昨日、滋賀県彦根で上映会がありました。滋賀県立大学の学生、先生、これまでの滋賀県内の上映に関わってくださった人たちが協力してくださって実現しました。滋賀県は琵琶湖の源流、余呉町で高レベル核廃棄物の処分地受け入れ問題があってから急速に上映が広がり、今回は県内10回目の上映です。毎回、新たなメンバーが加わり、ネットワークが広がってきました。今回は学生達が主体的に関わり、フレッシュな雰囲気。この看板は3000枚の写真をコラージュして学生さんが作ってくれました。
看板
協賛団体は69。県立大学のホールは有機野菜やお米、エコなグッズを扱う人々、マクロビオテック料理、せっけんグッズなどを売るブースで大にぎわい。

ふかん

この日は50人近いスタッフを除いて、622人が来場しました。ブースの面々も大忙し。
米

客

高島

こちらは山口県から来た、「長島の自然を守る会」のブース。
スナメリ
こんど56基目の原発建設予定地、上関周辺の生物の保護を訴えています。スナメリが棲む海を守ろうとスナメリをデザインしたTシャツやエコバッグを販売。希少生物が沢山棲んでいる海を埋め立てる申請がすでに中国電力により山口県に出されているということ・・これもまた、あまり知られていないままに計画が進んできたようです。
掃除
最後に掃除機をつかわないで、みんなでお掃除しました。


今日は東京平和映画祭http://www.peacefilm.net/で「六ヶ所村通信no4」、千葉館山の安房平和映画祭http://awaheiwaeigasai.org/index.htmlで「ヒバクシャ」と「六ヶ所村通信no4」を上映していただきます。お近くの方はぜひ、いらして下さい。

kama

AD

富山のアースディ

テーマ:
6月15日は富山県のアースディに行ってきました。「六ヶ所村通信no.4」を上映していただいて、YAEさんと市民科学研究室の上田晶文さんといっしょにトークをしました。会場は富山大学のキャンパス。この日はとってもいい天気でさわやかな風が吹いて祭り日よりでした。みんなのんびりとアースデイに参加して、YAEさんの歌を聴いたりして楽しんでいました。会場で旅カフェの二人に出会いました。旅カフェ
移動するカフェを取り仕切っているのはほしのあきさん。素敵なカフェの顔をご覧下さい。
旅カフェ
オーガニックの豆乳ラテが美味しかったです。となりのパートナー関義友さんは、日本では珍しいロビイストです。ロビー活動の専門家。政治家を変えなくては社会は変わらないと、政治家たちに必要な情報を提供する活動をしているんです。
さてこちらはポップでハイな音楽で最近人気上昇のRabiRabiXPikoの面々。
らび
ユニークな音はとっても気持ちを上げてくれます。ハイテンションのヴォーカルはazumiさんです。イエ~~イ。六ヶ所に行ってあしたの森の下草刈のイベントで演奏してきたそうです。

らび2
富山は私のふるさとです。能登半島の付け根にある氷見という漁港なんですが、なんとこの前日に突然200匹のマグロが水揚げされました。氷見はぶりで有名なんですが、マグロはそんなに獲れなかったんです。何か、変化が起きているみたい。水温なのか、他の漁船が漁を休んでいるからなのか、謎です。イカ釣り船が燃料の高騰で操業を中止するそうですが、氷見の伝統漁法は定置網。魚が入ってくるのを待つのみ。入っても3割は逃げて行きます。近海なのであまり燃料も使いません。ひょっとして持続可能な漁法じゃないのかな?
kama
AD

帰国しました

テーマ:
30日に帰国いたしました。スウェーデンの北からデンマークの国境地帯の南まで3000キロに渡る距離を車や電車で移動しながら取材をしました。川下ではなく、川上で対処する本質的な環境政策の実地を見ることができました。2020年には石油に頼らない社会を構築する取り組みは着実に進み、既に地域暖房の分野では電気はほとんど使われなくなっています。日本ではオール電化が進んでいることを話すと、ある市の環境対策課の方が、「電気で暖房、それは随分野蛮だねえ」と言われました。

帰国の翌日は栃木県益子町で上映会をしていただきました。なんと益子駅の駅舎二階が会場です。「ましこポトリの会」と名づけられた上映実行委員会の方々がほんとに暖かい手作りの上映会を開催してくださって、冷たい雨が降ったにもかかわらず、たくさんの観客が地域から来て下さいました。陶芸家、皮工芸家、伝統大工、喫茶店、天然酵母パン、鉄のろうそくたてやお皿を作るひと、有機農家、などものづくりに携わる方々がブースを出して盛り上げて下さいました。ほんとにほんとにありがとうございました。言いだしっぺの盆栽作家さんが玄米と手づくり味噌でおにぎりを作り、地元の有機レストランさんも甘酒やお味噌汁などを作って下さいました。地域の中に根付く、くらしの底力を感じた上映会でした。その雰囲気を写真で少しだけお届けします。
masiko1
masiko4
masiko2
onogiri
rousoku

kama
3月22日に新潟県小千谷の山村、若栃村に行ってきました。廃校になった小学校を使って早稲田大学の学生さんと村の人たちがいっしょに「いぶきまつり」を開催、「六ヶ所村ラプソディー」を上映してくれたのです。ここは新潟中越沖地震で被害を受けた村。早稲田の「わっずふぁみりー」と名付けられたグループが通って地域おこしに参加しようという、試みが始まったばかりです。
ibuki

