TUP速報はイラク戦争をきっかけに戦争と平和に関する情報をおよそ40人の
ボランティアで翻訳配信しています。許可をいただいて以下の翻訳情報を転載します。
http://groups.yahoo.co.jp/group/TUP-Bulletin/
+++++++++

TUP速報810号 イスラエルの戦争犯罪を告発するユダヤ教徒カウフマン卿の演説

ナチスの亡霊にとりつかれたようなイスラエル。目にあまるパレスチナ人虐殺の
惨状の数々。ホロコーストで家族を失ったユダヤ系英国人、ジェラルド・バー
ナード・カウフマン卿は、2009年1月15日、英国議会下院でガザの悲劇をナチス
による大量虐殺に喩える演説を行った。
(翻訳:宮前ゆかり/TUP)
===================================

「ガザにいるパレスチナの祖母たちを虐殺するイスラエル兵士たちよ、ナチスに
殺された我が祖母の死を隠れ蓑にするな」
ジェラルド・カウフマン卿

私は正統派ユダヤ教徒として、そして、シオニストとして育てられました。我が
家の台所の棚には、ユダヤ民族基金のためのブリキの箱があって、そこに私たち
は小銭を入れてはパレスチナにユダヤ人の存在感を築いている開拓者たちを支援
していました。

私が初めてイスラエルを訪問したのは1961年で、そのあと行った回数は数え切れ
ません。イスラエルには家族がいましたし、今でもイスラエルに友達がいます。
その一人は1956年、1967年、そして1973年の戦争に従軍し、そのうち二回では、
負傷もしました。私が今身につけているタイピンは、その友人に与えられた従軍
勲章から作ったもので、彼から贈り物としてもらいました。

私は初代首相ダヴィド・ベン=グリオン以来、イスラエルの首相のほとんどと知
り合いです。ゴルダ・メイアは私の友人でしたし、将軍として1948年の独立戦争
のときにネゲブでイスラエル勝利を収めた副首相イガル・アロンも友人でした。

私の両親はポーランドから避難民として英国に来ました。両親の親族のほとんど
がその後ホロコーストでナチスに殺されました。祖母は、ナチスがスタシュフの
町に侵攻したとき、病床にありました。ドイツ軍兵士がベッドに伏せていた祖母
を撃ち殺しました。

祖母の死を、ガザにいるパレスチナの祖母たちを虐殺するイスラエル兵士の隠れ
蓑にしないでください。現在のイスラエル政府は、パレスチナの人々に対する殺
戮行為を正当化するために、ホロコーストにおけるユダヤ人虐殺に対し異教徒た
ちが抱き続けている罪の意識を冷酷かつ冷笑的に悪用しています。それは、ユダ
ヤ人の命は貴重であるが、パレスチナ人の命は価値がないとする視点を暗黙に示
唆しています。

2、3日前のスカイ・ニュース[訳注1]で、イスラエル軍のスポークスパーソンの
女性、レイボビッチ曹長が、イスラエル人がその時点で800人ものパレスチナ人
を殺していることについて質問を受けていました。ちなみに今の合計数は1000人
です。同曹長は即座に「そのうち500人は戦闘員です」と答えました。

それはナチスの兵士の答えそのものでした。ワルシャワ・ゲットーで命をかけて
戦っていたユダヤ人たちは、戦闘員だということで無視されたことでしょう。

イスラエル外相ツィピー・リブニは、ハマースはテロリスト組織なので、政府は
彼らとは交渉しないと主張しています。リブニ外相の父、エイタン・リブニは、
テロリスト組織であるイルグン・ツバイ・レウミの最高運営執行官で、エルサレ
ムのキング・ディビッド・ホテルの爆破を計画した人物です。その事件では4人
のユダヤ人を含む91人が殺され犠牲となりました。

イスラエルはユダヤ人のテロリズムから生まれました。ユダヤ人のテロリストた
ちは二人の英国人軍曹を縛り首にし、その死体に地雷爆弾を仕掛けました。イル
グンはテロリスト組織であるシュテルン・ギャングと一緒に、1948年にデイル・
ヤーシーンの村で254人のパレスチナ人の大虐殺[訳注2]を行いました。今日、
現在のイスラエル政府は、好ましい状況ならばファタハのパレスチナ大統領アッ
バースとの交渉に応じるつもりがあることを示唆しています。それは手遅れとい
うものです。彼らはファタハの前の指導者で私の友人でもあったヤーセル・アラ
ファトと交渉することもできたはずです。それなのに、イスラエル政府はラー
マッラーの掩蔽壕にアラファトを軟禁しました。私はその掩蔽壕まで彼を訪ねた
ものでした。

アラファトの死後、ファタハの権威が失墜したため、ハマースが2006年のパレス
チナの選挙で勝利を収めました。ハマースは非常に面倒な組織ですが、民主的に
選出され、パレスチナで力を持つ唯一の勢力です。ハマースをボイコットするこ
とは、私たちの政府によるボイコットも含めて、間違いとして咎めるべきです。
その間違いを端緒にして、恐ろしい結果の数々がひき起こされています。

私はかつてイスラエルの偉大な外相であったアバ・エバンと多くの政策で平和の
ために共闘したものでした。そのエバンが言っていました。「平和を築くために
は、敵と話あうものだ」

ガザでどれだけ多くのパレスチナ人をイスラエルが殺したとしても、この実存的
問題を軍事的手段で解決することはできません。いつ、どのような形で戦闘が終
わろうとも、ガザには150万人のパレスチナ人がいて、くわえて西岸地域には250
万人のパレスチナ人がいます。パレスチナ人は、イスラエル人からゴミのように
扱われています。何百ヶ所にものぼる通行止めがあり、身の毛がよだつほど恐ろ
しいユダヤ人不法入植者から嫌がらせを受けています。そのうち、今から遠くな
い将来、パレスチナ人人口がイスラエルのユダヤ人人口を上回るときが来るで
しょう。

イスラエル政府に対し、同政府の行動および政策は許されないということを私た
ちの政府が明言し、イスラエルに完全な武器使用禁止令を命じるときがきまし
た。平和を実現するときです。しかしそれは征服による解決ではなく、真の平和
でなければなりません。イスラエルの本当の目的は征服による解決ですが、その
達成は不可能です。彼らは単なる戦争犯罪者であるばかりではありません。愚か
者です。

============================================================
ジェラルド・バーナード・カウフマンは労働党員で英国議会議員。カウフマン卿
は、英国において2009年1月15日、下院でのガザに関する討論で上記の発言をした。
============================================================
[訳注1] イギリスの民放ニュース
[訳注2] デイル・ヤーシーン村の虐殺犠牲者は長らく254人とされてきたが、近
年の研究により、首謀者が、パレスチナ人の恐怖を煽るためにその成果を誇張し
たといことが判明している。実際の犠牲者の数は100~120名。
http://www.deiryassin.org/faq.html

演説のトランスクリプト:Monthly Review Press
http://mrzine.monthlyreview.org/kaufman170109.html

映像リンク:
http://www.youtube.com/v/qMGuYjt6CP8&hl=en&fs=1


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
TUP速報
配信担当 古藤加奈
電子メール: TUP-Bulletin-owner@y...
TUP速報の申し込みは:
http://groups.yahoo.co.jp/group/TUP-Bulletin/
■TUPアンソロジー『世界は変えられる』(七つ森書館)
JCJ市民メディア賞受賞!!
http://www.pen.co.jp/syoseki/syakai/0480.html
■『世界は変えられるII』も好評発売中!!
http://www.pen.co.jp/syoseki/syakai/0375.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


kama
AD