滝秀治、三木のり平、山岡久乃、林美智子、白石加代子、岡本信人、大和田獏



金田一耕介シリーズは見たことが無くて、こないだ「犬神家の一族」
が面白かったんです!

そしたら今週のBSは毎晩放送ではないですか~!やった!これは見なくては!

ということで、早速「悪魔の手毬唄」です!


さて今回も偏狭の山村、その名も恐ろしい鬼首村(オニコウベムラ)に呼ばれて飛び出た金田一耕介。

20年前の殺人事件の捜査に来たのに、新たな猟奇殺人事件が続発。

村に古くから伝わる手毬唄にヒントがありそうだが、老婆は殺人が起こってからじゃないと

歌詞を思い出せないという使えなさ。

相変わらず犯人のやりたい放題、後追いに走り回る金田一の役立たずっぷり。

あれ?前作で顔合わせの加藤武さんは金田一さんと初顔合わせってことになってるんですね?

やがて村を二分する二大勢力の由良家と仁礼家の存在、そして20年前の殺人事件が絡んでくる。


犬神家より人物相関が込み入ってて解りずらい感がありますが、相変わらず面白いです。

8人の奥さんを貰った気味の悪い男が出てきたり、一人の男が数人の女を孕ませたりと

村の風紀の乱れ(?)を感じましたが、こういうのが面白いんですよね~♪

あ、犬神家で佐清が大和田獏さんに見えたと書きましたが、今回村の青年会員の役として

出演した獏さんを確認できました!あんまり変わってませんね!

作品全体の印象は殺人現場を含め、派手さが無いように感じました。

磯川警部の青池リカ(岸恵子)への愛が事件を究明させ、実の娘殺害という悲劇が起こる。

残された息子はあまりに救いが無くて悲しかった。

あと、使われていた方言「~してつかあさい」が、岸恵子さんの優しい雰囲気に合って

とても良い感じでした。




AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

トーコさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。