ROKKO RUGBYFOOTBALL CLUB OFFICIALBLOG

ROKKO FIGHTINGBULL / REDWING

【クラブ理念】
ラグビーで地域を元気にする
~「楽しく・強く」をモットーに 生涯にわたりラグビーを楽しめる環境を提供する~
~NO RUGBY, NO LIFE~

【チーム】 (神戸&東京)
六甲クラブ  >>> OFFICIAL WEBSITE
東京六甲クラブ >>> OFFICIAL WEBSITE


【Facebook】

Rokko Rugbyfootbal Club




六甲クラブでは、ただ今、新会員募集中です!

お問い合わせは下記アドレスまで。
rokkoclub@freeml.com
迷惑メール防止のため、@を全角にしています。
お手数ですが、@を半角になおしてお送りください。

テーマ:

晴れ今週の予定

●3月25日(土)~8:45集合、9時スタート 【六甲中・高G】

※学校マナー守りましょう。

※なるべく乗りあって、駐車は校舎右奥へ

※学校関係者にあいさつしっかりと

●3月26日(日)9時集合、9:30スタート 【六アイ:甲南大G】

※学校マナー守りましょう

駐車場近隣コインパーキングへ

※甲南大ラグビー部と合同練習あり

※学校関係者にあいさつしっかと!

チューリップ紫2017年新入部員スタッフ募集中!チューリップピンク

 六甲クラブは2017年シーズン、共に戦う選手・スタッフを募集してます。

 練習体験、いつでも大歓迎です。

 できるところまでで結構です。一緒に体を動かしませんか?

 見学・体験随時募集してます!

 下記のアドレスからご連絡頂けると幸いです。

連絡先:rokkoclub@freeml.com

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

チューリップ六甲ラグビー2017開催しました!チューリップ

 特定非営利活動法人六甲クラブの地域貢献活動『六甲ラグビークリニック2017』が3月12日(日)、神戸市灘区の六甲学院中・高グラウンドで行われました。

★参加チーム

・兵庫県ラグビースクール

・報徳学園中ラグビー部

・灘中学校ラグビー部

・六甲学院中ラグビー部  

※約80名が参加

★特別講師

●廣瀬俊朗氏

・1981年10月17日生まれ

・吹田RS→豊中市立大十四中→北野高→慶大→東芝

・元日本代表主将 15年W杯日本代表

・日本代表キャップ28

・新シーズンから東芝ブレイブルーパスBKコーチに就任

●伊藤鐘史選手

・1980年12月2日生まれ

・兵庫工→京産大→リコー→神戸製鋼

・LO 191㌢、100㌔

・15年W杯日本代表 代表キャップ:35

●石川安彦氏

・76年1月28日生まれ

・日川高→早大→東芝府中→海外→三洋電機→釜石SW→クリーンファイターズ

・明治学院大ヘッドコーチ

 

 昨年に引き続き、廣瀬さん、石川さんの参加に加え、今年は地元・神戸が生んだリアルロック・“ショージ”さんこと伊藤鐘史さんも参加、六甲クラブのメンバーもサポートとして約20名が参加しました。

 まずは人数合わせゲームなどでウオーミングアップ。石川コーチの軽快な笛とともに次々と種目が行われていきます。廣瀬コーチ、伊藤コーチも混ざって参加。生徒たちも学校やチームの枠を超えてコミュニケーションを取っていきます。

 続いてFWとBKに分かれてユニット練習。FWは伊藤コーチ、BKは廣瀬コーチが担当します。

 FWはブレイクダウンがテーマ。

 1、ずらしてヒット

 2、レッグドライブ

 3、ロングリリース

 伊藤コーチ自らコンタクトバックでお手本を示し、わかりやすくコーチングしていきます。はじめはぎこちなかった生徒もだんだんとサマになってきます。相手をつけたり、人数を増やしていきました。

