ブロック解除ルイ スピリチュアルサロン裸足の女神 公式ブログ

遠隔ブロック解除 ルイのブログです。 根本ブロック解除、24時間ブロック解除、関係性浄化ワークなどオリジナルメニューを多数開発、セッションや伝授を全国でしています。リピーター率80%以上セッション実績6000件以上伝授実績400名以上です。


テーマ:

 

人に話を聞いてほしいというとき。

それも、弱音だったり悩みを打ち明ける

という場面のとき。

 

何かアドバイスや答えを求めてると

いうよりは、話を聞いてほしい、という

ケースは多いです。

(相談は除く)

 

でも、それがわかってなく、

話を聞けない人というのは

少なくないのかなと感じます。

 

特に男性に多い傾向かもしれないですが、

女性でもけっこういるかもしれません。

 

聞いてほしい側がもやっとしたり、

閉ざしてしまいやすくなる例としては…

 

A「こんなことがあって…」

B(Aさんが話してる途中で)「あ、〇〇ってことか」

 

相手が話してる最中で、それってこういうことだよね、

と、その人の頭の中で予想して結論付けて言ってしまう

というケース。

 

これは、聞いてもらう側は話を遮られた

感覚になります。

 

話を纏めて、先に言わんとしてることを

言ってあげてるんだと思いますが、

Bさんは私わかってるでしょ?とアピールできて

気分が良かったりします。

 

または最後まで話を聞くのが面倒で、

先に言ってしまうのもあるかもしれません。

 

あとはチャネリングしてる人や

エンパス体質の人などは、

テレパシー的に相手の思いをキャッチすることがあるので、

勝手にチャネリング状態になって

つい言ってしまう場合もあるでしょう。

 

 

花他には

 

A「こういうことがあって…」

B「それは〇〇なんだよ(正論や一般論を言う)」

 

これも多いパターンかも。

つい、正しいことを言ってしまう。

 

Bさんにとって正しい意見を言ったり、

常識的、一般的と思うことを言ってしまうということ。

 

これは…。聞いてほしいAさん側からすると、

正しさを押し付けられたように感じ、

最悪心を閉ざされる可能性があります汗

 

例えば夫婦関係で理不尽さを感じて

悩んでる人が聞いてほしくて

話してたら、

 

「男性ってみんな〇〇なんだよ、

女の方が□□だからそこは△△しなきゃ!」

みたいに正論的に言うパターンです。

 

普段の会話ならまだいいんですが、

少し心が弱っていたり

悩んでいたとき、話を聞いてほしくて話すのは

弱さを見せることでもあります。

 

そんな状態で、正しいことを言われると

かえって負担になることもあります。

傷付く場合もあるかもしれません。

 

正しい意見を求めてるのでなく、

弱さを受け容れてほしいからです。

 

バシッと正しいことを言われたり、

一般論を言われると、場合によっては否定されたように

感じてしまいやすいです。

 

正しいことを言うのは、弱ってるときは

ナイフになりかねないわけです。

 

でも、これは正しいことを言う側は、

自分は正しいことを言ってると思ってるので

悪気や罪悪感がないのが厄介です(笑)

 

この正しいことって、ほぼその人の主観です。

一般論としても、その人のフィルターを通した

価値観なわけです。

本人は普遍的な正しいことだと思い込んでたりします。

 

正しいと思ってる分、言葉が迷いなくまっすぐなので、

場合によっては弱ってる心に

グサッと刺さりやすい面もあるかも(笑)

 

これも、正しいと思うことを言うことで

Bさんは気持ちよさを感じてたり、

 

自分がなんちゃってコンサルタントの

ようで、気分がいい心理が

あるかもしれません。

 

意見を言ってもいいとは思うんですが、

正しいかはわからないけど自分はこう思う、

みたいに前置きすると、相手も受け入れやすい

かなと思います。

 

これらの背景には、聞く側のBさんの

承認欲求が関係してるのかなと

思います。

 

相手の話を聞くよりも、

自分が何を言うか?の方に意識が

向いてしまうと、今回書いたことは

起きやすいです。

 

話を全部聞く前に勝手に結論付けたり、

正しいと思う意見を言うと、

聞いてほしい側のAさんが

話を聞かないといけなくなります。

 

話してる相手はどんな気持ちなのか?

