【NEWS 動画 原発予定地で反対派住民が阻止行動】
TBSニュース 09/9/14
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4233923.html

*政党も大きな転換期です。
【NEWS「脱原発」は現実対応=社民・阿部氏】時事ドットコム09/9/12
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2009091200166

「反対運動を緩めたら、原発が簡単にできてしまう。足が立つうちは反対運動に来る」
【NEWS山口・上関原発建設計画:海域埋め立て工事 反対島民ら、阻止行動】毎日新聞 09/9/10 
http://mainichi.jp/seibu/shakai/news/20090910ddg041040010000c.html?inb=tw

【NEWS 原発・きょうも抗議行動で作業中止】テレビ山口 09/9/12 
http://www.tys.co.jp/NewsDetails.aspx?CID=76ad61b3-5ac1-42ee-8fa2-cee84f622f1e&DID=0e9455bb-8b36-4958-845f-7fd1c057b526

池田香代子さんが書かれています!
【ブログ ぞくぞくする写真 原発反対の海】09/9/12
http://blog.livedoor.jp/ikedakayoko/archives/51250376.html

■その他報道ニュースなどはこちらから⇒
上関原発最新情報 http://new-k.livedoor.biz/
「海上でのにらみ合いは3日目に 反対派の集会に250人、雨の中攻防続く」


■祝島島民の会からの呼びかけとお願い 2009/9/14

※2009/9/10から3日間の阻止行動を続け、
また本日9/14も阻止行動を継続している祝島島民の会からの呼びかけです。



瀬戸内に残された豊かな海が、今、原発のために埋め立てられようとしています
1982年に山口県の上関町に原発建設計画が持ち上がってから、地元住民は賛否の対立に苦しんできました。
28年たった今でも未だに続いています
そして原発予定地の対岸わずか3.5kmに浮かぶ祝島では、住民の9割が計画に反対し続けてきました。

原発建設予定地周辺は豊かな漁場であると同時に、小型の鯨のスナメリが群れをなして泳ぎ、天然記念物のカンムリウミスズメの生息が確認されるなど、希少な動植物の宝庫でもあります。

しかし昨年山口県は、原子炉設置許可申請すら出されていない状況にもかかわらず海の埋め立ての許可を出してしまいました。
そして今、中国電力は原発建設予定地の目前に住む祝島の島民に対する説明も対話もないまま、海の埋め立てと原発の建設を強行しようとしています。
私たちは自分たち自身の命や生活を守るために、生活の糧である美しい海や豊かな自然を守るために、中国電力の埋め立ての強行に抗議しています。

祝島島民の会では9/10から12までの三日間、埋め立て工事の先鞭となる大型浮標(ブイ)の搬出を阻止するため、平生町の田名埠頭で阻止行動を続けてきました。
この3日間で延べ漁船80隻以上、陸上からも500人以上の人たちが阻止行動に参加しました。

そしてまた本日9/14も、海上では漁船約30隻が、陸上では県内外からの応援に駆けつけてくれた人たちも含め100人以上が阻止行動を行っています。

祝島島民の会ではホームページ(http://shimabito.net/)や当blog(http://blog.shimabito.net/)も開設していますが、多くの島民が阻止行動に参加しているためリアルタイムで現地の様子をお伝えできません。

現地の状況は
RadioActive(http://radio-active.cocolog-nifty.com/blog/
に特に詳しく紹介されていますので、ぜひご覧ください。

これまでの動きについてはUrauraNews(http://iwaijima.jugem.jp/)や小中進オフィシャルサイトのニュース&トピックス(http://www.midori-konaka.jp/cgi-bin/news/view.cgi?m=slst&reles=1)等で紹介されていますので、ぜひご覧ください。

祝島島民は、特に今回の埋め立て工事の強行に対しては、地元の反対の声を無視して埋め立ての許可を出した山口県と、その許可をたてに反対意見を「一部の声」として力で押しつぶそうとし、祝島をはじめとした地元住民の27年以上に及ぶ思いを理解しようとする態度すら見せない中国電力に対しての怒りや憤りを強く感じています。

山口県は埋め立ての許可を出す際に、中国電力に対して地元住民や県民の理解を得る努力を尽くすことを要請してますが、それが果たされていないことは現地の状況をみれば明らかです。

どうか山口県や中国電力に対して「地元住民の理解を得ていない埋め立て工事は中止するべきだ」という抗議の声を届けてください。
疑問があれば問い合わせをして彼らの姿勢を質してください。

そしてこの呼びかけを多くの方々につないでください。
どうかご協力をお願いします。

2009/9/14
上関原発を建てさせない祝島島民の会
iwaishima@gmail.com


山口県
・海の埋め立てに関してはこちら
土木建築部港湾課
TEL083-933-3810(管理班、港政班)
FAX083-933-3829
メールアドレスa18700@pref.yamaguchi.lg.jp