 BKはハンドリングスキルの練習。どんな条件でもパスをしっかりキャッチできるように、フットサルのボールやアメフットのボールを織り交ぜてパス練習。全く使ったことのないボールでのパスに戸惑う生徒たちでしたが、こちらも時間が経つにつれてこなせるようになってきました。

 続いて全体を4チームに分けてのミニゲーム。ユニット練習でチエックしたポイントにフォーカスしながら試合に臨みます。各チームに廣瀬、伊藤の両コーチや六甲クラブのメンバーもサポート。

 

 ハーフタイムのチームトークで修正点を確認しながら第2ラウンドへ。好タックルからターンオーバー速攻で逆襲トライなど随所に好プレーが目立ちました。

「センスのいい子がたくさんいますね。これからもっともっと伸びていきますよ」

試合を見ていた廣瀬コーチも目を細めます。

 グラウンドで2時間程度の練習が終了した後、会場を講義室に移して「座学」。六甲クラブ理事長・中島誠一郎が司会を務めながら、トーク形式で始まりました。

 質疑応答コーナーでは選手から様々な質問が寄せられました

 ?チームが強くなるためにはどうしたらいいですか?

 伊藤選手「一つの目標に向かって全員で共有していくこと」

 廣瀬さん「自分ができるからといってチームメイトを罵らないこと。」

?勉強との両立はどうしてましたか?

 廣瀬さん「小中学校時代、どんなにしんどくても予習と復習はしました。人間、本当に集中できるのは30分ぐらいしかないと考えて、(授業中は)聞くべきところを予習して授業を受けていたので、わかっているところは適当に聞いて(笑い)、わからないところを集中してきいていました」

 高校時代も朝、電車の中で勉強したり、夜、どうしても眠くなったり集中できなかったりしたときは30分パーッと走って気持ちを切り替えて頑張っていたそうです。

 ?失敗した時にどうすればいいか、失敗した人にどうアドバイスしていけばいいか?

 これには伊藤選手が自分の経験を踏まえて語ってくれました。

  伊藤選手は、中学時代の1995年1月17日、神戸市内で阪神淡路大震災に被災しました。当初は家族と車で寝泊まりしながらの生活。

 「夜、車の窓から見える星がものすごくきれいやったんですよ。家もなくなり、呆然としていて、周りの建物も何もかもがなくなり、なんもまわりの光がない中で。星が美しくてね・・・。いろんな思いがこみ上げて涙が出てきました。あの星空が今でも忘れられません」。

 「地震に負けない、頑丈な建物を建てたいと、建築家になりたくて、神戸高専を受けたんやけど。落ちちゃったんですよ。そこで、兵庫工業の建築学科に入ったんです」。

 それまでは野球をやっていた伊藤選手。「県工」でラグビーと出会います。そこから京産大に進学、社会人でもラグビーを続けるようになっていきます。

 「だからね、失敗なんてないんですよ。建築家になる夢はかなわなかったけど、ラグビーと出会えた。そのときは失敗に思えるようなことでも、後でそれが道を開くこともあるんですね」。

 伊藤選手の話に生徒も、保護者の方も六甲メンバーも胸をうたれました。

 伊藤選手は続けます。

 「好きなことだから一生懸命できるんですよ。震災をきっかけに、生きてるだけでも幸せやから、好きなことを精一杯やろうとしてきました。リコーから神戸製鋼にきて、31歳で日本代表になれたし、ワールドカップで南アフリカに勝てた。

 どんなことでも失敗じゃなくて、その過程で好きなことを一生懸命やることが大切やとおもいます」

 濃密な時間はあっという間に過ぎていきました。廣瀬さんと伊藤選手と過ごしたかけがえのないひと時、生徒たちにはどう響いたでしょうか?サポートした六甲クラブのメンバーも2人のコーチからだけではなく、参加した生徒たちのラグビーに対する真摯な態度に多くのものを得ることが出来ました。

 今回のクリニックに参加した若き選手の皆さんが、これからもラグビーを通じて、たくさんの仲間と出会い、素晴らしいラグビープレイヤーになっていくことが、19年ワールドカップ日本大会に繋がっていきます。