それを言われて相手がどんな気持ちになるか?

という想像力が必要ということですねキラキラ

 

人の痛みがわかる人だと、

想像できて、寄り添うことができやすいです。

 

なので、過去の辛い経験も

決して無駄ではないです。

そうして人の痛みがわかるからです。

 

関連記事

愚痴をたまに言うのはいいけどメールは避けた方がいい理由

 

話を聞いてもらうだけでなく

自分でネガな感情の解放ができるように

なりたい方はこちら

→ http://ameblo.jp/roko55/entry-11769891881.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

スピリチュアルサロン 裸足の女神 事務局です。

エネルギーバンパイアに対処するワークを受けてくださった

K・Nさまよりいただいた感想を掲載させていただきます。


こんばんは。
いつもお世話になっています。Nです。

逆エンパスとエネルギーバンパイアのワークを

立て続けに受けた後

 

私の対象が例の方に特化しているので、

広い範囲の効果に気付いていないのが残念ですが
例の方が以前のような“ちゃちゃ”

全く全く入れてこなくなりました。

今回は、小さな変化に狂喜乱舞(笑)しないよう心がけ、

冷静に時間をかけて変化を観察してみたので
短期間のたまたまの現象ではないと思います。


ただ、相変わらず監視や聞き耳は続いているので、

何も言ってこないのに何のためかわからずにいました。
最近思ったのは、もしかして私を真似るために

必死で盗もうとしてるんじゃ…と。

そしてひとつ試しに。
衣替えのタイミングで、お洒落に気合いを

入れ直してみました。


というのも、近い存在には「嫉妬」、

遠い存在には「憧れ」を抱くものだと知り
物理的な距離は、いたしかたなく近いので、

心理的に遠い存在になることを目指してみました。


まだ観察途中ですが、私自身も楽しめているし、

なにより気分が良いし
なかなか良い方法じゃないかと手応えを感じつつあります。

(ルイのコメント)

Nさま、いつもありがとうございます照れ

例の方の強烈さ(笑)は以前から

伺ってましたが、当初お話を

聞いていた時と比較すると本当に

変わってきてますね‼️


意地悪をしてくる人は

劣等感があり、どこかで自分にないものを

もつ対象の人が羨ましくて

困らせてその様子を見たかったり

引きずりおろそうとするなどして、

優位に立って自分を保ちたい隠れた心理があります。


自分の弱さを認められないし

虚勢を張って

強そうに見せるわけです。


大人の対応をし続けてきたNさま、

ほんとにすごいです!!


Nさま、ありがとうございます。


エネルギーバンパイアに対処するワークに

ついてはこちら

http://ameblo.jp/roko55/entry-12227992020.html

{BF5B40A8-07CF-46CD-BBE0-232B8F87C270}


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こういう声をお客様から

聞くことがあります。

 

「誰かに嫌なことをされて、それを我慢したり、

スルーしてきたけど、そんな自分の方が

悪いんじゃないかと自分を責めてしまいます」

 

やられたらやり返せって言葉があります。

 

この価値観も時に必要だと思います。

 

上記の声ですが、やられてやり返すことが

できなくて、人と争うのに抵抗があり、

黙ってやり過ごしたことに対して、

自分だけ我慢したような理不尽さから

自分を責めてしまうのかなと感じます。

 

中にはこういう価値観の人がいます。

 

やられたならやり返すべきだ。

やり返さないから相手に舐められるんだ。

攻撃し返したりやり返さないのはその人の弱さだ。

やり返すこともできなくて、うじうじ引きずる

方が悪い

 

こういう価値観の意見をたまたま

聞いたり見かけたりして、

それで、やり返さないのはだめなことなんじゃないか。

やり返さない方が悪いんじゃないか、

 

みたいに思い、葛藤を感じることも

あるように思います。

 

やり返すことをしなくて、相手と真っ向から

戦わなかった自分は弱いだけなんじゃないか?