・スナメリやカンムリウミスズメなどの希少生物についてはこちら
環境生活部自然保護課
自然・野生生物保護班
TEL(083)933-3050
Fax(083)933-3069
Mail a15600@pref.yamaguchi.lg.jp


中国電力
TEL 082-241-0211
FAX 082-523-6185
原発関連メールフォーム https://cc-www.energia.co.jp/faq/1024/app/servlet/ext_inquiry_a?linkid=904&linkstr=%8C%B4%8E%71%97%CD%8F%EE%95%F1


上関町
電話 0820-62-0311
FAX 0820-62-1600
メール k_yakuba@d2.dion.ne.jp

※可能であれば、送られた質問やそれに対する回答、また相手方とのやり取りの内容などを、簡単でかまいませんので祝島島民の会(iwaishima@gmail.com)へお寄せください
 今後の活動の参考にさせていただきます

AD
転送致します。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 「STOP!上関原発!」 メルマガ 第22号(2009.9.10)

      http://stop-kaminoseki.net/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 中国電力が本日、上関原発の敷地造成に向けた海面埋め立て工事の
準備作業に入りました。埋め立て範囲を示すための灯浮標(ブイ)を
平生町田名埠頭から建設地沖に運ぶ作業を予定していたようですが、
現在、祝島の漁船やカヤック隊の阻止行動で運搬用台船が埠頭に近づけ
ない状況が続いています。また、陸上でも反対派住民などが抗議行動を
行っています。

◎台船近寄れず 原発埋め立て(中国新聞 2009.9.10)
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200909100199.html

◎上関原発の海面埋め立て開始 山口、反対派が抗議活動(47NEWS 2009.9.10)
http://www.47news.jp/CN/200909/CN2009091001000249.html

───────────────────────────────
            協力のお願い
───────────────────────────────

現地で阻止活動をしている祝島の山戸孝さんからの呼びかけ文です。

--------------------------------

 瀬戸内に残された豊かな海が、今、原発のために埋め立てられようと
しています。
 1982年に山口県の上関町に原発建設計画が持ち上がってから、地元住民は
賛否の対立に苦しんできました。28年たった今でも未だに続いています。
そして原発予定地の対岸わずか3.5kmに浮かぶ祝島では、住民の9割が
計画に反対し続けてきました。原発建設予定地周辺は豊かな漁場であると
同時に、小型の鯨のスナメリが群れをなして泳ぎ、天然記念物のカンムリ
ウミスズメの生息が確認されるなど、希少な動植物の宝庫でもあります。
 しかし昨年山口県は、原子炉設置許可申請すら出されていない状況にも
かかわらず海の埋め立ての許可を出してしまいました。そして今、中国電力
は原発建設予定地の目前に住む祝島の島民に対する説明も対話もないまま、
海の埋め立てと原発の建設を強行しようとしています。
 私たちは自分たち自身の命や生活を守るために、生活の糧である美しい海
や豊かな自然を守るために、中国電力の埋め立ての強行に抗議しています。

 祝島島民の会ではホームページ(http://shimabito.net/)や
blog(http://blog.shimabito.net/)も開設していますが、多くの島民が
阻止行動に参加しているため今は現地の様子をお伝えできません。

 これまでの動きを含め、現地の状況は上関原発最新情報(http://new-k.livedoor.biz/)や
RadioActive(http://radio-active.cocolog-nifty.com/blog/)、
UrauraNews(http://iwaijima.jugem.jp/)等で紹介されていますので、
ぜひご覧ください。

 山口県や中国電力、上関町に、地元住民を無視した工事の強行に対する
抗議や疑問の声を届けてください。
そして、この呼びかけを多くの方々につないでください。
どうかご協力をお願いします。

2009/9/10 山戸孝@祝島在住 iwaishima●gmail.com●を@に変えてください

◆山口県
・海の埋め立てに関してはこちら
土木建築部港湾課
TEL083-933-3810(管理班、港政班)
FAX083-933-3829
メールアドレスa18700@pref.yamaguchi.lg.jp

・スナメリやカンムリウミスズメなどの希少生物についてはこちら
環境生活部自然保護課
自然・野生生物保護班
TEL(083)933-3050
Fax(083)933-3069
Mail a15600@pref.yamaguchi.lg.jp

◆中国電力
TEL 082-241-0211
FAX 082-523-6185
原発関連メールフォーム
https://cc-www.energia.co.jp/faq/1024/app/servlet/ext_inquiry_a?linkid=904&linkstr=%8C%B4%8E%71%97%CD%8F%EE%95%F1

◆上関町
電話 0820-62-0311
FAX 0820-62-1600
メール k_yakuba@d2.dion.ne.jp
※可能であれば、送られた質問やそれに対する回答、また相手方との
やり取りの内容などを、簡単でかまいませんので祝島島民の会(iwaishima●gmail.com●を@に変えてください)へお寄せください。
今後の活動の参考にさせていただきます。