 廣瀬さん、伊藤選手、石川さんありがとうございました。

 参加いただいた各学校、スクールの選手の皆さん、保護者の方々ありがとうございました。

 六甲クラブは、今後もこうした地域貢献活動を継続的におこなってまいります。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

メラメラ六甲クラブ2017年度 新入部員募集中!メラメラ 

晴れ練習体験参加、大歓迎です!晴れ 

 六甲クラブにはあなたが求めるラグビースタイルがあります。全国大会の緊張感。仲間の思いを背負ってピッチに飛び出していく瞬間。六甲でラグビーをやってよかったと思える瞬間です。

私たちと一緒に日本一を目指しましょう!

 NO RUGBY,NO LIFE

↓↓↓こちらからどうぞ!↓↓↓

連絡先:rokkoclub@freeml.com

 ここでは、よく問い合わせでいただくご質問から例をあげて、

六甲クラブをご説明いたします。

①選手の年齢層はどれくらいですか? 

 六甲クラブには高校卒業したての19歳から、58歳までのベテラン選手まで様々な世代の選手が集まります。

 多くの選手が近畿リーグ、全国大会での「六甲ファイティングブル」の公式戦目指して活動しますが、兵庫県Aリーグに所属する「六甲レッドウイングス」では、多くのベテラン選手も出場します。普段は試合スタッフを務める40代FLや、58歳の大ベテランプレーヤーも、大ハッスル。10代、20代、30代、40代、50代の選手が同じピッチで共に戦うのは六甲クラブならではです。

②どんな職業の選手が集まりますか?

 六甲クラブはクラブチームです。選手やスタッフ、マネージャーやトレーナーのすべてがそれぞれに職業を持っています。(一部学生も含みます)。

 学校の先生、消防士、公務員、アパレル、商社、旅行代理店、メーカー…本当に多様な職業の選手が、自分で時間を作り練習や試合に参加します。

③練習はいつ行ってますか?

 練習は基本的に土日、神戸市内の学校のグラウンドをお借りして行ってます。また平日の夜は一部の選手たちが自主的に集まって、仕事が終わってから大阪市内の公園でタッチフットで汗を流します。

 春シーズンには兵庫県内の大会、大学や社会人チームとの練習試合も組まれます。

 

 「仕事とラグビーはリンクする」

 これはある選手が言った言葉です。仕事もラグビーも精力的に取り組むことで、選手は充実した毎日を送っています。仕事とラグビーでメリハリをつけることで互いに相乗効果があります。

また、ラグビー仲間と過ごす時間は、普段の職場等での時間とはまた違って、理屈抜きに楽しいものです。

 ぜひ一度、練習などお気軽にご参加いただき、六甲クラブの雰囲気を感じてください!

NO RUGBY NO LIFE

↓↓↓こちらからどうぞ!↓↓↓

連絡先:rokkoclub@freeml.com

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

太陽六甲ラグビークリニック2017開催!太陽

 NPO法人六甲クラブは、地域貢献活動の一つとして、地元の子供たちを対象とする「六甲ラグビークリニック」を今年も開催いたします。

★期日 3月12日(日) 六甲中・高校グラウンド

 ※神戸市灘区篠原伯母野山2-4-1

 ※13:30~15:30 グラウンドで実技

 ※16:00~16:45 教室で講義

★特別講師

 ●廣瀬俊朗さん

 ・所属:東芝ブレイブルーパス

 (15年度シーズンで引退、17年度シーズンからBKコーチ就任)

