瀬戸内海の玄関、上関に建設を予定している上関原発。予定地は田浦という希少生物が沢山棲息している海であり、祝島の人々の暮しと生活の拠点でもあります。原発を建てるために埋め立てをしなければなりません。その埋め立て申請が中国電力から出ています。その申請を市民に公開する義務があるのですが・・・
ここをご覧下さい、黒く塗りつぶされている部分が沢山あります。これは、驚くべき、情報の不透明性。これををやっている本人たちが自覚していないということなのでしょか?とにかくご覧下さい。山口大学の安渓遊地先生のHPにアップされています。

http://ankei.jp/yuji/?n=546

ちなみにその田浦ではこんなことが・・

クサふぐ 長島の自然を守る会HPより http://www2.ocn.ne.jp/~haguman/nagasima.htm
建設予定地のまさにまんなかが産卵場所なんです。長島の自然を守る会ではこの埋め立てに関して意見を募集しています。連絡先はこちらです。
長島の自然を守る会
代表 高島美登里
747-0063 山口県防府市下右田387-14
℡&FAX 0835(23)1891. 携帯 090(9464)6353
midori.t@crocus.ocn.ne.jp


kama
AD
予想通り、福田首相は温暖化対策に原発を推進すると言ってしまいました。それに対してアルジャジーラはこんな報道をしています。


http://english.aljazeera.net/news/asia-pacific/2008/07/20087662748650882.html

字幕はついていないのですが、「福田首相は原発推進だと言っているが、それに反して最大の原発、柏崎・刈羽は地震で止まったままであり、再稼動が懸念されている。また北海道の隣の青森県六ヶ所村ではプルトニウムが溜めこまれ、IAEAの懸念するところとなっている。日本は原発よりも自然エネルギーを促進するようにIAEAから勧告されている。なによりも、核物質の拡散が世界の趨勢と反対だということが問題視されている」と述べています。日本のメディアの伝え方と全然違いますね。

>「六ヶ所村通信no.4」の上映がどんどん広がっています。石川県ではこんな素敵なバーで上映されます。覗いて観てください。 full moon cafe
http://www.fullmooncafe.info/


kama
AD
先週、TOKYO FMで収録したのですが、なんと早くも今朝からオンエアが始まっていました。オンエアは3/17(月)~21(金)「Sky Lounge」 
05:35~05:41 の6分間×5日間。聞き逃したかたは http://www.tfm.co.jp/sky/index.phpでアップされるはず・・・なかなかフランクにオープンに語りがたいような雰囲気のある、テーマをパーソナリティの石川實さんがすごい軽快なテンポで話してくれて、あれよあれよ、だったのです。早起きして聞いてみてくださいませ。
kama
AD

週間「モーニング」を私は愛読しています。井上雅彦の「バガボンド」の絵が素晴らしい。「とりぱん」も野鳥と主人公の攻防がおもしろいです。そして弘兼憲史の「専務 島耕作」を今回ご紹介しようと思います。


simakousaku


今、出ている号ですが島専務は高速増殖炉の実験炉である「もんじゅ」の視察に行きます。案内の原子力研究機構の職員が「他の原子炉に比べると建設費も安くコストパフォーマンスは格段にいいですよ」と説明、見学の後いった居酒屋の女将に質問されて「「もんじゅ」はウラン238をプルトニウムゆう物質に変えることが出来る、これがよう燃えるんや!そのプルトニウムを燃やしながら同時にウラン238を効率よくプルトニウムに変えてゆく・・・例えてゆうならメシ食ったらウンコが出るそのウンコは栄養たっぷりなのでそれをうまく料理してまた食べるそこから出たウンコをまた料理して食べるこれを何度も繰り返すことができるんや」(女将)「その例え、よくわかったわリサイクルね!それなら燃料費もかからない」(職員)「ウランの埋蔵量は85年やけどこの新技術を使えば数千年分のエネルギーを確保できるんや。さらに温暖化の原因となるCO2を殆ど出さないで環境保護にも抜群の効果がある」(女将)「じゃ、世界中が高速増殖炉っていうの?それにしたらいいんじゃない?」「もちろん日本だけじゃなくフランス インド ロシアはすでに運転しているし、中国も実験炉を建設中や。近い将来高速増殖炉を世界中が使うことになるのは間違いない、なぜなら21世紀半ばには世界の人口は90億人を突破する。その後石油はこの世からなくなってしまう。はっきりゆうて原発反対なんて言ってる場合じゃないんや。そのことをもっと日本人は知らなあかんとおもうけどな・・・」島専務の会社は原発事業に新たに進出するという設定です。


monju もんじゅ

以上の漫画のシーンを読むと「もんじゅ」「原発」いいんじゃない、と誰でも思うのではないだろうか。しかし、また別の視点から見た情報もあるのでこの漫画のシーンで語られていることが正確かどうか疑問に感じることがある。例えば「コストパフォーマンスがいい」というが、12年前に「もんじゅ」はナトリウム漏れ事故を起こしそれを隠蔽する工作もあった過程で当時の職員が一人自殺をしている。以来、12年間、この炉を維持するために年間100億、通算1200億が投入された。もちろん税金である。そして高速増殖炉の建設には6000億かかるといわれている。「もんじゅ」はまだ実験炉にしか過ぎない、これから実証炉を建て、商業用の炉を建てて実用化するまでに政府は100年かかるだろうと言っている。これをコストパフォーマンスがいいと単純にいえるだろうか。燃料であるプルトニウムを取りだすために六ヶ所に建設された再処理工場は建設費2兆2千億円。稼動すればその後始末に19兆円かかるとされている。この炉の開発に日本は1兆524億円を既に費やしている。

2つ目は「フランス、インド、ロシアはすで運転している」-だが、フランスは高速増殖炉の開発に関しては断念、今あるフェニックスも来年は閉鎖されることになっている。インドのものもロシアも軍事用で発電用ではない。ロシアにおいてはプルトニウムすら燃料にしていない!ここはだから事実誤認としかいえない発言でしょう。三つ目「リサイクルね!」ですが、高速増殖炉はたとえ稼動したとしても「ウンコを料理して食べる」まで46年かかります。二倍のプルトニウムを燃料として

取り出すのに46年から90年かかるのです。この間に炉の寿命が尽きてしまいます。それはこの種の炉の使用済み燃料があまりにも毒性が高く、再処理するのに冷却期間が長くかかるからです。これでは一基の高速増殖炉が出した「ウンコ」を再び料理して食べるなど、できないのですよ。以上の事を作者の弘兼さんが知っていたのかどうか、私には解りませんが、確実にこの漫画が発したメッセージは伝わり、しかもその中身は正確ではないという問題が残るのです。

kama