==============================★
●発行責任者  STOP!上関原発!メルマガ編集者 國弘秀人
●Webサイト http://stop-kaminoseki.net/
●お問い合わせ kunihiro●iwaishima.jp●を@に変えてください
●メルマガの登録・解除は、
    http://stop-kaminoseki.net/
※このメルマガは転送歓迎です。
★==============================
AD
最近のNEWSです。

【上関原発建設計画:中国電、来月以降に活断層調査 終了は早くても8月末】
(毎日新聞 09/06/18)
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20090618ddlk35040448000c.html

【広島の発言2009:原発はごめんだヒロシマ市民の会代表・木原省治さん】
(毎日新聞 09/06/20)
http://mainichi.jp/area/hiroshima/news/20090620ddlk34070719000c.html

【田ノ浦遺跡で柱穴跡など発見】(中国新聞 09/06/20)
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200906200046.html

【上関原発予定地本格造成工事へ「カンムリウミスズメ繁殖確認されず」】
(読売新聞 09/06/23)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/yamaguchi/news/20090622-OYT8T01021.htm

【上関原発用地の入会権確認、広島高裁が審理差し戻し】(読売新聞 09/06/25)
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20090625-OYS1T00581.htm

【中電、仮桟橋の移設終える】(中国新聞 09/06/25)
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200906250014.html

その他上関原発の最新情報はこちらより⇒
http://new-k.livedoor.biz/

+++
◎7/11(土)にお披露目上映会をする「ぶんぶん通信no.2」の制作では
長島の自然を守る会に大変お世話になりました。
会のブログ【スナメリ通信】に代表の高島さんのメッセージが
寄せられているのでご紹介します。

【ぶんぶん通信No.2で長島の自然が紹介】09/6/23
http://green.ap.teacup.com/applet/sunameri/msgcate4/archive


◎昨年鎌仲監督も講師で参加していた
NPOアジア太平洋資料センターが主催でツアーが組まれています!
「環境と暮らしの学校」21.森・川・海―さあ、コモンズの旅へ
◆21-2.山口県熊毛郡上関町長島を訪れる
7/31(金)~8/2(日) 2泊3日 ※申し込み締切日 7月3日
宝の海を守るために ―原発の新規建設に直面する漁民
http://www.parc-jp.org/freeschool/2009/kouza/kouza_21.html

明日は山口県光市で
第3回 市民による市民のためのエネルギー講座
京都大学原子炉実験所・小出裕章氏 講演会
が開催されます。
【演題】「原発計画30km圏内の光市民として」
    原子炉の研究者に学ぶ原子力発電の恩恵とリスク
http://new-k.livedoor.biz/archives/cat_13365.html

「六ヶ所村ラプソディー」にもご出演いただいた小出先生の話はとてもわかりやすいです。昨年小出先生が出演されたドキュメンタリー番組が、
第46回ギャラクシー賞のテレビ部門選奨を受賞されました!
【映像'08「なぜ警告を続けるのか~京大原子炉実験所・異端の研究者たち」(毎日放送)】

7月4日には都内でも再び「六ヶ所村ラプソディー」上映会と小出先生の講演会が開催されます。午前中のビデオ上映では受賞された作品もご覧いただけるそうです。フェアトレードのお店なども出てにぎやかな会になりそうですよ。
詳細はこちらから⇒http://888earth.net/trailer.html


staff
AD
上関原発に関するNEWSをご紹介します。

【監視小屋建設の禁止求め、中電が仮処分申請】上関原発最新情報 09/6/9
http://new-k.livedoor.biz/archives/663932.html

【動画・反対派の抗議で中国電力が10日の作業中止】山口放送 09/6/10
http://kry.co.jp/news/news8701464.html

【上関原発建設計画:反対派の漁船30隻、造成を阻止 桟橋運ぶ船近づけず】毎日新聞 09/6/10
http://mainichi.jp/seibu/shakai/news/20090610ddg041040009000c.html

【上関原発建設計画:造成工事初の実力阻止 雨の中にらみあい】毎日新聞09/6/11
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20090611ddlk35040348000c.html

【上関原発予定地で阻止行動】中国新聞 09/6/11
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200906110018.html

【阻止行動なく桟橋の移設再開】中国新聞 09/6/12
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200906120014.html

『六ヶ所村ラプソディー』~オフィシャルブログ-06/28-1『六ヶ所村ラプソディー』~オフィシャルブログ-06/28-2

6月28日には山口県光市で
【第3回 市民による市民のためのエネルギー講座】が開かれます。
京都大学原子炉実験所・小出裕章氏 講演会
【テーマ】
「原発計画30km圏内の光市民として」
原子炉の研究者に学ぶ原子力発電の恩恵とリスク


【主催】市民による市民のためのエネルギー講座実行委員会
イベント詳細⇒http://energy-kouza.net
(チラシは上記ホームページより印刷できます)


staff