 ・ラグビー歴:吹田RS→豊中市立第14中→北野高→慶大→東芝

 ・現役時代のポジション:SO、WTB。代表cap28

 ・15年ワールドカップ日本代表

 ~エディー日本の精神的支柱「ジ・キャプテン」~

 ●伊藤鐘史さん

 ・所属:神戸製鋼コベルコスティーラーズ

 ・ポジション:LO 191㌢、100㌔

 ・代表cap35、15年ワールドカップ日本代表

 ・ラグビー歴:兵庫工→京産大→リコー→神鋼

 ~愛称:ショージ、兵庫が生んだリアルロック~

 ※この他、石川安彦さんも参加、六甲ファイティングブルメンバーもサポートいたします。

★お問い合わせ

 安達英二  e.adachi@rokkogakuin.net

 ※当日駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用ください。

※本事業はスポーツ振興くじ「toto」助成金を受けて実施しております。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

★2017年シーズン新入部員大募集!★

六甲クラブは新シーズン、共に戦う仲間を募集しております。

3月に入りました。大学4年生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。

①大学を卒業、関西圏に就職、配属が関西になった

→大学まで続けてきたラグビー、止めるなんて本当にモッタイナイ!

「クラブ」というカテゴリーで新たな気持ちでスタートしませんか?

②仕事で関西圏に異動となった

→関西でもクラブラグビーを続けたい皆さん、六甲クラブはいかがですか?

③社会人、企業チームを引退した

→クラブラグビーには引退はありません。楽しみながらも。仕事も家庭も両立目指す仲間と新たな夢を追いませんか?

④大学に入ってもクラブでラグビーを続けたい

→体育会でなくても真剣に楽しめる環境が六甲にはあります。学生選手も数名が活躍しております。

⑤またラグビーがやりたくなった

→思った時が「その時」です。数年のブランク、年齢なんか関係ありません。熱い情熱を仲間と燃やしましょう。

image

晴れ練習体験参加、大歓迎です!晴れ 

 六甲クラブにはあなたが求めるラグビースタイルがあります。全国大会の緊張感。仲間の思いを背負ってピッチに飛び出していく瞬間。六甲でラグビーをやってよかったと思える瞬間です。新シーズンの全国大会ではあなたもこの中にいるかもしれません。

私たちと一緒に日本一を目指しましょう!

 NO RUGBY,NO LIFE

↓↓↓こちらからどうぞ!↓↓↓

連絡先:rokkoclub@freeml.com

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016年度納会が行われました!

 六甲クラブの2016年度シーズン納会が、2月19日(日)、神戸市東灘区の「ホテルプラザ神戸」において行われました。

{D21BD5C2-3AAA-47DB-BF59-A456A2C5FAA5}

 納会に先立ち、『新主将決定臨時総会」が行われ、主将候補者の中から選挙が行われました。選挙は某超大国の大統領選挙にも負けない?白熱した投開票の結果、2017年度シーズンの主将に、FL中村圭佑選手が選ばれました。

{A4FB6901-0679-4AF2-A305-5E72537AC05B}

続いてそのままシーズンの納会へ。OB参加の柴田“勝ちたいんや!”充啓様から六甲クラブ創世記のエピソードなども含めたご挨拶をいただき、激励として、幻の銘酒“獺祭”を中村新主将にプレゼント。乾杯して納会がスタートしました。  

 

{C3D167CB-A1AC-4023-BC1D-9471CCB58CE4}
  この日はちょうど瑞穂では全国大会の決勝戦。試合の結果をスマホなどで見ながら、皆が来季こそと思いを新たにしていました。
{35E2D9F4-9718-438B-A1C4-50C9F7F30FAC}
スクラムリーダー・加村選手、ラインアウトリーダー・福島清登選手、玉川副将とマイクに立ちました。

 「ここ数年、課題と言われてきたスクラムに自信を取り戻すことができた」

 「シーズンが深まるにつれFWの成長が感じられ、それが三鷹戦で爆発した」

 「抽選で決勝にはいけなかったが、いかに日本一になるのが難しいか、改めて痛感した。また挑戦していきたい」

{7FAE8E0D-2A26-4E90-AB4E-BB290E67A196} 
北迫コーチ「決勝には行けなかったが、確実に強くなってきている。あとはもっと選手一人一人がゲームをコントロールしていけばもっと強くなれる。来シーズンも期待しています」