live
この村では江戸時代から観賞用の鯉をそだててきました。その鯉の養殖を生業としているただしさんも祭りの大事なスタッフ。
tadashi

koi

彼の鯉は美しく、地下水の生簀で冬を過ごし、春になると泥田で大きくなるんだそうです。今、日本中の農村が再生の道を探っています。これまでの大量生産、大量消費ではない、もう一つの生きる道が必要です。ここはめちゃくちゃおいしいコシヒカリが取れる産地でもあるのです。これから、どうなっていくか見守り、応援していきたいです。祭りの夜泊めていただいた農家のごはんはぴかぴかで甘みのある正真正銘の銀シャリでした。


kinen

kama

あったかいつながり

テーマ:
14日に滋賀県蒲生で上映会をしていただきました。コミュニティセンターに様々なブースが40以上も出てそれはもうお祭りのようににぎやかな上映会でした。天然酵母のパンや、手打ちのうどん、玄米のデザート、有機コーヒー、苫米地さんのお米も!観に来てくださった観客も500人ぐらいと大入りでした。私はあまり詳しくなかったけれど滋賀県の図書館って素晴らしいんです。日本でも最も素晴らしい図書館が地域の中で生きた活動をしているのです。今回の上映にもこの図書館のメンバーがすごい熱意で支えて下さいました。
情報をただ調べる場所だけではなく、図書館そのものが情報発信をすることが実践されています。さて、その上映会の会場でこんなうれしいことをしていました。asiyu
おうみ木質バイオマス利用研究会
http://ombk.net/index.php?%A5%C8%A5%C3%A5%D7%A5%DA%A1%BC%A5%B8
がペレットストーブを使って足湯をサービスしてくれていたのです。あったかいつながりがこの足湯の周りに生まれていました。森林発電プロジェクト、すごく面白そうです。私もお家にまきストーブが欲しい今日このごろです。
kama
今月28日に都内国立で上映会があります。同じ日に国立でお祭りがあっていろんな面白い企画も同時進行しています。100円で借りることができる自転車であちこち回ってみるのも楽しそうですよ。私もレンタサイクルであちこちの会場でトークします。ぜひ遊びに来てください。

kama

松本のチューリップ

テーマ:

9月16日、長野県松本市で上映会がありました。実行委員長は高校生の男子。学校の環境教育の授業で興味を持ってくれて実行委員長を引き受けたそうです。実にりっぱな挨拶をしてくれました。映画を観てくれた方々が感想をチューリップの形をした紙に書いて再処理工場の写真の上に貼っていってくれました。

カード貼り付け前



また、この上映会では「特定非営利活動法人長野サマライズ・センター」の皆様のご協力で耳の不自由な方のために字幕スーパーを入れることができました。上映会の様子をブログにも書いて下さっています。http://sama2.seesaa.net/article/56322938.html
 


託児やお茶のサービス、チューリップの手作りクッキーなど情熱があちこちにちりばめられた上映会でした。協力してくださった全ての方にお礼を申し上げます。


kama


カード2

カード3

貼り付け後

上映会の季節

テーマ:

昨日は東京烏山で上映会がありました。地域の仲間が自分たちで開いたスペースらくだは二回とも満杯でした。若者もちょっとお年を召した方々も一緒に交じり合ってぎゅうぎゅうと詰めあって観て下さいました。ありがとうございます。さて今週は上映ラッシュです。目下、開催している「被爆者の声をうけつぐ映画祭」http://hibakusha50.noblog.net/blog/index.html

([開催日]6月2日(土)~9日(土)8日間[場所] 明治大学リバティータワー  (御茶ノ水駅・水橋口 徒歩3分)  [鑑賞料金]各回ごと入れ替え 当日  大人1200円 学生・子ども1000円 前売り(5月20日まで) 大人1000円 大人3回券2700円 学生・子ども800円)で、「六ヶ所村ラプソディー」の前作「ヒバクシャー世界の終わりに」が上映されます。9日の最終日です。めずらしくフィルムでの上映、そして私と出演してくださった当年90歳の肥田舜太郎医師と対談をします。

9日と10日は早稲田大学で開催される平和学会で「日本国憲法」といっしょに上映されることになっています。同じく9日には兵庫県の高砂市

上映していただきます。名古屋を拠点に活動する冨田貴史くんがトークをします。10日は長野県中野市で、初めて上映会を企画・運営する若い女性みゆさんが上映してくださいます。「長野市から車で40分程の場所にある中野市では、こういった自主上映会ははじめてだとゆう事です。どうなるかまだ全くわかりませんが、お近くの方は是非見に来てください。」とのことです。同じ日に東京三鷹でも上映会があります。目下、六ヶ所を目指して歩いているwalk9の仲間たちが上映してくれるのです。そしてなんともう一つの上映会は九州、福岡県の八女市であります。主催者代表の川島さんは20代の女性。久留米で映画を観て、自分たちも地元でやろうと女性4人で「くらしやてくてく」という名前のグループを作ったのだそうです。川島さんは手仕事のお店を持っていて、これから環境に関わる取り組みをこのグループでやっていこうと思っているんですって!「あちこちリンクが張られ、つながってゆくのが日々実感されてきました。皆さんも、ぜひ、このつながり、リンクにご参加下さい!!  kama

上映会目白押し

テーマ:

シカゴで「ヒバクシャー世界の終わりに」と「六ラプ」をシカゴ大学とデポール大学の二つで上映していただきました。帰国した翌々日は札幌でチェルノブイリ記念の上映、昨日は東京のカタログハウスで上映、そして今日はこれから福島県いわきで上映していただきます。ほんとうにスケジュールが目白押し。時差ぼけもあいまってなかなかブログを更新できません。反省~~。明日は東京で再び上映していただきます。主催者はキャンドルジュンCandlejunさん。蝋燭アートで平和を祈るアーティストです。http://www.candlejune.jp/whatsnew.html


candlejun

みなさま、ぜひお誘いあわせておいで下さい。いつもの上映会とは一味違うものになりそうです。

ライブもありますよ!!


スケジュール

kama