そんな風に自分を責めてしまう…と

いうんでしょうか。

 

 

あくまで私なりに思うことですが、

少し違う視点から見てみようと思います。

 

やられたらやり返すって選択も

もちろんあっていいと思うし、

時に必要な場合もあるかもしれない、と

言うことを前提において。

 

ひどいことや嫌なことをされたり言われて、

やり返さない選択をするという人は、

相手を傷つけることが嫌だったんだと思います。

 

なるべく人と争いたくなくて、できれば

調和していたいという人もいます。

 

そのために、やり返す選択でなく、

ぐっと堪えるという選択をした。

 

それに、やり返せば、また相手から

攻撃を食らうかもしれません。

自分を護るためでもあると思います。

 

それと、また少し違った見方をしてみると…

 

やり返すのでなくやり過ごす、ある意味

自分が負けるというのを選べるという人は

 

ある意味で

したたかな人ともいえると感じます。

 

したたかって、嫌なイメージがする方も

いるかもしれないですが、

誰かを傷つけるのでないなら、したたかって

長所といってもいいと私は思います。

 

漢字だと強かと書きます。

粘り強くて強さがあるということです。

 

したかさを持つということは

大人の対応ができる人ともいえます。

 

不機嫌だと物や周りに当たり散らしたり、

気に入らないともろに態度に出したり、

引いたときに露骨にうわ、引いたって顔をしたり

嫌いな人にはあなたが嫌いですとアピールしたり、

 

ネガティブな感情をストレートに

出す人というのを、良く思わない人は多いです。

子供なら仕方ないかと思っても、

大人の場合は悪い印象をもたれがちです。

 

職場にこういう人がいると、

雰囲気がぎくしゃくしたり、周りが気を

遣わないといけなかったり、

仕事の効率も下がりかねません。

 

ネガティブな感情をストレートに短絡的に

出すより、ぐっと堪えて出さない人というのは

したたかさがあります。

 

うまく隠すことで人付き合いもスムーズになったり、

印象も良くなりやすいメリットもあるでしょう。

 

人と調和していくためには

したたかさもある程度必要です。

 

下手に人と争ったりやり返して

勝とうとするのでなく、

いい意味で負けることができるというのは、

相手や周りのことを考えることが自然に

出来る人でもあります。

 

自分や他者を護る強さを

持ってるともいえるのではないでしょうか?

 

また、こんな言葉を聞いたことがあります。

「馬鹿と言い争えば馬鹿が2人増えるだけ」

相手と同じレベルになってしまうってことですね笑

 

もちろん、ときにはやり返すことが必要な

場合もあると思いますし、

結局価値観の問題で

選ぶのはその人の自由です。

 

でも、やられたりやり返す、という選択だけが

正しいわけではないと思うんです。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

スピリチュアルサロン 裸足の女神 事務局です。
くださったK・Fさまよりいただいた
感想を掲載させていただきます。
 

ルイさん、

こんばんは

逆エンパス体質に対処するワーク3回受けました。

 

エネルギーが馴染んできてます。

 

ワークを受けて良かったです。

 

セッション後

の変化の例のように、

否定的になっても、すぐ肯定的になれるし、

本当に、人から攻撃されなくなった、

なんだか前より人から好感もたれている感じがします。

 

だから過ごしやすいです。

よかった~

インナーチャイルドの癒しのワークも良かった。

 

気にならなくなって、本当に笑顔になってます。

インナーチャイルドの癒しのワークもいいですね。

また受けたいです。

 

ルイさん、ありがとうございます。


(ルイのコメント)

Fさま、いつもありがとうございますキラキラ

このワークは3回受けられると定着してきます。

 

人から好感がもたれやすくなったとの

ことで、良い感じに変化してるのが

わかりますねニコちゃん

 

インナーチャイルドの癒しワークも、

傷が癒されてるのが伝わりますねキラキラ

 

Fさま、ありがとうございます。

 

逆エンパス体質に対処するワークについては

こちら

→ http://ameblo.jp/roko55/entry-12269100467.html

 

 

 【メニュー】        

 ・ブロック解除とは?        

 ・プロフィール           

セッションメニュー        

 ・伝授・レクチャー        

 ・お客様の声        

 ・お問い合わせ        

 

いいね!した人  |  リブログ(0)