  続いて、今シーズンのMVP選手を決める「ワレティニ・トーマス・ツアフ賞」、通称“ツーさん賞”の発表です。  

{BA7635C6-44FF-49C5-A47D-6CF2A5330577}
 まずは昨年のMVPに輝きながら、前回、勲章の「マオリ木彫り面」を谷主将が忘れたため、「一年越しの授賞式」。そして戴冠わずか数分で、今季のMVPの発表となりました。
{58A6F597-A42F-416B-82AE-16214DC042E2}
 ●MVP PR加村太一選手
今季スクラムで、ランプレーでチームを引っ張り続けた闘犬PR。話が長いのがタマにキズですが、文句なしの受賞となりました。
「光栄です。(以下省略。)また来季もこの賞がもらえるようにがんばります」
 1969年創部の六甲クラブ。今年もOB会からたくさんの寄付をいただきました。深田OBから中村新主将へ目録授与。新シーズンこそは日本一の報告ができるように、誓いを新たにしました。
{05BC4E9A-C628-416C-9146-CA74B6B8EE06}
 最後に、3年間、言葉とプレーでチームを引っ張ってきた谷晋平前主将が、最後の“キャプテンスピーチ”。もがき苦しみながら歩んだ3年間、常に仲間に支えられた3年間であったと感謝を述べ、「これからは一選手として、圭佑新主将を支えながら、日本一を目指していきたい。」と締めくくり、出席者全員で輪になって部課を歌い、今季のねぎらいと来季の日本一奪回に向けて決意を固めました。
{84FD012C-B524-49CC-BE70-E00216861D92}

会の終了後、多くのメンバーが“いつも通りに”近所の立ち飲み屋さんで2次会。杯を重ねながら来季への想いを熱く語り合いました。

{962CA3FF-AF9D-4C46-93D8-85AB5B7A5FA1}
 全体練習はオフの時期ですが、個人でそれぞれ体を動かしたり、タッチフットに集まったりして既に来季へスタートしている選手もいます。来月から新チームのスタートとなります。

 

 新シーズン、新たに走り始める六甲ファイテイグブルにご期待ください!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
★2017年シーズン新主将決定!★
 平素は六甲クラブ・六甲ファイティングブルに多大なるご声援を賜り誠にありがとうございます。
 2月19日(日)神戸市内において「主将決定・臨時総会」が行われ、投票の結果、2017年シーズンの六甲ファイテイングブル主将が下記の通り決定いたしました。
~2017年シーズン六甲ファイティングブル主将~
中村 圭佑
(なかむら・けいすけ 24歳)
 りんどうYR→東福岡高→関学大
 177㌢・88㌔
 ※新体制は決まり次第発表いたします。
 中村新主将のもと、新たに走り始める六甲ファイテイングブルに、ご期待とご声援のほどよろしくお願いいたします。
 

★2017年度新入部員募集中!★

 下記のアドレスからご連絡頂けると幸いです。

連絡先:rokkoclub@freeml.com

 

新しい季節、新しいシーズン、新たな気持ちで

六甲クラブで新たなラグビーライフをスタートしませんか?

NO RUGBY,NO LIFE

↓↓↓こちらからどうぞ!↓↓↓

連絡先:rokkoclub@freeml.com

 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
★2017年度新入部員募集!★

 準決勝の激闘から間もなく2週間。六甲クラブは再び走り出します。
 六甲クラブは2017年度、共に戦う仲間を募集しております。

①新社会人で、関西企業に就職、関西方面に配属になった

→高校・大学と続けてきたラグビー辞めるのはモッタイナイ!

②関西圏に異動・転勤となった

→関西の生活慣れてきましたか?一緒にラグビーを楽しみましょう!

③企業ラグビーを引退、社業専念、関西に帰ってきた

→クラブラグビーに引退はありません。プレーを続けることがラグビー地域活性化につながります!

④大学でも、体育会に入らずラグビーを続けたい

→学生時代、様々なチャレンジがしたい!六甲クラブにも数名の学生選手がいます!

⑤ベテラン・試合だけでもラグビーを楽しみたい!

→兵庫県リーグに所属する「六甲レッドウイングス」では、19歳の学生選手から57歳の超ベテランまであらゆる世代の選手が勝利を求めてラグビーをエンジョイしています。まだまだ若手に負けん!というベテラン選手もどうぞ!

★練習参加・体験大歓迎です!★

できるところまでで結構です。一緒に体を動かしませんか?

 見学・体験随時募集してます!

 下記のアドレスからご連絡頂けると幸いです。

連絡先:rokkoclub@freeml.com

 

新しい季節、新しいシーズン、新たな気持ちで

六甲クラブで新たなラグビーライフをスタートしませんか?

NO RUGBY,NO LIFE

↓↓↓こちらからどうぞ!↓↓↓

連絡先:rokkoclub@freeml.com

 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
六甲FB主将・谷晋平よりご挨拶
普段より多大なご支援、ご声援ありがとうございます。
六甲ファイティングブル主将として3年目のシーズンが終わりました。
私が主将を務めるのは、今年で一区切りとさせていただきます。

今シーズンも決勝に進めず、シーズンを終えました。
10-10の引き分け抽選で私の手から決勝進出の切符がこぼれ落ちていきました。
メンバー、チームスタッフ、OBの方々、スポンサー、サポーター、普段よりご支援頂いてるみなさまに申し訳ない気持ちでいっぱいです。

この3年間全国大会で負けたのは1度だけでした。
それでも日本一には一度も届きませんでした。
何が足りないのか、考えてもがいた3年でした。

それでも私を信じ続けてくれた六甲ファミリーに心より感謝申し上げます。
決してプレーが特別ではない。
決して真面目ではない。
リーダーシップもない。
そんな私が3年間頑張れたのは六甲クラブを愛しているからです。
みなさまの熱い気持ちで成り立っている六甲クラブを愛しているからです。

この3年で私には新しい目標ができました。
六甲クラブを日本一のクラブチームにする事はもちろんですが、
クラブラグビーをラグビーファンの方々、それ以外の方にも知っていただきトップリーグ、大学、高校と並ぶカテゴリーにする事です。
自分のしたい仕事をしながら、大好きなラグビーにも取り組めるそんな素晴らしいカテゴリーです。
大学生が、高校生が『俺は好きな仕事しながら、クラブラグビーする!』と胸をはって言えるようなカテゴリーにしたいと思っています。

六甲クラブをみなさまにさらに愛してもらえるように努めてまいります。
一選手として六甲クラブで日本一を目指しながら、ラグビーの普及に微力ながら貢献していきます。

改めて感謝申し上げます。
3年間ありがとうございました。

谷 晋平
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 紙一重の運命も後悔なし
 10対10。六甲、タマリバ互いに一歩も引かぬままのノーサイド。
 ホッとした表情を浮かべながら握手を交わし、気もそぞろにグラウンドで簡易ファンクション。そして、2人の主将は別室に呼ばれた。
 数分後。カーテンに閉ざされた別室のドアが開いた。六甲ファイティングブル主将・谷晋平は笑って出てきた。だがその笑顔はどこかぎこちなかった。
 「ダメでした。すいません…」。
 そういって理事長の中島誠一郎と握手を交わした。
 「引き分けは抽選」。ラグビーに関わる者なら百も承知だ。
 だけど、だけど…。
 この終わり方は切なすぎるよー。
 「いや~正直、絶対当たる気はしてたんですけどね。何回も封筒取るなんて知らなかった」。
 まずジャンケンで予備抽選(順番を決める)。勝って自分側の封筒を選んだ。先に選択権があった。そして本抽選。やはり自分側の封筒を選んだ。
 「『残り物には福がある』ってことわざ思い出してたんですけど…」
 タマリバ・阿倍主将と同時に開封。谷の封筒の中にあったのは
 「挑戦権なし」
 と書かれた1枚だった。
 「うわっ、これで決勝行かれへんのかよっ!」
 谷は思った。わずかな時間に様々な思いが頭を駆け巡る。
 「1年間頑張ってきたのに、運で最後は決着つくんかって笑。頑張った方に運が転がるんなら何を基準に頑張ったんやねん、と苦笑」
 決勝切符は、2年前と違って、本当に、本当に谷の手からこぼれ落ちた。
 
 試合前のフォーカスポイントは「セットプレーとトライを取りにくこと」。
 タマリバの低く激しいタックルに簡単に倒れず、レッグドライブ。前に出るラグビーを心がけた。特にスクラムをコントロールできたことが、なかなか得点を取れない展開でも選手が落ち着いてプレーできる要因になった。
 試合は残り20分。互いに「ノーペナルティ!」「規律!」の掛け声が飛び交い必死の攻防が続く。特にシンビンで1人少なくなった大ピンチの時には
「残りの14人全員が声を出して戦っていました。本当に頼もしかった」
 FL中村をはじめ六甲戦士が激しくタックルを見舞う。同点に追いつかれてもひるまず前へ、前と出た。雨でぬかるんだ悪条件の中、互いの反則は「7」。後半に至っては六甲「3」タマリバ「2(フリーキック1)」と、クラブの試合としてはかなり少ないといっていい。
 「自分たちでいうのもなんですが…」と谷は振り返る。
「この試合はクラブチーム最高峰の試合だったと思います。トップリーグや大学、高校より認知度も注目度も少ない。だけど、観戦する人にとっては、より身近に感じられるカテゴリーだと思います。
 選手達は平日は必ず定時まで働いて、もしくは残業してからトレーニング。早朝に時間を作ってトレーニングする選手もいる。そして選手それぞれのバックボーンも違う。高卒、元トップリーガー、大学Aリーグのレギュラー選手、メンバー外、Bリーグ以下でトップレベル未経験の者。さらには初心者まで…。年齢も違えば職業も違う。そんな中互いを支えながらプレーするクラブラグビーは、僕はとても尊く感じます。この試合は、クラブラグビーの素晴らしさが凝縮された80分だったと思います」
2014年3月29日の主将就任以来1044日、3年間の集大成として臨んだ今大会、またしても負けないままシーズンが終わった。公式戦では22勝1敗2分の成績を残した。
「最後のショットの選択は迷いはありませんでした。結果的には残念でしたが、なんの後悔もありません」
 だが会場外での最後の円陣ではやっぱり熱いものがこみ上げてきた。涙がこぼれないように、何度も何度も自分の手でゴシゴシと顔をぬぐった。
 「本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。寒い中応援に駆けつけてくださった皆さん、サポートしてくれた皆さんと決勝に行きたかった。この舞台にも、みんなに支えられて連れてきてもらったのに・・・・。やはり僕には何かが足りなかった」。
  先輩から後輩、あらゆる世代の仲間に言葉を選びながら情熱を伝えてきた。だからみんなついてきた。この男を胴上げするためにもっとできることがあったんじゃないかと、皆、キャプテン最後の言葉を聞きながら無念をかみしめていた。
 数日後、主将から連絡があった。あの後、仕事に支障がきたすほど?仲間からねぎらいと感謝のライン攻撃にあったという。「六甲クラブでラグビーするのが楽しいって言ってもらえたのが1番嬉しいですね」。
 中には、勝てなかったのは自分の責任と、背負いこむものもあったという。
 「でも、変な言い方ですけど、僕の手で「挑戦権なし」が引けてよかったですよ。責任感じてる選手もいると思いますけど、もしそれで同点にもならずに負けてたら、かわいそうすぎますから。チームの責任は僕の責任って事で。僕で終われてよかった」。
 
 しんぺい。
 こんなこともあったと、いつか笑える日が来たら、いいね。
 (三宮 清純)
 
※写真は小川高志様からご提供いただきました。
 
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。